2017/12/10
東京ライフ

愛人とのトラブル事例!法律も絡めた解決策

愛人との関係のもつれや、愛人契約の終わり

こういった場合にトラブルになることはありますよね。

特に金銭が発生している仲だと、ただの事情のもつれ以外のトラブルも生みやすいです。

 

どんなトラブルがあるのか?
特に多かった事例を参考に、解決策も一緒に紹介しましょう。

[case.]
1.愛人からの恐喝
2.愛人契約の返金
3.美人局

それぞれ、解決方法を複数紹介しています。

 

【Case.1】愛人からの恐喝

愛人 恐喝

「奥さんにばらされたくなかったら、1000万円用意して!」

金額はさておき、良く聞くセリフですよね。

 

愛人に多額の手切れ金を請求されたという経験をされている人は多いです。

そして、男性の気持ちの根底には

奥さんにバレずに愛人と別れたい・・・!

という思いが沸いてきます。

 

こちらは実際、お金を払えばバレずに別れられるのですが、他にきれいに別れる方法はないのでしょうか?

解決策を並べてみましょう。

 

解決するには弁護士に相談

弁護士

1人で解決できないな、と思ったら弁護士に相談した方がいいです。

特に不倫問題だと相談できる相手が限られます。

金銭の要求が絡んでいる以上、慎重に対処しないといけません。

 

また、当人同士で解決しようとすると余計にこじれてしまい、シンプルだった問題が複雑化して解決困難になってしまいます。

 

不倫問題に対して長けている敏腕弁護士はこう対処しています。

【対処法】
・女性も訴えられるかもしれない可能性を伝える
・情に訴えかけて処理する
・少しの金額で穏便に別れさせる

 

では、一つ一つ見ていきましょう。

 

■女性も訴えられるかもしれない可能性を伝える

訴える

言うまでもないですが、奥さんにバラすリスクとしては、愛人である女性も奥さんに訴えられるという点です。

奥さんが訴えるのは旦那側ではなくて女性に対しての方が多いです。

むしろお金を請求され絞り取られてしまいます。

そういった話を法的な観点を含めて弁護士さんが話していきます。

リアリティのある事例を用いれば、女性には恐怖心さえ植え付けられるかもしれません。

ひるむことは間違いなく、この時点で思い直してくれます。

キレイな形でお別れをすることも可能です。

 

■情に訴えかけて処理する

慰める

上記の話に加え、情にうったえかけるという点が大きなポイントです。

なぜなら相手は女性。

 

法律だけをただ淡々とひたすら述べていたら耳に入って来ませんし、余計に逆上させてしまう恐れがあります。

「気持ちを分かってはくれないの?」と。

 

そうなのです!

女性の場合は気持ちを汲み取ることが大事なのです!

「わかるよ、つらいよね」という感情の部分を理解しているといった形で弁護士さんが関係性を構築します。

“ただ単に法律に従ってほしいと言っているのでははなく、あなたのためを思って言っているんだよ”というニュアンスです。

このニュアンスが伝われば、話は収束の方向へ進んでいきます。

 

■少しの金額で穏便に別れさせる

金

気持ちを理解しただけではおさまらない場合ももちろんあります。その場合は請求金額を減額するという方向へ動きます。

例えば1000万円の請求だったのを100万円に抑えるなど。

法的観点から働きかけて、妥当な金額を提示します。そもそもの請求額が多すぎる場合は特に下げることは容易でしょう。

相場をちゃんと把握した方が交渉がスムーズです。
>男性必見!愛人契約で支払う金額相場。高い?低い?をカミングアウト

 

解決までの期間

解決までの期間

愛人や不倫のトラブルは解決するまで平均的にどのくらいの期間がかかるのでしょうか?

 

一般的な不倫・浮気の慰謝料請求事案では3ヶ月程度が目安。

ただし、問題の深さにもよるので一概ではありません。

 

愛人からの慰謝料請求の件は、だいたい1ヶ月程度でスピーディに解決することが多いです。

なぜなら、もともとはお互いに愛があるという前提があるからです。

 

こじれそうな難しい話だと予測が立てば、早い段階で相談をしたほうが解決も早くなります。

当事者間で解決しようとすると、間違った方向に問題が進み、かえって問題が膨らんでしまうケースがあります。時間もよりかかってしまうので、早めのご相談が最適です。

 

悩んでいる時間や心的ストレスがかかる時間は短い方がいいですよね。

不倫関係の問題処理は、人間関係も関わるしお金も関わるので、非常に精神的な労費をしやすくなります。

 

解決案(番外編)

法律とは関係のない部分ですが、別れを演出するなら、

別れさせ屋に依頼するのも一つの手です。

 

期間は1ヶ月~2ヵ月半程度でキレイに別れさせてくれます。

不倫相手に他の人を好きになってもらい、意識を他へ向けるということをしてくれます。

そこに関してはプロなので、いくつもパターンや手法を持っています。

 

