• タロット2
  • ギャラクシー
  • 一ノ瀬先生
  • サイコロ

2018/08/18 占い

一之瀬水希先生!人気占い師に、今後の仕事の相談した体験談

大人気の当たる東京の占い師シリーズ!

これからの編集部、ひいては会社の未来がどうなるのか?

今回は満を持して、カミングアウト東京・編集長が占ってもらいました!

編集長

 

鑑定をする経緯

経営者やフリーランス、自営業などの人にとって、

 

会社や仕事がこれからどうなるのか!?

 

って常に頭の中にある悩み。

雲のハテナ

 

サラリーマンとは違い、今がどれだけ良くても将来的に仕事がなくなる可能性もある。

自分の生活や社員がいる場合はその社員の生活がかかっているわけだから、みんな必死。

 

 

仕事に関して、できることは全て全力でやっている。

 

だけどやっぱり不安だし、もし将来について分かるものなら知りたい。

 

仕事中の男性
そうした思いから、占いをする経営者やフリーランス、自営業の人って意外と多いと聞いたことがある。

 

今回は数々の経営者や芸能人の鑑定をしてきた一之瀬水希先生にカミングアウト東京の編集長の私も占ってもらうことになりました…。

 

一之瀬水希先生について

 

一之瀬水希先生
ソース

「東京で当たる占い師にみてもらいたい!」
ということで、色々と探した結果、一之瀬先生が当たる、という口コミにたどり着いたそうだ。

 

占いに使った金額は多分100万円を超える。

そう豪語する、占いホリックな編集部員が我々にはいる。

そんな彼女がおすすめする占い師に一之瀬水希先生という人がいる。

 

彼女と一之瀬先生の出会いは、恋愛関係で非常に悩んでいるとき。

調べてみると、渋谷のアクアリーで鑑定を行っているということで一之瀬先生を訪ねると、
鑑定内容は当たっているし、思い当たる節もありまくり…。

 

鑑定の最後の方に一之瀬先生から
「ちょうど2ヶ月後に〇〇という悪いことが起こる可能性が高いから、気をつけて下さい」
と言われたそう。

 

「まさか、そんなことあるわけない」と彼女は思いこんで、言われたことをすっかり忘れていると、
その2ヶ月後、一之瀬先生に言われたことがそっくりそのまま起きたのだとか…。

 

それ以来、めちゃくちゃ信頼していて、なにか悩みがあるたびに一之瀬先生のもとを彼女は訪れている。

 

そんな話を聞き、「編集長も占ってもらったらどうですか!?」と推しに推され、今回鑑定するに至った。

 

 

一之瀬先生の第一印象は、「見た目は占い師っぽくない!!!」でした。

私が想像していた占い師はこんな(↓)だったので、逆に男的には話しやすい見た目で安心w

占い

 

実際に鑑定をしてもらうと、落ち着いた喋り口調で、信頼感があり、相談もしやすいです。

 

一ノ瀬先生

【占術】

手相、OSHOタロット、陰陽サイコロ易、九星気学

 

【スケジュール】

月曜日・木曜日:渋谷 アクアリー

火曜日・金曜日:草加 運泉館

土曜日・日曜日:横浜 華陽園

水曜日    :個人鑑定

※スケジュールは変更になることがありますので、HPなどで確認して下さい。

先生のスケジュールを確認する

 

それでは早速鑑定内容をお届け!

 

鑑定内容

 

先生が編集部に到着し、まずはビジネスマンらしく、名刺交換からはじめます。

 

名刺交換

 

鑑定開始。

 

一之瀬先生「宜しくお願いします」

 

見た目に反して穏やかでにこやかな対応に面を喰らう私。

実は私は、占い初体験。

この時はまだ心の何処かで「占いなんて…」と半信半疑でした。

 

全体の運気のリズムと手相鑑定

一之瀬先生の鑑定は、
基本的にまずざっくりした運気のリズムを九星気学と手相で占ってから、
自分が占って欲しい内容を伝え、
タロットやサイコロと合わせてみてもらう形
になります。

