• 顎髭の男性
  • WAY?
  • 逆光の男性
  • 引き出しの中の下着

2020/02/25 アダルト

【まさか彼が…】下着フェチの男性にありがちな言動9選!特徴や3つの対処法を徹底解説

並べられた下着

彼が私の家に遊び来たけど、知らない間に下着を物色していた!
そういえば普段から、上下揃えるように言ってくる…

もしかして、私の彼って下着フェチ!?と感じている女性は案外沢山いるものです。

今回はそんな下着フェチの彼について詳しくご説明していきたいと思います。

これを読めば、彼の気持ちが理解できてもっと仲良しになれるかもしれません。

下着フェチの男性にありがちな言動9選

並べられたパンツ

まずは、一番わかりやすい判断方法として下着フェチの人が発しやすい言動を9つ紹介したいと思います。

あなたの彼氏に当てはまるものはないか、一つ一つ確認していきましょう。

1:下着の色をいちいち確認してくる

レースの下着

男性は、女性特有のカラフルな色合いや、レースやリボンなど男性にはない可愛らしさに魅力を感じています。

それなのに、せっかくの下着が上下バラバラでは可愛さも半減です。

性格面でもズボラに見えてしまうため、下着がちゃんと揃っているかは重要なポイントになります。

2:上下セットじゃないと不機嫌になる

赤の下着

今日は脱がないだろうと思った日に限ってイチャイチャタイムはやってきます。

そんな時に、彼女の下着がバラバラだと男の人は萎えてしまいます。

下着ももちろん2人のセックスを盛り上げる材料になります。
大変ではありますが、彼に会う時は常に下着を揃えるようにした方が良いでしょう。

3:着けてほしい下着をプレゼントしてくる

プレゼント箱

何かしらのフェチを持っている人は必ず、フェチの中でも好みがあります。

下着で言うのであれば、フリフリやリボンなどが好きな人や、色は絶対に白がいいという人など好みも様々です。

しかし、彼女がそんな下着を付けてくれない…そう悩む男性も沢山います。

彼が下着をプレゼントしてきたら次回からは同じような物を選ぶと喜んでくれるかもしれません。

4:好きすぎて自分で女性用下着を着用する

女装

男性用下着は、色も地味だし素材も同じようなものばかり。
ましてや、飾りなんて付いていません。

それが物足りないと感じてしまう男性も少なからずいます。

自分で女性用下着を付けることによって、女性の気持ちになり欲求を満たしているのです。

5:匂いを嗅いだり頬ずりをする

匂いをかぐ

これは特にフェチの中でもしている方やしたいと考えている方が多いものになります。

しかし、売り物の下着や誰のものでも構わないという人は少数で大半は彼女の物だからしたいと考えているようです。

たとえ見かけてしまっても、きっと私のものだからしたいのだと多めにみてあげてくださいね。

6:セックスの際にも下着だけ残して本番へ

下着姿の男女

実はAVでもパンツを履いたままズラして挿れるというのはよくあるのです。

多くの動画があるということはそれだけ多くの男性が望んでいるともいえますよね。

女性からしてみれば気合を入れて選んだ高い下着が汚れたり型崩れをするのは避けたいところですが、偶にはさせてあげると喜ぶかもしれません。

7:使用済みの汚れた下着へ強い執着を示す

ゴミ箱の熊

使用済みなんて汚い!と思うところですが、下着フェチからすれば黄ばんだパンツなんてご褒美にも等しい物です。

お風呂前なんかにこっそり彼女の使用済み下着を物色しているという男性もいるようです。

もしかしたらあなたの彼氏も、こっそりチェックしているかもしれません。

8:中身よりも下着に強く興奮する

黒の下着

実は、グラビアアイドルやAV女優などの写真でも、丸見えのものよりも下着を付けている方が興奮する!という男性の方が多いのです。

下着というのは普段誰かに見せるものではないという、自分だけしか見られない特別感や見てはいけないものを見ている背徳感を強めます。

また、男性がミニスカートを好むように「見えそうで見えない」が好きな傾向にあるのも、下着を付けている方がいい、に起因するのではないでしょうか。

9:黙って彼女の下着を盗んで持ち出す

引き出しの中の下着

彼女のタンスからこっそり下着を取り出している男性も少なくありません。

彼らの目的は、やはり1人エッチのオカズにすることや、使用跡の確認をしているなんていうプロ意識の高い意見までありました。

女性側からしてみれば、自分の下着がそんなことに使われていたらいくら大好きな彼氏とはいえ良い気はしませんよね。

いつもこっそり持ち出す彼氏には嫌だとはっきり言う必要がありそうです。

どうして下着が好きなの?下着フェチの男性の心理と理由

WAY?

では一体なぜ彼らは下着に魅力を感じるようになったのでしょうか?

