• ロハス
  • ビール
  • 会員登録
  • テレビ

2018/11/08 出会い

ロハス銀座の口コミ!相席イタリアンを独身女がカミングアウト

相席イタリアン、ロハス。
今回は銀座店で潜入レポ!

マヤ、ロハスへ送り込まれる

休みの日の過ごし方はもっぱらお笑い鑑賞、マヤです。

テレビ

私は、いつものようにお笑い鑑賞を楽しんでいました。

やはり一人で見るよりも誰かと見たほうがこういうものは楽しいなと思うものです。

家でゴロゴロ見ながらお笑い好きな彼氏とかできたらいいな…なんて思っていました。

 

そんな時、いつものようにナイスタイミングで東京で一番面白いメディアを運営しているとも名高い、カミングアウト東京編集部より指令がくだされました。

 

独身男

「銀座と池袋にマッチングイタリアンロハスという店があるので行かない?」

 

イタリアン好きな私にはぴったり!

ということで私はさながらJKの気分で

 

「りょ」

JK

と返信しました。

 

そうと決まれば話は早い!

と、いうことで早速「ロハス」に行くことになりました。

ロハスに行く日に私はいつも以上に気合の入った身なりで、会社に向かいました。

気合いの入った服

↑これはギャグですが、このご時世

「今日はいつもより気合が入ってるね、デート?」

という会話ですらセクハラ認定されるということは周知の事実で、

コンプライアンスへの意識が高い弊社では、誰にも身なりについては褒められずしょんぼり気味のマヤでした。

 

相席イタリアン「ロハス」とは?

ロハス

さてここで、相席イタリアンロハスについてご紹介したいと思います。

 


店舗

相席イタリアンの店舗は池袋と銀座にあります。

住所:東京都中央区銀座6-4-12 KNビル4階
地下鉄銀座駅C2出口(東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線)より徒歩4分
営業時間:【月〜木】15:00~24:00 【金】15:00~翌5:00【土】12:00~翌5:00【日】12:00~23:00
定休日:不定休
電話番号:03-6280-6637
参照HP:ロハス銀座店

 


料金
女性:飲み放題 無料!

男性:1名  ¥4,000(税別)
2名以上¥3,000(税別)
延長60分¥3,000(税別)

女性も男性もフードは465円(税別)

 

女性は飲み放題無料というのは嬉しいですね。

男性も二人以上だったら相席屋と同じ価格帯となります。

フードもお金はかかりますが、比較的値段もリーズナブル。

イタリアンを売りにしているお店なのに、この価格で食べられるのは嬉しいですね。

 


マッチング方法

ルーレット形式

なるべく多くの人とマッチングできるように30分単位で時計回りに男性が回るスタイル。

ルーレット形式は満遍なくいろんな人とマッチングできます。

ロハスでは、異性と相席となった段階をマッチングと呼びます!

マッチングと言っても、お互いの意志は関係なしに、男性が自分のいる席に着いただけでマッチングと呼ばれます。

なんとも簡単なマッチングなんだ!

 

また受付時に、お店に来た理由を聞かれます。

お店に来た理由で分けて、色別のリストバンドが配られます。

事前にそういうことがわかると、相手のテンションにあわせてお喋りできるからいいですね。

 

ちなみに、

リストバンドの種類はこちら

(黄)
合コン相手をお探しの方

(青)
お友達作りが目的の方

(ピンク)
恋人を探しのお方

(赤)
将来を考えられるひとを探している方

同じ目的の人とは話が弾みやすいかも♪

 


イベントの開催

普段も相席イタリアンというコンセプトのもと運営しているロハスですが、

日や時間によっては「年収1000万以上の男性のみの日」「シャンパン飲み放題」などのイベントが開催されています!

こうしたイベントに合わせていっても楽しそうかも。

めっちゃ行きたい!!

 


会員登録

初回入店時に、会員登録が必要となります。

その際に、身分証の提示携帯番号メールアドレスの登録が必要です。

そうしたチェックを行ってくれるのは女性としても安心ですよね。

 

ざっとこのような感じになります。

あとは相席して出会いを楽しむだけ!

それでは早速レポートにうつりたいと思います。

 

19:30 ロハスへ入店

仕事終わりに向かったため、19:30にお店に到着しました。

お店のHPなどで調べた事前情報によると早い時間は女性が多く、遅い時間になるほど男性が多いということ

それでも男性は一人くらいいるかなー? と期待に胸を膨らませていました。

 

店は飲食店などが入ったビルの4階。

みんな大好きコリドー街と外堀通りの間に位置しています。

ロハスへ入店

 

お店の入り口には「女性のお客様大幅先行中!」の張り紙が…

大々的に言われているということは相当多いのか…

と一物の不安を抱えながらエレベーターへ。

ロハス銀座

 

4階まであがるとこんな感じでオシャレな看板が。

ロハス看板

 

ふと右手をみると…

 

ん…? 恋神社…?

