• 333店内
  • 333店内
  • 333
  • トリプルスリー

2018/11/25 出会い

銀座の333(トリプルスリー)でナンパ待ち!スタンディングバーをレポ

こんにちは!アラサー訪問OLです。

カミングアウトに新たにインターンが入って絶好調!

のはずが、

ぶっ飛んだインターンで、家なしで福岡から来ちゃいましたwwwww

マジでウルトラC!!!

今度はこのインターンちゃんを連れて取材にいきますねw

 

さて!今回は、
銀座の333(トリプルスリー)

に行ってきました!

ここでの出会いをカミングアウト♡

 

333(トリプルスリー)とは?

トリプルスリー

333(トリプルスリー)とは、簡単に言うと、ナンパOKなスタンディングバーです。

銀座の300円バーと同じようなシステム。

 

333(トリプルスリー)は、2店舗あります。

333

詳細はこちら↓

Standing Bar 333
住所:東京都中央区銀座6-4-8 ニューギンザビル3号館 B1F
電話:050-5869-5903
営業時間:
◎月~木:18:00 – 3:00 ◎金・土・祝前日:18:00 – 4:00
◎日・祝日:18:00 – 24:00

Standing Lounge 333 Ginza
住所:東京都中央区銀座8-3-11 和恒ビル B1F
電話:03-6264-5933
営業時間:
◎月~木:18:00 – 3:00 ◎金・土・祝前日:18:00 – 4:00
◎日・祝日:18:00 – 24:00

 

料金システムはチケット制の前払いシステム

つまり、チケットを先に購入して、ドリンクをオーダーするときはチケットを渡します。

チケットの料金は以下。

<入店時>
チケットを購入して入店します。
・男性:チケット3枚(¥999)
・女性:チケット2枚(¥600)

※女性はちょっとだけお得です♡
<追加時>
チケットを追加するときは、
男性・女性共に
・3枚セット(¥999)
・10枚セット(¥3,000)

※10枚セットは1枚分無料の料金!

 

え~10枚も使いきれないよ~!って思った人!

大丈夫です!!

チケットが余った場合は後日利用できちゃいます。

だからどんどん買っちゃえよ!っていうお店側の策略なわけだ。

トリプルスリー

ちなみに、女性は今ならOPEN~21時まで無料!!

なんならチケット買わなくても、男の人に奢ってもらえばタダになっちゃわない?っていう気づきw

 

333(トリプルスリー)に潜入!

この日は友達と潜入!

私が行ったのは、銀座6丁目のStanding Bar 333の方。

333

 

ビルの地下に位置しています。

入口はこちら。

マットまで333の文字!徹底ぶりが伺えますw

333

 

入店した時間が早かったため、無料で1ドリンクゲット!

そして店員さんにそそのかされ言われるがまま、600円で2チケットを購入。

 

女二人で乾杯!

本日の目的を分かち合う意味でも杯を交わす。

目的は、いい男GET

それしかない。

 

とりあえず店内を見渡して本日の獲物を確認!

20時前でまだ時間が早かったから、そんなに人がいないだろうと予想していたんだけど、

思ったよりもいる!

男性10組くらい。女はまだ5組くらい?

もっとガラガラだと思ってた。

 

333店内

 

ターゲット発見!

 

奥にいる、身なりがキレイなサラリーマン2人組の近くに行こうとなりました。

あえて隣のテーブルをチョイス!

 

テーブルの下に荷物を置けるスペースがあり、バックを置き、コートを脱いでいた時の事

「コートかけますか?」

と、急に話しかけられた!

 

狙い通り奥にいたサラリーマン2人組!!

心の中でガッツポーズをとったw

 

「え、コートかけるところなんてあるんですか?」

と、聞くと

「オレの肩にどうぞ」

 

ウケ狙いな、へんてこな回答に笑ったんだけど!!