何をきっかけに、フェチに目覚めるようになるのかは気になりますよね。

下着フェチになった理由上位に挙がる3つの理由をご紹介します。

1:純粋に可愛いくてセクシーだと思っている

下着姿でポーズをする女性

女性用下着には、可愛いフリルがついていたりオシャレな金具が付いていたり色々と装飾が施されていますよね。

男性はエロに目覚めた時点から、そのような可愛い下着ばかりを目にするために「可愛い下着=女性らしさ」と感じるようになります。

女性は実際そんなに常に可愛い下着ばかりを身に付けている訳ではありませんが、先行しているイメージの方が強く出てしまい彼女には可愛い下着を身につけてほしいと考えている人もいます。

2:大事な部分を隠している布という事実に興奮する

胸元を隠す女性

下着姿を見ると、色々な妄想が膨らみます。

乳首は大きいのか小さいのか?色は濃いのか薄いのか?
下の毛はどのくらい生えているの?
と、隠されているほど気になってしまうものです。

また女性としても、水着と下着では同じ部分しか隠していないのにも関わらず水着は見られてもいいけれど、下着は嫌だと言う人が多いのではないでしょうか。

潜在的に下着は人に見られてはいけない物という認識にあるため、その下着を見ることができるという特別感もあるでしょう。

3:愛液など女性の体液に強い魅力を感じている

ミルク

一日履いた後のパンツは、黄ばみが出来ていたり織物が乾いて白いカピカピになっていたりどうしても体液で汚れてしまいますよね。

そんな汚れがたまらないと言う意見が多いのも事実。

男性はあまり性器の形状的にもパンツに黄ばみがつくと言うことはありません。
特にオリモノなんて未知の存在ですよね。

そんな自分にはないという、興味関心から強い魅力に変わりフェチになるというのはよくある話です。

下着フェチの男性の特徴

可愛い下着

下着フェチはどんな人に多く見られるのでしょうか?

大きく分けて、下着フェチは2つのタイプに別れると言われています。

あなたの彼氏も当てはまっているかもしれません。早速見ていきましょう。

1:草食系で今までの女性経験が乏しい

逆光の男性

実際の女性経験が乏しいため、AVやグラビア、アニメなどのコンテンツから得た情報がそのまま女性だと思い込んでいるタイプです。

どちらかというと、可愛い下着が好きというよりも現実の女性が可愛い下着を着ていないという事実を見ないようにしていると言った方が正しいかもしれません。

このタイプは女性経験が少ないために、自分の着て欲しい少し派手な下着をプレゼントしようとするなどちょっと過激な事をしてしまいがちなので、ゆっくり現実と触れ合わせていくと良いでしょう。

2:肉食系でセックスへの関心が高い

顎髭の男性

経験人数も同棲人数も一桁超えのような女性慣れしたタイプも一周回って女性らしい下着が好きになる傾向にあるようです。

やはり、多く女性と触れ合っているとベージュのシンプルな機能性重視の下着などを目にする機会も増えるでしょう。

そうなると、やはり夜の営みの際だけでも可愛くてセクシーな下着をつけて欲しいと思う物です。

彼がこのタイプという人は、なるべく機能性重視の下着を辞めて女子力に磨きをかければ特別扱いしてもらえるかもしれません。

彼氏が下着フェチだった時の3つの対処法

ピンクのもの

最後に「私の彼はもう確実に下着フェチなんだけど、どうしたらいいの?」
という疑問に応えていきたいと思います。

もし、あなたの彼氏が下着フェチだとしても大丈夫。しっかりと予習をして対応できるように備えましょう。

1:見て見ぬ振りをして放っておく

沢山の下着

彼の行為が自分で容認できるレベルだった場合は、見て見ぬ振りをして容認するというのが一番安全な解決法だと思われます。

無理に矯正しようとすれば、お互いの仲に亀裂が入ってしまう可能性も大いにあります。

人間は、本来自分が嫌ではなくても世間一般的に見てマイナスイメージだと嫌だと感じてしまうことがあるようです。

あなたの本当の気持ちを見極めるようにしてくださいね。

2:彼好みの下着を身につけて一緒に楽しむ

戯れる男女

彼好みの下着がわかっているという方は、敢えて下着店で彼が好きそうな下着を探してリアクションを予想して楽しむなども出来ますね。

これならセックスの時のお互いの満足度も上がりますし、あなた自身も彼の好きな下着をつけているという自信に繋がるはずです。

しかし、やはり下着はプライベートな部分ですので自分が少しでも嫌だと感じるのであれば無理をする必要はありません。

余計にストレスになっては意味がありませんからね。

3:どうしても理解できない場合は別れる

ベンチに座る女性

最後の手段ですが、どうしても彼のフェチが理解できないのであれば別れた方がお互いの為にも良いでしょう。

いまは無理をしてなんとかなっていたとしても、今後結婚した時などに不仲になってしまう原因に大いになり得ます。

小さな違和感は、時間経過と共に大きく膨れ上がっていくことが大半。別れるのであれば、早めの方が誠実です。

しかし好きの度合いは違えど男性は基本的に女性用下着が好きですので多少の諦めと妥協は必要になるかもしれません。

まとめ

以上、下着フェチについてのまとめでした。
あなたの彼に当てはまるものはありましたか?

