恋愛

不倫をやめたいのにやめられないアナタに。不倫をやめる方法を実際の体験談からご紹介

「不倫をやめたいのに…やめられない…」

不倫をすると、普通の恋愛じゃない分悩みは溢れるばかりです。

20代で不倫をして卒業した私が体験を元にやめる方法をお伝えします!
(名前は仮名なので気にしないでください!)

不倫をやめたいのにやめれないアナタに。不倫をやめる方法を実際の体験談からご紹介

しかも簡単に解決できる問題ではないので、どうしようもない問題で1人でぐるぐる悩んでしまいます。

だからこそ、不倫をやめよう!と決意したんですよね?

その決意、大事にしてください。

今回は、なかなか不倫をやめれなかった複数の女性で女子会をしてどのように不倫に終止符を打ったのか、実際の経験を語り合いました。

不倫をやめたいと感じる瞬間は?

不倫をやめたいと思う瞬間は?

不倫を続けていると、ふと「この関係をやめたい」と思う瞬間があります。

彼のことが大好きで苦しささえ感じるほど愛しているのに、関係を終わらせたいと思うのはどんな物事が原因となっているのでしょうか。

ここからは、女性がそんな気持ちになる瞬間を解説。

理由についても詳しく解説していきますので、「今は不倫をしているけど、いつかは終わらせないといけない」と思っている方は是非最後まで読んでください!

今後のあなたの行動を変えるきっかけになるはずです。

家族を優先されたとき

家族を優先されたとき

いくら不倫相手と良好な関係を築いていても、やはりいざというときは家族が優先です。

会う約束などを取り付けようとしたときに、家族を理由に断られてしまうこともあるでしょう。

そんなとき、女性は寂しさと共に「不倫をやめたい」と感じます。

今の関係のままでは、どんなに親しくなっても家族にはなれないからです。

 

彼が離婚しなければ結婚できないことを強く感じたとき

彼が離婚しなければ結婚できないことを強く感じたとき

相手を好きになるほど、結婚したいという気持ちや、同棲したいという気持ちが芽生えるでしょう。

しかし、それが相手が既婚者である以上、叶わぬ願いです。

女性にとって、非常にもどかしい状況ですね。

ましてや彼の口から妻の存在が語られたときは余計です。

彼が離婚しない以上、自分が「妻」という存在になれないことを痛感するでしょう。

 

友人たちが恋人の自慢をしているとき

友人たちが恋人の自慢をしているとき

不倫は公にすることができない関係です。

誰でも素敵なパートナーのことは、周囲に自慢したいものです。

しかし、不倫関係にある場合はそれができません。

むしろ周囲にバレないよう、証拠を隠滅しなければならないことまであります。

友人が恋人の自慢話をしていると、こうしたことへの寂しさを感じるでしょう。

周りの目を気にして、世間への背徳感から外では手すら繋げない。

そして「不倫ではなく、まともな恋愛がしたい」と感じるはずです。

 

バレることに対する恐怖感を感じたとき

バレることに対する恐怖感を感じたとき

不倫は当然ながら、バレれば訴訟などといったことになりかねません。

また、周囲からの信頼や評価が下がるおそれも大いにあります。

このように、不倫はバレてしまったときのリスクが高いのです。

不倫のはじめ3ヶ月くらいは楽しくても、後からだんだん罪悪感が生まれたり、いつバレるかとハラハラしてしまう…。

「彼が妻にうまく不倫を隠せているだろうか…。」そう思うとふと恐怖を覚えるでしょう。

そして、「バレないうちに不倫をやめてしまいたい」そう思う女性は少なくありません。

 

不倫をやめたいのにやめられない理由とは?

不倫をやめたいのにやめれない理由とは?