 

なので、まずは私の生年月日と会社の会社の設立年月日を伝えます。

そうすると九星気学の本でざっと運気のリズムについて占って下さい。

 

生年月日

 

一之瀬先生「お仕事自体は去年からこういうことをやってました?」

 

「そうですね」

 

特に事前に話したわけでもないのに、こんなことをズバリいきなり言われて驚きました。

会社を設立する前から編集部自体は存在していました。

 

一之瀬先生「ご自身の運気で見ると、ちょうど2015年から2017年までが新しいことのスタートの芽吹きの時期で、
去年はちょうどそうしたものを形にするって時期なんですね。
なので、去年の6月くらいに計画したことが動き出すっていう変動機の時期に作られた会社さんですね」

 

「へ〜そうなんですね」

 

意識していなかったが確かに言われてみるとそうかもしれない…。

 

一之瀬先生「会社の設立年月日から見ると、誰かの役に立つとか、
深く深く潜って新しいものを見つけるという意味で会社が作られていると出ています。
だから誰かのバックアップとかそういうことをするといい会社さんですね」

 

運気のリズムで見ると、そういう意味があるのか…と編集長兼社長の私ですら知らなかった新発見。

フラッシュ!

一之瀬先生「会社さんの設立年月日で見ると、これから3年位はぐーっと登っていくって感じですね。
会社自体は大変な時期には作っているんですが…」

「え!? そうなんですね(笑)」

 

大変な時期に作っていると言われて思わず笑ってしまいました。

う〜んたしかにあの時期は色々とゴタゴタしていたっけ…と遠い目に。

 

一之瀬先生「ちょうど今大変な時期で、8月〜9月がぱっと開く時期です

 

確かに設立してから、今までのことを考えてみると、今が一番大変とは常々思っていました。

それが解消される時期が分かるのは嬉しい。

 

一之瀬先生「じゃあ次は、手を見せて下さい」

 

「はい! お願いします!」

 

 

手相

 

占い童貞の私は「手相を見る」など、明らかに占いっぽいことをしてもらうのには、
やはりテンションがあがる!!!←単純

 

一之瀬先生「この会社を作られたのって、自分のやりたいことを表現するための器ってイメージがあるんです。
手でみるとドーンと構えて、大きな会社を作るって人の手相じゃないんですね」

 

「えー!(笑)」

編集部一同「(笑)」

 

優しい口調でバッサリと言われてしまい思わずびっくり。

だけどしっかりフォローもしてくれます。

 

一之瀬先生「要は、常に色んな所に行ってたほうがいいんです。どっしり構えるというより、フットワーク軽く好きなことをやったほうがいい人の手相です。

手相だけで見ると、芸術系とか音楽系とかが向いている手相です」

 

芸術系とか音楽系!? 考えたこともなかった…。

だけどフットワーク軽く好きなことをやる方が向いているというのは、
自分の心の中が覗かれたようでドキッとしました。

 

手相2

 

一之瀬先生「結構20代前半が苦しい時期でしたよね?
それでちょうど20代後半、つまり今が勝負の年ですね。

それで32歳にも大きな区切がありますね。これから幅広げていく感じになります」

 

確かに思い返してみると20代前半、大変だった…。

そして今は、20代前半とは違って、確かに大変ではあるけど、
手応えのある日々を送っていると実感している。

言われている内容自体はドンピシャでだんだんと信用してきた私。

 

一之瀬先生「恋愛はあまりよくないですね。マイペースなはずなのに、気を使っちゃうタイプですね。
俺マイペースだからと言ってる割に言葉に騙されたりする、みたいな(笑)

 

今ちょっと明るくなってきてるので、このままゆっくりいけば、
近ければ30手前、32歳くらいまでには結婚ということになるんじゃないですかね」

 

赤い糸

 

おいおい…恋愛の傾向までわかってしまうのかよ…。

しかもその通りだし…。

 

ていうか結婚の時期についてそんなサラッと言われて衝撃的でした。

 

会社のこれからについて

ざっと全体の運気の流れや、自分のおおまかな性格を教えてもらったここでやっとここで本題に入ります。

 

