• つまむ
  • キメ顔の男
  • ぶれる男
  • ガシガシ

2018/09/01 夜遊び

気持ちいい手マンを女がカミングアウト!男性は勘違いしている

気持ちいいエッチをしたい男性と女性のために送る!!

今回は、気持ちいい手マン

たまにはいつもか?エッチなお話しをして行きましょう。

 

女 下着

 

男性はAVの見過ぎだという話は、クンニの記事でもしていると思います。

AVの影響を受けて、手マンがオーバーになっていませんか?

 

アンケートをもとに、女性が本当に感じる手マンを紹介していきます。

男の人にはなかなか言えない、彼氏のことを好きだから傷つけたくない…。いろいろな理由で本音を言えない女性が多数います。

女性の気持ちを代弁し、よいエッチをしてもらおうじゃないか!!

 

女性たちへアンケート

では、さっそくアンケートから見ていきましょう。

手マンが痛かった経験はありますか?

Yes83%

No14%

わからない(未経験含む)6%

 

痛い思いをしたという方がなんと8割以上!

デリケートゾーンなだけに、男性が思っているよりも痛みを感じやすいのです。

 

いったい、どんな痛い思いをしたの??

実際の声を集めてみました。

 

AVの見過ぎ代表!ガシガシ系

ガシガシ

一番多かったのはガシガシ指を出し入れされること。

力任せに中をかき回された、指を一気に突っ込まれて出し入れされた、など、優しくないやり方をされているようでした。

痛い思いをしたと答えたほとんどがガシガシ系の被害に遭っていたと言います。

 

ガシガシ系さん、改めてください。

AVはわざとガシガシしているように見せています。パフォーマンスありき。

女性の中は本当にデリケート。

あんまりひどすぎると中が傷ついて血がわぁ~。

 

女性の本音

いうまでもなく、痛い!!優しくして!!

中がヒリヒリするから二回戦なんてもちろんできません。

 

ガシガシ系さんはここに注意

まずは、ゆっくりと痛いかどうかを確認しながら指を入れてください。

指は最初は1本で様子見。大丈夫そうなら、2本、3本と増やしてください。

入口の部分が擦れると痛いので、指を増やす時に入口もじっとりしているかを確認。

 

濡れていないな、と思ったら一旦手を止めましょう。再度なめるか、クリを触るかして、優しくキスをしてあげるのも良いです。

女性は、雰囲気重視で感じるもの。

優しくされているな、大事にされているなと感じれば、中の緊張もほぐれます。

 

ちなみに、ガシガシすることで痛み以外のことも発生します。

ガシガシやり過ぎて、中が傷つくと、アソコが臭くなります。

「おれの彼女、アソコがくさいんだけど」という時は、男性がガシガシしてしまっている可能性が高いです。

 

 

バイブのように手を小刻みに動かす

ぶれる男

指を入れてブルブルブルブルと、超小刻みに動かす人っていますよね?

体に力を込めて微動の振動させている、あれ。

まさかバイブのつもり?と厳しいご意見をいただいています。

 

小刻みに動かしていたあなた、改めてください

実は、女性はほとんど感じていません。

どこかに当たって気持ちいいわけでもない。なんの技だろう?と頭はハテナマークになっていることが多いです。

 

女性の本音

バイブには勝てませんよ。

振動弱すぎ。もっとちゃんとブルブルして!

とりあえず頑張ってくれているから感じているフリでもしておこう

 

小刻みさんはここに注意

小刻みに振動させるより、きちんとGスポや奥をなぞった方がよっぽど気持ちいです。

Gスポはとんとんと刺激を与えてあげてください。一定のリズムだけでなく、緩急をつけながらなぞってください。

奥へ行く時も、まずは手前の出し入れから始まり、慣れてきたら奥をなぞるといった感じで流れてください。

出し入れをするという感覚ではなく、“なぞる”を意識してみてください。

 

奉仕精神旺盛な複数攻め

キメ顔の男

中とクリ同時など、たくさん感じてもらいたい気持ちは分かります。

確かにたくさん攻められると、刺激が多くて気持ちいいように感じます。

しかし、女性はあんまり複数を攻められるのは好きではないと答えています。

 

複数攻めさん、改めてください

実は、女性は複数は集中だとできない体なのです。

男性とは体のつくりが違うので、男性は大きく勘違いしてしまうのも分かります。

でも、女性の本音は・・・

 

女性の本音

複数同時だと集中しきれなくてイけない。

気持ちが分散されてしまう。

 

複数攻めさんはここに注意

量より質。数にこだわらない方がいいです。

女性は集中しないとイケないという人が多いです。

一か所を確実に気持ちいいと感じさせてあげた方が女性は満足できます。

どこでイきやすい女性ですか?クリですか、中ですか?そのどちらかできちんとイかせてあげれば他に刺激はいりません。

軽くおっぱいを揉む(添える程度に)くらいなら問題はありませんが、乳首への刺激までは要りません。

女性が集中できる環境を作ってあげる方がエッチが上手だと思われます。

 

クリをつまむ

つまむ

今度は中ではなくクリの話。

クリをつまむように触っている男性がいる!と、アンケートで報告がありました。

つままれた経験をしている人はさほど多くないようですが、良い機会なので正していきましょう。

 

つまんでいた方、改めてください

なぜつまんではいけないのかって?