「既婚者と恋愛関係に発展するなんてダメ…!」「こんな恋愛やめなきゃ」頭ではそう分かっているのに心が追いつかず、なかなかやめられないのが不倫です。

彼への愛が大きすぎたり、いざ別れを想像すると怖くなってしまったり、彼の気持ちも考慮して一歩踏み出すことができません。

不倫をやめたいけどやめられない理由をいくつか挙げましたので、「分かる!」と共感しつつ、今置かれている現実を見つめ直してみてください。

 

好きで好きで仕方がない

好きで好きで仕方がない

辛くて仕方ない。こんなの道理に反している。など、何度もやめようと思いますよね。すっごく分かります、その気持ち。

でも言うことを聞かないのが「好きという想い」ですよね。

好きだから会いたいと思うし、会いに行ってしまいます。

「奥さんといないときは自分のことだけ考えていて欲しいし、もっと長く一緒にいたい…。」

そんな思いが溢れて歯止めが利かないですよね。

頭でダメだと分かっている。
そのときほど、離れることが難しいのは基本ですね。

 

奥さんというライバルに燃えている

奥さんというライバルに燃えている

「奥さんよりも私のほうが彼を好きなのに」と思ったことはありませんか?

そういったライバル心は戦闘本能に火を付けます。

そして、彼の「奥さんとうまくいっていない」という言葉を鵜呑みにして、「彼を救い出さなきゃ」とヒーロー気取りまでしてしまいます。(嘘と分かっていても、信じたいと思ってしまいますよね。)

これ、思い込んだが最後。

本当は奥さんとうまくいっていないわけじゃないのです。(昔よりは)うまくいってない。ってだけです。

そりゃそうです。2人は恋人同士ではなく家族ですから。

2人の間には子供が生まれ、状況が父と母に変わっている人もいます。

昔の関係のままでいれないのなんて、当の本人は分かってて言っているんですよ。

 

彼を失うのが怖い

彼を失うのが怖い

不倫を終わらせようと思って、彼と別れた後のことを想像したことはありますか?

不倫している期間、2人でいるときはとてもキラキラしていていますよね。

「これ以上の幸せは無いかもしれない」、「この人以上に私が尽くせる相手はもう現れないかもしれない」と、環境が美化しています。

美化しているがゆえに、「大好きな彼がいなくなったときのことを考えるだけで悲しい…。」、「ショックで寝込んでご飯も食べれないかも…。」と不安になってしまいます。

自分の精神状態を保つために、まだ別れられずにいる人も多いですよね。

 

別れを切り出しても彼が離してくれない

別れを切り出しても彼が話してくれない

あるあるのケースです。
私の相手もそうでしたけど、ずるいですよね。

「もう少しで離婚するから待ってて」、「いなくならないで」と、男性にとって都合がいいだけのことを並べ立てられます。

「本当、この人は都合がいいよなぁ」なんて思いつつも、好きだから彼の要望を受け入れてしまいます。

大人ってずるい生き物なんですよね。

 

寂しくて仕方がない

寂しくて仕方がない

不倫する理由で大多数が口にする言葉。

「寂しいから」

不倫といっても女性が既婚者の場合ももちろん該当します。
そんなときのNO1と言ってもいいくらいの理由がこれです。

旦那とレスだったり、生活リズムが合わない…なんてことになっているとどんどん心が寂しくなってきて、不倫に走ってしまうのです。

パートナーでは満たされない心の隙間を埋めてくれる相手を探してしまうのです。

 

ドラマみたいでロマンチック

ドラマみたいでロマンチック

やめたいと思いつつも、どこかでスリルがあってドラマの中にいる気分になっている女性もいるようです。

ダメなことと知りながら、危ない橋を渡るドキドキを味わっているのです。

そんな刺激的な毎日から抜け出せなくなり、結果辞められない…ということになっているのですね。

 

不倫をやめたい!どんなリスクが不倫にある?

不倫をやめたい!どんなリスクが不倫にある?

不倫のリスクについて詳しくご説明します。

不倫をやめたいと思ってもやめられないときは、今一度そのリスクを考えてみましょう。

現実感がなくても、実は不倫にはあらゆるリスクが存在します。

もし不倫がバレてしまったら、決して、自分・不倫相手・不倫相手の奥さんの3人だけで一件落着することではないです。

あなたと、不倫相手である彼には想像を絶する未来があるかもしれないと、大げさするほどにリスクを考えておいたほうが良いでしょう。

 

