アダルト

入院中のオナニーってどうするの?気になる入院時のオナニー事情を徹底解説!

入院中オナニー

ある日突然、事故や病気でやむなく入院生活を強いられたとします。

そんな時、あなたは何に対して不安を抱きますか。仕事・家族・恋人、いえもしかしたら、「オナニーできるかな」なんて思っていませんか?

下世話な事を突いてくるな~と思うかもしれませんが、オナニーできない事について悩むのは、あながち間違ってないですよ。

入院中のオナニーはむしろ推奨!今回は、なぜ入院中にオナニーすべきなのか?バレずにオナニーする方法や注意点などをご紹介します。

入院中もオナニーってするの?

入院中オナニー

「入院中にオナニーってするの?」「ていうか、していいの?」ずばりお答えします。

はい、入院中はオナニーします!

というより、した方がいいです!(バレないように)

でも、体を安静にしないといけないわけだし、オナ禁するチャンスなんじゃないか?と思う人もいるでしょう。

そもそも巷で有名な「オナ禁」は体にメリットがあるとばかり伝えられていますが、あまりにもオナニーを我慢しすぎることは実は体にとって害悪です。

なにが良くないのか?というと、生殖機能が「劣化」してしまうのです。エントロピーの法則と呼ばれ、生殖器以外の体全体も同様に、使う頻度の少ない部位は劣化してしまいます。

つまり、射精をしない=射精の必要が無いと体が認識してしまい、上質な精子が作られなくなってしまいます。

しかし、入院中は病室に他の患者さんがいることもあり、完全プライベートな状態がありません、強制的にオナ禁を強いられてしまいます。

ですが、先にも説明した通り、オナ禁は男の機能を著しく下げるただの苦行!人の目を盗みながら、入院中でもオナニーを可能にする方法をご紹介します。

「背徳感」というスパイスが、意外と癖になるかもしれませんよ?

バレない!入院中のオナニー方法3選!

秘密

誰にもバレずにオナニーを完遂するためには?場所やシチュエーション選びが重要です。

1.唯一のプライベート「トイレでオナニー」

入院中オナニー

病院内では、病室・休憩室・外、全て公共の場であるため常にプライベートがありません。

当然ですが、病院はケガや病気を直して体を回復させるために来る場所。破廉恥な事をする場所ではありません。オナニーするための環境が作られているわけがないのです。

しかし、そんな院内でも唯一看護師や他の患者にも見られない場所があります。それは、「トイレの個室」です。

トイレは院内オナニーするなら一番安全で、しかもリスクの低い場所。院内にはトイレはたくさんありますので、人の入ってない場所を選べます。

万が一、痕跡が残っていたとしても不特定多数の人間が使うため「○○さんがセンズリした」とバレる心配もありません。

また、オナニーで一番厄介なのが「後処理」ですよね。臭いも残るし、液体なのであちこちについてしまったら厄介。仮に、ティッシュに上手く包んでもゴミ箱に入っていたら「した後」とすぐわかります。証拠隠滅ができないのが難点。

しかし、トイレならペーパーで拭き取って流せば証拠は残りません。トイレに長くこもっていると怪しいと思われますが、長い禁欲生活を強いられているため、ことの他サクッと抜けるでしょう。

早漏になったわけではないので安心してください。

2.布団の中でこっそりオナニー

入院中オナニー

ちょっとリスクは高いですが、チャンスに恵まれているのは病室のベッドです。

入院中は基本的にベッドの上、調子が悪い振りや、安静にしている振りをして深々と布団にくるまっていても自然に見えます。

誰にも姿を見られない、布団をかぶせた小さな空間でオナニーすると良いでしょう。

しかし、いくらカーテンをかけて布団にくるまっても、病室はトイレと違って「公共の場所」です。

なのでいくつかの注意点があります。

  • ・他の患者も周囲にいる
  • ・突然の来客や看護師の接近に気付けない
  • ・声が出たらアウト
  • ・布団やシーツにかかったらごまかせない

以上の事に気をつけましょう。

布団にくるまると、周りが見渡せないので、来客や看護師が来ても全く気付けません。間近で芋虫みたいに布団でもぞもぞしていたら確実にアレな事していると中学生でもわかります。
用があって尋ねても、「あぁ…」と声をかけずにナースも身を引くでしょう。