簡単です。痛みを伴うことが多いからです。

 

女性の本音

大きく反応してしまうのは痛いからです

乳首と同じ感覚でつままないで。よりデリケートなの。

優しくされないとクリ腫れちゃうよ

 

つまんでいた方はここに注意

まず、つまむのはやめましょう。つまんで欲しいと要求されない限りは。

乳首よりも優しくタッチをしなければいけないゾーン。強い刺激は痛みへと変わってしまいます。

 

クリは面を利用した方が感じやすいです。

使える面は、パンツと手のひら。

パンツの場合は布が面代わりとなってくれます。

パンツの上からクリを存分にいじりましょう。布一枚を隔てているので、もし強くなってしまってもさほど痛くはないです。

パンツの上から濡れているなと分かったらOK。本当はパンツがぐっしょり濡れるまで刺激を与えてあげた方が濡れ具合が良いです。

ただし、女性によってはパンツを汚されるのが嫌で、脱がせてと要望してくるかもしれません。その時はある程度濡れていれば脱がせてあげちゃってください。

 

面の2つ目。手のひらです。

手のひらを押し当てて刺激された方がイキやすい人もいます。手でアソコ全体を包み、ゆっくりさすってみてください。

もちろん、さする時も優しさは付きものです。

すると、手全体にぬるぬるの液が広がり、良い濡れ具合の中さすることができるのです。愛液でぬるぬるした状態を女性は気持いいと言います。

上に乗るとやりにくいので、横になりながら向き合った状態でさすってください。

 

~番外編~お尻の穴は触らないで

尻

実は、多くの女性の触られたくないポイントに、お尻の穴が挙げられています。

痛い手マンより何よりも、お尻の穴は触られたくない場所なのです。

 

お尻の穴を触る方、改めてください

手マンの後、お尻の穴まで手が下がっていってしまい、女性に「やめて」と言われた経験はありませんか?

男性が思っているより、アナルに興味がない女性は多いです。ほとんどと言っても過言ではないくらいです。

 

女性の本音

アスタリスクは触らないで!!

お尻に指を入れようとするのは絶対にやめてほしい!

アナルに触れた手で私を触らないで~

 

お尻の穴を触る方はここに注意

お尻に指を入れてOKな女性…それは開発された人です。

または、男性が責任をもって最後まで開発するという意志があるなら問題ありませんが、そうではないはず。

多くの女性は開発自体を望んでいません。

男性のみなさんは、自身のおしりにモノを突っ込まれたらどうですか?ゲイでない限り嫌がる人が多いのではないでしょうか?

「安易に触らない」を徹底してください。

 

 

他にできる、気持ちい触り方を探る方法

気持ちいい

女性を満足させるエッチをする方法は、男性が見過ぎなアレ!

AVを一緒に見ることです。

 

「一緒に見ようよ」と女性を誘ってあげてください。

やって欲しいのは、一緒にAVを見て、好きなシーンを言うことです。

AVをわざわざ家で見るのが嫌な場合は、ラブホで「見よう」と誘ってください。

その際は、女性が見て楽しめそうなチャンネルに合わせてあげると良いと思います。

 

すると、分かるんです!女性と男性が感じるシーンの違いが!

 

女性は、挿入に至る過程の中で感じるシーンを見出します。

男性は、挿入シーンが一番好きだという人が多いです。

 

女性が「このシーンはいいね」と言ったシーンを理解するように努めてください。

そうすると、どんなエッチを求めているかを知ることが出来ます。

 

また、「こんなにガシガシやられてAV女優は痛くないのかな?」と感想を言います。
つまり、ガシガシすることは痛いというサインなのです。

 

AVを見ながら本音を語り合えば、好きな触られ方を知る機会になるでしょう。

 

 

テクニックを身に付けたら、あとは愛情です。

女性は感情の生き物。

「好きだよ」という気持ちでイクことが多いです。

 

相手を想ったエッチは気持ちが伝わります。優しい触り方も、気遣いも伝わります。

感情を込めて触れてあげてくださいね。

 

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする

関連記事

雰囲気イケメン!「かっこいいは作れる」その方法とは?

