• グラフ
  • スタバ

2018/08/01 出会い

六本木の女を虜にする絶景スポット♡「スタバ」に生息する男子たち

土曜日午前11時の六本木けやき坂のスタバが好き。

そこには、女を虜にする絶景が広がっているから♡

スタバ

理由はひとつ、この時間にここに行けば港区在住のナイスガイを400円程度の拝観料(コーヒー代)で拝むことが出来るからだ。

正午を回ってしまうと、映画デート前のカップルや、近隣のバガブー(オランダの高級ベビーカーブランド)ベビーカーを引いたファミリーによるノイズが混じってしまう。邪念を排除し、マインドフルネス状態で拝むために、午前中に行くことがマスト条件である。

この、決まった条件下でしかお目にかかることのできない奇跡の絶景。私のまわりのアラサー女子達の間であのスタバは「六本木のウユニ塩湖」と呼ばれている。

今回は、そんなウユニ塩湖に生息する男子がどれだけ素晴らしいか、彼らを大きく二つに分けて、その特徴を紹介したい。

ドリップコーヒーをアイスで。ABC男子
最初に言っておくが、この特徴の男子はABCクッキングに通っているもこみち系男子を指すわけではない。
どれだけ金曜日に飲んだくれても、土曜日の早朝からジムで一汗流し、火照った体をクールダウンさせるために、スタバにアイスコーヒーを飲みに来る男子たちである。

彼らは決まって一人でやってくる。ワックスでセットされていない洗いざらしのヘアスタイルをかき上げながら、彼らはひょうひょうとスタバに入ってくる。

ヘアセットをされていない男子の髪型を嫌いな女子はいない。
それは、すっぴんが好きと男子が言う、すなわち無防備な状態を知ることでの異性への征服感と同じと言える。

その彼らの髪の毛の色に名前をつけるとしたら、誰が何と言おうと「アーバンブラック」。
そして、整髪料の力を借りなくともなぜか、彼らの髪の毛はキューティクルという煌めきを保持している。

もうお分かりだろうか、ABC(アーバン ブラック キューティクル)男子はこうして生を受けた。

ちなみに、『ABC男子のNo Moreヘアセット』というヘアカタログが発売されたら、本気で買いに行く。
カタログの帯にはきっとこう綴られている。

「都会的で洗練されていながら、肩に力の入っていない自然体なスタイル。そう、それがABC男子」

赤いランプの下、カウンターに肘をつく。VPN男子

ABC男子の一連の流れで、もう分かってもらえているとは思うが、言っておく。
こちら、社内ネットワークに土曜日の朝からVPN接続する社畜男子を指しているのではない。

VPN男子とは、時代の一歩先を常に見据え、社会の第一線で活躍するビジネスリーダー(候補生も含む)達のことである。

彼らの週末の制服は、白Tである。胸には自分を体現するかのごとくVictoryのVが勲章として輝いている。そう、Vネックである。

グラフ

Vネック白Tは、みんなが認めるモテアイテム。モテたいなら今すぐワードローブに取り入れて。

飲み物が出てくるのを待つ間、いつも彼らはカウンターに肘を置き、TSUTAYA~スタバにかけて店内全体をゆっくりと見回す。彼らの視線が注がれることで、瞬時にそのエリアは彼らの統治下になったのではないかと錯覚してしまうほどその眼光には威力がある。

彼らは、飲み物を片手に、二冊の本をTSUTAYAに取りに行く。一冊はピケティ、もう一冊は日経ビジネスである。

知らない人のために一応説明すると、ピケティ(本名:トマ・ピケティ)とは、『21世紀の資本』著者の、近年もっとも影響力のある経済学者さんの一人と言われている方である。

最初に述べた通り、彼らはビジネスリーダー(候補生も含む)である。一般人からしたら難解な研究文章も彼らからしたら朝飯前なのである。

そして、もう一冊は日経ビジネス。毎週発行のビジネス情報雑誌である。雑誌とはいえ、一般人からしたら『IoTが変える世界』や『MBAでは学べないなんとか式経営学』など堅苦しい内容だと思ってしまう。ただ、彼らはこちらをあくまでもお勉強に疲れた時のブレイク用ヨミモノとして捉えている。

Vネックでピケティと日経ビジネス。そんなハイパー意識高い系男子のことをVPN(Vネック ピケティ ニッケイビジネス)男子と呼ぶのである。

彼らは週末だろうと、基本的にスキを見せることは無い。だが、時折ピケティ、日経ビジネスにもう一冊、男性ファッション誌を混ぜ込む。無機質な彼らのようやく人間的な一面である。彼らも、今年の夏はサマーニットを着ようだとか、足の形が一番きれいに見える膝丈パンツとは、みたいなことを時折考えているのである、なんといじらしい。
さて、2パターンに分けて「六本木のウユニ塩湖」に生息する男子を紹介したが、いかがだっただろうか。

金曜夜に、六本木で繰り広げられる世の中では完全にネタと化したアラサー婚活飲み会。(つまり合コン)
前の晩に飲み会で敗戦しても、それでもなお翌朝、涼しい顔で再度六本木に足を運んでみると良い。そこには、都会に広がる絶景ポイント「六本木のウユニ塩湖」が待っている。

拝観料
お好きなスタバのドリンク一杯
(マインドフルネスで挑むなら、定番商品がベター)
拝観時間
毎週土曜日午前11時が見頃
おすすめ拝観スポット
窓際のテーブル席で、窓側を背にして座る(パノラマ絶景が広がります)
おすすめ人数
1人
(友達と行くと窓側の席の取り合いになるため)


スターバックス コーヒー TSUTAYA TOKYO ROPPONGI店
Addresses

東京都港区六本木6-11-1 六本木ヒルズ けやき坂通り ゲートタワー
Transportation
都営地下鉄大江戸線麻布十番駅 徒歩3分
麻布十番駅から438m
TEL
03-5411-2667
Open
7:00~4:00

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする

出会いの関連記事

日本橋で必ず出会いがあるスポット20選をカミングアウト

日本橋エリアの出会いをカミングアウト! 日本を代表するビジネス街、日本橋。 江戸時代は五街道の起点となり、今なお交通の便利な場所です。 歴史的な名所も多く観光スポットも盛りだくさん。 エリートサラリーマンもいれば、外国人...

大塚の「そばコン」!蕎麦屋の婚活パーティーが人気沸騰中!

大塚で行なわれている「そばコン」ってとは? 東京都の大塚駅にある「大塚長寿庵」、創業40年以上の蕎麦屋で婚活パーティー・合コンが2ヶ月に1度行われていると言うのです。 シンプルに、お蕎麦を食べながら婚活をしましょう!と言うテーマ...

六本木の新感覚バー「MEZZO」に行ってきた!使い勝手良すぎる最強のバーとは?

六本木の新たな遊べる場所や出会いの場を紹介するシリーズ第二弾。 今回はMEZZOに潜入取材した模様をカミングアウト! 港区女子として六本木・西麻布から足を洗い早4年。 占い師に「このまま男遊びを続けたら、お...

神田の高架下の出会いをカミングアウト!OLがはしご酒レポ

今回は神田駅の高架下に行ってきたのでどんなとこかカミングアウト♡ 早速レポートしていくよ〜ん!!!!!     神田の高架下の出会いレポ 前回の恵比寿の立ち飲み屋で出会ったお兄さんと...