恋神社

 

 

なんだか怪しげな看板が。中を見てみると、案外しっかりした祭壇がありました。

恋神社

一応何かの神様が祀られているようでした。

「今日こそいい人と出会えますようにナムナム」と祈りを捧げて、店内へレッツゴー!

 

「念には念を」ということで、事前に予約をした私。

(事前予約も可能です!)

受付のお姉さんに名前を告げると席に案内をしてくれました。

 

店内はこんな感じ。

HPで書かれているように白でスタイリッシュな印象の店内。

ロハス1

ふと店内を見渡すと、

 

あれ…? 女しかいない…? 

 

10名ほどの女性が無言でパスタや酒をすすり続けています

 

女性の年齢層は30代の人が多いかな、という感じで落ち着いていました。

銀座だからかもしれません。池袋は若者が多いかも?

 

これは…果たして大丈夫なのだろうか…と心に汗をかいてきました

そんな不安をよそに席に着くと早速会員登録の案内をされます。

必要事項を記載して、身分証を提示します。そして今日の目的を伝えてリストバンドを貰いました。

会員登録

 

ちなみに私は、どんな人が来るかもわからないし、いきなり「恋人探し」というのは前のめりすぎなのでは…

と弱気の風が吹いてきて、「友達探し」という無難なチョイスとなりました。

 

すべての手続きが終わるとお姉さんが、衝撃の一言。

 

「本日は女性はフード2品、無料となっていますのでご注文下さい!」

 

え…ただでご飯も飲み物も提供されるの…?

 

店の仕組みとして飲食代を負担するはずの男性がいないのに…?

これはボランティアかなんかなのだろうか…?

 

と、もはやこのお店に怪しさすら感じながらも食欲には勝てず、

お店の売りであるイタリアンの王道、パスタと生ハムを注文。

 

ドリンクはカウンターでオーダーする仕組みとなっています。

私は1杯めはビールをいただくことに。一人寂しく乾杯です。

ビール

 

20:10 最初の男性来店

そしてかれこれ入店してから

30分ほどが経過。

誰ともマッチングせずに帰る女性もいました。

このお店の目的ってタダで女性に飲み物を提供するとかそういうことなんだろうか…と、もはやこのお店のコンセプト自体に疑問を持ち始めたその時でした!!

 

一人目の男性が入店!

 

その男性が輝いて見えたのは、少し頭の毛が寂しいから…ではきっとないはず。

髪が薄い

彼は入り口で受付を済ませ、私の左隣の人とマッチングし始めました。

男性は、非常に真面目で胃が弱そうな40代という感じでした。

郵便局やメーカーで働いていそう…、きっと今までのらりくらりと仕事ばかりしていたら女性と知り合う機会もなく40代まで過ごしてしまったんだろう…、

と暇すぎてその男性の人生について妄想するしかありませんでした。ふと思いました。

 

男!!! 男が欲しい!!!

 

ブルゾンちえみの統計によれば、世界には35億人の男がいるらしいですが、なぜこの銀座のロハスには一人しかいないのか!?

もはや怖さすら感じました。

ブルゾン

もはや彼氏じゃなくてもいいので、男がこの場に存在して欲しいと再び恋神社にお祈りに行こうかと思いました。

 

20:20 二人目の男性が入店

男への飢餓感をビールでごまかしていたら、二人目の男性が入店。

入店の時間的に私は最後の方だったので、マッチングしないかと思ったらまさかのマッチング

(時計回りに男性が回っていく、というお店のルール上、私とマッチングしたのだと思います)。

 

見た目は魔娑斗をマイルドにした感じ(以後この男性を魔娑斗と呼びます)。

魔裟斗

悪くない、と思いました。

というかさっきまで男性に死ぬほど餓えていたのでもはや何でもよく見えます。

マッチングするということへの心の準備が全くできていなかったため、思ったよりも緊張してしまいましたw

 

そして魔娑斗が入ってきてからは怒涛の男性入店ラッシュでした。

ものの10分程度で一気にほぼ全員の女性がマッチングしたと思います。

 

マッチング

 

は比較的に1名で来ている人が多い印象ですが、男性は2名以上できている人の方が多く、割とテンションも高い人が多いな、という感じ。

真剣に出会いを求めているというよりは「女の子と飲みたい!」というテンションの人の方が多いのかな〜と思いました。

 

そんなお店の空気に圧倒されつつ、魔娑斗と乾杯。

お互いの自己紹介をしつつ、よくここに来るのかなどをお話しします。

魔娑斗さんは、
インフラ系の自営業をされている30代前半

 

