2016/06/29
【連載ドラマ】強い女

【連載ドラマ第1話】強い女・外資系消費財マーケティング職

名前:亜希子
年齢:30歳
職業:外資系消費財マーケティング職
年収:800万
出身大学:慶應義塾大学 商学部

 

「お誕生日おめでとう!」

 

亜希子は30歳の誕生日を迎えていた。
そんな記念すべき日を、大親友の百合が南青山のフレンチ・ラス(南青山)でお祝いしてくれている。


そんな百合とは、彼女がアメリカ・カリフォルニアの大学に留学する前からの友達。
かれこれもう10年が経つ。
 

亜希子は大学時代から憧れていた大手消費財メーカーで花形のマーケティング職に就き、忙しいながらも恵まれた社会人生活を過ごしている。

もちろん内定はボストンキャリアフォーラムで楽々ゲット
 

プライベートはホットヨガに、テニスに、海外旅行と充実した生活を送ってきた。
しかし、20代最後にして彼氏なし、周りは段々と結婚、出産というタイミングでもあり、

自分は焦るつもりはないのに、周りからのプレッシャーで押し潰されそうな時期もあった。

 

「30歳、私が迎えて思ったのは、楽でシンプルに肩の力を抜いて考えられるようになったってことかな。」

 

百合が語る。

百合は、亜希子と同い歳、数ヶ月前に誕生日を迎えていた。

彼女は三井物産のエネルギーカンパニーで多国間の貿易を担当している。
年収も亜希子より高く、その分、月に2回のペースで海外出張に行くなど、多忙な毎日を過ごしている。

 

百合「20代最後の時はお互い、結婚どうしよう、でも現実問題、まだ結婚しないなら、卵子冷凍して保存することも考えないと…、なんて切羽詰まった会話してたけど、今はいかに人生充実させるか、が大切だなー。と冷静に見つめるようになったんだよね。」

亜希子「そうなんだねー。私もそういう心境になれるかしら。」

百合「うんうん。もう少し落ち着いたらきっとね。で、私、アイドルやることにした。

亜希子「え!???」
 

 

moe1
 

亜希子も知らなかったのだが、見目麗しい百合は、事務所に所属しており、たまたま本格的な仕事のオファーがあったのだと言う。

 

亜希子「何でまた、仕事も忙しいのに決めたの?」

百合「人生の充実をどうさせようかなって考えた時、過去から今まで思い描いたことのある夢リストを作ってたの。

そしたら、昔、アイドルに憧れた時期があったことを思い出して。こんなタイミングで話があったことに運命感じたんだよね。」

 

どうやら、そのアイドルグループは10代から所属するが、百合には、年齢に合わせた役所が用意されているようだ。
楽曲やダンスも用意されていて、これから本格的に始動するとのこと。

大元、ダンスに没頭しており、通うダンススクールのインストラクターも担当し、今ではダンスイベントのDJもしている百合。

 

楽でシンプルに解放された結果、ここまで人生の充実を仕事だけでなくプライベートにも求め、個として人生を謳歌する方向に舵をきった百合。

 

勿論、恋愛も諦めた訳ではないし、将来の結婚も考えるが、30代として、どう生きるべきなのか。

プライベート?
仕事?
恋愛、結婚、子供?

全部取りたい場合は… どうしたらいいのか?

 

30歳女子の人生充実プランは、今後も試行錯誤が続く…
と亜希子は百合の芸名を考えながら眠りについた。

 


ラス(南青山)
TEL
 080-3310-4058
Addresses
 東京都港区南青山4-16-3 南青山コトリビル 1F
Transportation
 表参道から徒歩7分
 表参道駅から418m
Open
 Lunch
 SAT / SUN / HOLIDAY (ONLY)
 12:00~15:00(L.O.13:00)

 Dinner
 MON〜SAT
 17:30~22:30
 SUN / HOLIDAY
 17:30~22:00

関連記事

【連載ドラマ第2話】強い女・外資系消費財マーケティング職

年齢:30歳 職業:外資系消費財マーケティング職 年収:800万 出身大学:慶應義塾大学 商学部 第1話はこちら 百合が慌てて席に着くなり亜希子に謝った。 &n

【連載ドラマ:最終話】強い女・外資系消費財マーケティング職

年齢:30歳 職業:外資系消費財マーケティング職 年収:800万 出身大学:慶應義塾大学 商学部 第1話はこちら 第2話はこちら