恋愛

東京のディスコ5選!50代、60代におすすめのディスコや90年代が感じられるディスコって?

antoine-j-r3XvSBEQQLo-unsplash (1)

「ディスコ」と聞くと最近の世代ではあまり馴染みのない人が多いはずです。
しかし、ディスコは90年代の雰囲気を感じられる場所で、ディスコの雰囲気が好き!という人もいますよね。

また50代、60代でディスコブームを過ごした人にとっては、いまだにディスコが好き!という人も多いです。

そこで、本記事では主に90円年代の文化を感じられるディスコを紹介します。
東京にはまだまだディスコがあり、90年代の文化を体験したい方はぜひ最後まで読み進めていきましょう。

そもそもディスコとは?

東京ディスコ

ディスコとはお店が酒類を提供してDJがお客さん達を楽しませる娯楽施設のことを言います。
大人の遊びとして、社交場で遊びに行かれる人が多く、男女共に盛り上がって楽しむ雰囲気です。

また、店内の内装や音楽を優先した作りとなっていて、単純にDJが流す音楽を楽しみに来る人も中にはます。
営業時間は24時までのところが多く、仕事帰りのサラリーマンでも楽しめる時間帯での営業となっています。

そのため、ストレス発散にも効果的な場所であり、様々な人に愛されている娯楽施設であることは間違いありません。
年齢層は高めになりますが、90年代の文化を楽しみたい学生の方も来られることが多く、慣れてくると場に馴染めるようになるでしょう。

ディスコとクラブの違い

ディスコは「ナイトクラブ」、クラブは「喫茶店・バー」という位置付けになります。ディスコは酒やDJを雇うため、問題が発生した時の責任はお店側にあります。

クラブはレンタルスペースにDJを呼ぶ形になりますので、問題が発生した際にお店側に責任がないことが多いです。
なので、厳密に違いを述べると定義やお店側の責任感が異なるということを覚えておきましょう。

90年代バブルのディスコ伝説

東京ディスコ

ディスコ全盛期と言われた90年代。
そんなディスコ全盛期の伝説と言われるものを3つほど紹介致します。

「こんなことがあったのか」と思うとなかなか感慨深くもなるはずです。
今からでもディスコに行きたいと思う人が多くなるのではないでしょうか。

伝説1:イケイケな女性がボディコンを着るのが当たり前

当時、女子大生やOLが流行った服装がボディコンです。
ボディラインを強調した服装であり、世の男がその色気に悶々としたことでしょう。

もはやボディコンを着ていない女は地味扱い。
90年代ディスコを代表する服装であり、ほとんどのイケイケな女性がボディコンに身を包んでいたことから当時の華やかさが想像できます。

そんな華やかな時代を過ごした女性達は、また当時に戻ってボディコンを着て踊りまくりたいとの声も。

伝説2:ディスコで芸能人と会うなんてことも!?

なかなか出会えないの芸能人という存在ですが、90年代ディスコバブルの時は芸能人がディスコにくるということもかなりあったそうです。
中には当時トレンディー女優として有名だった「浅野ゆう子さんに嫌ってほど出会った」という人も。

郷ひろみなどもディスコで夜な夜な踊っていたという噂も。
ただ、この頃の出没情報は、時間がたちすぎていることもあり、尾ひれがつきすぎていたりもしますが…。

芸能人と出会えるだけでテンションが上がるのが普通ですが、当時は身近に芸能人がいるという雰囲気があったのでしょう。そう思うと、当時はミーハーにもかなり刺激的な時代でありイキイキしていたことが想像できます。

伝説3:ジュリアナ東京はイケイケな人の溜まり場

今の50代60代にディスコの話題をしたら当時物凄かったと聞くのが「ジュリアナ東京」と皆口をを揃えて言います。あの当時のディスコの中でもジュリアナ東京は一線を画すと言われており、イケイケな人の溜まり場とのこと。

