恋愛

癒しを求める男性心理とは?男性が求める癒しの女性像と、効果的な癒し方を徹底解説

癒しを求める男性心理とは?男性が求める癒しの女性像と、効果的な癒し方を徹底解説

仕事やプライベートで忙しい日々を過ごしていると、心も身体もどっと疲れてしまうことがありますよね。
そんな時「癒しが欲しい…」と思うのは男女問わず自然なことです。

女性は癒されたいと思った時、恋人に会って癒しを求めるのはもちろんのこと、同性の友達と旅行、ショッピング、アロママッサージなど自分を上手に癒せる方法を知っていて、疲れたと思ったら何かしら癒しを求める行動に出ることが多いのではないでしょうか。

しかし男性は主に、恋人や配偶者などの異性に癒しを求める傾向があるといわれています。
しかも癒して欲しいと言葉にできない男性も多く、できれば察して欲しいと考えていることも。

今回はそんな癒しを求める男性心理を分析し、男性がどんな女性に癒しを求めたくなるのか、そして効果的に男性を癒すにはどうすれば良いのかということについて詳しく解説していきましょう。

癒し系女子は男性から求められやすいですし、効果的に癒しを提供すれば男性にとってなくてはならない存在になれるかもしれませんよ。

女性に癒しを求める男性が多いって本当?

女性に癒しを求める男性が多いって本当?

最近、付き合いたい女性の条件として「癒してくれる女の子がいい」と答える男性が増えています。

男性は本能的に刺激を求める生き物であることは確かです。しかしインターネットが発達し、簡単にスマホで刺激を得られるこの時代において、今や刺激よりも得がたくなり、それゆえに強く求められているのが生身の女性からの「癒し」なのです。

女性の前ではカッコをつけたいという男性心理から、なかなか付き合っている女性にも弱みを見せられず、「癒して欲しい」と言えないと言えない男性も多いようです。

そんなカッコをつけたい男性心理を自然に包み込んで、何も言わずに癒してくれるような女性こそが今、一番男性に求められていると言っても過言ではありません。 

癒しを求める男性心理とは

癒しを求める男性心理とは

ではまず、男性が「癒し」を求めるのはどんな心理状態の時なのかを考えてみましょう。

心身ともに疲れている

仕事で責任のある立場を任されていたり、何日も忙しい日々が続いていたりして、心身ともにへとへとに疲れている時、女性に癒して欲しいと感じる男性が多いといいます。

男性はオンとオフ、外の顔と内の顔をきっちり使い分ける傾向があります。

仕事では神経をすり減らして体力も限界で、心も身体も疲れ切っていることを誰にも見せないようにするけれど、その分家に帰れば責任感から解放され、どっと疲れが出て誰かに癒しを求めたくなることも。 

甘えたい

男性は特に大人になってから誰かに甘えることが少なくなるものです。たまには子供のように誰かに甘え、ワガママを聞いてもらい、包み込まれてホッとしたいと思うこともあるでしょう。

また人肌に触れるとそのぬくもりで安心できることもあります。恋人や配偶者などの親しい女性の肌に触れたり、抱きしめられたりすることで、癒されると感じることもあります。

男性にはマザコンが多いとよく言いますが、それは母親のような誰かの無償の愛に包まれることで安心したい、自分の心を満たしたいという気持ちからなのでしょう。

自分の話を聞いて欲しい

男性は承認欲求が強い生き物であるといわれています。つまり「尊敬されたい」「理解して欲しい」という欲求が強く、欲求不満になるとなんだか心細くなったり、イライラしたりと落ち着かない気持ちになることも。

そんな時に誰かに興味深く自分の話を聞いてもらい、「すごいね」「いつも頑張っているよね」という言葉をかけられることで承認欲求が満たされ、癒されたと感じるのです。

気を許せる相手が欲しい

職場や友人関係でついカッコつけてしまったり、見栄を張ってしまったりするなど、なにかと競争しがちなのも男性ならでは。いつも強がってしまい、誰にも弱みを見せられないとどんどんストレスや疲労が溜まることにも繋がります。

しかし気を許せる相手の前だと、ふっと気を緩めてカッコ悪い自分を見せることもできます。競争スイッチがオフになった自分を見せられる相手=癒してくれる人という認識から、カッコをつけなくても良い、心の底から気を許せる関係の女性を求めています。

男性が求める「癒し系女子」とは?