一之瀬先生「今日は、これを聞きたいみたいなことはありますか?」

 

「会社の今後を占って欲しいです」

 

一之瀬先生「先程の会社とご自身の生年月日で見ると
この3年間きちんと進めていけば問題なしという感じです。

それでは、それについて細かく出していきますね」

 

そう言うと手元でサイコロをコロコロと転がし始める…。

 

サイコロ

 

サイコロ…? なんか想像していた占いと違う…w

 

私の頭の中での占いはこんなだったので、拍子抜け。

 

3つのサイコロの出た目で鑑定するようです。

 

一之瀬先生「ご自身の運気としては、2年前から基本的にはいい方向って出てますね。
2015年くらいに苦しかったことが終わって、2016〜2017年はひたすら突き進むっていう感じでしたよね。
それでこの2年間は正運です。

 

2020年まで終わりくらいまでに目標通りになるって出ています。

 

これから苦しいことがあるとしたらお金の問題などもあるかもしれないと出ているけど。
凄く大きな問題ではないはずです」

 

鑑定中

 

「お金の話って今後の話ですか?」

 

お金の話ってめちゃくちゃ会社の経営にとって大事な問題。

「大きな問題ではない」と言われてもやっぱり気になる…。

 

一之瀬先生「手相を見ると好きなことしてお金をもらう分には問題ないんです。

だけど大きくする段階でやりたくないことや取引先などの言う事聞かなければならないという事が出てきます。

その時に『なんで俺これやらなきゃいけないんだろう?』っていう壁が2年後あるかもしれない、という感じですね」

 

 

確かに…。自分自身の性格なども考えるとありえる…。

そして会社の今後の運気を見るために、もう1回サイコロを振ります。

 

鑑定サイコロ

 

一之瀬先生1回かならず脱皮しますね。

この会社以外に兄弟みたいな会社ってあります?

その会社と離れていかなきゃいけないよって出てますね」

 

話してもないのになぜそんな事がわかるw スゴイぞ、一之瀬先生!

言われたことの展開は正直想定はしていたことではある。

 

だけど改めてはっきりと言われるとドキッとします。

もっと詳しく聞きたい! どういうこと…?

 

鑑定中

 

一之瀬先生「独立とか、この会社の兄弟が別の会社と組んだり、とか。

 

そこまでオーバーなことではないけど、仲間と頑張ってきたことや今までやってきたことをあえて大きな会社と組まなきゃいけないですね。

 

そういうことが来年ぐらいまでに起きやすいです」

 

えーーーー! これには、私含めて、編集員もびっくりしてしまいました。

「来年まで」という具体的な日程まで出されるとさすがにビビります。

 

一之瀬先生そうじゃないと会社を進めていく目的と理由が弱いのかなという感じです」

 

確かに、そうではあります。

 

次に会社と私自身の相性を見るために、とまたサイコロを振ります。

 

一之瀬先生「編集長自身、ここをベースにして違うステップアップをしていくということが
3年以内で起こりそう
です。会社自体は残して別の人に任せる感じですね。

 

で、編集長自身が外に出る、とか、多分海外かな? に出ていくっていうのが出てるんですね。

 

だけど会社自体はここにとどまり続けるので、そうしたことに矛盾が生じ始めるのが、ここ3年という感じですね。会社自体は、崩壊するとかそういことではないです」

 

海外については今後自分の気持がどう変化していくかはまだ分からない部分ではあります。

ただ、わからないにしろ会社自体を他の人に任せて自分がやりたいことをやる、というのは十分ありえる展開だな、と感じます…。

 

今の仕事運について

それでは…と言われ、私自身の今の仕事運をタロットとサイコロでみていきます。

タロット

一之瀬先生「生年月日で見ると、会社を作った時期はいい時期に作っているんですね。
2017年度内に作っているのでそういう意味ではいいと思う。年度外に作ってたら話し変わってくると思います。

 

編集長自身の仕事運でみてるとこの2年間タイミングだけで進んでますよ、と出てるんですね」

 

「タイミング…(笑)」

 

タイミングだけ…? 確かに言われてみるとそうなんだけど、それって大丈夫なの…?

