• ディープキス03
  • 雰囲気作り
  • 肩を抱く
  • カクテルキス

2020/02/20 コラム

【完全保存版】ディープキスの気持ちいいやり方11選!上手い人の特徴や練習方法を徹底解説

 

ラブコスメ_702x102

「普段のディープキスに飽きてしまったから新しい種類のキスを知りたい…」「ディープキスをするのにオススメのシチュエーションは無いかな?」などお悩みではありませんか?

ディープキスは、大事な愛情表現の一つ。
あまり深い事は考えずに何となくしている方がとても多いですが、二プルキスやカクテルキスなど、種類も様々でとても奥が深いのです。

ディープキス01

この記事を読む事であなたは、意中の相手がときめくシチュエーションの中、バリエーション豊富なディープキスで「うわ…この人キス上手い」とメロメロにする事ができるようになるでしょう。

ソフトなディープキスとちょっぴりハードでねっとりとしたディープキスを組み合わせて、意中の人とドキドキした時間を過ごせるようになりましょう。

ディープキスと普通のキスの違いは?

違い

まずは基本的な部分から解説をしていきます。

ディープキスとは、相手の口に舌を入れる事で、粘膜の接触も多く快感を得やすくなるキスの事です。
普通のキスはあくまでも唇を重ね合わせるだけなので、性的な快感もディープキスと比較をすると少ないです。

日本でも海外でもディープキスは愛情表現の手段として行うため、長くてねっとりとしたキスになる事が多いです。
意中の相手とするディープキスは気持ちがとても盛り上がりますよね。

ディープキスをする時の心理

静的に満足

恋愛に対する価値観が男女の間でも違う事がしばしばありますが、ディープキスをする時の心理は、男性と女性で大きく違いはありません。
ディープキスは性的で情熱的なキスなので、相手を求めているという点では同じなのです。

ディープキスをする際の男女で共通している心理は大きく分けると3つあるので、1つずつ説明をしていきますね。

もっとキスを続けていたい

ソフトなキスをしていて、もっとしたいと思った時はディープキスに持ち込む事でキスを続けていたいという意思表示のために、ディープキスに発展をさせる人が多いです。

ディープキスは性的に好きな相手であれば強い快感を得る事ができるので、一度発展してしまったらそこから逃れる事は難しいものです。

言葉で「もっとキスしよう」と言うのも悪くはありませんが、言葉を発する事なく意思を伝えて、静かにエロい雰囲気を楽しみたいという方が多いようです。

セックスをして性的に満足したい

ディープキスは、セックスの次に性的な快感を得る事ができる行為です。
公園や車の中など、チャンスがあればディープキスをする事で、相手の性欲を掻き立ててセックスに誘いやすくなります。

そういった行動を、もちろん打算的にする人もいますが、多くの人は本能的に行なっているのです。
ディープキスは「セックスがしたい」というサインとして捉えることもできます。

もし相手が積極的にディープキスをしようと迫ってくる場合は、相手に身体の関係を強く求められているのだと認識をした方がいいでしょう。

お互いの愛を確認したい

お互いの愛を確認したくてディープキスをする人もいます。
こちら側からディープキスを迫って、相手が嫌がらずに快く受け入れてくれる姿を見て、感じることで相手は自分に好意を抱いているという事の証明にするのです。

嫌いな人や性的に魅力の無い人とディープキスをしようとは思わないはずなので、ディープキスをする事でお互いに愛情がある事を再確認する事ができるのです。

自分が相手に求められている事がわかるだけで、とても嬉しくて幸せな気分になりますよね。

最高にエロい大人のディープキスが簡単にできる5つのステップ

キス

「ディープキスをしたいけど右も左もわからない!」「いったい何をどうすればいいんだ!」

そんな不安を抱えているディープキス初心者のあなたも大丈夫。

ディープキスにも定石があり、ポイントさえ知っていれば誰でも簡単に上級者風のアダルトなキスをすることもできるのです。

そんなとびきりエロい大人のキスの仕方を5つのステップに分けながら説明します。

ステップ1.お互いに目を合わせてキスをしても大丈夫か様子を伺う

まずはお互いに見つめ合うところからスタートします。じっと目を合わせて、数秒間視線が交わり続ければキスをしてもOKのサインです。

もしここで目を逸らされてしまった場合は、何かしらの理由によって今はキスしたくないという意思表示をされています。

少し時間を置き、違うタイミングでもう一回リベンジしてみましょう。

拒絶のサインが出ているのにも関わらず無理やりキスをしてしまうと、相手に「空気が読めない」と思われ嫌われてしまうので注意をしてください。

ステップ2.普段通りに普通のキスをする

相手と見つめ合い、OKの意思を受け取れたらそっと顔を近づけていきしょう。

ここまでは普通のソフトなキスをする流れと全く一緒ですね。

優しく唇同士を押し当て、リラックスできるようなゆっくりとした動きを意識します。

ここで先走っていきなり激しいキスをしてしまうのはムードにかけてしまうので絶対にNGです。後に続く展開のためのお膳立てだと思い、激しくしたい衝動はグッと抑えましょう。