そういうおもろい人すきw

 

その後の会話もちょいちょい冗談やボケが入って笑わせてくれる!

マジ、今日当たりじゃね?

と、目配せで分かる私と友達。

 

ガッツポーズ

 

ここで、この男性2人のスペックを紹介しましょう。

・小売の会社勤務
・空間デザインの会社勤務

 

意外と職業は普通。

いわゆる銀座のエリート系かと思いきや、そうでもなかった。

とは言え悪くない。

 

ちなみにこの日は土曜日。土曜日も男性2人はお互いに仕事だったらしい。

普段は残業がやばくて、休日出勤もしている真面目系。

会話はおもろいけど、チャラさは感じないし、見た目も悪くない!

 

年齢は聞いてないけど、見た目からの推定、アラサー。28~32歳の間って感じ。

一歩間違えば年下の可能性ありw

 

男性

 

男性の一人が、こんなことを言い出しました。

「もう333には来ない方がいいよ」

 

…へ?なんで???

せっかく出会いがあったのになんでそんなこと言うんだよ?

 

「ゲスい男しかいないから」

なるほどそういうこと!

大丈夫、私もゲスいから

じゃなくて、

聞けば、333ではワンチャン狙いの人が多いらしい。

お持ち帰りは日常茶飯事。

そういえばこんな展開、300円バーの時もあったな…。

ナンパOKなスタンディングバーって、結局そんなもんなのか。

 

「じゃあ、お兄さん達はゲスいってことでいいのかな?」

と尋ねると、

そんなことない!!と必死の弁明。

 

「俺らはけっこう真面目な出会いも探してる。

むしろ333の女はアピールが凄い、女に持ち帰られた。」

 

まじか。やっぱ肉食系の女強いわぁ~!!

トラ

 

すると次はこんなことを言われました。

「もし、気がないなら他に行っていいからね、無理して俺らと居なくていいよ」

 

え?それって、もうどっか行けってこと?w

 

詳しく聞くと、

気がないのに話をするのはお互い時間の無駄だから気を遣うな、ということらしい。

むしろ気がないならスルーしてもらう方が良くて、

ナシなら話しかけてシカトされるくらいが分かりやすくてちょうどいい!ということでした。

 

皆さん333やスタンディングバーに行った時は、

明らかに気がなければシカトで行きましょう!

 

とりあえず、どっか行けってわけじゃなかったことに安心w

 

「勘違いさせて失礼しました、おわびに1杯おごります」と男性。

そうだろう?

じゃあ1杯おごってもらおうじゃないか!

 

ワイン

 

こんな感じで、
お話してると勝手に男性がお酒をおごってくれちゃいます♪

 

 

お酒を待っている間にふと気づいた!

女性がさっきよりも増えてる!!

 

それにもかかわらず、よく見たら、男と女が話していない。

女と男が別々に立っている。

300円バーだったら一瞬で男が話しかけに行くってか、戦場なのに。

 

男が、意外と草食系。ちーん。

あれ?ここナンパが当たり前なバーですよ?

どうした漢どもよ!

お持ち帰りするんじゃないの??

今日ヤリたくないのか?

女が余ってるじゃね~か!

余った女

 

 

そんなことを考えていたら

急に

「あの女性達にいきましょ」って、別テーブルの男性にアシストを始めた、こちらのテーブルの二人。

 

それでも声をかけようとしない別テーブルの男性達。

333(トリプルスリー)はそういう草食系の男性が多いのかね?

シマウマ

 

ある程度の収入はあるけど真面目で、
女性に話しかけられないから、話しかけられるのを待ってる草食系。

 

そりゃ女性がお持ち帰りを仕掛けちゃうわけですわ!

それって男としてどうなの?!

草食ってていいのか?!

一生ヤれねぇぞ童貞

 

 

さて!