 

一之瀬先生「悪いってことではなくて、タイミングがこれからも大事になってくるんですね。
大きな勝負はせず、色んなタイミングで色んなチャンスを掴んでいけば、富が得られると出ています。

 

大きな会社になるというのが30くらまいでですね。その次のタイミングが36歳。
想像している以上の大きな会社にしていく力自体はあります」

 

タロット結果

 

「タイミングだけ」と言われると悪い気もしてしまいます。

だけど逆に頑張ってもどうしようもない時期ってあるし、
予想もしてないようなことがタイミングで次々に決まることもある。

 

自分自身が求められたことに対して柔軟に対応してきたというのはその通りだと思います。
そうした方向でこれからもいいというのは安心しました。

 

一之瀬先生会社の方も、状態・状況のカードが出ていて、5年間はこの会社の形は残すだろう、と出ているんですね。

 

ですが、この2つのキーワードの中にあるのが財政難とか取りこぼしとかそういう感じで、大きなお金が生みだしにくいと出てるんですね。

 

で、会社を成長させるために別の新しい会社を作るんだと思います」

分岐点
取りこぼしというキーワードは気になる…。

ただ確かに、会社を成長させるために別の新しい会社を作るというのはすごく納得感があります。

 

一ノ瀬先生1

 

一之瀬先生「だけどこの新しい会社を作るのに、人が足りないとか、成長過程みたいな状況ですね。

この会社自体が学校みたいな場所というか、いい人材がここで成長していって外に出てしまうという場所なんです。

でも土台としてはスゴくて、あそこがあったから今があるみたいな人がたくさんいるみたいな。そういうことが5年後に起こりやすいです。

 

損をしやすい会社と出ていますが、それはあくまで人材ですね。

残らずみんな育ってどこかにいってしまう可能性がある、っていう感じですね」

「そうですね…」

 

 

確かに、今いる社員がちゃんと育ってほしいというのは、すごく望んでいる方向性です。

でも成長していって出ていってしまうというのは現状で考えると結構寂しい、というか普通に困るw

 

オーラ

一之瀬先生「それで会社全体で見ると、まだ我慢と出ているんですね。脱皮は必ずします。

 

編集長自身も成長していくでしょうし、会社自体もベースとしてはあるかもしれないけど、
形を変えて子供を生んだり、孫ができたりする会社さんですよ、という感じです。

 

どんどん大きな会社にする、というより、学校的な感じですね」

 

タロット2

脱皮…。

どんな方向性にこれから進んでいくのかやっぱりめちゃくちゃ気になる。

 

 

一之瀬先生「ご自身と会社の関係性を見ると、愛情を注いで、誠意持って経営していけば、成功すると出ています。

ものを売っていくというより、見えないものを売っていくという感じなんです。
すごく儲かるわけではないかもしれない。で、ご自身が成長して大きな会社を作っていくという感じですね。

 

そしてこの会社が大企業のようになるということではないのかもしれない。

だけどこの会社自体はあくまでベースであって、母なるような会社ですと出ています」
赤ちゃん

 

見えないものを売っていく…。

自分自身がやっていることもそうだし、人材が育っていくというのは編集長として本当に嬉しいこと。

そして自分自身が成長してもっと大きな会社を作る作るというのは未来に対して期待できます。

 

一之瀬先生「生年月日でみてもその人のいいところを見つけて、伸ばして行く会社として作っています。

 

ここを大企業にするということだと難しいかもしれないけど、ここを土台として新しいものを作っていくということだと、話が変わってきます。
それも含めてここ3年が勝負の時期です」
クローバー
やはり「この会社はベースになる」というのがキーワードのよう。

先生の話を聞いているとタイミングに任せるのも大切だけど、どういう展開にしていくのか、改めて考えていかなければならないな、と思いました。

 

