アダルト

肛門舐めって?気持ちいい種類と体勢をイラスト付きで解説!アナル舐めの魅力満載!

BhI6kmHo_400x400執筆者:家虎

みなさん「肛門舐め」ってやったことありますか?

肛門舐めは、フォロワー1.4万人いるワタクシのアンケートによると80%の男性が好きと答えています!

 

今回のテーマは、

実は、男はみんな大好き肛門舐め!!

 

男の性感ポイントを知りたい探求心の強い女性はぜひアナル舐めてみてください。

Sッ気強めの方や、レスで悩んでる方は特に!!!

 

(なお、一般には「アナル舐め」という表現が浸透していますが、ここではより卑猥な「肛門~」という表現を使います)

肛門舐めとは?

舐めカット

肛門舐めとは、他人の肛門を舌を使って愛撫する事。

これがぶっちゃけ

 

舌技の中で一番気持ちいい!(*´Д`)

 

フェラチオが快楽度10なら肛門舐めは18くらい気持ちいい!

だから、男性を気持ちよくさせたいなら肛門舐めはマストなのです!!

え?あんなところが気持ちいいのかって?

では、肛門を攻めるべき根拠を解説しましょう!

肛門舐めはなぜ気持ちいいのか

仮説1哺乳類の習性・太古の記憶

皆さんもテレビ等で動物の生態をご覧になったことがあると思いますが、

生まれたての哺乳類は排泄を母親に頼ります。

舌で肛門を舐められ排泄を促され、最終的には清掃までされるんです。

排泄の快楽と清潔の爽快感・・・その記憶が刻まれているのではないかと私は睨んでいます。

 

ただ、

その場合オスメスいずれも肛門好きになるはずですが、実はこんなアンケート結果があります。

スクリーンショット 2020-07-19 21.22.23

>元ツイはこちらから

上半分が男性、下半分が女性票です。

ご覧の通り男性は5人中4人が肛門スキーですが女性は6割以上が嫌がっています

これは一体どういうことか。

男性だけが感じやすい理屈があるのか・・・?

 

仮説2男性器構造

what_pc006_01

具体的に、なぜ男性は肛門舐めが好きなのかの仮説を立ててみました。

図のように男性の肛門のすぐそばには、生殖の要、前立腺があります。

古代、

数少ない生殖のチャンスを確実なものにしたい人類は前立腺を素早く刺激し、勃起させるべく、ここで性的な刺激を得られるように進化したのでは・・・?

つまり、

肛門を感じる男子は性的にたくましい、ということになるのです!!生命の神秘がここ(肛門)に・・・!

 

感じるし、生命の要だし、もう肛門を舐めない理由はないです!!!

肛門舐めの種類

肛門舐めの魅力がわかってきたところで、具体的にどんな肛門舐めの種類があるのか、ワタクシの自作のイラスト付きで解説していきます!

種類1:手コキ肛門舐め

lick1_layout

手コキ肛門舐めは、肛門舐めのディファクトスタンダード!

肛門舐め単騎攻めでは快楽度18ですが、手コキが加わるとさらに10倍!!

 

やられた男性はこの世にこんな天国があったのかと涙を流すという・・・!!

 

コツは、ペニスに触れるのは後で。肛門舐めから始めて焦らしに焦らしてからペニスを触るようにしましょう。

 

指が触れた途端、快楽と感激が延髄を貫き男は歓喜に打ち震え、神(肛門)に感謝するでしょう。

もう肛門の虜です。

 

種類2:パイズリ肛門舐め

lick2_layout

パイズリ肛門舐めは、おっぱいを愛でながら肛門を舐めてもらう夢の技!バストが豊満な方なら可能です!

・・・と言いたいが

 

ぶっちゃけ手の方が気持ちいい(;´Д`)

 

ただ、パイズリ好きの人にはタマラナイと思うので、一度挑戦してみてください!

 

種類3:肛門69

イラスト

肛門69は、もし女性のあなたも肛門好きならばオススメしたい!

肛門を舐める69!

感じる方と攻める方、どっちに意識を持っていくか少し迷いますが、二人揃って肛門を貪るこの姿そのものが背徳感たっぷりでシコい!

 

倒錯の世界に酔いしれるのです!!

 

なお、男性は肛門舐め好きが多いので誘えばやってくれるでしょうし、指マン肛門舐めもバッチリです!

 

種類4:肛門舐めの裏技:舌の角度は90度!

様々な肛門舐めの種類を解説してきましたが、ここで裏技の紹介です。

lick0_layout

図の通り、肛門は縦長に割れ目が走っています。

これに合わせるように横向き(90度倒す)にする舌の形状がマッチしてさらに気持ちいいですよ!