ステップ3.相手の唇を舐めながら舌を入れるチャンスを見計らう

少しずつムードが出来上がってきたら相手の唇を舐めていきます。

唇を舐めるという行為は、相手にディープキスをしたいという気持ちを伝えることができます。

相手も受け入れる準備ができていれば自然と口を開けてきますので、そうしたら次のステップへと進みましょう。

もしここで相手が頑なに口を閉じたままであれば、それはあなたの舌を受け入れる覚悟ができていないという意思表示の可能性もあります。そういう場合はその日は無理にディープキスはせず、ソフトなキスだけで終わらせましょう。

ステップ4.舌がお互いに触れたタイミングでディープキスをする

相手の口が開きお互いの舌が触れたら、いよいよメインのディープキスが始まります。

身体の力を抜いて、思い切り相手の舌と絡ませていきましょう。

もし舌を入れた時に相手の身体に力が入っているのを感じたら、前のステップに戻り、少しずつ緊張を解してあげましょう。

ディープキスは舌が柔らかいリラックス時にするのが一番気持ちが良いもの。より楽しむために、準備の時間はたっぷりとりましょう。

ステップ5.口の中や歯茎を舐めてより深いキスに移行していく

舌を上手に絡めることができたら、今度は舌以外の部分も責めてみましょう。

特におすすめは上あごや歯茎です。特に上あごは性感帯ともいわれているポイントなので、積極的に責めてみましょう。

歯茎は歯列をなぞるように、ぐるっと一周すると新鮮な刺激を与えることができますよ。より深いキスをすることによって、新たな快感を得ることができます。

また、性感帯は人によって違うのでお互いに発見や開発をしてみるのも良いですね。

ディープキスはどのくらいの関係の人にするべき?タイミングは?

肩を抱く

果たしてディープキスはどの程度の間柄の人にならしても許される行為なのでしょうか。

タイミングを誤って、相手にドン引きされちゃうなんて事態は絶対に避けたいですよね。

どの段階でならディープキスをしても受け入れてもらえるのか、確認していきましょう。

初めてのデートでディープキスを迫るとドン引きされるかも

初デートでいい雰囲気になり、キスをするなんてよくあるシチュエーションですよね。

ですが、そんな場合でもキスはソフトなものに留めましょう。最初のデートからガツガツと肉食的にこられると女性の場合は引いてしまうもの。

また、ディープキスはどうしても性的な行為を想像させてしまい「もしかしたらこの人はヤリモクなのでは?」と思われてしまいます。

不本意な勘違いをされないためにも、最初のキスは軽くチュッとする程度がおすすめです。

お互いに性的な好意があれば3回目のデートくらいからOK

ディープキスはお互いに性的な好意があるという確信が持ててくる頃、つまり3回目のデートあたりからするのをオススメします。

会うたびにキスをしているのであればそれは間違いなくOKだと思っていいでしょう。

キスをするということがわかっているのに、何度もデートの誘いに乗ってくれる場合は間違いなくあなたに好意があります。

自信を持ってディープキスを仕掛けちゃいましょう。

初心者向けのソフトなディープキス6選

ニップルキス

「まだ付き合い始めたばかりだからディープキスはちょっと…」など、ディープキスに対して「激しい」というイメージを持っていませんか?

もちろんディープキスは激しいキスが多いのは事実ですが、それしかない訳ではありません。

付き合い始めの方や、ディープキスをした経験があまり無い方でも安心して楽しめるソフトなキスもあるのです。

まずはソフトなキスから実践していって、慣れてきたら徐々に激しい大人のハードなディープキスに移行していく事で、刺激的な恋を楽しんでくださいね。

種類 やり方
ニプルキス 相手の唇になぞって、まるでゆっくりとリップを塗るように舌を這わせる。
タングトレインキス 唇を付けたり離したり、舌を入れたり離したりする。
ピクニックキス お互いに舌を出した状態で、舌と舌で触れ合わせて刺激する。
ストローキス ストローのように相手の舌を吸う。
バインドキス 相手の唇全体を食べるように包む。
リズミカルキス 舌を相手の口の中でリズム良く動かす。

キス1.相手の唇全体を舐めるニプルキス

ニプルキスとは、舌先を使って相手の下唇と上唇も両方舐めるキスの事です。
相手の唇になぞって、まるでゆっくりとリップを塗るように舌を這わせていきます。
途中で少し戻ったり、下を這わせるスピードを変えたりして変化を付ける事で相手に取って気持ちが良いキスをする事ができます。