今年来年の会社の行方…

一之瀬先生「それを踏まえて、今年来年どうなるか、より細かく見ていきますね」

会社の行方

うん…めちゃくちゃ気になる…。

 

一之瀬先生「会社とご自身の相性としてはいいと思います。ご自身が2年間は波乱になると出ているんですが、
その波乱というのは悪いことではなく、眼の前にあるものをひたすらやっていくみたいな。

 

それで、今年の7月から年末にかけて大きな勝負と出ていますね」

 

確かに…7月から結構大事だな…と思っていたところでした。

タロット

一之瀬先生「じゃあ勝負ってなんなの? っていうと、新しい勝負と言うより、来たものを受け止めていくという感じですかね。

博打をせず、手堅い勝負をすれば勝ちという風にでています。来年2月には、安定期に入ると出ていますね」

 

先が見えないよりも、どこまでいけば先が見えるのか安心できる方が嬉しい。

2月まで、やはりがむしゃらに頑張るしかない、と改めて気合が入りました。

 

キャリアウーマン

一之瀬先生「この組み合わせ見ると、最低限の安定はするけど、3年後にはやっぱり違う形になっていると出ていますね

 

「脱皮」「違う形になる」というの単語がたくさん出てきます。

会社自体はそうなるだろうな、とは思っていたことではあるのでやはり…という感じ。

 

そして、こうした事を含めて、私と会社のこれからの仕事運をみていきます。

改めてタロットとサイコロで出していきます。

 

サイコロ

 

一之瀬先生「今年の今から終わりにかけて、『こういう風にやりたい』というのはあるんですけど、どうしたらいいか迷うと出ています。

 

8月くらいまでは、手段に囚われすぎず、大きな目標に信念を持って進んでいくと大丈夫です。

もしかしたら今はあまり他の人の意見は聞きすぎないほうが方法論に関してはいいかもしれないですね」

 

まさに…。なぜ私の心がよめた…w とびっくりしました。

 

こうした迷いの中にいいると、
どこがゴールなの? とわからなくなります。

考える女性

一旦、夏が終わる頃に迷いの霧の中から抜けられるというのは、非常に今の私からしてみると嬉しいお知らせ。

 

そして今後の展開について見てもらいます…。

 

一之瀬先生「会社自体は安定してゆっくり成長していきます。この1年間は問題ないです。

 

ただ会社は安定して回ってるけど、ご自身が『これでいいのかな?』と思っちゃう感じ。それで脱皮して新しい方向性にいくってかんじですね」

 

てか、さっきからそんなに会社や自分自身のことを話しているわけでもないのになんでそんなに分かるの!?

漠然と頭の中で抱えていた不安がどんどんと解消される感じがします。

 

解消
一之瀬先生「会社自体は、今は風のままにありのままにって出ています。

で、決めてた目標とか方向性の3つ位ある中の、1つは無くなりますと出ているんですよ。

大事な仲間と大事な仕事がなくなるという感じで出ています。

 

1つは卒業という感じで、もう1つは『今やる必要ないよね』という感じの結論が出るとで出てきます」

鑑定中

 

「その3つっていうのは人ですか? 事業ですか?」

 

一之瀬先生「両方ですね。

 

人に関することでいうと期待している人をどこに起用するのか、ということですね。

 

この会社自体は男性的に頑張れる人、核になる人というのが一人いるはずなんですけど、それが3〜4人いるなかで、誰なのかわからないという状態ですね」

 

「今年いっぱいもわからないということですか?」

 

一之瀬先生「今年中に分かるという感じですね。

誰に任せればいいのかわからないと迷っちゃうけど、会社自体は勝手にその方向性に向かっていくから、ご自身は任せればいいやって思えるようになります」

 

やっぱりそうだよね~!