金額は弁護士に支払うより安く済む場合があります。

着手金 
 25万円~40万円程度

成功報酬
 10万円~110万円程度

※金額はあくまで例です。

難しい問題の場合は記載している金額より跳ね上がる可能性があります。

 

人の気持ちを操る以上、上手くいかない場合もあるので、法律を絡めて解決する方が確実性が高いとは言えます。

一つの手段として紹介させていただきました。

 

【Case.2】愛人契約の金額返済

返金

愛人契約をしていて、女性が「別れたい」と言うケース。っこれも良くあります。

男性が「別れるならお金を返して欲しい」と言い出したのがきっかけで、ひと悶着発生します。

女性がお金を返すことに疑問を感じたり、返せる額じゃないなと思い、弁護士などに相談。

弁護士さんは法律に則り、男性側に対しておかしいと指摘します。

 

なぜか・・・?

以下を見ていきましょう。

 

不法原因給付

民法708条

不法な原因のために給付をした者は、その給付をしたものの返還を請求できない。

 

簡単にいうと、

世の秩序に反するような愛人契約をして、相手にお金を渡しても、後で返還を求めることはできない。という意味です。

 

実際に、愛人契約を結んでお金をもらっていた女性が別れを告げた場合、男性はそれまで支払ったお金を返してもらうことはできません。むしろ返金を求めてはいけないと、民法の規定では説いています。

 

女性に返金を求めても、女性は応じなくて良いということです。

この知識なく、「返金しろ」と言ってしまう男性は多いと思います。

女性の方が一枚ウワテだと、「知識ないな~」とあしらわれてしまうので注意してください。

 

愛人契約は無効

例は色々あるものの、愛人契約の例が一般的に多いと言えるでしょう。

公序良俗違反(民法90条違反)により、愛人契約や妾契約は法的に無効です。

 

まず、そもそも契約無効ということは、お互いに何も請求できません。

男性側からの請求ももちろんだけれど、女性側からの請求があったとしても無効です。

ないものと見なされているのです。

ということは、“愛人に現金を給付していない”とみなされるも同然なのです。

 

返金はされない

問題は、本来、無効な愛人契約なのに、男性が愛人女性に現金を私てしまった多くの場合、

民法の一般原則でいえば、

本当は無効な愛人契約に基づいてお金を女性に渡していたことすら法的な根拠はなく、

女性が現金を受け取る法的な根拠はないのです。

 

では、不当利得として、後から男性に返す義務が生じるのでは?

過払い金みたいなものなのでは??

 

ところが、不法原因給付を定めた民法708条がここで発動!

交わした契約が不法な場合は、不当利得の例外となるのです。

愛人関係が終わったせいで、男性は愛人女性に返金を請求することはできない、ということにしたのです。

これが不法原因給付です。

 

不法なこと(ここでは愛人契約)に手を出した男性に法は容赦しない。

つまり、いくら民事と言っても不法は不法。

法を犯した人間には誰も何も協力してくれません。成功まで逃してしまう可能性があります。

 

【Case.3】美人局(つつもたせ)

美人局

美人局って知っていますか?

実際に、この被害に遭っている男性がいます。

一般的には騙しや脅しの一種。
女性と性的関係に至った後に、女性の恋人や旦那と名乗る人から慰謝料などの名目のお金を取られること
を指しています。

 

実際に、あった話だと、出会い系で知り合った愛人が多く、身体の関係はアリです。

まずは出会い系サイトやマッチングアプリで知り合った相手と流れでホテルへ。

 ↓

ホテルを出た時などに恋人や旦那らしき人物から声を掛けられます。

現場に女性もいるのですから言い逃れできません。もちろん言い逃れできないように恋人らしき人物は待ち伏せしていたのです。女性と待ち伏せ男性はグル。

 ↓

その場で身分証明書を取られ、脅されるのがセオリー。

または、ATMへ案内されてお金を強制的に支払わされたりします。

この時は、世間にバレたくないという思考の方が強く働き、逃げたい一心でお金を払ってしまいます。

 

もともと出会い系サイトやマッチングアプリで出会った女性なので、相手の情報も分かりません。

脅して請求してきた人物が実際の恋人や旦那なのかも分かりません。

そういった被害が未だに後を絶たないのです。

 

被害に遭わない対処法

対処

怪しい出会い系サイトやマッチングアプリを使わないのが一番でしょう。

被害に遭わないようにするためには一番手っ取り早い方法です。

とは言え、現代社会の異性交流において、文化のようになりつつあるマッチングアプリ。

出会いの場の1つとして多くの方が使っていますし、実際に良い出会いに発展している事実があることは分かります。

 

どうしても出会い系サイトを使って出会うなら、すぐにホテルへ行かない方がいいです。

援助交際や、すぐに性的関係に持ち込めそうだと匂わせるような相手を避けるということは自分を守ることです。

 

そもそも援助交際は売春防止法に触れる違法行為です!

