2018/02/09
恋活・婚活

街コンへ潜入取材!アラサー女子が体験談をカミングアウト

冬も本番。

ということで街に出ればイルミネーションがキラキラと輝き、テレビをつければクリスマス限定ジュエリーの宣伝、スマホを見ればどこもかしこもクリスマスなコンテンツで一色…。

974b18a0674d7af558e949bbbb834293_s

一体独り身のわしの居場所はどこにあるんじゃ…? 

と、ついこの間まで夏気分だった私は取り残されたような気分です。

 

 

さてそんな時に、東京で一番輝く編集部ことカミングアウト東京編集部より、

「街コンの取材に行ってきてよ!」との連絡が。

サンシャイン

なるほど、原稿も書けるし、出会いも見つかるしこれは一石二鳥と、ルンルンで街コンに行くことになりました。

 

意気込みだけは立派ですが、そもそも街コンの探し方がわからない私。

 

「街コンってどうやって探せばいいの…? わからないよお、ふえええ」

と一人寂しく家で萌え声でつぶやいたところで

Siriくらいしか助けてくれません。

飼い主に従順なSiriちゃんが「ワカリマシタ、マヤさん、街コン、ノ検索結果デス」と教えてくれたのは、

街コンポータルサイト「街コンジャパン」

 

スクリーンショット 2017-12-09 13.59.29

 

ありがとう心の友よ、とSiriにお礼を言い、早速サイト、ガン見します。

 

「恋活」、「一人参加」、「初心者」などなど色んなジャンルごとに街コンが探せるようになっています。色んな街コンがどうやら世の中にはあるよう…。どれにしようか迷ってしまいます!

アラサー女子が街コン潜入取材をカミングアウト!

しかし、街コンジャパンには検索ボックスが付いているので、それを元に検索すれば自分が行きたい街コンの情報が探せそう。

ということで、「善は急げ」がモットーな私は、
早速今日東京で開催されている街コンについて調べてみました。

 

今日行ける街コンは4種類ほどあるということです。

昼に開催されている昼コンと、夜に開催されている夜コンでそれぞれ2会場あるということでした。

今日思い立って、今日行けるとか、これ頑張れば毎日出会いの場に行けそうやん…。

 

昼間はあいにく仕事なので、夜の街コンに絞ることに。

私が行けるのは、
「テラスで街コン」と「アクアリウムキャンドルナイト」
のどちらかでした。

テラス アクアリウム

いや、この季節、テラスはきつい…ということで、消去法で「アクアリウムキャンドルナイト」に。

 

なんだか怪しげな響きですが、一刻も早く出会いを探さないと、このまま一人で凍え死ぬことになるので、迷っていられません。

 

しかし、サイトを見ていると不安な文言が…。

wanted

 

「男性大募集! 男性が足りていません! 女性に寂しい思いをさせる気ですか?」とほぼ脅迫の手口で男性がウォンテッドされているw

そんなに男性足りてないって大丈夫なのか…? と一物の不安を抱きながら、まあ行ってみないことにはわからないからな、と

とりあえず応募。

 

料金について

なんとここで耳寄り情報なのですが、街コンジャパンから街コンに応募すると、このサイト内で決済を行うことができます!

クレジットカード

クレジットカードで支払い可能で、ぽちぽちと必要な情報を入れ込むと決済完了。いちいち会場でお金を払わなくていいというのは非常に便利!

 

ということで、今日の出会いを楽しみにしながら夜を待つことに。

 

ちなみに参加費ですが、男性と女性では金額が違います。

今回私が参加した街コンは、女性が約1,000円、男性が約7,000円という料金設定。

他の街コンもだいたい男性が多く払い、女性は少し、というものが多いようです。

男性のお金が割と高めなので、本気で出会いに来る人しかいなそうな予感。俄然やる気…!

 

中には「年収1000万円以上の男性のみ!」「男性は医者のみ!」というハイスペックな男性との出会いに特化した街コンもあります。

エリート

そうした街コンは女性が料金を多めに払う、という案内が多くなっていました。

 

街コンに参加!

