2018/02/13
東京ライフ

六本木ヒルズ内リゴレットで外資系エリートとの出会いをOLが体験レポ

華金に若手の医者のお誘い断って、取材に来たよー!

こんにちは!いつもの訪問OLです!

新年、実家で父親に、「離婚してもいいから一度結婚してくれ~」と、頼まれたアラサーです。
今年は親孝行したいです!

 

さて!新年一発目の体験レポきたね~って思うでしょ?

実は、今年入って2回も別の場所で不発だったっていうね。

1回目はawabar。

こちらはタイミングが悪かったようで。頃合い見てまた行きます。

awabar


2回目は、新しくできた横浜飲み比べ横丁。わざわざ横浜に行ったのに、出会いNGスポットでしたw

(ナンパしたら普通に店員さんに怒られるw)そして掲載を断られたっていうね

 

いやぁ、新年早々うまくいかねぇーなぁと思いつつ、今日も負けじと女一人で向かうわけですよ。

 

この日は、
六本木ヒルズにあるリゴレット

 

六本木リゴレット

ちなみに場所や詳細はこちらです↓

RIGOLETTO BAR AND GRILL (Roppongi)
リゴレット バー アンド グリル (六本木)

住所:〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ ウェストウォーク 5F
電話番号:03-6438-0071
営業時間:
【月 – 木】11:00 – 26:00 (L.O. 25:30)
【金・土・休前日】11:00 – 28:00 (LO 27:30)
【日・祝】11:00 – 23:00 (L.O. 22:30)
(ランチ/11:00 – 15:00 L.O)
総席数:164席(個室2室)
取り扱いカード:DC,DINERS,JCB,MasterCard,VISA

 

ここで店内に入る前に、少しリゴレットの前情報をお知らせします。

六本木のリゴレットは、言わずと知れた出会いスポット。

 

<店内について>

店内は着席のテーブル席と、スタンディングのバーがあります。

店内の三分の一ほどあるバーカウンター部分は、ぐるりと大きな楕円を描くように作られています。

ここの楕円のバーカウンターは入口に入ってすぐ。

ここでナンパが繰り広げられるというわけです。

むしろ入口は解放されているから自由にバーカウンターを行き来できます。

 

<客層について>
六本木は外資系の会社も多いことから、外国人も多いし、日本人も外資系企業の人も多くいます。

六本木ヒルズの森タワーに入っている会社がまさに外資系企業多い。

有名どころで言うと、GS(ゴールドマンサックス)、Apple Japan、フェラーリ、Googleなどなど。他にも日本人なら知っているような企業が入っているのです。

 

つまり、
エリート外資系企業の人に出会いたいならリゴレットに集合!ってわけです!!


 

さっそくヒルズ内を歩いてリゴレットへ

もう誰も歩いていない、六本木ヒルズをアラサーが一人で歩く。
なんか響きが寂しくない?

六本木リゴレット

 

正月太りのせいか、足取り重くエレベーターへ。エスカレーターまで歩くのもしんどくなってきたっていうね
チン!
5階でございます。
(もちろん読み方はエレベーターガール風でお願いします♡)

リゴレットはウェストウォークというエリアの5階、奥の方に位置しています。

 

エレベーターをおりると、

お♡

何やらガヤガヤした声が聞こえてきますね…!

 

 

ほらほらほらほれ!

きたよきたよ!

六本木リゴレット

入口から溢れるほど人がいっぱい~!!

 

金曜日の夜だから激混みなのは分かるけど、日本人だけでなく、

この日は外国人がいっぱい!

さすが六本木でございます。
私も西麻布に住みたいでございます

 

さっそく、潜入して、出会いがあるのか?を確認してきます!

とりあえず、出会いがあるという噂のバーカウンターを一周してみっかね。

でも、中に入るのも精いっぱい!

六本木リゴレット

 

ちなみに、1人で来ている人はそんなに多くはないけど、男性一人っていう外国人は結構いました。

女性は2人組が多いかなって印象だけど、そもそも男女比率が6:4

女性一人で乗り込んでも全然問題ありません。

男性が話しかけてくれます。

バーカウンターを1周回っているうちに誰かしらは話しかけてくれます。

 

その全貌を今からお伝えしますね。

 

まず、バーカウンターを回ろうとし、
店内に足を踏み入れてわずか10秒!

すれ違いざまに声かけられたぞ?

疑問形なのは確信がなかったから。ウィスパーすぎてw

 

「ん?」と思い、声をかけた人を見たら、英語でなんか喋りかけてきた!
一応英語はカタコトだけどできます。あとは気合いの日本語!

