2017/09/18
東京ライフ

「渋谷の有名ナンパ師」にモテないサラリーマンが成るまで

 
何の変哲のない24歳サラリーマン渋谷でナンパサクセスストーリーです。

まず初めに言うと、自分がナンパをするのは彼女を作るためです。
 
決して即るためではありません。
ナンパといえばみんな即るためにやるというイメージを持たれているかと思いますが、
自分に関しては完全に彼女作りと自己の成長のためです。
簡単に自分のプロフィールを語ると24歳、新宿の広告代理店勤務、
趣味は洋服と音楽鑑賞と女の子と遊ぶこと(笑)です。
洋服は古着を中心に新品も合わせるきれい目なファッションが得意でクロップド丈のスラックスを愛着しています。
今まで黒のスラックスしか持っていなくて、新たにチャコールが欲しいと思って探していましたが自分が思うようなものが見つけられなかったのでオーダーメイドで作ってしまうほどファッションにはこだわりがあります。
 
音楽は心を揺さぶるロックンロールが大好きで、全盛期は年間50本のライブを観に行っていました。

きっかけ

 
そんな前置きはさておき、まず自分がなぜナンパの世界に足を踏み入れたかから語ろうと思います。
自分が今まで行っていた女の子と新たに知り合う方法は二つあります。
 

1つ目の方法飲み会

 
一つ目は飲み会で男友達が友達の女の子を連れてきて一緒に飲んで仲良くなること。
これに関しては、自分は凄く友達に恵まれたと思っています。
 
21歳のころに出会った友達がかなりの女好きで、
彼が開く飲み会には毎回自分が会ったことのない女の子が来ていて、
毎回「はじめまして~」の挨拶からはじまり、
彼と僕とのつながりを語るという一連の流れが出来上がっていました。
 
モテない 男
ソース
 

2つ目の方法:相席屋

 
二つ目は相席屋です。
ここは非常にお世話になりました。
相席屋を知らない人のために説明すると、お店側で2:2の即席合コンを開いてくれるという超絶画期的なシステムの居酒屋なのです。
店舗も色々なエリアにあり、そのエリアによって客層が変わるので、
自分のターゲットとする女の子のいるエリアの相席屋に行くのです。
ちなみに自分は21~自分の年齢までが守備範囲(狭いw)で、
大学生みたいなファッションの女の子が好きなので、よく渋谷の相席屋に通っていました。
”行って”いましたではなく”通って”いました(笑)
というのも、一時期は毎日渋谷の相席屋に行っていて、店舗が二店舗あるのではしごしてました。
あまりに行き過ぎたのと、店員さんによく絡んでいたので、店員さんと仲良くなりました。
 
以上のことから分かるように、自分は基本的にリアルな出会いを重視する人間だということです。
巷で流行っているマッチングアプリには全く手を出しませんでした。
 
何となくマッチングアプリに手を出したら負けだと自分で勝手に思っていて、インストールすらしませんでした。
 
そんでもってなぜ自分がナンパ師と化したかというと、
それは自分がよく顔を出していた洋服屋の店員さんの影響が大きいです。
自分はよく洋服屋さんに足を運ぶのですが、服を見るだけでなく店員さんとの会話も付加価値と考えていました。
ひどいときは服とか全く見ないでただしゃべりに行くときもありました(スミマセン)。
それで店員さんと女の子との出会いの話になり、その店員さんが興味深いことを言いました。
 
「俺、吉祥寺だったらナンパで無双できるよ」このセリフを聞いたとき、
「無双」という言葉が面白くて笑ってしましました。
それと同時に、吉祥寺の地で無双する姿をこの目で見たかったので、後日その店員さんに同行させていただくことになりました。
 

初めてのナンパ@吉祥寺

モテない 男
ソース
行先はもちろん吉祥寺!吉祥寺に行くと店員さんは僕にこう言い放ちました
まずは相席屋でウォーミングアップするぞ!」自分「!?!?」ってなりました。
完全なるストリートナンパを魅せてくれるのかと思ったら相席屋かよ(笑)
まあ、そこは仕方ないので相席屋に行きました。
実は当時自分は相席屋に行ったことがなかったので行ってみたかったのはここだけの話。
すぐに席には通していただいたのですが、そこに待ち構えていたのはなかなか体格のいい女性二人組でした。
話も盛り上がらなくて非常につまらなかったです。
しかも相席屋初心者だったのでエスケープの仕方が分からず、謎に10分延長してしまいましたよ。
 