訴えられた場合、慰謝料が発生する

訴えられた場合、慰謝料が発生する

不倫は相手の妻から訴えられるリスクがあります。

訴えられると、当然慰謝料が発生するでしょう。

男性側は当然、女性側にもその慰謝料を支払う義務があります。

100万円以上の慰謝料を請求されることは決して珍しくありません。

一括で支払えなければ分割などで、完済まで支払いを続けなくてはならないのです。

 

裁判になれば弁護士費用も…

裁判になれば弁護士費用も…

調停や話し合いで解決しない場合、話し合いは裁判に持ち越されることがあります。

裁判の手続きや受け答えを全て素人がこなすのは、少々ハードルが高めです。

その際、弁護士を付ける必要があります。

当然、弁護士に依頼をするにはお金がかかります。

慰謝料に加えて弁護士費用を支払わなければならないとなると、到底払えない支出になってしまうことも考えられます

 

バレたとき、社会的な信頼や人からの信頼を失う

バレたとき、社会的な信頼や人からの信頼を失う

不倫は社会的に「悪」とみなされる行為です。

そこに本当の愛情があったとしても、反道徳的であることに変わりはありません。

バレれば、周囲の人から信頼を失うでしょう。

友人と疎遠になってしまうかもしれません。

また、職場にバレれば仕事に関する信頼も失うことになります。

そしてそれ以降、ずっと「不倫をするような人」というレッテルを貼られてしまうのです。

信用回復は非常に難しいでしょう。

 

簡単に彼とは結婚できないが故に2番目のままになる

簡単に彼とは結婚できないが故に二番目のままになる

不倫関係からゴールインするには、いくつもの難関があります。

まずは彼に既存の家庭を捨ててもらわなければなりません。

これは容易なことではないでしょう。

そのため、いつまでも家族の二の次としての立ち位置から移動することができません。

自分は彼を1番に想っていても、彼にとって自分は2番目の存在なのです。

これは直接的な不倫のリスクというよりは、精神的なデメリットといえるでしょう。

 

身近ないい人などを逃してしまう恐れも

身近ないい人などを逃してしまう恐れも

不倫関係での恋愛は、現実的ではありません。

実りのない恋愛をしているうちに、周囲は相手を見つけて順当に結婚していくでしょう。

不倫に時間を割けば割くほど、本来出会えるはずだった異性とのチャンスを逃しているのです。

また、不倫がバレれば当然異性は逃げていくでしょう。

不倫するような女性とは誰も付き合いたくありません。

つまりまともな恋愛をするにあたり、不倫関係を続けることはデメリットしかないのです。

 

不倫相手の家庭を壊してしまう

不倫相手の家庭を壊してしまう

不倫を続けることで不倫相手の家庭を壊してしまうリスクがあります。

例えば相手に子供がいれば、どうでしょうか。

たとえ彼が自分を選んでくれたとしても、その背景には妻と子供の犠牲があります。

妻に不倫がバレれば家庭の不和は避けられないでしょう。

自分が直接何かせずとも、不倫関係を築くだけで相手の家庭は壊れてしまうのです。

 

不倫をやめる方法6選

不倫をやめる方法6選

世の中の不倫していた人達はどうやって不倫を終わらせているのでしょうか?

終わらせ方がうまくない、終わらせる決心がつかないなど、別れ際の悩みはさまざまです。

1度関係を持った人とキッパリ別れるのは時間と根性が要りますよね。

そこで、経験者の意見を参考に、あなたにできることを6個にまとめました。

難しいかもしれませんが、「やめたい」と思ったら根気強く以下の方法を試してみてくださいね。

 

連絡手段を一切きる

連絡手段を一切きる

不倫は「付き合おう」という言葉があって始まった関係じゃない場合が多いですよね。

なんとなく始まった関係だったら、終わりの言葉は必要なのでしょうか?