相手の年齢によっては条例や児童福祉法などに違反する可能性も浮上します。

 

出会い系サイトやマッチングアプリで知り合った女性と会う場合の注意点は以下です。

【注意点】
・できるだけ人が多くいる場所で会う
・まずはお茶だけにして会話する
・連絡先をしっかり交換する
・相手の素性を可能な限り聞く
・自分の個人情報が分かるものは携帯しない

 

特にどうしても好奇心に負けてしまう…という人もいるかと思います。

この際仕方ないので、その人は特に一番下の項目である、自分の氏名や住所、勤務先などが分かるものは一切持ち歩かないで会うという手段に出てください。ATMのカードも持ち歩かない方がいいかもしれません。

 


安全に愛人探しができるサイトやサービスをまとめています
>愛人が欲しい男性向け!おすすめ交際クラブ・出会い系サイト比較


 

実際に、恋人や旦那を名乗る人が接近して脅された場合は、以下の対応をしてください。

【対応】
・すぐに警察を呼ぶ
・スマホで調べた法律事務所にとにかく電話をかける
・人のいる場所へ誘導する
・大声で話してわざと目立つ

 

だいたいこの対応で相手はひるみます。

そんな余裕のない時には、意地でもその場で合意しない、身分証明書を渡さない、お金を渡さないでじっくり耐えるということをやるしかありません。

とにかく何も渡さない!

 

被害に遭ってしまってからの対処法

警察

実際に被害に遭われた方は多数。

この場合、相手の詳細が分かれば、支払ってしまったお金の取り戻し、または今後の支払を拒絶する方法により、被害を最小限に収めることも可能です。

 

しかし、出会い系で知り合った相手。ほとんど手掛かりがないのが普通。

サイト内でのIDやアカウント名しか分からないといったことがほとんどで、相手方を特定することが出来ません。

相手方はお金を取った後には、アカウントを削除しているのが普通です。

 

まずは、話した内容などを思い出してください。顔ももちろん。

相手の個人情報に関わる情報の確保が重要になります。

 

最低でも、電話番号は聞き出しておく。

電話番号が分かれば万歳です!

調査によって契約者の氏名や契約当時の住所などを取得できます。どこの誰であるか特定することが可能となります。

この場合、弁護士会を通して調査してください。

 

また、名前が分かり、戸籍を調べれば、配偶者がいるのか否かを判断することも可能です。

お金の返還請求を申し立てる時に、必要な証拠として使える情報です。

 

 

※レアなケースでは、刑事事件に発展したケースもあります。

犯行した人らがホテルでの様子をビデオカメラで撮影。被害者の自宅まで尾行し、動画をばらすと恐喝に及びました。

犯行グループが逮捕される刑事事件になりました。

 

下手すれば刑事事件になりかねない美人局。

立派な恐喝罪となりますので、慌てずに対処してください。

 


いかがでしたか?

愛人を抱える男性には金銭が絡むトラブルがたくさん!

あなたの愛人は問題ありませんか?愛人との付き合い方を見直してみて下さいね。

 

愛人が欲しいなら

愛人の作り方!体験談までカミングアウト

 

それでも、愛人が欲しいのが男のサガ。

気持ちはわかります。前向きな愛人の女の子の体験談をまとめました。

彼女は愛人になってお金だけじゃないメリットを感じたのだとか。

>愛人の作り方!体験談までカミングアウト

関連記事

金沢で必ず出会いがあるスポット20選をカミングアウト!

ついに地方都市へも進出。▼出会いの記事シリーズの原点 > 必ず「出会いがある」東京のスポット32選をカミングアウト! カミングアウトのライターさん。 妹が金

モテる男の特徴30選!女が惚れる男の条件をカミングアウト

 モテる男になるためには街を歩けば季節を問わずどこにでもイチャイチャしたカップルがいるものですよね。…でも自分の周りには

福岡のハプニングバー10選!絶対に外さないハプバーたち

今回は、福岡編 ハプニングバーの厳選シリーズ。男性不足で彼氏ができない福岡女子から、美人とスワッピングしたい男性までどんどんハプバーにパーティーしに集まっちゃってます。今回は「ブルーステージ北九

恵比寿でデートディナー14選!若きエリートサラリーマン向け

井上 侑人 年齢:30歳 大学:慶應義塾大学  住居:麻布十番いろんなサイトの「恵比寿デート」15選?20選?を見てきましたが、呆れるほど面白くなかったので、重い腰を上げて皆様に公表すること

上野の新スポット『産直飲食街』に出会いはあるの?ナンパ待ちをレポ

どうも、こんにちは。今日独身の友達から、「元サヤに戻った」と報告を受けたアラサーです。どんどん友達が幸せになっていきます!!私はというと、かれこれ去年の彼氏失踪事件から約1年。