 

【1人目の出会い】 シンガポール人

ナンパ1人目は六本木にお勤めのシンガポール人。

日本語はほぼできない様子。

 

店内は人の賑わいで、わりとガヤガヤしているため、近づかないとお話ができない。

(人が多くなければ普通の声で話しても聞こえます)

 

色々ごにょごにょ話してる!全部聞き取りつつ、うんうんって聞いてあげた。
うんうん、早く奢って。
心の声が漏れそうだったけど、ちょっと話に付き合ってあげよう。

 

でも、彼の饒舌な英語が私を混乱させる。

は、早い!

ん?ん?って聞き返すと、耳元でささやき始めたーー!!(汗)

 

待て待て!ストップストップ!!マジ卍!!!

耳の中にあんたの息入っていくから!!しかも力強く!!
ウィスパーボイスを知らんのか!!
強いよ!ストロングボイスならぬ、ストロングブレス(><)

 

 

…耳打ちが気持ち悪い。

耐えられないくらい、本当にしんどい。

 

げ、限界…。
じんましんでぶっ倒れそうになるくらい…。

耐えたけど、我慢が限界に達した。

 

顔、硬直モード。
だって、じんましん出てんだもん。

 

さすがに私の顔色の悪さを察したのか、
私の英語がダメだったのか
シンガポール人はその場を後にしました。

 

よかった〜。

1分くらい、じんましんをおさえるため、隅っこで休憩。
気配を消しました。消さないと、また耳元に強風を吹き込まれる恐怖を味わうかもしれない。
あれは、具合悪い…。

 

もう、人混みすぎるし、初っ端から気持ち悪い思いをしたから、一周してダメなら今日は帰ろう!
今年は前厄だから仕方ない!ん?年齢バレちまったじゃねぇか

と思いつつ、じんましんの中進む

 

逆サイドにたどり着いたら、日本人のおにいさんが声かけてくれた!
日本人、あ、安心…ほっ。

 

【2人目の出会い 外国人と日本人のコンビ】

六本木リゴレット


「ちょっとこの人と話してくれない?」と、声をかけてくれた日本人に頼まれた。

とりあえず、オーケー!3人でお話することに。

「あなたは何人?」と外国人に質問した。

「インド人だよ」

インド人は優しそうな雰囲気。

日本語もペラペラで上手だし、日本人の気持ちも分かる優しい雰囲気。

さっきの耳元の恐怖体験があったから、余計に心地よく感じる。

 

おおらかな日本人男性と優しいドイツ人に安心しながら、ドイツ人の仕事の話などを聞いてみた。


「来月にはシンガポールに行くんだ」

そう聞いた瞬間、さっきのシンガポール人のトラウマが蘇り、
じんましんが痒くなった。

 

本当に申し訳ないけど、終始ボリボリ体をかいていた私。
相当オヤジくさかったと思う。

あぁ、思い返してもじんましんが出る…泣
かきすぎて絶対跡が残るわぁ。歳なんだから涙

 

「何飲む?」って、優しくインド人が聞いてくれた。

ビール!!ビールを一気飲みしたい!!!
なんなら、ビールで体を洗い流したいくらい

 

ここのバーカウンターはキャッシオン方式。

つまり、最後にまとめてお会計ではなく、オーダーのたびに代金を支払うということです。

 

インド人が私の分までお支払いしてくれた♡

ありがとうございます!!

 

ここで一つ豆知識なんだけど、
この時ドイツ人は、自分のゴールドカードをスタッフに預けてたみたい。
つまり、「オープン」にしてくれたってこと。

オープンって何?って?
それは、カード預けるから頼んだら勝手にカード切ってねってスタッフに預けること。

だからチェック(お会計)がクローズってことだね。
これは私もその時知ったんだけどね、アラサーひとつ賢くなりました!

 

そしてストレスを振り払うかのようにビールを一気に流し込んだ。

嫌なことの後のビールはうま~い!!

 

色々話してく中で、新年の豊富?みたいな話になった。

私はすかさず答えた。

婚活頑張る

一瞬、その素早い回答に、場の空気がついて来れていなかった。

一瞬凍ったような空気になった。

次に、「どんな人が好き?」と質問されて

「お金持ってる人!」と即答

さらに空気が凍ったかのように感じたが、

この二人は本当に器が広くて、「お金は大事だよね~」と余裕を見せて笑ってきた!

 

それもそのはず!彼らの職業は、

・インド人が金融系のシステムエンジニア
・日本人が外資系金融

つまり、外資系エリートってわけ!

そりゃ余裕があるのも納得!

 

やっぱり、六本木ヒルズのリゴレットには、外資系企業エリートが多くいることは間違いなかった!!

 

インド人の方は私に興味を持ってくれたようで、その後色々と質問された。
僕の家は六本木でここから近いよっていう謎の情報もいただいた。
行かないよ?

