恋愛

リッチな馬主さんと出会いたい!お金持ちな馬主と出会えるおすすめの方法とは?

馬主 出会い

新しい出会いを探したいけれど、お相手はできればリッチな男性がいいな、と思っている女性も多いのではないでしょうか。豪華なディナーや海外旅行など、リッチな男性と付き合って色んな経験がしてみたいですよね。

そんなリッチな男性を探したい女性にオススメしたいのが、馬主、つまり競馬の競走馬のオーナーの男性です。実は馬主さんにはかなり所得が高く、資産もある男性が多いと言われているんです。

でも馬主さんと出会うなんてかなりレアじゃない?一体どこで出会えるの?とお思いの女性のために、今回は馬主と出会うための方法を徹底的に調べてきました!

最近競馬に興味を持つ女性が増えている

馬主 出会い

プロレス好きな女性を「プ女子」と呼んだり、相撲が好きな女性を「スー女」と呼んだりするのを耳にしたことがありませんか?それと同様に最近では「ウマ女」と呼ばれる競馬好きな女性が増えているんです。

でも競馬と言えば、なんとなくおじさんが新聞片手に夢中になっているギャンブル…というイメージを抱いている女性も多いかもしれませんね。しかし高い人気を集めている競馬ゲームの影響もあってか、若い男女が競馬に興味を抱くようになっているのは確かです。

20代男女を対象にした競馬に関するアンケートにおいて、「競馬に関するコンテンツを視聴・利用したことがある」と答えた20代女性は全体の41.5%、「馬券を実際に買ったことがある」と答えた20代女性は15%と、近年かなり若い女性たちの競馬への関心が高まっていることがわかる結果が出ています。

さらにJRA(日本中央競馬会)は「UMAJO」という若い女性向けのインターネットコンテンツを制作して競馬場の楽しみ方や競走馬のマメ知識、ジョッキーの素顔などを紹介したり、競馬場でビギナーズセミナーという競馬新聞の読み方や馬券の買い方を教えてくれる無料のセミナーを開催したりと、若い女性の集客に力を入れています。

また競馬場によっては「UMAJO SPOT」という女性専用のリラックススペースが設けられており、ドリンクや可愛いスイーツを販売したりと女性には嬉しいスポットが用意されています。なお「UMAJO SPOT」には女性コンシェルジュが滞在し、初めて来た女性でも競馬を楽しめるように配慮がされているので安心ですね。

ウマ女たちはただのギャンブルとして競馬を楽しんでいるのではなく、競走馬の美しさを堪能したり、自分の推し馬や推しジョッキー(騎手)を見つけて応援したり、広い敷地を持つ競馬場でのんびりランチをしてピクニック気分、野外でワイワイとフェス気分を味わったりと、それぞれの楽しみ方をTwitterやインスタグラムなどのSNSで発信しています。

馬主ってどんな人のこと?

馬主 出会い

競馬を語るうえでに欠かせないのが当たり前ですが競走馬で、その競走馬のオーナーが馬主です。しかし馬主って一体どんなことをする人なのか、具体的にはよく知られていないのではないでしょうか。ここからはその馬主について詳しくご説明しましょう。

馬主ってどんなことするの?

馬主とは競走馬の現役時代はもちろん、若い馬を生産者から購入し、調教師を選んで訓練を見守るなど、様々な関係者とパートナーシップを結び、愛馬がレースに出られるようになるまでの準備期間を見守ります。

馬主のメリットはまず、愛馬の名前を自分で決めることができるということ。そして愛馬をレースに出走させ、特定の順位以内に入賞すれば賞金を獲得したりすることができます。また中央競馬では出走奨励金や各種手当をもらえることも。地方競馬の場合は主催者から出走手当を貰えます。

そこで優勝した場合は表彰式に参加することもできますし、騎手がレース中に着用する勝負服のデザインを決めることもできます。

またどんな競馬場にも、一般の観覧席とは別に「馬主席」という特別な観覧席があります。馬主席にはドレスコードがあり、フォーマルな服装でなければ入場できません。馬主席ではゆったりとお食事をとりながら愛馬が走る様子を観覧できます。