舌先に力を入れすぎない事と、舌の這わせ方をワンパターンにしない事がポイントです。
お家デートでケーキやクリームを食べた後にキスをすれば、たちまち甘い香りが広がって雰囲気が盛り上がる事間違いなしですね。

キス2.舌の出し入れを行うタングトレインキス

タングトレインキスとは唇を付けたり離したり、舌を入れたり離したりするキスの事です。
相手の呼吸に合わせて舌を動かす事で、まるで時間が止まったような濃厚なキスができます。

ある程度のリズム感が必要になるため、相手と息を合わせながら一体感を楽しみましょう。

力加減も大切で、強く吸い過ぎるのは避けましょう。逆に弱過ぎても刺激が足りなくなってしまうので、相手とどのくらいが気持ち良いかコミュニケーションを取って確認をしながら。

最適な力加減を見つけるのが良いでしょう。

キス3.唇を付けないピクニックキス

ピクニックキスは、唇をつけないのが特徴のキスで、お互いに舌を出した状態で、舌と舌で触れ合わせて刺激をします。
舌に力を入れ過ぎてしまうと硬くなってしまい、本来感じる事ができる気持ちよさが半減してしまうので注意をしましょう。

また、舌を出しすぎてしまうと、相手との距離が遠くなり、顔が見えてしまう事があります。
この時に万が一、どちらかが薄目で相手を見た時にひどい顔になっていると、気持ちが萎えて雰囲気も壊れてしまうので、顔が離れ過ぎないように適度に舌を出してキスをしましょう。

キス4.まるで飲み物のように相手の舌を吸うストローキス

ストローキストは名前の通り相手の舌を吸うキスで、まるでストローを吸うような感覚で行います。
ストローキスを上手にする方法は、気持ち良いと思える程度に優しく吸う事です。

吸う側はつい気持ちよくて強く吸ってしまうものですが、強く舌を吸いすぎると相手を痛がらせてしまい、雰囲気が壊れてしまう可能性があるので注意して行なってください。

上手いストローキスができると、相手を気持ち良くさせるだけでなく、「意中の相手の舌を吸っている」という支配感も同時に楽しむ事ができるので、Sっ気のある人にもおすすめです。

キス5.相手の下唇を舐めるバインドキス

バインドキスとは適度に大きく口を開けて、相手の唇全体を食べるように包むキスの事です。

上手にする方法は歯を立てない事です。
唇全体を覆うようなキスになるため、無意識に歯が立ってしまい、相手に痛い思いをさせてしまう場合があるからです。

「痛っ!」と相手が口に出してしまった時にはもう手遅れで、雰囲気は台無し。あくまでも優しく包み込むようなキスを意識しましょう。
ダイレクトに息遣いが伝わるキスなので、口臭のケアや息遣いが荒くなり過ぎないように注意しましょうね。

キス6.自分の舌を相手の口の中でねっとりと動かすリズミカルキス

リズミカルキスとは、舌を相手の口の中でリズム良く動かすキスです。
方法は人それぞれですが頭の中でワルツを思い浮かべ、リズムを取りながらキスをすると良いでしょう。

リズム感に自信の無い方は、好きな歌を脳内再生しながらリズムを取ってくださいね。
あまりハイテンポな曲ではなく、バラードなどゆっくり目の曲がおすすめです。

舌を左右上下や、入れたり抜いたりしながら動かしていく事でソフトでありながらもディープキスならではの濃厚さを感じる事ができます。

慣れて来た人向けのハードで濃密なディープキス5選

カクテルキス

「付き合いが長くてマンネリ化してきたしそろそろ刺激が欲しい!」「一夜限りの関係の人と濃密で情熱的なキスをしたい」などの事をお考えの方にとって、ソフトなキスだけではちょっと物足りないですよね。

ハードで濃密なディープキスをする事で、刺激的な大人の恋を楽しむ事ができるようになります。

お馴染みのカクテルキスや、かなり刺激の強いサーチングキスなどハードなキスにも種類がたくさんあるので全てマスターして、ディープキスを最大限楽しめるようになりましょう。

種類 やり方
カクテルキス 舌を吸うのも絡ませるのもOK。甘噛みも交えながらする。
オブラートキス 相手の舌を激しく吸ったり舐めたりする。
インサートキス 交互に舌を出して包み合う。
サーチングキス 歯茎をなぞったり、唇の裏側を舐める。
クロスキス 唇を離すことなく舌を交わせる。

キス1.相手の舌を噛んだり吸ったりするカクテルキス

カクテルキスとは、舌を噛んだり吸ったりするキスです。
舌を吸うのも絡ませるのもOKで甘噛みも交えならお互いに口の中で遊ぶ事ができる比較的なんでも有りなキスなのですが、唇や下は思っている以上に繊細なので力加減に注意をしながら楽しんでくださいね。