ナースステーションでは瞬く間にあなたが「布団でシコル人」と周知されているはずです。

また、ややもすれば精子が布団に付着してしまいます。付いた臭いはなかなか消せませんが、これは対処法があります。

「ファブリーズ」など消臭スプレーをかけるのです。病室にファブリーズ持ち込む人なんてなかなかいませんが、とりあえず「綺麗好きだから」という理由で身内に用意させましょう。

それと当然ですが、久々の性欲開放で快感がこみあげ過ぎても、「声」だけはださないでください。個室ならまだ良いですが、共同の病室なら1発アウトです。

と、ここまで難易度の高さだけが目を引きますが、周囲に人がいる状態でするオナニーは非常に「背徳感」が味わえます。

実は、女性の入院患者の多くは、病室の布団の中で「済ませる」ことがあるようです。女性の場合プライバシーは男性より高く守られるし特に証拠も残りません。意外な事実ですよね。なので、男性でもチャレンジする価値はあると思います。

しかし、どうしても「バレるのが怖い…」という人は、消灯後にトライしてみると良いでしょう。消灯後なら見舞い客もおりませんし、看護師の巡回も頻繁ではありません。

むしろ看護師の巡回時間を把握しておけば、何度でも安全にオナニーすることができます。
ただし、周囲は静まり返っているので、音が出ないように注意しましょう。

ちなみにオナニーのおかずにするなら無料で高画質AVが見放題の「U-NEXT」がおすすめです。(イヤホンつけてくださいね)

d040577f8f9a599f465916c35577795d

50,000本以上のビデオが見放題なので、あなた好みのオカズがすぐに見つかりますよ。最新作も常に入荷しています。今なら31日間無料で試せるので、入院中なら丁度良いタイミング!

是非登録してみてください。

無料登録してエロ動画をみる

3.パートナーに協力してもらう

入院中オナニー

もうオナニーでもなんでもありませんが、彼女や妻に性欲の処理をお願いするのも良いですよ。

「実はすごく性欲が溜まっているんだ…」と打ち明けて、お見舞いのついでにカーテンを閉めて、静かにこっそりと手コキやフェラをしてもらいましょう。もちろんこれには、パートナーの同意が必要になります。

入院中にこっそり2人でエッチな事をするなんて、考えるだけでもゾクゾクしませんか?まるで短編のAVみたいな事をしているようですよね。

周りに患者さんやナースがいるのに、薄いカーテンの向こう側でエッチな行為をするのはめやくちゃ興奮を覚えます。熱が上がりすぎてそのまま本番に突入するのも燃えますよね。
後で思い返してもいい思い出になるのではないでしょうか?

ただし、絶対にバレない事が前提です。オナニーも本来なら自重すべきですが、溜まるのは生理現象なので、バレてもスルーされるか「仕方がない」と思われるだけで済みます。
しかし、2人で性処理をするのは明らかに確信犯です。病院という場所に相応しくない行動と取られます。万が一バレてしまったら、自分だけではなく、パートナーにも迷惑をかけてしまうでしょう。

問題が大きくなれば、他の患者の迷惑になるためこれ以上は入院はさせられないと、病院側から拒絶される可能性もあります。
まぁ、2人で淫行を楽しめるようなら、十分元気ですし強制退院されても問題ないでしょう!

入院中にオナニーする際の注意点

TRTM1915_TP_V4

実際に入院オナニーを始めようと決心した方へ。この項目は絶対に読んでください、

1.精子の臭いは女性にバレバレ

入院中オナニー

「オナニーしたけど、ティッシュに包んだから大丈夫!」「どこにもこぼしてないからバレない♪」と思っていませんか?