1時間くらい滞在したところで、野暮用(フィックスラウンジの取材)があり、

お兄さん2人とバイバイ。

連絡先を交換してまた飲もうねという約束をしました。

 

ただ、「どうせ返事帰って来ないんでしょ?」って、謎にビビってた。

333(トリプルスリー)で出会った女性とは連絡先を交換しても返事がない事が多いらしいw

 

再度、0時に訪問

バー

これで取材終わりかと思いきや、また来ちゃいましたよ!

だって草食系のレポで終わるわけにはいかないだろw

 

実は、チケットが余っていたので、再度訪問。

野暮用(フィックスラウンジ)からは100メートルくらいの距離。

超近いので真夜中の様子を伺うことに!

 

すると、

混んでる!!

333店内

やっぱり、真夜中は混むんだね!!

けっこう友達同士の男女で来ている人とか、女性の3人以上組みもいる。

 

DJもいて、みんな踊ってる!

なんだか楽しそうな雰囲気!!

思わず私と友達も踊り狂うw

 

そんな中、近づいてきたのは

アラフィフのおっさん。

謎にシャンパンをご馳走してくれた。

シャンパン

 

そしてアピール強め!さすが若い子には負けてない肉食世代!

「清純派セクシー」と言われ、

清純派なの?セクシーなの?

と、ちぐはぐ且つ、昭和なアラサー感溢れるネーミングw

 

「連絡先おしえてよ~」と、言われましたが、

先ほど教わった技が生きた。

”ナシなら話しかけてシカトされるくらいが分かりやすくてちょうどいい!”

と、いうことでシカト。

おっさんはまた別の女の子を狩りに行きました。

 

まとめ

てなわけで、まとめに入りますが、

早めの時間は草食系。遅めの時間は肉食系がちゃんといます。

 

と、いうかむしろ、

混んだ時の雰囲気が大事なのかも。

混んでてわいわいガヤガヤしてる時にどさくさに紛れて話しかけちゃえ!って感じになるんだと思う。

 

でも、男性に言いたい!

女性は話しかけて欲しいからスタンディングバーに行っている!!

だから

話しかけてくれーーー!!

失敗してもいいから話しかけるのだ。

 

300円バーと比較すると、

333(トリプルスリー)の方が落ち着いた雰囲気なので、

ガツガツしたナンパじゃなくて、ちょっとゆるりとナンパできるのは良い点かも。

好みによりますが。

 

こうしてアラサーのレポは終了したのでした。

そろそろしんどいからインターンのJDに引き継ぎたいw

 

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする

出会いの関連記事

有楽町高架下ではしご酒!アラサーに出会いはあったの?実録レポ

やっほー!アラサーちゃんの久しぶりの出会い企画だよー!! お待たせしました、 表舞台に出るのが久しぶり♪ なんせ先月は裏方で引きこもりでした。 なんと 今回は有楽町高架下をはしご酒!! 「とりあえ...

三軒茶屋で必ず出会いがあるスポット20選をカミングアウト

三軒茶屋エリアの出会いをカミングアウト! 渋谷に近いなんとなくオシャレな街、三軒茶屋。 学生に親子連れ、地元の年配者まで街を闊歩しています。 飲食店が多く、夜になるとサラリーマンやOLが増え始める…遊ぶのには困らない場...

新宿ゴールデン街でハシゴ酒!リーマン22歳が突撃取材!

カミングアウトに入社して1ヶ月半。 ついに僕もこの時がやってきた。 体験取材!!! 【取材人】 ニックネーム:あっきー つい1ヶ月半前に上京してきたばかりのサラリーマン22歳。 ど田舎から出てきたばかり・・ &...

赤坂で必ず出会いがあるスポット20選をカミングアウト

赤坂エリアの出会いをカミングアウト! 料亭・テレビ局・大使館、ちょい高級な街、赤坂。 昼はビジネス街、夜は大人の社交場と、昼と夜とでは別の顔を持ちます! 意外にもオシャレなカフェよりリーズナブルなお店が並びます。 治...