今日は近くで仕事があったので、ここに立ち寄ったということ。

思いがけず好物件にあたり、さらに緊張感が高まりますw

 

しかも会話を意外とリードしてくれるため、喋りやすかったです。

「デートで行くとしたら何料理が食べたいか」などの話をしてひとしきり盛り上がり、時間が来たので席交換の時間。

席交換の時間の5分前に店員の方がリマインドしてくれます。

その間に連絡先などを交換して、さよならしました。

連絡先交換

 

21:00 二人目の男性とマッチング

そしてルーレット方式でのマッチングということで、次は私の右隣に座っていた男性とマッチングしました。

少しオタクっぽい見た目の彼は、27歳で証券会社でトレーダーをしているそう。

あれ? なんだか彼も好物件ではありませんか。

証券マン

というか周りを見渡してみると、一番初めに入店された40代郵便局員のような人はおらず、結構イケてる感じでした。

 

少しオタクっぽい見た目ではありますが、
話などはかなりちゃんとできる人でそこそこ盛り上がりました!!

 

なんでも、職場には男性ばかりで出会いがないからこうした出会いの場になるべく来るようにしているそうでした。

男性も一人で来ている方は、割と真剣に出会いを求めている印象の方が多かったです。

ロハス

こちらもデートするならどんなお店がいいのかという話でひとしきり盛り上がりました。

今までマッチング系のお店に行った際は趣味が鉄板の話題でしたが、
ロハスでは食べたいものの話題が鉄板なのですかね…?

 

こちらのお店はカウンターにドリンクを取りに行く形式なので、飲み物がなくなると一旦会話が収束してしまうかな、と思ったのですが、

オタク君の「一緒に取りに行こう」という提案で一緒にカウンターまで行きました。

会話も途切れないし、一緒に何かを選ぶというのはなんだかいい行為だなと思いました。

お酒

その他にも出身地の話や今住んでいる場所の話でひとしきり盛り上がり、連絡先を交換して席移動。

 

…と、ここで、私はテンションがあがって飲み過ぎてしまったのか、結構酔っ払ってしまい一人で帰れるか不安になってきてしまったため、

帰宅を余儀なくされました。

もう少し長くいられれば良い男性とも出会えそうだったのに、無念…。

 

ていうかこれだけ満足して本当にタダなんだろうかと不安になり、

お店のお姉さんに確認すると「タダです!」との回答

天国か、ここは。

 

思わぬ良い出会いに気持ちを弾ませながら、千鳥足で銀座を後にする私なのでした…。

 

ロハス銀座の取材まとめ

ロハス銀座

最初は女性しかおらず不安でしたが、途中からはそんな不安がふっとぶくらいハイクオリティな男性ばかりでした。

正直、相席イタリアンに期待していなかったので驚いてしまいました!

真剣にマッチングしたいのならば、女性も男性も20時頃に来店するのがおすすめです。

 

銀座という土地柄もあるのか、スペック的にはなかなか良いなと思える男性が多いです。

相席屋などにいくよりも、銀座や池袋だったらロハスの方がアツいかも…?

 

ドリンクは普通ですが、ご飯は提供が遅いし量も少なめです。

まあこの値段だったら仕方ないかなと思えます。

 

最終的にはかなり楽しかったので絶対また行く!

と決意したマヤなのでした♡

 

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする

出会いの関連記事

六本木・麻布の必ず「出会いがある」スポット21選をカミングアウト

六本木&麻布エリアの出会いをカミングアウト! 港区女子の聖地、六本木、麻布。 六本木で聖地巡礼を行いましょう。 ってことで、用意したよ!あんたらが大好きな六本木・麻布エリア! このエリアにオフィス構えるチャラ...

盛り上がる渋谷のスポーツバー20選をカミングアウト

スポーツをみんなで応援したい! 「1人で応援するのは寂しい…」 「試合の感動をみんなと分かち合いたい!」 スポーツ好きならば、そんな気持ちが出てくるかと思います。 そこで、渋谷で様々なスポーツを観戦することができ...

立ち飲みバーは出会いの宝庫?東京のスタンディングバーまとめ

東京のスタンディングバーを調査しちゃったよ~! なぜって?立ち飲み屋には出会いがあるってんだから、ここは黙ってられないカミングアウト編集部!!   1人で飲むのが味気ない夜は、自然とお客さん同士触れ合える立ち飲み...

六本木のクラブELE TOKYO(エル東京)での出会い!OLがレポ

六本木のクラブ! 麻布十番のELE TOKYO(エル東京)の実態をカミングアウト!! マヤ、クラブに送り込まれる どうも、1日で1番幸福な時間は爪を切っている瞬間、マヤです。 家でEDMを聞きながら爪切りもいいですが...