馬主にも種類がある

馬主とは大きく分けて、「個人馬主」「組合馬主」「法人馬主」の3つに分類されます。その分類によって馬主になれる条件も違います。

個人馬主

馬主全体の85%がこちらの個人馬主です。その名の通り個人を馬主として登録し、1人1頭を所有して馬主活動を行います。

農林水産省(国)が運営する中央競馬の個人馬主になるためには年間の所得金額が2年連続で1700万円以上あること、7500万円以上の資産を所有していること、という厳しい条件があります。

地方自治体が運営している地方競馬では中央競馬よりは条件がゆるく、直近の年間所得金額が500万円以上であれば登録することができます。

組合馬主

組合馬主は3名以上、10名以下で組合員を構成し、それぞれが出資をして共同で馬主活動を行うという形態です。

中央競馬の場合、組合員も過去2年の年間所得が全員900万円以上であること、組合として1000万円以上の預貯金(組合財産)があることが条件です。また組合員の中に個人馬主や法人馬主がいないこと、他の組合馬主と掛け持ちをしていないこともチェックされます。

地方競馬の場合は組合名義で300万円の定期預金があること、組合員全員の直近となる年間所得金額が300万円を超えていることが条件とされています。

法人馬主

法人馬主とは、競馬事業を目的とした法人を馬主登録するもの。その法人の代表者は個人馬主として一定の活動経験を求められます。

中央競馬では資本金または出資の金額は1000万円以上の準備が必要とされます。さらに申請法人として、資本金または出資額の50%を出資している実績が必要となります。

地方競馬では出資の総額は300万円、直近2ヶ月の決算で赤字になっていないことが条件です。

以上に挙げた馬主になるための条件はかなり厳しいものですが、もっと気軽に馬主気分を味わえる「一口馬主」という制度もあります。

一口馬主とは?

一口馬主とは、「クラブ」と呼ばれる法人が、1頭の競走馬を40口~500口程度に分割して出資者を募るもので、クラブの入会金や出資金などを支払えば所得に関係なく参加することができます。

競馬ファンが馬主を疑似体験できることで人気で、出資した馬が入賞すれば口数に応じて配当を受け取ることもできます。

馬主ってほんとにリッチな人が多いの?

馬主について一番気になるのが「馬主さんってほんとにリッチなの?」ということですよね。

先に説明したように馬主になる条件として一定以上の所得や資産が必要であることから、馬主として登録している以上はもともと本業としている職業でかなりの収入と資産がある、リッチな男性であるということは間違いありません。

JRAにおける登録馬主の平均収入は1頭当たり約723万円であると言われています。レースに勝てる馬を所有している場合はそれ以上の収入も見込めますね。

実際レースで入賞経験のある馬の馬主の本業は芸能人やスポーツ選手、または有名企業の社長、会長などかなり収入のある人ばかりです。

 

馬主と出会う方法とは

馬主 出会い

馬主さんとはどのような人なのか、そしてどのくらいリッチであるのか理解できたところで、ここからが本題です。馬主の男性を見事にゲットするにはどうすれば良いのでしょうか。

そこで、まずは馬主の男性と出会う方法についてご紹介しましょう。

競馬合コンに参加する

趣味コンという言葉をご存知の女性もいると思いますが、趣味コンとはその名の通り、同じ趣味を持つ男女が集うコンパのこと。趣味コンの中にはお料理やボルダリングなど様々な種類があり、もちろん競馬好きが集まる競馬合コンも存在します。

競馬合コンは競馬場で開催されることが多く、一緒に競馬場を散策したりレースを予想したりするだけではなく、競馬場のバックヤードツアーがあるところもあって競馬好きであればかなり楽しめるイベント。特に競馬合コンはレースを観戦するドキドキ感もあり、カップル成立の確率が非常に高いと言われています。

自分の愛馬を紹介するために馬主が参加している可能性もあります。SNSや地元の掲示板、趣味コン専門の会社などで参加を募っているので是非参加してみましょう。

競馬サークルに入る

出会いを求めるというより、競馬を愛する人間が集まった競馬同好会のようなサークルもあります。

競馬について語り合ったり、実際に競馬場で一緒にレースを予想したり、競走馬の美しさを堪能したりと目的によってサークルの活動内容が違うことも。

中には馬主が主催しているサークルもありますので、そういったサークルに絞ってSNSなどで検索し、加入すれば馬主と出会える可能性がアップします。

本気で競馬が好きな人間が集まるサークルが多いので、そういったサークルに参加するためにはまず競馬についての知識を身に着けたり、好きな競走馬を見つけたりといった下準備をしておくと良いでしょう。

