• ビール
  • 地下1F
  • 女3人
  • クラブ

2019/05/13 出会い

ELE TOKYO(エル東京)ってどんなところ?六本木のクラブでの出会いをOLがレポ

六本木や麻布十番にはたくさんのクラブがあります。
クラブに行くと言ったら、六本木や麻布十番という人も多いのでは?

今回はそんな六本木の中でも有名なクラブ「ELE TOKYO」に行ってきたレポートをご紹介します!
服装や値段、ゲストの取り方、アクセスなどの基本情報からVIPの情報までお伝えしていきます!

この記事でわかること
①六本木クラブELEの基本情報
②ELE TOKYOナンパ事情
③VIP情報

ELE TOKYOとは?

ELE

ELE TOKYOは麻布十番にあるクラブ。
V2やMEZZOと並ぶ六本木エリアのチャラ箱。

有名DJがプレイしにきたり、芸能人がお忍びで遊びに来ていたり…など、盛り上がっている印象が強い。
最寄り駅が麻布十番なので、六本木エリアの中では比較的落ち着いていて、年齢層は高め。

社会人になってクラブデビューするなら、絶対おすすめです!

アクセス

ELETOKYO

ELE TOKYOは、外観がとにかくゴージャスかつファビュラス。

麻布十番駅7番出口から徒歩10秒くらいですぐに到着します。
10秒なのでアクセスはとってもいいです。

ファビュラスな交差点の近くと覚えていただくと分かりやすいかと思います。
分かりやすくはないか。

ちなみに、六本木からも歩いて10〜15分程度。
六本木で飲んだ後に向かうのもおすすめ。

住所:〒106-0045 東京都港区 麻布十番1丁目4−5 深尾ビル 1F / B1F
電話番号:03-5572-7535
パーティー予約専用:03-5413-5145 
VIP TABLE RESERVATION (VIP予約専用):03-5545-7727
アクセス:麻布十番駅7番出口すぐ

入場料

女性の入場料は何時に入っても無料。
男性の料金については以下。

[木曜日(22:00~5:00)]
男性:2,000 / 2D
[金曜日・土曜日(22:00~5:00)・祝前日]
男性:3,000 / 1D

もし安く入りたいのであれば、「ゲスト(DJなどから招待してもらってクラブに入ること)」で入るのがおすすめ。
でもDJの知り合いなんていないし〜…って思った人も裏技があるのでご安心を!

twitterで「ELE TOKYO ゲスト」で検索。
DJがゲスト募集してることあるので、その投稿を見つけられればゲストで入れますよ〜!

大体のイベントでDJがtwitterなどでゲストを集っているので、クラブ行く前はチェックしてみよう!
ちなみに、女性もゲストで入ると、ワンドリンクもらえるとなどお得になりますよ。

ドレスコードや服装・IDチェックについて

女性は特にドレスコードはないですが、
男性は短パンやサンダルはNGだそうなので、訪れる際はお気をつけましょう。

女性はドレスコードはないといっても、かなり皆気合い入ったドレス着てる人が多いので、割とちゃんとした格好していかないと浮くかも…?
メンズはほとんどがスーツ!なので難しいことは考えず、金曜の夜にいくならスーツがおすすめ。

また、男性も女性もクラブなので入場時にIDチェックがあります。
行く際は運転免許証やパスポートなどの顔写真付き身分証明書は忘れずにお持ちください!


ELE TOKYOで実際にどんな感じ?

今回は独身街道まっしぐらの26歳の青山マヤがELE TOKYOに行ってきた様子をレポートします!

なんでも事前に調べてみると、
ELE TOKYOは、V2系列だそう。

V2とは、六本木のあのチャラいクラブな

クラブ

なんだかナンパも多そうじゃん? でもチャラいかな? なんてワクワク。

 

さて、26歳アラサー

友達の
アキエ(26歳・建設業
リサ(26歳・コンサル
と一緒にいき勇んでELE TOKYOに向かいます。

女3人
写真は、イメージですw

 

時は、金曜日の24時。

六本木の玉金で激安焼き鳥を食いつつ、今日の意気込みを語り合ったので、鼻息が若干荒かったかもしれません。

ビール

 

六本木から歩くと15分くらいかかります。

期待に胸を膨らませ(実際は貧乳なので物理的には膨らまない)ながら歩いていると結構すぐ着きました。

 

一応仕事帰りのギャルたちだったので、クロークに荷物を預けます。

クロークは500円かかりますので、小銭を用意しておくと便利です。

 

クロークに預けるとすぐに1階のフロアがお目見えです。
まだ24時になったばかりということで、人は若干まばらにしかいません。

盛り上がってくるのは24時を過ぎてから。
人が増えるのを少し待とう。

とりあえず、そんなに人も多くなく酔いも足りなかったので自分たちで1杯目乾杯。
なんでだかクラブに行くと、レッドブルウォッカが異常に飲みたくなるのは私だけ?w

 

 

ELE TOKYOのフロアについて

ELE TOKYOのフロアについてそれぞれ紹介します!