他のキスと比べて自由な反面、当然難易度は高くなります。

常に相手が気持ち良さそうにしているか様子を伺いながら、独りよがりなキスではなく想いやりのあるキスをしましょう。
お互いの事を考えながら愛のあるキスをする事で関係がより深く心地良くなっていきますよ。

キス2.舐め方に強弱の変化を付けるオブラートキス

オブラートキスとは、相手の舌を激しく吸ったり舐めたりするキスで、相手に舌を出してもらい、その舌を包み込むように吸います。

一定のリズムになってしまうと飽きてしまうため、強弱やスピード感の変化を与える事で、より興奮をさせる事ができます。

ただし、吸い過ぎてしまうと相手に痛みや不快感を与えてしまう可能性があるため、常に相手の反応や様子を見ながらキスをしましょう。

キス3.口で相手の舌を包み込むインサートキス

インサートキスとは、お互いの口に舌を出し入れするキスです。
男性が舌を挿入した場合、女性は相手の舌を包み込んで動かし、反対に女性が舌を挿入した場合、男性は相手の舌を包み込みます。

この動作をお好みで交互に繰り返す事でお互いが深い愛を感じながらキスを楽しむ事ができるのです。

静かでソフトでありながらも、外国の映画で良くありそうなねっとりとしたキスです。
お互いの舌が絡まり合っていく感覚を楽しみながら行なってみてくださいね。

キス4.歯茎や唇の裏側を舐めるサーチングキス

キス

サーチングキスとは、相手の口の中を舐めるキスです。
ディープキスの中でもトップを争うレベルで刺激的で歯茎をなぞったり、唇の裏側を舐めたり、相手の口の中を舌で弄ります。

歯茎や下の裏側は感度が高い人が多く、性的な興奮を得やすいキスであると言われているようです。

ポイントは、最初はゆっくりで徐々に動きを激しくしていくことです。最初はゆっくりと焦らすように動かす事で相手の感度を高める事ができるのです。

舌や唇以外の部位を舐めるので、難易度は他のキスと比べると高いですがマスターする事ができれば意中の相手を快感で虜にする事ができる事間違いなしです。
キスに特に強い刺激を求めている方は、チャンスがあれば積極的に挑戦するようにしましょう。

キス5.唇を離さず舌を交わせるクロスキス

クロスキスとは、唇を離すことなく舌を交わせるキスです。
お互いの口の中で舌を行き来させ、舐めたり突いたりするのですが、長く続けすぎると息苦しくなってしまうので鼻で息をするのがポイントです。

カクテルキスと似ているのですが、違いはキスの最中に唇を離さない所です。

ついつい興奮をして鼻で息をするのを忘れてしまう事がありますが、窒息してしまうため注意しましょう。
また、鼻息が荒くなってしまうと相手に不快感を与えてしまう事もあるので、上手にコントロールできると良いですね。

ディープキスが上手い人の特徴

ディープキス03

ディープキスにも上手な人と下手な人がいます。
でも、「自分のディープキスが上手か下手かなんて分からないし聞けない」というのが本音だと思います。

友人関係でもなかなか話題にならないようなデリケートな問題でもありますし、いくら自分でキスが上手いと思っていても、相手は「この人キス下手くそだなあ」と思われている事も少なくありません。

そこで、ディープキスが上手い人の特徴を6つ紹介します。
あなたもキスが上手い人に自分自身が入っているか、ぜひチェックして観てくださいね。

もし当てはまらなかった場合は上手い人の特徴を取り入れてディープキス上手を目指して頑張りましょう。

チェック1.たくさんの異性と経験を重ねているか

恋愛経験

やはり、経験が豊富な方は気持ちのいいディープキスをする事が上手いです。
最初は比較のしようがなくても、ある程度経験を重ねていくうちに、相手が気持ち良さそうなキスや、自分が気持ちいいキスを把握できるようになるからです。

事前に文字や動画で予習していても、実際にやってみると、上手く動かせ無かったり、思ったのと違ったり、色々な問題が出てくると思います。
想像で知識を増やすより、実践で回数を重ねていく事が、上手くなる近道です。

「実践の機会がなかなか来ないんだよ…」という方は恥ずかしいかもしれませんがイメージトレーニングをするのも良いでしょう。
誰もいない所で、相手が目の前にいるつもりでこっそりと舌や口を動かす練習をしてみてください。

チェック2.ディープキスの前後の雰囲気作りができているか

雰囲気作り

ディープキスが上手い人は、雰囲気作りが上手い人でもあります。
例えば、激しいディープキスをする前に、部屋を暗くして気分を高めたり、彼女の頭を撫でてコミニュケーションを取ったり、雰囲気を徐々に盛り上げていきます。