決して顔面がカッコいいわけじゃないのに、なぜかカッコいい 雰囲気イケメン ここ数年で一気に増え渡りました!   その雰囲気イケメンの「かっこいい」の作り方について、 カミングアウト編集部が誇る自称雰囲気イ...

再婚して後悔!連れ子再婚、バツイチ同士など後悔解消法

この記事を書いた人 さやか 年齢:34歳 大学:東洋大学卒業 職業:保険レディ 年収:400万 住居:Secret 一度の離婚経験を経て失敗を活かし、2度目の結婚に漕ぎついたはいいが、しかし!! またして...

女だけじゃない!男もセックス中に演技する!

サンシャイン 年齢:31歳 大学:青山学院大学卒業 住居:西麻布 職業:webメディア担当 年収:1500万   どうも、久しぶりに登場したカミングアウト東京のスーパーエース。サンシャインだ。 ...

デブ専の特徴から出会いまで!デブ専女子がカミングアウト

こんにちは。好きなタイプはサンドウィッチマン・伊達みきお、アラサー未婚OLです。 え? 伊達みきお? あの、伊達ちゃん? ソース   「あー確かに、面白い人っていいよね☆ 性格も良さそうだし☆ 東北の復...

夜遊びの人気記事

合コンでお持ち帰り覚悟!週6回エリートとコンパした私が企業別にカミングアウト

  大手メガバンの丸の内OLのアフター5は合コン。そんな毎日を続けて早7年。 これらはプレミアムフライデーのお陰で、金曜日はダブルヘッターできそう! 彼氏出来ないうちに言ってる間に30歳になっちまったじゃねーかよ...

東京のハプニングバー22選!ハズさないハプバーたち

話題が話題を呼んでいるハプバーこと、ハプニングバーとは? 東京で調査したところ、出るわ出るわ。 上野、新宿から池袋など徹底調査しちゃいました。   カミング編集部でも実際にハプバー行った体験談を掲載したところ口...

渋谷のハプニングバー、眠れる森の美女は狂乱の場所!?

これがハプニングバーの体験談を語ってくれたサンシャインの実際の会員証だ!! 【登場人物】 - サンシャイン カミングアウト編集部のエース。既婚。 ハプバーに行きたい願望を拗らせ男子。 代表作品 「セフレの作り方」...

大阪のハプニングバー11選!ハズさないハプバーたち

大阪は、言わずと知れたハプニングバーの聖地!! 有名店「あ倉庫」「ロマンティック」だけじゃない!やんちゃなミナミエリアに集中しています! なぜなら、女性も積極的な関西は、学生やOLなどの利用も多いのが特徴。 これなら男性は...

オリスパの黒い噂とは?オリーブスパって本当は何するところ?

オリスパの実態をカミングアウト。 最近芸能人関係の週刊誌で「スキャンダルや黒い噂」として出てくる「オリーブスパ」。 実際にオリスパとは何するところなの?と聞かれることがあるので説明しましょう! 健全なマッサージ屋です! 怪し...

名古屋のハプニングバー10選!ハズさないハプバーたち

ハプニングバー略してハプバーが巷でブーム。 ここ名古屋では女性が満足できるようなお店が多い!!初心者も多いことから、始めてでも問題なく楽しめるよう工夫されたお店が多いです。 名古屋のお値段はリーズナボー!! 東京や大阪に比...

カップル喫茶とは?複数プレイの遊び場をカミングアウト

東京上野の有名ハプバーの運営者が逮捕され、話題のハプニングバー。 ハプニングバーと似たようものとして、疑問をもたられるのが「カップル喫茶」 今回はカップル喫茶を、ハプニングバーと比較しながら実態をカミングアウトしていきたいと思い...

福岡のハプニングバー10選!絶対に外さないハプバーたち

今回は、福岡編 ハプニングバーの厳選シリーズ。 男性不足で彼氏ができない福岡女子から、美人とスワッピングしたい男性までどんどんハプバーにパーティーしに集まっちゃってます。 今回は「ブルーステージ北九州」をはじめ福岡で絶対に外さ...

付き合う前のエッチは脈なし?男性100人の実録でカミングアウト

年齢を重ねると、「付き合う」「付き合わない」が曖昧になる。脈なしか脈ありも曖昧になるもの・・。   10代はその境目が「エッチ」となるが、20代後半になると「エッチ」という事実が全くもって付き合ったことの既成事実にはな...

交際クラブとは?東京の高級デートクラブをカミングアウト

今、絶賛素敵女性が余っています!! 嘘のようで本当のお話。 みなさん「交際クラブ」ってご存知ですか。 本当の美女たちに会える『高級交際倶楽部』11選をまとめてご紹介します。   交際クラブとは...