毎日のようにタクシーで来る金遣いの荒い人や、お立ち台で下着だけで踊る女性、大勢の来場者などなど今となっては考えられない光景だったそうです。

そんな時代を過ごした50代60代の方は、まだあの頃の雰囲気欲しさに定期的に現存しているディスコに通うなんて人もいます。

 

東京に現存するディスコ5選

90年代ほどではありませんが、今でも東京には現存しているディスコがあります。
数は少ないですが、90年代の文化を感じ取れる貴重なディスコを5つ紹介します。

行ってみたら当時のことを思い出す人や、90年代の雰囲気に高揚する人も出てくるでしょう。

AI club (浅草)

東京ディスコ

浅草の雷門を抜けてすぐ左手にあるディスコ。
今の50代60代が若い頃に聞いていた洋楽が主に流れえうディスコとなっています。

小さな入口からは想像つかない人も多いですが、中に入ると洞窟のような内装になっていてまるで異世界。
当時流行った洋楽も良い感じに雰囲気を作り、80年代や90年代を感じられること間違いなしです!

あの頃の洋楽を当時の雰囲気で楽しみたい方、90年代を感じたい方はぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

住所:〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目18−3
電話番号:03-3841-5458
営業時間:18:00〜23:30
定休日:月曜日
参照HP:AI club

club GHQ (新橋・銀座)

東京ディスコ

銀座のコリドー街にあるディスコで、その土地柄50代以上の方が多く訪れる場所となっています。
90年代の雰囲気を感じるのであれば、毎週水曜日に開催される「Ginza Disco Night」と言われるイベント日に行かれるのがオススメ。

懐かしいブラックミュージックが流れ、50代60代の方々は懐かしさを感じるでしょう。
学生の方々でも90年代の活気ある雰囲気が楽します。

また、月曜日はJポップ系、火曜日はKポップ系など曜日によって流れる音楽が違うのも特徴的です。

住所:〒100-0011 東京都千代田区内幸町1丁目6-5
電話番号:03-6550-9655
営業時間:18:00〜0:00
定休日:なし
参照HP:club GHQ

MAHARAJA (六本木)

東京ディスコ

バブリーで豪華な内装と最先端の街、六本木で90年代のディスコを味わえること間違いなし!
懐かしい選曲で50代60代以上の方々は懐かしさを感じられずにはいられません。

また、90年代独特のセンスある音楽でハマる人も中にはいるのだとか。

そのほか、お立ち台やボックス席といったディスコの重要な要素も再現されていて、行ってみる価値ありの場所です。お店側のホスピタリティも満足という声が続出しているのもMAHARAJAの特徴です。

住所:〒106-0032 東京都港区六本木6丁目1−3 六門ビル 6F
電話番号:03-6804-1798
営業時間:19:00〜0:00 (月〜木) 19:00〜5:00 (金・土) 14:00〜23:30 (日)
定休日:なし
参照HP:MAHARAJA

鶴千 ツルセン (赤坂)

東京ディスコ

金曜と土曜の夜がディスコ化すると評判のソウルバー。
90年代に流行ったノリノリの音楽が楽しめるとの声もあり、まさに90年代の雰囲気を感じたい人にオススメ。

ディスコのように踊る人が多いのも特徴的であり、あの頃を懐かしむ人もたくさんいます。
そんな雰囲気からか、店内に流れるブラックミュージックを聴き朝まで飲み明かすなんて人も。

90年代にタイムスリップしたい人はぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

住所:〒107-0052 東京都港区赤坂3丁目1-11 鈴木ビル
電話番号:03-3583-2207
営業時間:19:00〜21:00
定休日:日曜日
参照HP:鶴千 ツルセン

RGB TOKYO (上野)

東京ディスコ

雑貨の天国とも言われる御徒町にあるディスコ、その土地柄の雰囲気からか90年代の雰囲気を感じられずにはいられません。
毎晩のようにイベントが開催されていて、ノリノリに踊りまくっている人も多数います。