直接的な接触ではなくても、言葉や、行動で相手の気持ちを高めていく事ができるのです。

雰囲気と気持ちが整った状態で、ディープキスをするからこそ得られる快感も大きくなり、相手に「この人ディープキス上手い」と思わせる事ができます。
キスのテクニックが同じレベルであったとしても、それまでの雰囲気作りの腕次第でディープキスの快感レベルは大きく変わるという事です。

ディープキスのテクニックに磨きをかけるのと同時に、気持ちいキスができる雰囲気を作る事ができるようになれば、相手の身体も心もメロメロにする事ができるでしょう。

チェック3.キスに強弱を付けることができるか

単調な動きしかないキスは、飽きやマンネリ化を招いてしまいます。
気持ちの良いディープキスはただ単に激しく出し入れをすれば良いわけではありません。

時に優しく、時に吸い、時に激しく、キスの動きをつけるようにしてください。

それだけで動きに変化が付くようになり、ディープキスをしている時の快感が倍増します。

ひと通りあなたが持っているキスのパターンを試し終わり、またマンネリ化をしかけて来たら、今度は相手にお願いして、新しい舌の動かし方を試すようにお願いしても良いかもしれませんね。

お互いに変化を付ける事を考え続ける事で、刺激的で新鮮なキスを常に味わう事ができるでしょう。

チェック4.疲れないディープキスの方法を知っているか

リラックス

ずっと激しいディープキスを交わしていたらお互いに疲れてしまいますよね。
せっかく気持ちいいキスなのだから、なるべく長い時間楽しめるだけでも満足感は高まるものです。

キスに夢中になりすぎて呼吸を忘れてしまい、早々に疲れてしまうなんて事は避けたいものです。

実はディープキスは、口が塞がっていても落ち着いてキスをすれば口呼吸も可能なのです。
上手いディープキスができる人は自分が苦しくないキスをしてるだけでなく、相手を気遣ってキスをしています。

その居苦しくない心地のいいディープキスが俗に言う「相性のいいキス」なのでしょう。
お互いに気持ちがよく、心地いいキスは相手も自分も幸せな気分にさせてくれますよね。

チェック5.相手を興奮させるボディタッチができるか

ボディタッチ

唇と舌だけでするディープキスも十分ではありますが、プラスして上手なボディタッチができれば、更に気持ち良いキスができるようになります。

ボディタッチの仕方もキスの種類のよって分けていきます。
ソフトなキスをしている時は優しく撫でるように触って興奮を徐々に掻き立てていき、そこからハードなキスになるにつれて相手を自分の胸に抱き寄せたり、頭を撫でたりするなど、より濃密な触り方に変化をさせていきます。

激しいキスと濃密なボディタッチや全身の密着を同時に行う事で、興奮度や雰囲気の盛り上がりは最高潮に達します。
相手の反応を伺いながら、一番気持ちいいと思ってもらえるボディタッチを身につけてくださいね。

チェック6.焦らすのは上手いか

キスをする雰囲気が整った時に、いきなりディープキスをしてしまうのはナンセンス。
最初は普通のキスで相手の気持ちを焦らす事によって、徐々に興奮度を高める事ができます。

ディープキスは快感が強いので、適度に焦らす事によって相手は「ディープキスを早くして欲しい」という感情が強くなり、ディープキスをした時の快感度が上がります。

舌を入れる動きをしても入れないなど、相手にディープキスを求められるようなキスの仕方をするのが、相手を焦らす際のポイントです。
ただし、相手の反応が面白いからといって焦らしすぎてしまうと、盛り上がりのピークを越えてしまい逆効果になるので、注意してくださいね。

ディープキスの練習方法

キャンディー

いくらディープキスの種類や、上手にする方法が分かっても「相手がいないから意味ないよ…」と思っている方も中にはいるでしょう。
そんな方は、いつディープキスをするタイミングが来ても良いように、トレーニングをする事がおすすめします。

トレーニングを事前にしっかりと行なって、いつ「その時」が来ても良いように万全の体制を作っておきましょうね。

恋愛映画や海外ドラマでイメージトレーニング

イメージトレーニングが大切なのはスポーツだけではありません。
ディープキスにおいても事前にイメージトレーニングを積んで置くことはとても大事なのです。

キスをするシチュエーションから、キスをする際の間の取り方など、恋愛映画や海外ドラマから学ぶ事ができる部分はたくさんあります。

何回もディープキスのシーンを観たら、次はそのシーンを自分に置き換えましょう。
頭の中で唇の感触や掛ける言葉まで鮮明にイメージする事ができれば、本番のキスシーン来た時にも焦る事なく、思った通りにキスをする事ができるでしょう。