その後相席屋を出ると相席屋の入り口あたりをウロウロしていました。
自分が「何で相席屋の近くにいるのですか?」と聞くと、「相席屋出待ち作戦だ」と教えてくれました。
 
自分は、なんじゃそれと思いましたが、吉祥寺無双の言葉を信じ、相席屋前で張り込みをしていました。
相席屋から出てくる二人組の女の子に話しかけるのですが、割と話を聞いてもらえました。
ナンパ初心者の頃は何だこの作戦はと思っていましたが、
ある程度ナンパ師としての腕がついてくると相席屋出待ち作戦はナンパ四十八手の一つに加えてもいいのではないかと思えるほど
良い作戦だと思いました。
結局相席屋出待ち作戦は不発に終わりました。
 
それからとうとうストリートに繰り出しました。
 
 
これも今となっては非常に合理的な作戦だと思います。
最初の声掛けですが、「あ、さっき相席屋にいたよね?いい人いなかった?」的な声掛けで、
またもや相席屋を絡めていました(笑)
なんだかんだ話してラインだけ交換しました(笑)
ナンパ界隈では「バンゲ」とよばれていますね。
これが自分の人生初バンゲです。
正直初めてバンゲ出来た時は感動しました。
正直自分はナンパなんて都市伝説だ、成功するはずがないと思っていました
その常識を目の前で覆されたのです。
目の前にいる、全く接点のない女の子とライン交換するのです。
 
 
最初の声掛けはずっと相方がやってくれていたのですが、
「お前もやってみろ」と自分も声をかけることになりました。
近くで見ていたので出来るだろうと思っていたのですが、
いざ実際に話しかけようとすると足がすくんで全く声がかけられません。
これをナンパ用語では地蔵といいます。
こんばんはと声をかけることが出来たとしても、その後に続く言葉が全く出てきません。
ナンパってとても勇気が必要な行為なのだと実感しました。
 
今でこそ怖そうな人でない限り大体の人にストリートで話しかけることが出来る自分ですが、
当時は完全に地蔵でした。
 

ナンパした女の子と飲みが初成立

 
それはさて置き、結局その日は例のバンゲした女の子とハブで飲むことに成功しました。
ストリートで初めて会った、
何のつながりも無い女の子と一緒に飲むなんて今までの自分は想像もしていなかったことが現実に起こっているのです。
改めて、ナンパって凄いなと思いました。
 

日常になったナンパ

 
以上が自分の初ナンパの思い出です。
 
現在は主に渋谷でナンパをしています。
たまにブログやツイッターで合流して一緒にナンパをする人がいると思いますが、
自分は完全にリア友としかナンパはやりません。いや、本当は合流したいのですが、どこか気恥ずかしいのでしょうね。
自分は何事も先人の知恵を頼りにする癖があり、ナンパにおいても必勝法があるのではないかと思いました。
 
ネットで「ナンパ ブログ」などのワードで検索してナンパ師の声掛けルーティンなどを勉強しました。
また、ナンパに関する著名な文献を国会図書館に読みにも行きました。
 
色々勉強すると自信がつくので、比較的地蔵化せずに話しかけることが出来ました。
話のフレーズは勉強すれば何とかなると思いますが、
話しかける勇気だけは勉強でどうにかするのは難しいと思います。
ストリートナンパに挑戦する者がぶち当たる壁No.1と言ってもいいのが、
声掛けへの恐怖です。これはしょうがないと言えばしょうがないかもしれません。
やっていることはある意味不審者ですからね(笑)
 