エル東京には、1階、VIPルーム、地下のフロアがあります。

それぞれはこんな感じ。

1階のフロア

ELE TOKYO1階

1階のフロアはそんなに広くもなく、定番の曲がかかりつつ、知らない曲もかかるという感じでそこそこ盛り上がれます。

右手奥のテーブルの席はVIPルームなのですが、早い時間やVIPの予約が入ってない時には女性用の席として解放されています。
早めの時間(23時くらい)でここに座っているとVIPに声かけされることも…。

バーカウンターは一番奥にあります!

1階のフロアを通らないと、地下のフロアに行けないため、メンズは到着したばかりの女性をナンパするのにおすすめ!

VIPルーム

ELE TOKYOのいいところ。それは、VIPルームの多さ!

まず入って右手にVIPルームが並んでいます。
右奥はオープンなVIP(50,000円〜)。そしてその横に個室のVIPルーム(50,000円〜)があります。

中地下(1階と地下1階の間)には地下1階のフロアが見渡せるロイヤルVIP(400,000円〜)も。
せっかくVIPに入るならここが一番おすすめです。

雰囲気は、こんな感じ。

VIPルーム

地下1階には1階と同様、オープンエリアのVIP(80,000円〜)があります。

VIP専用ダイヤルがあるので、検討している人はお問い合わせしてみましょう!

↓VIP予約専用連絡先↓
03-5545-7727
vip@eletokyo.com

地下1階のフロア

地下1F

フロア左脇に階段があり、地下1階もフロアになっています。
地下のフロアがとにかくすごい!!! 

語彙が小学生レベルの私は思わず「近未来か?」と呟いてしまいました。
とにかく綺麗でいるだけで気分が上がります。

そしてフロアも広いので、人も1階より多いので、ナンパするならこっちがおすすめ!


ELE TOKYOのナンパ状況

クラブ

25時を過ぎ、人もまあまあ増えてきました!

ということで、気分がよく曲もいい感じでノリノリになりつつ、ナンパ待ち。

 

金曜ということもあり、

スーツの男性が圧倒的。V2などに比べると割とチャラめな人は少ない感じ

いいぞ!ELE TOKYO!

 

レッドブルウォッカ片手にヘラヘラしていると、
「一緒に飲みませんか?」と、サラリーマン3人組が声をかけてきました。

 

クラブって音がでかいから、距離が近くなる感じとか結構ドキドキしますよね。

話を聞いていると、
メガバンに勤めるアラサー後半集団
激アツ!

 

「綺麗ですね」などの社交辞令を言われながら、乾杯!

ナンパ

本日初テキーラです。

「何で今日来たのか」や「クラブによく来るのか」などの話で盛り上がります。

 

しかし、ここにきてアキエが耳打ちしてきます。

「顔がタイプじゃない」

 

確かにそんなに顔はよくないけど、普通です。

いいじゃん、そんなこと、と思いつつ、言われてみると確かに私もタイプではないかも
と思い直し、1杯奢ってもらい、撒きました。

トイレ行くとか言えば撒けます

 


単独行動、そこで出会った男とは…

クラブ 出会った男

その後もDJブース前で盛り上がったり、
フロアの奥の方でいる人を物色しつつうだうだしていると、

各々いい感じの人を見つけ単独行動に。

いやまあ、大人だしね、そうなりますよね。

 

声かけてきた人のスペックとしては以下。

某繊維メーカー勤務 28歳
某カード会社勤務 32歳

などなど。

ギラギラした派手すぎる人もおらず、マイルドヤンキーのような人も少なく、可もなく不可もなく、な人が多かったです。

 

[男性]
20代後半〜30代前半が多い感じでした。

あまり下品な感じのナンパもなく、普通に会話ができる人が多く非常に好印象。

 

[女性]
もう少し幅広く20代前半〜30代前半というところ。

渋谷などにあるチャラ箱とは違い、どちらかというと落ち着いた雰囲気がアラサーOLにも居心地が良かったです。

 

と、各々貪欲にメンズハントを続ける中、

26歳OL的には、深夜に出歩くということに限界を感じ始める午前3時。

お酒も回り始め、老婆はお眠の時間ですぞ、というか、化粧も落ちてきているし、なんなら眠すぎてほぼ目が開いてない。お顔の方も限界です。

 

これ以上、この醜態を晒すのはもう止めよう、ということで
最後に一緒に飲んでいたカード会社勤務のメンズとLINEを交換し、今日のところは退散となりました。

 

他の2名のギャルについては元気らしく、まだフロアでナンパ待ちしつつ踊り狂っておりました。

 

まとめ

クラブ

ということで初めてのELE TOKYOは、

まだ比較的新しくできたクラブということで、綺麗でファビュラス、クラブにいる人もアラサーOL的には居心地の良い環境でした。

 

チャラ箱というほどチャラくはないですし、だからと言って決して敷居が高いわけではない。

 

痴漢やら変な外人もほぼいないため、安心してクラブが楽しめますよ!