会場に指定されていた青山の会場を目指すと、人だかりが…。

 

え…なんか女子アナ系のキャピキャピOLが多い…! 

 

普段そんな女子たちと無縁の場所で働いている私、もはや震えています。

 

そんなキラキラ女子たちにたじろきながら、トラップ発生!

先ほどウェブで決済した1,000円しかかからないと思っていたのですが、クローク代として500円徴収されるそう…。

もちろんクロークを使わなければかからない費用ですが、コートや荷物を考えると預けざるおえません。ん〜ちょっとセコイ…と渋々500円払い、会場に入ります。

 

そして会場に入るや否や流れるsuchmosの『STAY TUNE』。

「お、おう…」と思わず呟いてしまいました。キラキラ女子たちと流行のサウンドにこの時点で相当萎縮気味な私。

こんなことに負けてたまるか! と、

中島みゆきの『ファイト!』を脳内BGMとし、乗り込みます。

 

会場に入ると係りの人がウェルカムドリンクをどうぞと、ドリンクが並んだカウンターへ誘ってくれます。

一応この日の立て付けが「スパークリングワインを飲んで仲良くなろう⭐」ということだったので、スパークリングワインをチョイス。

 

ドリンクを取ると、再び係りの人が席に案内してくれます。

小さなスタンディング用のテーブルにはすでに男性一人と女性一人がいました。

 

ちなみに会場の様子はこんな感じ。「アクアリウム」ということで申し訳程度に魚が泳いでいます。

IMG_4205

 

ここでプロフィールシート的なものを渡され、書くようにと言われます。このシートはマッチング欄もあって、出会った男性についても色々と書く欄があります。

アラサー女子が街コン潜入取材をカミングアウト!

ふと、会場を見回すと「あれ…? 今日って男性が足りてないんじゃなかったっけ…?」と疑問に思うほど、めちゃくちゃたくさん男いるやん!!! 明らかに女子よりいるやん!!! これは出会いのチャンス! と上がるテンション。

 

よっしゃーと頑張って「デートで行きたい場所」などの項目を埋めていきました。

 

男性と会話

ある程度書き終わると、同じテーブルの女性が「同じ年ですねー!」と話しかけてくれました。優しそうな女の人でよかった。名前はカナさん。

カナさんが男性にも話しかけてくれ、会話をし始めます。

 

同じテーブルの男性は35歳の佐々木さん。佐々木さんは理系のエンジニアコンサル的なことをやっているそう。関西弁で親しみやすい感じで会話も盛り上がります。

途中できたホテルマン(25)も交え、たどたどしいながら、出身地や住んでいる場所、職業の話などで盛り上がります。

 

すると、

キャンドルナイトなのに、突然消えるキャンドル。

私たちの出会いの炎も消えてませんかね…? 大丈夫ですかね…?

 

 IMG_4206

 

消えたキャンドルとともに私たちの会話も収束してしまいました。暗雲立ち込めてるけど大丈夫か…?

と不安に思っていると、

ここでニューカマーが私たちのテーブルへ。男だぞ…。

ていうか、あれ…? 外人…?

 

そうです、私たちのテーブルに来たのはブラジル人のフェリペさん。

どうしよう、英語が必要なんて、応募事項に書いてなかったぞ…

と焦っていると

「何すればいいの?」

と、フェリペさん。

ていうかめちゃ日本語しゃべれる。漢字もめっちゃ読める。なんなら漢字もめっちゃ書ける。

 

私が唯一しゃべれる英語「ハロー」と「ナイストゥミーチュー」なんか必要なかった。ということで気を改めて、日本語でカンバセーションする私たち。

 

さすが外人。今日の仲間たちとシェイクハンズ。

5559962fcdb6786276cc9cea033c402a_s

今日って国際交流かなんかだっけ…? と錯覚したところで、司会のお兄さんが「何名か遅れている方もいるのですが、早速今日のキャンドルナイト始めたいと思います!」と今日のルールを説明してくれます。