お別れを告げようとするからやたら辛くなるし、悲しくなるのです。

今日で終わりと決意したら、自分から連絡をするのを一切断ち切ってみてください。

最悪、連絡先を消去する覚悟も必要です。

ただ、連絡が途切れたことで相手も悟ります。

相手は大人です。スッといなくなることが大人のルールだと分かっています。

 

連絡がきても無視

連絡がきても無視

連絡をしないと決めても、連絡が来てしまう場合ももちろんあります。

相手もあなたのことを好きな気持ちは変わらないし、急になくなった連絡に戸惑いを示します。

その場合は無視をするしかありません。連絡を返したい気持ちを律して、無視し続けてください

関係を本気で終わらせたいと思うなら、心を鬼にすることが必要です。

再度連絡を取り出してしまえば、必ずまた会いたくなる。
あえば、自分に負けてしまいますよね。

好きだから永遠と終わらない。つらいままであなたが幸せでなくなります。

「止められないときは多少の荒療治が必要になってくる」と頭に入れたほうがいいですよ。

 

新しい男性に目を向ける

新しい男性に目を向ける

彼ときちんと終わりにする前に、独身の人へ目を向けてみるのも1つの手段。

1人になるのが怖いなら次を見つけてからでもいいじゃない。

ゆっくり人を好きになっていって、彼から離れる準備をしましょう。

彼にも奥さんがいる。あなたが他の男性にも目を向けたところで誰も責めないから大丈夫ですよ。

むしろ、端から見守て来た友人は安心すると思います。

やっと、ゴールのない恋愛から脱出できることに喜んで協力してくれるのではないでしょうか。

この機会に友人に甘えてみるのもいいですね。

大切な人は彼だけじゃないと気づくきっかけになると思います。

他の人に目を向けられるようになれば、いつしか固執していた彼への思いが半減されてきますよ。

そのときは満を持して彼とさよならをしましょう。

今まで傷ついた分、次はきっと素敵な恋ができるはずです。このつらい恋を乗り越えたあなたは、異性にとって魅力的に映っているはずですよ。

 

「相手のため」と思う決意

「相手のため」と思う決意

もちろん不倫を終わらせるのは自分のためだけど、ここまできたらそのマインドセットでは弱いです。

やめられない原因は自分の中にあるのでは?

本来、彼には帰る場所があります。
あなたにはこれからの未来があります。

まずは彼を帰るべき場所へ戻してあげることがあなたにできること。

相手のことを本気で想うなら、彼を「不倫をしているお父さん」にさせないこと。

意志を持って家庭に返してあげてください。

奥さんのことは好きでなくなっても、子供がかわいくて離婚できない父親は多いです。

彼はあなたにトキメキを求めていて、子供を捨ててまで離婚したいなんて思ってはいないのです。

本当は、子供の前ではかっこいいお父さんでいたいはずです。

そこであなたは、好きだからこそ会わないという選択をするのです。

彼に今までのことで感謝しているなら、辛いけど手放すことが賢明の選択なのかもしれません。

 

別れをきちんと切り出す

別れをきちんと切り出す

けじめとしての話です。

終わらせ方にこだわるのであれば、きっちり「別れましょう」「もう会わない」と告げてスッキリしましょう。

自分に言い聞かせるという意味では宣言してしまうのは良いと思います。

気持ちがぐちゃぐちゃのまま切り出すのではなく、覚悟を決めた上で告げてください。

気持ちが決まらないままだと、また彼に引き止められて同じことの繰り返しをしてしまします。

この、辛くてやめたいという気持ちとこれからも闘わなければいけなくなるのです。

 

周りの環境を変える

周りの環境を変える

どんなに自分の中で決意しても、相手が近くにいたら気持ちは戻ってしまうもの。

本当に終わりにしたいのなら、思い切って環境を変えてみるのも1つの方法です。

例えば、不倫相手が会社の上司だったら転職をしてみるのもあり。

どっちにしても1度関係を持った相手と普通に仕事するのは気まずいですよね。

交友関係や、出向く場所なども変えてみると新しい出会いがあって不倫をやめるきっかけに出来るかもしれません。

 

自分を認めてあげる

あなたは十分傷つきました。これ以上自分を追い詰める必要はないですよ。

もう、不毛な闘いは終わりにしていいのです。

「これ以上傷つかない」と決めたら、彼と笑顔でお別れをしましょう。

良い形で終わりを迎えたら、次の恋愛も良い形で迎えられるので大丈夫です。

なぜならあなたはもう前を向いているからです。

また今までとは違った視点で物事を見れるようになりますね。不倫という経験を経て、新しい自分に生まれ変わってください。

 