かかっている音楽も流行のものや定番のものが多かったので、クラブ初心者の方でも楽しめるはずです。

 

クラブ処女を捨てるならELE TOKYOでいかがでしょうか?

また麻布十番や六本木にはたくさんクラブがあるため、はしごで向かうというのも楽しいですよ(体力があれば)。

 


後日談

実は、LINEを交換したカード会社の人とは、後日、2対2の合コンを実施しました。

合コン

合コンした結果、そこそこ盛り上がりましたが、それ以上進展なく…という感じでしたw

でもでも!
こうやってクラブでの出会いでも次につながることがある!

出会いを探しているけどクラブに行ったことがないという人はぜひ、ELE TOKYOに足を運んでみてください!

意外と普通の人が多いですよ〜。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
出会いの関連記事
大塚のれん街ではしご酒!焼肉、魚寿司、餃子、焼き鳥!営業時間等の詳細までご紹介!

2018年5月9日にオープンした飲み屋街「大塚のれん街」に行ってきました! 焼肉、魚寿司、餃子、焼き鳥、焼きとん、餃子、たこ焼き、鰻、揚げ物、肉酒場、海鮮居酒屋、そしてスナックまで… 大塚のれん街に揃ってないものはないん...

相席屋に行ってみた!システムやお店の雰囲気って?徹底的にご紹介!

みなさんいかがお過ごしでしょうか。 私は今まで様々な出会いの場に喜び勇んで参加し続けてきました。 しかしそんな私がまだ、挑戦したことがなかったものがあります。 そう、それが相席屋。 この記事でわかること! ・そもそ...

渋谷のんべい横丁!おすすめの焼き鳥から出会いまでご紹介!

渋谷で昭和っぽさを感じられるのが、のんべえ横丁! のんべい横丁と言っても、焼き鳥屋からショットバーまでお店は豊富! 今回は実際にのんべえ横丁には、どんな店があるかを取材してきました! お店のご紹介からどんな出会いが...

渋谷ナンパ企画!アラサー女が渋谷を1時間歩いたら何人にナンパされる!?結果...

渋谷ナンパ企画!やっていくよーーー!!!!笑 っと、実は最初からナンパ企画をしようと渋谷に行ったわけじゃないのです...笑。 そんな急遽ナンパ企画に変更された一部始終も含めてお楽しみください!! 一体何人の男達にナ...

銀座で「出会いがある」スポット20選!出会いがある居酒屋からバーまで紹介!

銀座エリアの出会いスポット20選を徹底紹介! 出会いの聖地「コリドー街」など多くの出会いスポットのある銀座。 大手企業のエリートサラリーマンとも出会えちゃうかも!? 銀座の出会いの場に、バーから、おすすめの出会い系アプ...

エビ横の隣!「私を恵比寿に連れてって Ebisu330BAR」での出会いをカミングアウト!

エビ横がいっぱいで中に入れな〜い!そんな華金の夜…。 「私を恵比寿に連れてって Ebisu330BAR」に潜入取材してきました! 独身アラサー黒バナナ女が男を求めて久々に出会いレポしますよ! 『私を恵比寿に連れてっ...

銀座コリドーの300円バー(スリーハンドレッドバー)での出会い!ナンパと持ち帰りの実態を潜入取材で明らかに!

どうも、お馴染みのアラサーです。訪問OLです。 取材に行ってきましたよ今回もナンパの宝庫に!! 銀座の300円バー   スイッチバーがコリドーにできて300円バーは打撃を受けてる!なんて話を聞いたけ...

渋谷のクラブの楽しみ方5選!初心者向けにカミングアウト!

マキ 年齢:26歳 大学:慶應大学卒業 住居:港区 職業:広告代理店 年収:N/A パリピの聖地渋谷。まさに眠らない街って感じですよね。 いつ行っても人で溢れています。   今回は...

蒲田の必ず「出会いがある」スポット20選をカミングアウト

2017年は住みたくない街1位に選ばれてしまった蒲田。その原因は治安の悪さや、昭和の名残は悪い意味で捉えられているようですが…出会いはあるんです! 一方では「次に住みたい街」にも挙げられている他、アクセスの便利なところや、古き...

銀だこハイボール酒場でサク飲みが最強の理由!持ち帰りからコスパ、出会いについてご紹介!

最近、カミングアウト編集部の打ち合わせ後、「銀だこでサクッと飲んでから帰ろう!」と編集長に誘っていただく。 気を使っていただいているのはよくわかるのだが、別にサクッとじゃなくていい。楽しいし。 なんなら、2時間銀だこにいることよ...