 

ルールはこんな感じ

ルール

1.女性は今のテーブルにずっとステイ、男性が15分間隔で回ってくるのでお話しする。

2.話した印象を印象をシートに書き込む。
ただテーブルが小さいのではっきり「○×」などを書き込むと相手に見えてしまうので、男性は男性に、女性は女性にしか分からない記号を書き込んでいく。

3.最後にマッチング欄があるので、今日一番良かった男性や女性を書き込み、両思いだと最後に発表される

4.出会った相手とのライン交換などはご自由に。

 

ということでした。

 

結構きちんとシステム化されていて、なんだか要領よく出会えそうな予感。

 

1組目の男性達

ということで1組目のマッチングは、先ほどからテーブルにいる3人の男性。

ある程度すでに会話はしているので、そのまま会話を続行していると15分経ち、最後にラインの交換をし、お別れ。

 

司会のお兄さんが「それでは席チェンジお願いします!!!!」という合図とともにぐるぐると回り始める男性たち。

 

こういう光景どっかで見たことあるぞ…んっと…なんだっけ…

あ!!! そうだ!!!! 回転寿司だ!!!!

アラサー女子が街コン潜入取材をカミングアウト!

 

そんなことを考えていると、次は3人組が私とカナさんの前に現れました。

 

2周目の男性

3人を文字にするとこんな感じ。

・小さいイケメン
・サンボマスター
・海人

 

なんでも3人は社会人フットサークルの仲間だそう。

プロフィールシートを交換して軽く自己紹介をしながら会話をしているんですが…。

 

「何系のお仕事されているんですか?」

海人「公務員です!」

「へ〜どこで公務員されているんですか?」

海人「〇〇区です」

「そうなんですね〜」

サンボ「ていうか俺、LINEスタンプ作ってるんすよ!!!!!」

「えー! すごい!」

海人「(無言)」

 

サンボが喋るたびに止まる会話。不快感をあらわにする海人。

 

え…ごめん…仲悪いの…?

 

サンボと会話をしつつ不快感をあらわにする海人にも会話を振る、という明石家さんまもびっくりなトークテクニックで場を切り抜けます。ていうか海人、サンボのこと嫌いすぎやろ…。

 

一緒に来たならせめて仲良くあれぇ!!!!

 

と思わず私の中の三四郎小宮が疼きそうに…。

 

ていうか、なぜ一緒に来た…?

 

そんな海人とサンボの仲を取り持っていたらあっという間に15分。出会いの場で使う神経とは別の神経がすり減りました。

 

3周目の男性

また回転寿し形式で回って来たのも3人組。

 

・工場長
・美容師
・船会社

 

というメンバー構成で、3人とも今日が初対面だそう。

私は工場長と美容師と話していきます。工場長は、食品の工場で働いていて、学生時代に通っていたキャンパスと工場が近いこともあり、その話で盛り上がります。

その間、美容師は終始無言でニヤニヤしてるだけ…。最後に「ハーフですか?」という謎の一言…。

ていうかめっちゃ怖いんですが!!!!

去っていく美容師。恐怖に震える私。あれは一体なんなんだ…? と戸惑っていると再び男性が私たちの前に現れます。

 

ぐるぐると回ってくる彼らと15分間マシンガントークしながら印象をシートに書き込んでいく…。これをこの後3組ほど続けました。一つ確実に言えることは、

 

うん…とっても疲れる…。

 

とすべての男性と話し終える頃には、息も絶え絶えでした。

 

第一印象の結果

最後の組の人と話していると司会のお兄さんが喋り出します。

 

「それではここで、異性から書かれた印象の記号のネタバラシを行いたいと思います!!!!」

 

そうだそうだ、そんなものもあったね…ともはや遠い目。

 

女性は

クマ 
「お友達から始めましょう」

クマ

 