モテない 男
ソース
 
ある日の渋谷での出来事を話します。
その日は友達とナンパしようとのことで21時に渋谷集合しました。
まずはトリキで1時間ほど飲んでほろ酔いの状態からスタートです。
しらふの状態でナンパをするのはちょっと難しいので。
このトリキでの0次会で本日のターゲットや目標をお互いに共有します。
トリキから出てバスケットボールストリートを徘徊していると推定22歳のかわいらしい女子大生が二人で歩いていました。
自分は並走するように近づき、「今日寒いね。これから二次会行くの?」と何の変哲もない声掛けをしました。
するとガンしかされました。ナンパは大体8割方、しかとされます。
むしろ「すみません」と声に出して断ってくれる女の子に対しては「話してくれた。優しいなあ」と思ってもいいレベルです。
ある程度話してくれる女の子はマジで優しいと思ったほうがいいです。
そうでないとメンタルが持ちません。
ガンしかされましたが、粘り強く話しかけ続け、
「友達に誕生日プレゼント買おうと思ってるんだけど、2,000円くらいで何もらったら嬉しい?」と話の内容を変えました。
そうすると、女子大生はようやく重い口を開いてくれました!
が、こう言い放たれました「お兄さん、こんなことやってて恥ずかしくないの?マジでやばいよ」
最近の大学生怖いなと思った瞬間でした。もちろん逃げるようにその場を立ち去りました。
これだったらしかとされて断られた方が全然マシですね。
これにめげていてはストリートナンパは成功しません。
その後僕らは気を取り直してナンパを再開させました。
次も女子大生二人組(優しそう)に声掛けをしました。
最初のひと言は前回大敗を喰らった誕生日プレゼントネタ(笑)
しかし優しそうな二人組は「うーん、化粧品とかですかね?」と真剣に考えてくれました。
それから今までどこ行っていたかなど話していましたが、
せっかくだから一杯だけ飲まない?と提案し、一杯だけならと了承を得ました。
その後はあまりウロウロするのも効率が悪いので徒歩10秒のプロントに行って飲みました。
聞くところによると彼女たちは中学の同級生で、高校・大学は別だけどなんと内定先が一緒だと言います。
ちなみに内定先は自分も知っているあの銀行でした。かなり優秀な方だったのですね。
時期が時期だけに卒業旅行どこ行くの?
など他愛もない話をして、その日は平日だったので連絡先だけ交換して普通に解散しました。
期待に応えられなくてごめんなさい!
そんなこんなで何も起こらなかった渋谷の一日をお届けいたしました。
 

ナンパ成功テクニック

 
最後に今まで自分がナンパをしてきて良かったテクニックを3つ共有したいと思います。
1つめは写真撮りますよ作戦
最近自撮り棒や自撮りをしている女の子をよく見かけるかと思いますが、インカメって正直画質悪いし自撮りだとうまく狙えないですよね。そこで写真撮りますよと言ってオープンするのです。これはナンパ技で打線を組めばクリーンナップに該当する強打者だと自負しています。
 
2つめがイベントです。イベント時は開放的になっているので、比較的声掛けが成功しやすいです。おすすめは花見、ハロウィン、ワールドカップ、WBCなどなど。この手法もクリーンナップ打てますね。
 
3つめが途中で出てきた相席屋出待ち作戦。これに関しては割愛させていただきます。
 

彼女を作るために

 
モテない 男
ソース
ナンパは世間での評価は決して高くないと思います。むしろチャラい奴のする行為だと思われているでしょう。
ただ、見知らぬ人に話しかけることがどれだけ勇気の必要なことか、
自らの力で出会いを作り出すことが出来ることがどれだけ凄いことか皆さんにはわかるでしょうか?
今一度世の中の常識を疑ってみることが大事なのではないかと思います。
どうしてもストリートナンパが出来ない人は出会い系ですよ。
むしろこっちの方がセグメントを分けて女の子を選べるので、よっぽど効率的だったりして
 
終始ストリートナンパに言及してて最後の最後にこんなことをいうのは恐縮ですが(笑)
 
肉食系美女が多数生息している出会い系サイトを比較

    関連記事

    東京の街コン!変わった街コンまで10選をカミングアウト

    街コン街コンとは?男女の出会いの場をイベント会社やお店がセットしてくれるもの。同性2名での参加が基本。街コンが盛んになったことで、1名参加もおこなわれている。

    赤坂ショーパブで女体盛?元ストリッパーが営むお店へ突撃レポ

    どうも!編集部に加わりましたならず者、前回のシマウマさんの記事で晴れて専属ライター採用になりました、Yukiです★最近黒髪にし、壇蜜に似ていると1週間で4人に言われ有頂天です。いや、黒髪ロングで薄顔

    ナイトプール2017!東京のナイトプール12選をカミングアウト

    都内の夏遊びって言ったらナイトプールは絶対外せないですよね!!!だいたいどこのサイトも 『東京のナイトプールおススメ5選』とか言ってますよね。ソース 

    合コンでお持ち帰り覚悟!週6回エリートとコンパした私が企業別にカミングアウト

     大手メガバンの丸の内OLのアフター5は合コン。そんな毎日を続けて早7年。これらはプレミアムフライデーのお陰で、金曜日はダブルヘッターできそう!彼氏出来ないうちに言ってる

    大人のナンパスポット!表参道「COMMUNE 2nd」にタラレバOLが参戦!

    表参道に昼間からナンパされに行ってみた件。 完全に味を占めたタラレバOLちゃんのひとり飲み。ソース今回は初の昼間からのんべえ敢行してみました。 訪れたのは、今ちょっと大人カ