男性が求める「癒し系女子」とは?

男性は癒し系の女性を求めているといっても、具体的にどのような女性なのかわかりませんよね。ここからは男性が求める「癒し系女子」像に迫ってみましょう。

聞き上手

男性は女性に興味深そうに話を聞いてもらうと、「自分の話に興味を持ってくれてる」「自分をわかってくれている」と思いがち。

聞き上手の女性はほどよいあいづちで男性の承認欲求を満たしてくれますし、男性も「もっと話して自分のことを理解して欲しい」と思い、気を許して話すことができます。

男性は話せば話すほど心を開いていく傾向がありますので、聞き上手な女性はすっと男性の心に入り込み、癒しを与えることができるでしょう。

穏やかでいつもニコニコしている

明るくて、いつも笑顔の人と一緒にいると自分もつられて元気がでたり、笑顔になれたりするような気がしますよね。笑顔にはそんな不思議なパワーがあります。

さらに、男性にとって女性の笑顔は特別。女性がそばにいて、ニコニコしていてくれるだけで癒されるという男性も多いようです。

笑顔があれば言葉はいらないといわれるほど、笑顔は癒しに直結しているんですね。さらに穏やかな性格の女性も癒し系の特徴のひとつ。キンキンした声で攻撃的に話しかけるのではなく、癒し系女子はゆったりと落ち着いた話し方で、穏やかな雰囲気をまとっていることが多いでしょう。

包み込むような優しさがある

傷ついたときや、全てがうまくいかずに行き詰まってしまうようなとき、自分を包み込んでくれる優しい存在にそっと身を委ねたくなるのはきっと誰しも同じですよね。

また子どもが母親に抱く気持ちと同じように、恋人や配偶者といった近しい関係の女性にも母性や優しさを求める男性もいます。

ワガママで男性を振り回すような小悪魔的な女性も魅力的ですが、癒しが欲しい時にはやはり一緒にいて安心できたり、ホッとひと息つけるような雰囲気づくりをしてくれたりするような女性が求められるでしょう。

疲れた時に労わってくれる

仕事でくたくたになって帰ってきたとき、何も言わずにそっと温かい食事を提供したり、マッサージをしてくれたりして労わってくれる女性も癒し系であるといえます。

女性からの「おつかれさまでした、今日もよく頑張ったね」という言葉に癒されるという男性も。

心身ともに疲れ切っているとき、空気も読まずに自分の話ばかりしたり、帰りが遅いと文句を言ったりする女性ではなく、ただ寄り添って労わってくれる女性に会いたくなるのは当然ですね。

女性らしい

女性らしさ、男性らしさの定義は人それぞれですが、女性特有の、身体の柔らかな曲線やふっくらとした肉感に癒されるという男性も案外多いものです。

また女性のさらさらとした髪や、しっとりと滑らかな肌に触れたり、身体から漂う良い香りを嗅いだりすると癒されるという男性も。

人肌に触れると安心しますし、男性は女性と一緒にいることで、五感すべてで癒しを感じようとしているんですね。

男性が喜ぶ癒し方を知ろう

男性が喜ぶ癒し方を知ろう

男性が癒しを欲しがっているとき、どのように振る舞えば効果的に癒しを与えることができるのでしょうか。男性に喜ばれる癒し方について調べてみました。

黙って寄り添う

男性が疲れているときや、傷ついているように見える時は「どうしたの?」「何かあったの?」という質問責めをするよりはただ黙って寄り添っているのが良いでしょう。ひどくプライドが傷ついた時などは、自分の気持ちを整理するのに時間がかかるものです。

男性が話したい、聞いて欲しいと思うようになるまでただ様子を見て、相手のペースを尊重しましょう。

男性が話し始めたら、きちんと向き合って聞く。そうすることで男性は「自分のことを大切に思ってくれている」と思い、癒しを感じます。

男性を肯定する

男性は承認欲求が強く、自分のそばにいる人に自分を肯定してくれることを望みます。

「〇〇くんはいつも頑張ってる」「すごいと思うよ」という言葉や、何か問題が起きた時は「〇〇くんは間違ってないと思うよ」と自分だけは味方でいることをアピールしましょう。