・ウサギ
「あなたのことがとっても気になります」

うさぎ

 

・イヌ 
「もう少しお話ししてから」

いぬ

 

男性は

・リンゴ
「お友達から始めましょう」

りんご

 

・チェリー
「あなたのことがとっても気になります」

さくらんぼ

 

・オレンジ
「もう少しお話ししてから」
 

 

ということだったそう。男性のシートがチラッと見えたのですが、ほとんどの女性が印象欄に「クマ」を書き込んでいました。私もすべての男性にそう書き込みました。

 

まあ確かにそれが一番当たり障りないもんね…

 

と納得しつつ、カナさんと私のシートをお互い見せっこします。どちらも男性から書かれた印象は結構バラけていました。男性は結構ガチで印象を書き込んでいるようです。

 

マッチング

最後にシートの一番下にあるマッチング欄にこの日一番良かった異性を書き込んでください、とお兄さんから案内があります。

 

ただ、すごく狭いスタンディングシートで最後に私たちの席に来た男性がいる状況で書き込むのって相当やりにくい!!!!

私は結局何も書き込まずに提出してしまいました。

 

しばらくすると結果発表の時間。

私は何も書き込んでいないのでマッチングすることもないな、と思い、気楽に聴いていました。

 

ていうかマッチングなんてありえるの…?

 

と思っていたら9組ほどのマッチングが成立したと報告が。

誰と誰がマッチングしたか、発表され、マッチングした二人は前に出てくるという方式。

ガチだ…と改めてビビってしまいました。

 

でも結構ちゃんと出会おうと思うと出会えるもんなんだなーとこうした場で初めて気づきます。

 

会場の時間もあるため、マッチング成立の発表があるとそそくさと外に出されます。

多分いい感じになった人たちは、この後飲みに行く、ということもあるのでしょうが、今回は特に収穫がなかった私は席が一緒だったカナさんと駅まで歩きながら、サンボの話で盛り上がりました。

 

まとめ

男性との出会いはありませんでしたが、こうやって女の友達に出会えるというのもこうした場での楽しみでもありますよね。

 

今回は街コン初体験だったため、特に収穫などはありませんでしたが、大体要領はわかったので、これからまた別の街コンに行ったら新しい出会いがありそう!

街コンの数自体も相当開催されていますし、暇があったらまた行ってみようかな、と思った次第でした。

 

今度こそ絶対いい男と出会うぞ! と気合を入れて青山の街を後にするのでした…。

合わせて読みたい潜入記事

>ゲイバーに行ったら店が爆発した話!新宿2丁目を実録レポ

関連記事

和歌山で必ず出会いがあるスポット20選をカミングアウト

和歌山で出会いがあるスポット20選をカミングアウト!自然な出会いの場所から、逆ナン・ナンパスポットまで♡  こちらもおすすめ  ・出会い系サ

シングルファザーの苦悩と実態。最適な再婚相手は?

またもや登場!バツイチ子持ち再婚ライターです。 離婚が珍しくなくなった世の中、シングルマザーも珍しくなくなりました。しかし、シングルファザーはまだ珍しい!!

婚活サイトの攻略法をカミングアウト!あなたのネット婚活を添削

ミキ 年齢:24歳 大学:聖心女子大学卒業 職業:ニコン事務職 年収:400万 住居:リアルは三茶、ネットはアプリ。   〜 女が語る、恋活・婚活講座

本当にハイスぺ祭り?東カレデートの体験談をカミングアウト

ミユキ 年齢:27歳 住処:大井町 職業:メーカー人事5年目 大学:青学東カレデート審査通過率30%!!厳選な投票の元決まる入会審査! ハイスペック男性と美

長崎で必ず出会いがあるスポット20選をカミングアウト

出会いシリーズの長崎県編~!!東京から始まった出会いスポット紹介が、日本全土に拡大中です。自然な出会いから、ナンパスポットまで♡素敵な出会いを探しに行きましょう!!