言われたことは、まさにドンピシャでした。

 

人材も、事業についても気になることなので更に深掘りします…。
虫眼鏡を持つ女性
一之瀬先生「事業的なものとしては、2月〜4月で予定してたことが1つ停滞してる感じがします。

 

それが、追いかけるべきかどうか迷うと思うので、2ヶ月位はほっておいてそれでも形にならないなら、その件はほっておくのがいいと思います」

 

一之瀬先生

 

むむ…なぜそんなことまで分かってしまうのか…。

事業的問題点についてサイコロをふって更に深掘りします…。

 

一之瀬先生「時間がかかるんだと思うんです。細かい問題点があって、相手方と新しいパートナーに問題がある場合、ゴリ押ししてても仕方ないので、ほっておいても大丈夫。

 

事業内容というより相手方に問題があるからしょうがないと出ています。

もし関わる会社などの新しいパートナー探していても、9月くらいまでは見つからないから、ほっておいて大丈夫です」

 

思い当たること…確かにそうだな…。

焦って色々やらなきゃと思っていました。
チェック
一之瀬先生「手相で気になった感じとして、スピードとか直感はスゴイ早いのに、ぶれた時に間違った判断に急激にハンドル切ったりしがちです」

「(笑)」

一之瀬先生「焦ったときほど、何もするなというのだけ信条にもっておいて貰えるといい思います。

迷った時はとにかく捨てていってください」

 

本当にその通り。
忘れないようにしようと心のメモに書き残しました。
メモ

一之瀬先生「今後に関しては、会社はきちっと進んでいくけど、編集長自身が計画していたスピード感と噛み合わないという感じですよ。

だけど、1年目失敗しますか、というとそういうわけではない。

予想通り、もしくはそれプラスアルファの結果がでます」

「それは今年のうちにですか?」

一之瀬先生「そうですね。

目標達成度で言うと会社的には満足だけど、自分的には迷いが出やすいって出てます。

10月までにご自身が悩まれていることだったら一旦解消すると思うので大丈夫だと思います。

 

3年が勝負と出ているので、3年間くらいのざっくりの会社と編集長自身の仕事運比較して出してみましょう」

 

今まさに悩みの中にいるので、一之瀬先生の言葉に非常に安心しました。

そしてタロットとサイコロ…。

 

サイコロ

 

一之瀬先生「そうですね。会社的には2019年自体もいいはずです。

ただ最初に自身の運気で出ていた2年間のタイミングが会社に影響しているのかもしれないです。

会社を育っていくなどもこの2年が勝負ですね。

 

2020年に駆け引きって出てくるんです。この2020年に新しい会社を作るか、他の会社と合体するのかもしれないです

 

2020年…。ここまでにどんな事が起こるか予想しながら、会社と人を育てていくことに注力するしかありません。

 

一之瀬先生「ご自身でみていくと、『満足度を得られていない』と出ているんです。

それは『不満がある』ということではなくて、『もっとうまくやれるんじゃないか』って感じですね。

 

会社がうまく育っていくと、ちょっと自分の思考が外を向くのかなって思います」

気付く

どれだけ一生懸命やっても、「もっとうまくできる」というのは、自分自身の中で常にあること。

今は会社を育てることに精一杯だけど、会社が育つとまだ別の考え方が生まれてくるんだな、と楽しみです。

 

一之瀬先生「で、何をやりたいのかはまだわからないって出てくるんです。

この会社を育てるのが今年、来年なんですね。

 

2020年に関しては、今年来年次第なのでわからないと出ています。

会社が育った時に、『俺必要なくない?』とか思いこみすぎないことが大事です。

今年来年をどうやって育てていってリリースしていくのかが大事ですね」

 

自分自身の使命についてはいつも考えています。

今は会社を大きくしていくことに集中したいというのはまさにそのとおり。

その先に答えがある…ということなのでしょう。

希望

一之瀬先生「これからでいうと、今までタイミングでうまく行かなかったものというのが、これから4年で整っていくという感じですね。

 

編集長自身がどうすればいいかを出してみると、余計なことをするなって出てくるんです。9月くらいまでは、勝手にチャンスが出てくるから。

10月から来年1月にかけて、新しい事業や取引先などが出てくるので、それまで待てという感じですね」

 

一ノ瀬先生

 

 

う〜ん…でもやっぱり今後のことを考えると今から動き出したくなっちゃいます。

だけどここはタイミングに任せたほうが良いのかなとも言われてみると思います。

 