 

【第三の白人現る】

六本木リゴレット

和やかに3人で過ごしていた時、

急に白人が割り込んで声かけて来た!

 

彼の名はテッド。

「赤ワイン飲める?」って聞かれて、

「飲めるよ」と答えたら

「なら可能性あるね」とテッド。

可能性あるねってなんだよ!上からなんですけどwww

 

赤ワイン飲める人と、優しい人が好みなテッド。

可能性ないから!って意味で、
「私は優しくないよ」と言った。しかし、そんなのは通用せず、ずっと話しかけて来るテッド。

 

すると、インド人とテッドがケンカしたw

 

待って!私を巡る闘い?やめてw

どっちもないから

 

とりあえず、まあまあ~と、その場はおさまった。

テッド退散。
(そのあと懲りずにまた何回も割り込んできたんだけどね)

インド人には、怒らないでとお願いした。

 

 

インド人に聞かれた。「この中で誰がタイプ?」

内心、誰ももいね~よ!と思いながら迷うふりをする。


インド人が一緒に居た日本人を指さして「この人でしょ?」と尋ねてきた。

本人を目の前にして否定するのもおかしな話なので、

「そうだね」と答えておいた。

これは、お・も・て・な・しですよ。

 

すると一緒に居た日本人が言った。

「俺は結婚不適合者だよ。やめといたほうがいいよ」

 


え、なにこの流れ?勝手に振られた?
なにゆえ気を遣った私がふられてんの?!

 

こんな流れ前もあったな。新橋高架下の出会いの時か!

 

さて!そろそろ終電手前。

さすがに金曜日でも終電になると女性の数が減ります。

男性の数はあまり減らないけどw

 

二人にありがとうとお礼を伝え、お店を後にしました。

 


そして…、超余談ですが。

 

すっごく罪深いことをしてしまいました…
でも、後悔はしてません!!

 

 

ビビビと衝撃走ったー、

 

 

うますぎる!

 

豚骨ラーメン!!

 

ラーメン屋に入ったら豚骨ラーメンがうますぎて。

うますぎて、麺が胃袋に入って、麺がなくなるたび切なくなりました。
こんなに求めているのに、もう会えないの?って。


そんなことを考えながら食べてたら作詞家になれる気がした。

そして、
あれ?前職時代に替え歌作ってたよな、広瀬香美のロマンスの神様とかSPPEDの曲で…。
っていうのを思い出した。

いつかみんなに聞かせたい、私が替え歌したアラサーの婚活の歌を。あと、彼氏できないって歌。

 

そんなこんなで、
婚活ではなくデブ活をしてしまいましたとさ。

 

はぁー、いつになったら結婚できるのでしょうか?
うちの父親が悲しみますわ

婚活が本格化する前に全国の出会いスポットに出張レポするから待ってろよ!

 

今度は同じ六本木ヒルズのTUNKにも行きたいな♡

実はリゴレットの前に寄ったんだけど、カウンター埋まってて、カップル出来上がってて出会えなそうだったから出てきたw

 

いままで訪問した出会いスポットは他にもありまっせ~!

ceremony-407153_960_720

>必ず「出会いがある」東京のスポット32選をカミングアウト!

実は47都道府県すべてのスポットも紹介してるから見てください♪

 

高架下の話が出たので、こちらもどうぞ!何気に出会いがあった高架下の体験談です。

新橋高架下

>出会いがある?東京の高架下(ガード下)の飲み屋街まとめ

 

関連記事

オシャレピーポー必見! 東横沿線の渋谷寄りのおしゃれカフェ10選

遊びに行くと言ったら、みなさんはどのエリアに行きますか? 渋谷?六本木?銀座?東京にはたくさん遊べる街がありますよね。 でも、毎回行くエリアは一緒で、そろそろ飽きてませ

港区女子の華金!丸の内OLちゃんの飲み会の実態をレポート

最近港区ハイスペック飲み会は確実に一周回ったなと思う。おひさしぶりです!金融OLちゃんです。  でもやっぱやめられな~い!

不倫のトラブル対応!裁判の知識までカミングアウト

愛人との関係がバレて、トラブルに発展!奥さんもカンカン!離婚すると騒がれている・・・そんな状況の方もいるのではないでしょうか? トラブ

電話占いで運命の出会いを空(くう)先生に占ってもらった体験談

今年のクリスマスも1人だったなー…。お正月も、バレンタインもイベントはたくさんあるのにいつも1人。私っていつまで1人でいるの?そんな不安がよぎった。

刺激的な新宿ゴールデン街!出会いのチャンスがたくさん

名前: Narita 年齢: 28 出身大学:駒沢大学 仕事:会社員 年収:650万今度の休日は、いつもとは違うちょっと刺激的な場所でお酒を飲むのなんていかがですか?実は新