どんな時でも自分の味方になってくれる人がいれば心強いですし、「この子のためにもっと頑張ろう」とやる気が出ることも。

万全の受け入れ態勢を整え、自分は男性の一番の理解者で、何があってもそばにいると伝えましょう。

頭を撫でる

大人になってしまうと、誰かに頭を撫でられることは少なくなりますよね。頭に触れる、優しく撫でるという行為はそれだけで相手に安心感を与えます。

そばにいてくれる女性に癒しを求め、小さな子どものように甘えたくても、恥ずかしさが邪魔をしてなかなかそれができない男性もいます。まずよしよしと頭を撫でて、甘えても良いのだという意思表示をしてあげましょう。

手料理をふるまう

男性を落とすには胃袋を掴めと昔からよく言いますが、案外それは間違いではありません。女性が自分のために手料理を振る舞ってくれるというのは、男性にとっては特別なこと。

美味しい家庭料理や、男性の好きな食べ物をリサーチして、身体の中から癒してあげましょう。男性のふるさとのお料理を勉強しておくのもおススメ。懐かしい気持ちになり、心も癒されます。

男性は凝ったオシャレなお料理よりも、実家でお母さんが作ってくれていたような、食べ慣れていて安心するようなものを好む傾向があります。

お料理が苦手な女性でも、基本的なことさえ押さえていればOK。自分のために頑張って作ってくれたと思えば男性も喜びますし、気持ちがこもっているお料理であるというだけで癒されるという男性も。

マッサージやアロマを使う

疲れている時はすぐマッサージに行く!という女性も多いのではないでしょうか。身体を優しく触られて、コリをほぐされると血行がよくなり、リラックスして心も身体も温まりますよね。

男性が心身ともに疲れていそうなら、ベッドやソファで男性にマッサージをして、疲れを癒してあげるのも良いでしょう。リラックス効果のあるアロマを焚いたり、部屋の照明を暗めにしてそのまま眠れるようにセッティングしたりするのもおススメ。

居心地の良い空間だと感じると、人はそのときの心地よさをなかなか忘れられないものです。疲れているときこそ会いたくなるような空間づくりを心がけましょう。

連絡が途絶えても責めずに待っている

仕事が立て込んでいて毎日帰りが遅くなるなど、疲れすぎると気持ちに余裕がなくなり、なかなか彼女に連絡ができないことがあります。

男性は基本的にLINEやメールはただの連絡ツールとして使用していることが多く、女性ほど連絡をすることに重きを置いていないことも。用事があればLINEやメールをして、急用ならば電話、という使い分けをしている男性も多いでしょう。

男性が忙しそうにしていて、連絡がなかなか来なくなったとしても、「なんで連絡くれないの?」「もしかして浮気してる?」などと連絡しまくるのはNG。気持ちの余裕がない男性を、さらに追い詰めてしまうことに繋がります。

連絡があまり来なくなっても、男性を信じて待っているという姿勢を崩さず、連絡が来れば「忙しそうね、大丈夫?」「連絡をくれてありがとう」と労うようにしましょう。

まとめ

カフェで手を握り合うカップル

男性は察してちゃん。「疲れたから癒して!」と癒しを自発的に求めるというよりは、「癒して欲しいな」と思う時は、なんとなく甘えたそうにしていたり、ボディタッチが増えたりといったように微妙なサインを発しています。

癒し系女子になるためにはそのサインにいち早く気付き、男性が求める癒しを与える女性になることが大切。「ちゃんと気づけるかな…」と不安に思う女性もいるかもしれませんが、普段から彼の様子をよく見ていれば、きっとそのサインにもすぐ気づけるようになるはず!

まだ恋人関係ではなくとも、気になる男性の癒しポイントを押さえていれば、いつか彼にとって特別な女性に昇格できるかもしれません。それほどに男性にとって癒し系女子はなくてはならない存在なんですね。

彼から必要とされる女性になるためにも、万全の受け入れ態勢をとり、普段から相手の心も身体も癒せる準備をしておくと良いでしょう。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
あなたにおすすめの記事
「忙しいから会えない彼氏」の実態!一体エリートの彼は何してる?
理系はダサい?大学学部の女子受けランキングを紹介!
早稲男VS慶応ボーイ:付き合うならどっち?7割が・・・
【彼氏にしたくない大学?!】現役JDが語るランキングの実態!理系学生がモテるには…?
〇〇大学出身の女子の特徴とは?青山学院大学出身の女子は、飛び道具キャラ!
東京男子VS地方男子!恋愛して付き合うならどっち!?
付き合う前のエッチは脈なし?男性100人の実録でカミングアウト