私達はこうやって不倫を終了させ、今は新しい恋をしています。

不倫していた私の友達も、別の男性と結婚して幸せになりました。

不倫をやめることで別の幸せを手に入れることはできます。きっと大丈夫です。

 

男性が離婚して結婚する選択肢も

男性が離婚して結婚する選択肢も

”不倫をやめる=別れる”だけが選択肢ではありません。

不倫をやめて、結婚してもらうという手段もあります。

よく「彼の離婚が成立したら一緒になる!」というセリフを漫画やドラマで見かけますよね。

しかし、あなたと結婚するかどうかは彼の行動次第です。

すぐ奥さんと離婚してくれる場合と、離婚までダラダラと待たされる場合があります。

では、奥さんと離婚しないケースと、奥さんと離婚するケースでは、男性の言動にどのような違いがのでしょうか。

不倫相手が離婚しないケース

不倫相手が奥さんと離婚しない、つまりあなたと結婚するつもりがない場合です。

不倫相手である男性は、「もう少しで奥さんと離婚する」と言いつつ、いつまで経っても離婚しないといパターンが多いようです。

彼があなたを本当に大事に思っているなら、なるべくあなたを待たせずないようにすぐに奥さんと離婚するはずです。

もし「すぐ離婚する」と彼から言われたらこっそり待たされている期間を数えましょう。

「長すぎる」と感じたら、奥さんと離婚しない可能性が高いと思ったほうが良いです。

「好きだからいくらでも待てる!」と思う気持ちも分かりますが、冷静になって考えてみてくださいね。

不倫相手が離婚するケース

あなたの不倫相手である彼が本当に奥さんと離婚する場合は、離婚についての具体的な話をあなたにしてくれます。

例えば「あと3ヶ月で離婚する」など、期限が明確に分かる言い方です。

逆に「今話し合ってる」と、軽くかわすような感じであなたに言ってくる場合は嘘であることが多いようです。

詳しくはこちら
>不倫から本命へ!本命になりたい女性のための成功法

 

不倫をやめられた人達のエピソード集

不倫をやめられた人達のエピソード集

不倫を終わらせた方のエピソードを集めました。

自分で決意できた場合もあれば、他人によって気づかされた場合もさまざまです。

自分と同じ境遇を経験した方々の意見はとても参考になります!

他の方のエピソードを読んで、今後の意識や行動を変えたり、「不倫はやめよう」と決心したりすることができたら幸いです。

 

お父さんを返してください

・25歳 美容部員

不倫していた彼とは、奥さんとうまくいっていないときに知り合いました。
奥さんがいるのは知っていたけど、2人で飲みに行くのは楽しくて…。

よく2人で会うようになり、たまに私の家で過ごすようになりました。

お父さんを返してください

よく彼に向って「結婚した~い」って言っていました。

数ヶ月付き合って「別居することにした」と、彼が私の家に転がり込んで来ました。

奥さんとの離婚の話がついに進んだのです。

でも、ここから恐怖が始まりました。
奥さんから電話に留守電が入っていたのです。

「〇〇の妻です。あなたが主人をたぶらかした人ですか?あなた達の居場所は分かります」と。

恐怖で手が震えました。
すると今度は家に住所の記載がない手紙が届いていたのです。

直接家のポストに投函したのだと思います。

本当に居場所を知っているという脅しめいた行動。本気で怖くなりました。

また留守電にメッセージが残っていて、今度は子供の声で「お父さんを返してください」と入っていました。

お父さんを返してください

このとき、彼と別れることを決意しました。

この子供からお父さんを奪うことが怖くなったのです。

犯罪に似た、してはいけないことをしてる気持ちになって、恋愛どころじゃなくなったんです。

 

どうして独身を見ないの?

・27歳 企画職

男友達にご飯に誘われて、「不倫なんて、他人の男に手を出すような、みっともないことをするな」と言われました。

「どうして独身を見ないの?ここに独身がいるんだけど」というアピールも。

不倫関係をいつまでも続けていても未来がないってことは分かっていたので、不倫を脱出するチャンスかもしれないと思いました。

どうして独身を見ないの?

その独身の彼と昼間にデートをしたときに、人前で堂々と歩けることに感動しました。

他にも、時間を気にせずいつでも連絡できることや、お互いの友達を交えて遊べることも嬉しかった!