自宅で作った氷でディープキスのシミュレーション

イメージトレーニングだけではキスの感触を掴むのが難しい方には、氷を使ったトレーニングがおすすめです。
100円均一ショップなどで、氷を作るための容器を買い、相手の下に見立てた尖っている氷を作ります。

あとは、氷に対してこの記事でお伝えしているキスを自由に実践する事で感覚を掴んでください。

あくまでも氷は舌の代わりでしかないため、唇を舐める、吸うなどの練習をする事はできないのですが、舌を舐めたり吸う練習をするだけでも、あなたのディープキスのクオリティは大幅に上昇するはずです。

コンビニに売っている飴で舌のトレーニング

氷を毎回作るのも面倒という方には、コンビニに売っている飴を使ったトレーニングがおすすめです。
食べた飴を舌の上で動かす事で、舌を自由自在に動かす感覚を身に付ける事ができます。

舌を動かすのが上手い人は、相手にとって気持ちの良いディープキスができる人であるとも言えます。
飴であれば歩きながらでも、電車の中でも、仕事中であっても周りの人にバレずに練習に使う事ができるので、普段忙しくて時間が無い人きにとってもおすすめのトレーニング方法です。

気持ちいいディープキスをするための6つのエチケットと注意点

couple-1706572_640

ディープキスはお互いの息遣いや、唾液がダイレクトに交わります。それが快感を得る事ができる理由であると同時に、不快な気持ちになる原因にもなってしまいます。

お互いが気持ち良くなれるように、最低限のマナーを知っておくだけでも気持ちの良いディープキスができるようになる確率はグッと上がります。

せっかく意中の相手とディープキスをする事ができたのに「このキスは無いな」と思われてしまわないように、最低限のマナーを解説します。全て大切な事なので必ず抑えて守るようにしましょうね。

エチケット1.事前に口臭のケアを行なっておく

歯ブラシ

口と口が触れ合って舌が口内に行き来するディープキスは、当然ながら直接的に口の臭いも相手に伝わってしまいます。
相手の口臭がキツかった時は不快な気持ちになってしまいますし、それと同時に自分の口臭も大丈夫が心配になってしまいます。

対策としては、キスをしそうな雰囲気を迎える前に必ず口臭ケアのタブレットを食べたり、歯磨きをするなどの口臭ケアを行うようにしましょう。
歯ブラシを持ち歩くのは大変かもしれませんが、タブレットなら持ち歩けるはずです。いつその時が来ても良いように必ず常に持ち歩きましょう。

また、良い雰囲気になりたい時のご飯などはにんにく料理やネギなどの臭いの強いお料理は必ず避けるようにしましょう。

>口臭ケアグッツはこちら

エチケット2.無精髭は綺麗に剃っておく

髭剃り

口と口が触れ合うということは当然、肌と肌も触れ合うようになります。
きっと、ヒゲの生える男性であれば、1度は自分自身の無精髭を撫でたことがあるはずです。
触ればわかりますが、感触はまるでジョリジョリしたタワシのようです。

女性の肌はとても傷つきやすく繊細なので、無精髭が相手の肌に突き刺さってしまってはムードも台無しになってしまいます。
相手に不快感を与えない、気持ちが良くスムーズなディープキスをするためにも、無精髭は沿っておいたほうが無難と言えるでしょう。

「朝に髭を剃っても夜にはまた生えてしまう…」という男性の中でもかなり毛深い部類の方は、脱毛サロンに通うなどの対策を取って、女性に対して不快感を与えないようにしましょう。

エチケット3.鼻毛の処理をきちんとしておく

大好きな人とのキスであれば、「どんな顔をしているのかな?」とうっすら目を開けて相手をみる方も多いはずです。
そこで鼻毛の処理をしていないと「うっわ、鼻毛が出てる…!」なんて思われてしまうこともあります。

ディープキスは至近距離で行うものなので、近くで鼻毛を見ることになり、強く印象に残ってしまいます。
一度抱いてしまった印象を覆すのは難しく、間違いなくイメージダウンに繋がってしまいます。