一之瀬先生「ご自身の今後の仕事運は、2年で必ず分かれ道が出てくるからそれを見過なければ大丈夫と出ています。

その分かれ道の指針は、この会社自身です。

この会社をある程度、ほっておいても大丈夫になるような人材が今育ってきているので、メインの仕事は3人位の人に任せていれば、会社自体がまわる感じになるんですね。

そうすると編集長自身が暇になってしまうので、その時に新しい道、という感じですね」

 

今後、頼れる人材が出てくるというのは本当に心強い。

でも自分自身の将来については、また別の道が出てくるのか! と思うと楽しみな半面少し不安です。

考える男性

今後の注意点

 

一之瀬先生「で、注意して欲しいのは、下手な移転だけはしないことと出ています。

2019年の8月までは避けたほうがいいです。

土台はここにおいたほうがいいです」

 

えーーーー…。ちょうど移転しようと思ってたところだからちょうどよかった。でも手狭ではあるんだよな…。

 

一之瀬先生「移転したいなら、拠点はここにおいておくか、業務委託などの形で、外部で仕事をしてもらうなどの方法がいいです。

 

ここの事務所自体があと2年位でたてこわす感じですかね…。

長くいるっていうより、このビルの都合で新しい場所に移る必要が出てくるって感じです。

 

これに関しても流れに乗ってればいいやって思ってればいいです」

ギャラクシー

とにかくタイミングが大事だってことか…。

この流れで最近プライベートで悩んでいることも相談することに…。

 

「最近プライベートでも引っ越しをしようとおもっているんですが、どうですかね?」

 

一ノ瀬先生2

 

一之瀬先生「引っ越し自体は騒がしくて落ち着かないって出てるんですね。彼女と一緒に済むつもりはないんですか?」

「え…つまりは、彼女と一緒にすんだ方がいいってことですか…?」

一之瀬先生「次の大きな引越は、誰かと一緒に住むって感じですね。

今の住んでいる場所も別に悪くないんですよ。

 

もし引っ越すんだとしたら、あと4ヶ月間だけ待ったほうがいいです。

つまり9月ですね。

今引っ越すと、使い勝手が悪いものを選んじゃいます。

会社の運営をしていくに当たっても、安らぐ場所がいい。

だけどそういう場所ではない場所に引っ越してしまうので辞めたほうが良いです」

部屋

「そっか〜…。引っ越しに関してはもう少し待ってみます。会社のことももろもろ含めて今日はありがとうございました」

 

一之瀬先生「こちらこそありがとうございました! 頑張ってください!」

 

まとめ

こうして私の占い初体験が終了した。

正直あまり最初は占いについて、信じたりとかしないタイプの人間だと思っていた。

だけど全てに対して「大丈夫ですよ!」と言わずに、「良いところは良い、悪いところはこういうことを気をつけろ」とちゃんとアドバイスしてくれる一之瀬先生の言葉は非常に信用できた。

まとめ

また、詳しく状況を説明したわけでもないのにズバズバと自分や会社の今の状況を言い当ててくることにも驚いた…。

仕事や経営の悩みは、簡単に友人や周りの人に相談できる悩みではないからこそ、こうした信用できる占い師を頼るというのもいいなと思った。

今度なにか迷うことがあったら、また一之瀬先生に鑑定してもらおうと思う!

 

東京全体の当たる占い師情報もまとめています!

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする

東京の関連記事

夢★兎月先生!怖いほど見抜く透視能力にゾクッ!

本当に当たる東京の占い師シリーズ! いま編集部では占いの取材に励んでいますよ〜! 今回占ってくれた先生は、夢★兎月(ゆめうづき)先生。 こちらが何も言ってなくても、ぽんぽん当てられた時にはびっくりした〜! 今の私...

恵比寿の占い!よく当たる占い師12選をカミングアウト

恵比寿はデートスポットとしても有名なエリアです。 オシャレに敏感な人が集う場所で、女性のサービスに特化したお店の激戦区でもあります。 お店もとても素敵な雰囲気がある所が多いのが特徴。 恵比寿で働く人や遊びに来る人の間でも占いは...