 

こうして、不倫の彼とは別れることに決めました。

不倫の彼には「好きな人ができた」と告げたら、理解してくれました。

寂しそうにしてくれたけど、なんか吹っ切れて、その表情さえズルいなと、客観的に見れたかな。

 

もっと早く出会えていたら…

・36歳 主婦

お互いに既婚者で不倫関係でした。

彼は旦那と違って、私にとってパーフェクト!

お互い離婚して再婚しようって言われたら、絶対応じてしまうくらい気持ちが入っていたのです。

もっと早く出会えていたら…

「私、旦那と出会う前にあなたと出会っていたらあなたを選んでた」って言ったんです。

それに対して返ってきた答えが「じゃあ、大学時代にさかのぼらないといけないね」でした。

…なんか負けた気がしました。

「大学時代から付き合ってて結婚したのか…」と思ったら、嘘みたいに一気に気持ちが冷めて。

奥さんと一緒にいた期間の長さをズバッと言われて、冷静になってしまったんです。

私は「冷めた」って言い放ち、旦那のもとに帰りました。

その日は旦那が普段よりいい男に見えました。

もう連絡が来ても応じることはありません。大学時代からの時間の長さには追いつけないからね!

 

引っ越し

・31歳 マーケティング

彼と不倫して1年半のころ、もはや彼に離婚する気がないと知って、そろそろこの関係を終わりにしなければいけないと思っていました。

頑張って他に好きな人を作ろうかと行動したのですが、でも彼以外に好きになれる人なんて全くいませんでした。

「彼の近くにいたら私は一生この人を好きでい続けて、彼の人の呼び出しに応じてしまうだろうな」分かっていたので、連絡を取らないことを試みたんです。

引っ越し

でも、無視するのも可哀相になってしまい、結局応じてしまうという事態を何度も繰り返しました。

こういうときいつもより余計に愛してくれるのも、「やっぱりこの人なんだ!」って、気持ちが引き戻されました。

 

そこで一大決心をして会社に都市部への転勤願いを出したのです。

引っ越し

彼に引っ越す1週間前に告げると驚いていました。

そして「元気で頑張れよ」と見送ってくれました。

新しい土地に行ってからも「帰ってこい」って連絡くれるけど、もう会うことはありません。

私は彼から逃れるために引っ越しまでしたのですから。この決心を無駄にしたくないんです。

 

つらい不倫を終わりにして幸せな未来へ

つらい不倫を終わりにして幸せな未来へ

いかがでしたか?

きっかけはさまざまだと思います。千差万別。

ただ、何かしらの気づきや強行手段を使わないと突破できません。

好きで一緒にいたい気持ちは十分わかります。

でも、頭の中で離れなきゃいけないと分かっているなら、離れる努力が必要です。

そうでないと、このままズルズル引きずってしまいます。

ズルズルと関係が続いていくのもツライですよね。

奥さんは毎日彼と一緒の家で暮らしていて、そこに自分は介入できないのです。

不倫をやめた後は、独身の男性と幸せになり、自分の道をしっかり歩いていきましょう。

数年後に不倫相手とすれ違ったときに、また笑って会えるくらいお互い幸せになれたらいいですね。

終わりは始まりです。

本当に愛していたら、彼の幸せを願って下さい。いえ、願えるはずです。

彼もまた、あなたの幸せを、誰よりも、心から、願っているはずですよ。

もし決心できないときには、こちらの記事もどうぞ!
>不倫から本命へ!本命になりたい女性のための成功法

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
あなたにおすすめの記事
付き合う前のエッチは脈なし?男性100人の実録でカミングアウト
童貞卒業!最近、卒業した私のエピソードと方法をカミングアウト
【彼氏にしたくない大学?!】現役JDが語るランキングの実態!理系学生がモテるには…?
【実録】彼女に出会い系で浮気された男たちが語る「絶対に見抜く」コツ
既婚者彼氏の見抜き方!被害体験から見抜き方までカミングアウト
不倫から本命になりたい!不倫相手が本気になる女性の特徴、既婚男性が本気で離婚する前兆まで解説!
処女の特徴10選!嫁は生娘じゃなきゃ嫌な男のための記事