一口馬主になってみる

先ほどご説明した、収入が高くなくても馬主気分を味わえるという一口馬主。高額な出資金がなくても参加できるので、自分も一口馬主になってみるのもおすすめです。

一口馬主になるための費用はクラブによって違いますが、一口当たりの費用があまり高額ではないクラブを選べば十分に参加できるはずです。

一口馬主になって、一口馬主が集まるクラブやサークルに参加すれば、何口も購入して高配当を得ている男性に出会えるかも。ただ一口馬主は誰でも馬主になれるので、ただ競馬が好きなだけであまり高収入ではない男性とばかり出会ってしまう可能性もあります。

競馬関係の仕事に就く

馬主との出会いを求めるのであれば、競馬関係のメディアを発信する仕事や、競馬番組の制作会社、競走馬を育てる厩舎のスタッフなど、競馬関係の仕事に就くのが非常に確実であるといえます。

ただ馬主に出会うために転職、というのはなかなか難しいかもしれませんので、競馬関係の仕事をしている人とコネクションを作り、馬主に会わせてもらう、という方法もおススメです。

競走馬の生産牧場から育成牧場、厩舎スタッフや調教師、競馬の騎手、JRA職員、競馬のメディアのライターなど競馬関係の仕事に就いている人はピンからキリまでいますので、自分の攻めやすい所からコネクション作りをしましょう。

現在はSNSが発達していますので、Twitterなどで競馬関係のアカウントを作り、コツコツと競馬関係者との人脈づくりをしてみるのも良いですね。

マッチングアプリで競馬好きをアピールしてみる

マッチングアプリは女性無料、男性有料のものがほとんどですが、そのなかでもスポーツ選手や会社経営者などハイスペック男性の登録が多く、男性の会費が高額なマッチングアプリに登録してみましょう。

マッチングアプリのプロフィールに競馬が好き、特にギャンブルというよりは競走馬そのものが好きであるというアピールをしておくと、同じ趣味を持つ高収入男性からの食いつきが良くなります。

馬主は馬主が本業ではなく、馬主の資格を得られるほど高収入の本業がある人なので、ハイスペック男性が集まるマッチングアプリの中には馬主や、馬主の友人を持つ男性もいる可能性があります。

さらにはハイスペック男性が集まる飲み会に華を添える目的で女性が呼ばれる、いわゆるギャラ飲みアプリに登録してみるのも良いですね。ギャラ飲みに参加することでハイスペック男性とのコネクションを作れば、いずれ馬主の男性を紹介してもらえることもあります。

馬主をゲットしてリッチな恋愛を楽しもう

馬主 出会い

馬主にも色々種類がありますが、特にリッチであると言えるのは中央競馬の個人馬主です。ただ中央競馬の個人馬主はかなり大企業の社長や会長といった、いわゆる雲の上の人が多いので、それだけを集中して狙うのはかなり難しいかもしれません。

その点地方競馬は馬主になるための条件が中央競馬より緩いので、リッチ度は多少下がりますが近づきやすいでしょう。

いきなり個人馬主を狙うのではなく、組合馬主や法人馬主を狙うのもアリ。ただ一口馬主は単なる趣味の場合があるのであまりリッチ度は期待できません。

リッチな馬主さんに連れられて、フォーマルな服装に身を包み、馬主席で優雅に競馬観戦なんてとっても素敵ですよね。そんなリッチな馬主さんをゲットするためにも、まずは競馬場に一度足を運んでみるのはいかがでしょうか。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
あなたにおすすめの記事
御曹司と出会いたい!実際に御曹司ってどこにいる?結婚するには?
YouTuberと出会いたい!付き合いたい!出会い方を徹底紹介!
MBAって実は最強の出会いの場!?MBAでの出会いについてご紹介します
ハイスペ男子とは?彼らに選ばれる女性の特徴や、出会う方法を分かりやすく解説します!
港区男子と出会い方!彼らの特徴やハイスペの落とし方、嫌われる女子の特徴を港区女子が解説!
シェアハウスの出会い事情|ハイスペとの出会いは高級シェアハウスにあり!?テラハみたいな恋愛がしたい人へ
結婚相談所の口コミを比較してみた|おすすめランキングや注意すべきことを徹底解説