自分では気付いていないかもしれませんが、その精子の臭い、女性にはモロバレですよ。

精子をきちんとティッシュに包み込んでも、ゴミ箱に捨てたらそこから臭いが発します。手やお腹、布団にちょこっとでもついてしまったら、いくら拭き取っても臭いは消えません。

女性の嗅覚は敏感で、例えば拭きこぼして1日経過し、精子が乾燥した状態で付着したムスコをそのままにしても「うん?」と気付きます。

このように、射精の痕跡を完全に消し去るのは至難の業です。

しかし、なぜここまで臭いが広がるのでしょうか?部屋でオナニーしたら防ぎようが無いのでしょうか?

いえいえ!ちゃんと対処方法があります。実は精子というのは元々あの「生臭い」感じがあるわけではありません。

精子の中には化合物がたくさん含まれており、その中の一つ「アミン系」という物質が空気に触れることで、強烈であの独特な嫌な臭いを発生させます。

つまり、精子×空気=嫌な臭い
という事です。

ポイントは、射精時に少しでも精子を空気に触れさせないこと。射精する際、「ムスコが汚れないように」とティッシュを少し浮かせてから処理する人も多いでしょうがそれは間違いです。

ほんのわずか空気に触れるだけでも臭いは発生します。また、ティッシュとムスコが離れているだけでこぼしてしまう可能性もあります。

臭いも残さず、周りを清潔に、処理するには、「ムスコをティッシュで覆いかぶせる」ようにして射精してください。

そうすれば、臭いも取りこぼしも防ぎ、証拠を残さずオナニーできます。

病院でのオナニーではなくても、家や外出先でも使えるテクニックです。

2.シゴいている音は意外とバレる

「シコシコ」オナニーの事をよくこんな音で表していることありませんか?

実際にシコシコなんて音が出るわけではありませんが、リズミカルに手を動かすことによって、周りの物を揺らせて音が生じる事はあります。それを称して「シコシコ音」と呼ばれるのです。

そして、意外にもそのシコシコ音は、周囲の人間に簡単にバレてしまいます。

本人は「小さな音だから大丈夫だろう」と思うかもしれませんが、適度に揺れる物の音、擦れ合う衣類の音は結構響きます。というか、日常でそんな音がなるのは不自然なのです。

また、オナニーするタイミングといえば皆が寝静まった夜中がセオリーですが、夜間の病室は特に静かなので、病室だろうとトイレだろうと逆に目立つでしょう。

しかし、シゴかずにはオナニーなんてできません。どうすれば音を出さずに果てることができるのでしょうか?

有効な手段は3つあります。

  • ・乳首を刺激する
  • ・オイルを使う
  • ・催眠オナニー

まず一つ目ですが、乳首を刺激して感度を高めて、短いシゴきで素早く抜けるようになるという作戦です。シコシコ音を無くすことはできないので、周りが音を不審がる前に短時間で済ませてしまえばバレる心配はありません。

二つ目は「オイル」を使用してのオナニーです。手で行う時、どうしても刺激を高めようと強く揺らしてしまうので、周りに響く音も大きくなります。
そこで、オイルを使って弱い力でも手コキできるようにすれば、自然と音も目立たなくなるでしょう。オイルが潤滑油の役目を果たし感度も良くなるので一石二鳥です。

最後に、巷で有名な「催眠オナニー」もおすすめ!催眠オナニーとは、ヘッドフォンやイヤフォンで催眠効果のある音声を聞き、ほとんど手を使わずに気持ちだけで絶頂を迎えるという斬新な手法です。
催眠にハマるのは難しいようですが、上手くハマると身の毛もよだつ快感を味わえるようです。あまりの気持ちよさに病室で絶叫しない様に気をつけましょう。

3.オナ禁をしすぎて夢精してしまう

入院中オナニー

「それでも入院中のオナニーなどけしからん!」と我慢してしまうとどうなるでしょう?
男性は、長期間射精をしていないでいると、寝ている最中に図らずも射精してしまう「夢精」をしてしまいます。