下着フェチというと身構えてしまうかもしれませんが、男性からしてみたらそんなに特別に考えていないという可能性もあります。

一度、彼のフェチについて観察してみたり、話を聞いてみると良いのではないでしょうか。

私の彼は変態なのだと悲観的にならずに、彼と楽しい性生活が送れると良いですね。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
アダルトの関連記事
【男女別】匂いフェチの好む匂い18選!匂いフェチな人の特徴や匂いを恋愛に活かす方法まで徹底解説

「あの人の匂い、いい匂いだな」「マニアックだけどあの匂いが好きだ」とあなたの周りにも匂いフェチの人がいるかもしれません。 匂いフェチの人は香水や石鹸の匂いだけではなく、マニアックな匂いに魅力を感じていることが多いです。 今回は匂...

【おすすめ】小柄なAV女優人気ランキング15選!男性が低身長な可愛らしい女性を好む理由を徹底解説

「自分より小さい女性じゃないと興奮しない!」「小さな女性ってなんか守ってあげたくなる‥」と思う男性も多いのではないでしょうか? 普段から小柄な女性の裸をなかなか見ることができないし、小柄な女性に限ってガードが固い印象があったり...

濡れ場のある韓国映画25選!興奮間違いなしのエロすぎる濡れ場シーンを目撃せよ!

映画を観ていると濡れ場シーンって出てきたりしますよね!? 局部は映っていなくても完全にセックスしている描写が描かれたりしていますよね! テレビ放映されるロードショーを親と観ていて、突然、濡れ場シーンが流れた瞬間に一瞬で気...

【2020年版】AV女優・相澤リナの引退後の現在は何をしている?エロすぎるおすすめ作品10選も徹底紹介

「マシュマロ級の美乳」をキャッチコピーにデビューした相澤リナさん。 その自慢のおっぱいで多くの男性から人気を集めていました。人気を集めたものの彼女はわずか約1年の活動で、AV業界を引退してしまいます。 今回はAV女優・相...

【妄想爆発!】エロいシチュエーション15選!一度はしてみたいエッチなシチュエーションを徹底紹介!

「こんなシチュエーションでエッチなことがしてみたい!」 「ありえないけど、こんなことがあったら暴走してしまいそう……」 みなさんこんにちは。クリスマスが近づきましたが、セックス相手の調達はお済みでしょうか。 突然ですが、「...

50代のセックス事情!SEXの頻度や悩み・性欲まで男女別に徹底解説!

いざ50代になってみると自分の性欲の多さに驚く人は多いはず。 しかしその時パートナーとの冷めた関係にガッカリするのが50代のセックス事情ですね。 50代でセックス終了!?という声も聞こえる中、年々激しくなる人もいたりと両極端。 ...

欲求不満な女性は必見!特徴20選と解決策、意外な禁欲効果も…?

あれ?私って欲求不満かも…?や、やりたい。。。 セックスしたいと思っているのは男だけではありません!! 女でもヤりたい!って感じる時はあるから大丈夫! 欲求不満な女性にはどんな特徴がある?ヤりたい時はどうしたらいい...

【完全保存版】鎖骨フェチ女性の心理・特徴9選!惹かれる鎖骨の7つの特徴・モテテクニックを徹底紹介

日常生活の中で、男性の鎖骨がちらっと見える瞬間ってありますよね。 さりげなく見えた鎖骨が、「がっちりと太い鎖骨」や「細くて可愛らしい鎖骨」だったら…。 きっと多くの女性がキュンとしてしまうことでしょう。 そんな鎖骨に対...

【完全保存版】カップルの寝方で分かる深層心理14選!ラブラブでいられる寝方も徹底解説!

あなたは恋人と一緒に寝るときにはどのような姿勢で寝ていますか? 抱き合って…離れて…背中合わせで…などなど、色々なパターンがあるかと思いますが、それらには全て深層心理が反映されているのです。 つまり、寝方だけで相手があな...

マレーシア人のセックスの特徴20選!日本人とは何が違う?男女共にご紹介!

東南アジアのマレーシアは宗教縛りによって性に閉鎖的な国。 ……と思う反面!やや変態チックな一面を持っていることが分かりました! マレーシアといえば、大都会クアラルンプールと自然豊かなリゾート地ポルチオ島が有名ですね。 日本...