鼻毛が出た事はあまり無いという方も、離れた場所からでは見えなくても、近くであれば見えてしまう事もあるので、勝負の日の前日には必ず鼻毛をカットしましょう。

エチケット4.相手の舌を吸いすぎない

ディープキスのテクニックとして舌を吸うという方法もありますが、吸いすぎはよくありません。

夢中になりすぎてついつい吸いすぎてしまったという経験がある方もいるかと思いますが、何事も加減が必要です。

舌を強く吸いすぎると、吸われた側はとっても痛いです。激しく吸われすぎて舌が内出血を起こし、数日間痛みを我慢して生活…なんて事例もあるので注意をしてください。

舌はとてもデリケートな部位なので、優しく扱いましょう。

エチケット5.いきなりディープキスをしない

目を合わせ顔を近づけ、唇も重なりキス!となった瞬間にいきなり相手の口に舌を突っ込むのはご法度です。

キスにおいての焦らし時間はとても大切です。

メインのディープキスに至るまでの時間もゆっくり楽しむ余裕を持ちましょう。それが色気のある雰囲気づくりにも繋がります。

高級イタリアンのフルコースのように、まずは前菜から楽しむようなイメージでキスをするといいですよ。

エチケット6.口を大きく開けすぎない

食いかからんばかりに大きく口を開けてキスをするのはよくありません。

あなたが大きく口を開けると、相手も大きく開ける必要が出てきます。大きく口を開けた状態でのキスなんて、お互い顎がしんどくなってくるはず。

また、口を大きく開けていると呼吸もし辛く、唾液も顔に垂れてくるなんて事も…。

はじめは軽く開ける程度で、相手の開き具合も確認しながら調整しましょう。

ディープキスをする際におすすめのシチュエーション

ディープキス02

ディープキスでスイッチを入れて、その後セックスに…という、誘導のような役割を思い浮かべる方も多いのではないのでしょうか?

いくらエッチな気分になるディープキスとはいえ、同じような流れで、何度もしてくると飽きてきてしまいます。
「少しマンネリ化してきたな」と感じたら、いつもとは違うシチュエーションで恋人や、意中の方をドキドキさせてみませんか?

ここでは、ディープキスをする際におすすめなシチュエーションをご紹介いたします。

シチュエーション1.お家デート中に2人でソファーでくつろいでいる時に

2人でソファーでくつろぎながら、ゲームやおしゃべりとしていて、ふと目が合う。
なんだかいい感じになって目をつぶってキスをし、押し倒してセックスに発展…というオーソドッククスな展開は1度忘れてください。

あえてセックスまで持ち込まずに、ディープキスをこれでもかと言うくらい楽しみましょう。
ディープキスで雰囲気を盛り上げ多分、きっといつもよりも濃密なセックスができる事でしょう。

ディープキスでエロい気分になったおかげで、いつもは受け身の相手も、普段より積極的になってしまうかもしれませんね。

シチュエーション2.綺麗な夜景が見えるロマンチックなスポットで

夜のデートで周りが暗くなった頃、綺麗な光があなた達を包みます。
いつもは周りを気にしてベタベタしないカップルも、少し肌寒い夜の中でこっそり外でのキスを楽しんで見てはいかがでしょうか?

「周りに人がいないかな」なんてキョロキョロしている意中の人を抱きしめて、ディープキスをすれば、もう相手は周りのことなんて気にならなくなるでしょう。
いつもとは違う、夜風に吹かれての開放感溢れるディープキスに魅了されることでしょう。

シチュエーション3.エレベーターで2人きりになった時に

恋人や意中の人とエレベーターで二人きりになった時、これは最高のシチュエーションです。
エレベーターの隅で、グッと激しいディープキスを交わして見てください。

いつ扉が開くか分からないドキドキ感が、意中のあの人の興奮指数は急上昇させる事でしょう。

時間も限られているので、少ない時間での急なキスで「もっとして欲しい」と言う感情を持たせることが期待できます。
そのため、相手とセックスをしたい時などに使うシチュエーションとしておすすめです。

シチュエーション4.ドライブデートに行った時の別れ際に

ドライブデートをたくさん楽しんで、いよいよ、お家に着いてしまいます。
別れ際に、1日の楽しい思い出を頭の中で振り返りながら、相手への感謝と愛の気持ちを全面に表現した静かで激しいディープキスをすれば、お互いの好感度が上がる事は間違い無し。

言葉を一言も交わさなかったとしても、お互いに愛情は感じあっているはずです。

心が満たされる、愛のあるディープキスはどこか幸福感のある、ほんわかした気分になれるものです。
セックスの誘導のようなエッチなディープキスも良いですが、愛を伝えるお別れのディープキスもおすすめです。

シチュエーション5.ラブホテルで背徳感にまみれながら

世の中には色々な恋愛があると思いますが、例えばイケナイ恋をしてしまって、堂々と街を歩けないカップルは、ラブホテルでのディープキスがおすすめです。

お部屋に入る前の廊下でのディープキスや、ラブホテルを出る直前のディープキスなど。
イケナイ事をしている背徳感にまみれながらのキスもドキドキしてしまいますよね。

もちろん一歩ホテルから出たら、お互いに他人のように振舞わなければなりませんが、ギリギリまでディープキスで2人の愛を確かめ合ってみてはいかがでしょうか?

また、さらに盛り上がるためのデイープキスをするならこんなアイテムを使ってみるのもあり!