六本木の占い!よく当たると評判の占い師10選をカミングアウト!

各国の大使館や企業のオフィス・飲食店などが多い六本木は 24時間眠らない街として知られています。 今回はそんな六本木で当たると評判になっている占い師をカミングアウトします! 人生美学サロンMinty 三浦栄子 ...

麻月ミライ先生!復縁を占ってもらった体験談

原宿で当たると有名な麻月ミライ先生に占いをしてもらいました。 編集部スタッフが、実際に占い師に鑑定してもらう企画が始まったよ〜! 原宿にある塔里木(タリム)の麻月ミライ(あさつきみらい)先生に担当してもらいました。 一言一...

占いの人気記事

大阪の占い!よく当たる占い師10選をカミングアウト

大阪の占いをカミングアウト〜〜 人気の占い師は東京だけじゃない! 浪花・大阪の占い師も負けてないです!! 大阪で当たる占い師をご紹介します。悩んだ時に話を聞いてもらい、解決してみたらいかがでしょうか? &nb...

東京の占い!よく当たる占い師20選をカミングアウト

本当に当たる占い師をまとめました。 口コミで評判の先生が、東京にはいっぱい。 新宿・銀座は占い師が多いことで有名ですが、霊視ができる先生は渋谷や池袋も負けてはいないんです! 編集部、総力取材をもとに、当たる先生たち...

名古屋の占い!よく当たる占い師10選をカミングアウト

名古屋の当たる占い師たちをカミングアウト   恋愛や仕事、家庭のことなど人生に悩みはつきもの。 そんなときに頼りたくなるのが「占い」という人も多いのではないでしょうか。   名古屋に...

横浜の占い!よく当たる占い師10選をカミングアウト!

横浜は占いが多いことでも有名な街。 なぜなら中華街に占いが集中。 今回は横浜の本当に当たる占いをご紹介します! 観光で訪れる方も多いので参考にしてみてください。 沙羅双樹 ソース <基本情報> 住所...

沖縄の占い!よく当たる占い師10選をカミングアウト!

観光地として人気の高い沖縄。 沖縄の占いといえば「ユタ」が有名ですね。代々不思議な力を受け継ぎ、地域の人々の悩みを解決してきました。みなさんも観光に行かれた際は占い師の不思議な力を体験してみてはいかがですか。 福田隆...

福岡の占い!よく当たる占い師10選をカミングアウト

福岡の当たる占い師をカミングアウト 福岡といえば屋台、もつ鍋!だけれどそれだけじゃありません! 当たると評判の占い師が多数在籍しているのも福岡。恋愛、仕事など人生は悩みがつきものだからこそ占いで背中を押してもらってみては...

京都の占い!よく当たる占い師10選をカミングアウト

京都の当たる占い師をカミングアウト 最強の陰陽師、安倍晴明ゆかりの地である京都。 現在も安倍晴明に負けず劣らずの占い師がたくさんいる占い激戦区です。 そのなかでも特に当たると評判の占い師を厳選しました! &n...

仙台の占い!よく当たる占い師10選をカミングアウト

仙台の当たる占い師をカミングアウト 本当にビックリするくらい当たる占い師をご紹介いたします。 仙台にも大都市に負けないくらい当たる占い師がたくさんいますので是非チェックしてみてください!   瑠...

神戸の占い!よく当たる占い師10選をカミングアウト

神戸の当たる占い師をカミングアウト お洒落な街といえば神戸。 そんなお洒落女子でも悩みはつきもの。そんなときに頼りたいのが占いですよね。 神戸にも当たると評判の占い師が多数います。 その中で特に評判の...

札幌の占い!よく当たる占い師10選をカミングアウト

札幌の当たる占い師をカミングアウト 占いなんて評判を信じたって、当たるわけないだろ! そんな風に考えているあなた、ちょっと待った!!!!! 占いで人生が変わったという人だって、意外と身近にいるものです。 &nbs...