音楽も90年代ものはもちろん、様々なジャンルのものが流れるので単純に音楽を楽しみに行くのも良いでしょう。
心の底から90年代を味わいたい人、あの頃にタイムスリップしたい方はぜひ行かれてみてはいかがでしょうか。

住所:〒110-0005 東京都台東区上野5丁目18-7 モリタビル地下1階
電話番号:03-6806-0639
営業時間:17:00〜23:30
定休日:なし
参照HP:RGB TOKYO

ディスコの楽しみ方

東京ディスコ

ここまで読まれた方はディスコに行きたくなってきたのではないでしょうか。
では、ディスコに行かれる際にどのように楽しめば良いのか以下に解説するので参考にしましょう。

以下のことを頭に入れて楽しめばディスコを思う存分楽しめるはずです。

楽しみ方1:流れている音楽に合わせてダンスを楽しむ

ディスコはDJが色んなジャンルの音楽を流してくれます。
DJが流す音楽を聞きながらダンスを楽しむ人も多くいるでしょう。

そういった人と音楽の雰囲気に合わせてダンスを楽しむディスコの楽しみ方です。

初め慣れないうちはダンスをするのが恥ずかしい人もいるかもしれませんが、慣れていくと楽しくなるので初めは場慣れすることから始めましょう。
場慣れするとダンスを通じて仲良くなる人も出てくるの、ますますディスコが楽しくなります。

楽しみ方2:お酒を楽しむ

ディスコは音楽だけではありません。
お酒も提供しているのでお酒好きの方でも楽しめる場所となっています。

ガンガンに流れている音楽を聞きながら飲むお酒はみんなでワイワイするのに最適な環境です。
また、ディスコにあるお酒は種類も豊富でありビールやカクテル、テキーラなど色んなお酒を飲んで楽しめます。

お酒好きな方と仲良くなるきっかけにもなるので、ダンスが苦手な方はお酒を飲みながら交流をとるなども良いでしょう。

楽しみ方3:出会いを楽しむ

ディスコは交流の場所でもあります。
男女共に色んな人が来られるので出会いを求めている方にも楽しめる場所です。

タイプの男性に声をかけられたら話に応じてあげるなど、楽しみ方は色々あります。
相手もマナーを守って声をかけてくれるかと思わますが、万が一しつこいナンパなどに遭われたらスタッフに相談しましょう。

トラブルに巻き込まれないために、少しでも怪しい方に話しかけられたら話は応じないようにしましょう。

まとめ

ディスコは全盛期に比べてかなり減少していますが、それでも本記事で紹介したディスコのように現存しているところもあります。

90年代の風を感じたい方であれば、ぜひ行ってみるのがオススメです!また、色んな楽しみ方があるので娯楽の幅を広げるのにも最適。

興味を持たれた方は休日にディスコにGO!

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
あなたにおすすめの記事
実録!ティファニーのカクテルパーティーに参加してみた
港区女子が入学希望殺到!「西麻布大学の校歌」が空前絶後の話題に!
飲み会の用語集!新社会人におくる飲み会前に確認したい用語まとめ
飲み友ほしい!吞み助OLが飲み友達の作り方を徹底伝授!これで週末も寂しくない
飲み会でのあるあるネタ20選をご紹介!合コンや会社飲み、大学生の飲み会でのあるある!
東京のカジノバー33選をカミングアウト
大阪のカジノバー!京都など関西のバーまで10選をカミングアウト
東京の関連記事
町田で暇つぶしができるスポット21選!1人or友達と時間潰しできる場所を徹底紹介!
東京あるあるネタまとめ49選!東京人と田舎者と違うところって?
東京のネオ居酒屋20選!インスタ映えするグラスやメニューがある酒場って?
東京のスケートパーク12選!初心者必見のスケボーができるスポットを紹介!
有楽町で暇つぶしができるスポット19選!1人or友達と時間潰しできる場所を徹底紹介!
東京のうんこミュージアムの実態を突撃取材!パワーワード連発!