我慢し続けたことで、枕や布団にさすられただけの「ちょっとした刺激」で普通よりも「大量」に射精してしまうのです。結局は、出さなければ体が出るように仕向けてしまうのが現実。

夢精してしまって、朝看護師さんが様子を見に来た時に、布団に大量のシミ…そしてこの臭い!最悪の結末が目に見えています。

おもらし&センズリダブル誤解を招いてしまうでしょう。夢精は「半端なく気持ちがいい!」という声もありますが、公共の場では積算できない黒歴史を作るだけです。

ではどうすれば夢精を防げるのでしょうか?実は夢精はオナニーや性行為をしていても出る時は出ます。

しかしそれは、ストレスや強烈な性への意識、射精量が足りないなどが原因です。

なので、ただオナニーの回数を増やすのではなく、性欲をしっかり鎮められるほど満足の行く自慰をするように、入院中でも心がけてください。

一度は妄想した事が!?ナースにオナニーを手伝って貰う事も…?

入院中オナニー

看護師「○○さん!何をやっているんですか?」
患者「いや、これは…」
看護師「もう!こんな所で、ダメですよ?」
患者「…すみません」
看護師「ふふ、男の人は仕方ないですね。それなら、私が手伝ってあげる」
患者「え!いいんですか!」
看護師「皆には、内緒ですよ?」パクッ

入院中の患者に、白衣の天使がまさかの性接待。男なら誰もが夢見るシチュエーションですよね。

こんな事って現実にあると思いますか?実は…「ありません」当たり前です。期待度は0でOK。

自分のセフレにナースがいて、入院先で担当になったとかならあるかもしれませんが、普通は看護師が患者に対して淫行と思える行動にでることはリスクだらけです。看護師の「勤務中の不当な行い」とされて、リストラの危険もあります。

しかし「入院中 ナース」と調べてみると、数多くのエッチな体験談がヒットします。フィクションばかりだと思いますが、中には実話もあるのではないでしょうか?

実際、入院中にナースと仲良くなれば、可能性は0ではないでしょう。むしろ入院中に「落とす」事ができれば現実的です。

また、看護師はかなりの性欲お化けな人が多いので、ナースとエッチな行為は案外叶えられる事かもしれません。

まとめ

入院中オナニー

という事で、入院中にオナニーをする方法や注意点でしたがいかがでしたでしょう?

入院中はとにかくやる事がなくて暇。体も動かせないので、発散のためにいつもより余計にムラムラしてしまう状況です。

そんな中でオナニーを我慢しろだなんて、性欲が高い人からしたら病院というより監獄に感じるでしょう。

実際にオナニーの我慢は大事な機能の劣化になるのでよくありません。しかし、公共の場で人目を盗んで行う時は、周りにバレないよう注意してください。

また、「入院したらもしかしたらナースとアンナ事やコンナ事になるかも?」と期待を膨らませている人は、諦めましょう。忙しいナースさん達は、業務に手いっぱいであなたのムスコの世話までできません。

しかし、入院中にかなり親しい関係を築くことができれば可能性はあります。自分自身で処理をしながらも、アプローチをかけてみるのはいかがでしょう?どうせ滅多にない入院生活です。チャレンジするだけの価値はあります。

 

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
あなたにおすすめの記事
性欲が強いのって私だけ?性欲が強い女性の特徴からあるある、解消法まで紹介
TENGAのおすすめランキング30!最高に気持ちよくなれるオナホとは?
【完全保存版】催眠音声のおすすめ人気ランキング5選!催眠状態への入り方やリスクを徹底解説
【ハマる人続出】角オナニーの気持ちいいやり方11選!メリットと注意点まで徹底解説
コアガズムとは?オーガニズムを感じる事ができる5つの方法や副次的な効果を徹底解説!
【もしかしてあなたも】オナニストとは?8つの特徴と女性のオナニストについても徹底解説!
【やめられなくなる】床オナニーのやり方と気持ちよくなる8つのコツ!ハマりすぎた時のリスクも徹底解説