肛門舐めの体勢

肛門舐めの種類がわかったところで、次は肛門を舐める体勢とそれぞれに特徴について語っていきます!

lick3_layoit1

体勢1:横臥(おうが)

横臥は、いわゆる仰向け。ただし、肛門を晒すために足を上げる必要があります。

フェラチオから移行しやすいし手コキもしやすいんですけど、結構腹筋がツライっす・・・。

ご覧の通り、女性もべったり這う必要があるためあんまりオススメできないです。

体勢2:四つん這い

四つん這いは、手足をつきながら、舐めやすいよう肛門を上に向けるため上半身をかなり低く、かつお尻をぐっと突き出す格好。

手コキもしやすいので快楽度は高いです。

しかし背筋をぐっと反らせる必要がありまして、これが結構コツがいるんですよ・・・(*´Д`)

体勢3:縦四方固め(たてしほうがため)

縦四方固は、(69に近い体勢から)女性が仰向けの男性の足を抱え込んで支え、股間に潜り込む姿勢。

首を曲げれば(先の裏技参照)肛門にリーチしやすいです!オススメ!

 

lick3_layoit2

体勢4:うつ伏せ

うつ伏せは、男性が普通にうつ伏せ状態になると肛門は上を向くのでその状態で普通に舐める。

意外にいいっす。

ソープなんかではこれがメジャーなんすよ(オチンチンをあらかじめ上向きにしておきましょう)。

体勢5:立位(りつい)

立位は、普通に立った状態の男性の肛門を女性が下から舐める。

手コキもしやすく、実は一番肛門舐めに適した体勢なのでは?

 

余談ながら、一度これでパイズリ肛門舐めしているAVを見たことがあります。スゲー・・・

 

体勢6:ちんぐりスープレックスホールド

先の肛門69パイズリ肛門舐めの合体技。

やったことないし、AVで見たこともない完全な妄想の産物。可能かどうかも分からない( ´∀`)

どなたか挑戦してみてください・・・。

 

肛門舐めに男性を誘う方法

誘い方

攻めるべき理由も分かった。

技も覚えた。

しかし最大の難関は実はこの男性をその気にさせる方法です!

乗り気でない男性にいきなり「舐めさせて」と頼んでもやんわり抵抗されるでしょう。

でもどうしても舐めたい!!!

彼氏が肛門で悶える姿を見たい!!!

 

そんなあなたにオススメなのが、

「この記事を読ませる」です!!

 

この記事を書いているのが同性のワタクシなので、気持ち良さの説得力は確実!

ワタクシのツイート(先述)を見せながら「こんなの流れてきたんだけど」と読ませるのも有効です!

ていうか君!

そう君だ!

舐めてもらえ!

 

マジで神(肛門)に感謝するから!!

 

いざ禁断の快楽へ

肛門の魅力、いかがでしたでしょうか。

セックスライフに肛門というメニューを加え、より深くより多彩な楽しみを共有してください!

それではまた機会がありましたら新たな肛門メニューをご紹介いたします!!

乞うご期待!(肛門だけに)

 

この記事を書いた

・家虎

BhI6kmHo_400x400

サラリーマンをやりながらも、Twitterにて裏垢絵師、性に関するコラムもこなす多彩な男性。
欲望の赴くままにツイートを重ねつつも日常的なツイートとのギャップもあり人気。
今回の記事中のイラストも、リアルエロスで最高な仕上がりである。
Twitterフォロワー1.4万人の人気インフルエンサー。

▶家虎過去記事


*以下は家虎さんとは関係ありません。

アナルを舐められたい!アナルを舐めたい!!

まだまだセックス足りてないなぁ〜!

そう思ったあなたへ朗報。変態が多いサイトなら、ワクワクメール★

02aa

ワクワクメールは2002年から運営しており、会員数も900万人を突破!

セフレ探しに9割以上の人が利用してる出会い系サービスです。

29歳/男性
好きな人にアナル舐めをお願いするのは気が引けたけど、ワクワクメールならお互いの利害が一致しているからぶっ飛んだセックス体験ができました
21歳/女性
彼氏は作りたくないけど、セックスはしたい!そんな時に利用してます💖

アダルト掲示板があり、そこで毎日、大人の出会いを求めてる男女が盛んにやり取りをしています!

[アダルト掲示板↓]

セフレ掲示板

登録料は男女共に無料。少しでも気になった人にはおすすめです。

無料でワクワクメールに登録(18禁)

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
あなたにおすすめの記事
ヤリマンと出会いたい人必見!すぐヤレるビッチ女の特徴から職業・出会えるアプリまで徹底解説!
男の下手くそなセックスの特徴5選!女子会で吊るし上げ
【男性向け】セフレの作り方ガイド!誰でも簡単にセックスフレンドを作る方法を徹底解説
童貞好き女子代表の私が語る!童貞が好きな理由と魅力
ヤリ友の作り方を詳しくご紹介!いつでもヤレる友達 “ヤリ友” を作る方法を伝授
AV男優vs.イケない女!カミングアウト版「ぽこ×たて」開催!
男もセックス中に演技やいったフリをする!?その見極め方とは?