キス専用美容液を使う

ロウリュ

匂いや潤いでキスの気持ち良さを最大限に引き出してくれる「キス専用美容液」。

SNSやネットで「その効果がすごい」と、かなり話題になっています。
男性の意見をもとに作られた商品なので、満足度もかなり高くなっています。

テクニックを磨くことも大事ですが、そもそもの唇の状態がよくなければいいディープキスは実現されません。

ちなみに女性向けの商品ですが、男性が使っても同様の効果が得られます。

男性も女性も、ディープキスを極めたいのであれば、購入しないのは損です。

「キス専用美容液」を今すぐ購入する


まとめ

いかがだったでしょうか?
ディープキスも種類は様々で、シチュエーションや相手に合わせて適切なキスをする事でより気持ち良くなる事ができます。キスのテクニックももちろんですが、それまでの雰囲気作りも欠かさない事で、更に満足度が上がりますよ。

ただし、とても近い距離でするのがディープキスなので、口臭ケアや無精髭の処理など、必要最低限のエチケットは心がけるようにしましょうね。

あなたがディープキスを通じて、意中の相手とドキドキした刺激的な時間を過ごす事ができるようになる事を心から祈っています。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
コラムの関連記事
彼女に浮気がバレてしまった!彼女の怒りを鎮める言い訳と対処法

「ねえ、ずっと思ってたんだけどこの『アキ』って誰?」 「ちょっと!浮気してるでしょ、信じてたのにサイテー!」 男性にとって浮気はやはり、魅力的...。 本命がいても、常に「いい女いねえかな」「とりあえずやらしてくん...

女々しい男の特徴11選!改善方法から好かれる女性の特徴も解説!

嫌われることが多いナヨナヨしている「女々しい男」。あなたの周りにもいませんか? 彼氏が女々しいということで悩んでない? 最近は草食男子に便乗した女々しい男が多い気がします。 女々しい男って、マザコン気質があったり優柔不...

浮気男に仕返しする方法10選!旦那や彼氏を懲らしめて、もう浮気しないように改心させるには?

「二年も付き合っていたのに、職場の後輩に手を出していたみたい!」 「真面目そうだったから付き合ったのに、私以外にも『彼女』がいることが発覚した…」 大好きな彼に浮気されてしまったら、腹が立ちますよね。 某セレブ芸能人が...

大分の告白スポット15選!女性が思わずOKしてしまう素敵な告白スポットを紹介!

数々の温泉地やのどかな風景が多く、観光スポットとしても名高い大分県。 実は大分県には是非告白するときに使っていただきたい穴場の告白スポットがたくさんあるんです! 中には地元の人もあまり行かないような超穴場も…。 告白する場...

二番目の女になりやすい人の特徴9選!本命彼女になるには?止める方法までご紹介!

「どれだけ尽くしてもなぜか本命になれない!」 そんな経験はありませんか? 前の恋愛も、今の恋愛も全部二番目・・・っていう女性には、実は理由があるんです。 彼のためにと思ってやっている事は、もしかしたらあなた自身の首...

男性必見!ドライブデートで彼女を絶対惚れさせるために必要な心遣いから準備まで徹底解説!

ドライブ中、何話せばいいんだろう… 付き合って浅いカップルだと、ドライブデートは緊張しますよね。 ですが、男性からの心遣いで二人の心の距離は縮まっていきます。 実は、ドライブデートは最高の思い出を作れるので、女性の方もやり...

彼氏を乗り換えたい女子必見!後悔しないために考えるべき事とベストな乗り換え期間・言い訳

「今の彼氏がなんだか自分とは合わない気がする・・・・・・」「彼氏がいるけど他の人からアタックされている」なんて時、ふと頭によぎるのが“彼氏の乗り換え”。 でも、本当に今乗り換えても良いのでしょうか?乗り換えて良かった!という話...

元彼と復縁するためには何をすればいい?復縁するための行動やしてはいけないことなどを徹底解説!

 好きな人とはどうしても復縁したいですよね。 この記事では、好きな人と復縁する方法はもちろんのこと、復縁の前兆など、復縁に関することをまとめてご紹介いたします! この記事を参考にして、復縁できる確率を上げましょう。 ...

美女と野獣カップルって?芸能人の美女と野獣カップルから野獣と付き合う美女の心理まで徹底紹介!

南キャン山ちゃんと蒼井優さんが結婚し、「美女と野獣大物カップル」誕生に世間は揺れに揺れました。 涙を飲んだ蒼井優ファンの男性も多いのでは。 一方で、「俺にも美女と結婚するチャンスがあるのか?」「美女はイケメンを選ぶ……とは限...

「忙しいから会えない彼氏」の実態!一体エリートの彼は何してる?

結論から言うと、 多分合コンをしているか、出会い系アプリを楽しんでいるのだと思う。   彼とはうまくいっているはずなのに、なんだか会ってくれる頻度が少ない気がする。   実は、毎日会いた...