• 虫眼鏡と地図
  • ツイッター
  • チェックリスト
  • 手

2021/02/20 コラム

【自力で】人探しをする方法11選!LINEやTwitterでも見つかる?注意点や探偵・警察に頼む場合まで徹底解説!

虫眼鏡と地図

「失踪した人を探したい」「初恋の人にまた会いたい」「人探しにはどんな方法があるの?」
様々な事情で人探しをする際にぶつかるの壁がその手段です。

確かに自力で人探しをする場合でも、どこかに依頼する場合でもどのように行動するのが最良かは分かりませんよね。

今回は人探しの方法についてご紹介していきます。

手軽に自分で行える人探しの方法や、注意点などもまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

身の回りの不安なことを調査してもらいたいけど、どんな探偵事務所に頼めば良いか分からない…

そんなあなたの悩み、HAL探偵社なら解決できます!

HAL探偵社

調査成功率97.6%と高い調査力を持った探偵事務所なので、確実な成果を求めている方におすすめ!

丁寧なカウンセリングをしてから調査に移るため、不明点があってもその場で確認できて安心です。

全国どこでも出張費0円で対応してもらえるので、都心部に住んでいない方でもご依頼いただけます。

HAL探偵社

1分ですぐに無料相談できるので、今すぐ下のボタンをタップして相談をしてみましょう!

【HAL探偵社を使うメリット】

・高い技術力を持った調査員による、成功率の高い調査を行ってもらえる
・全国どこでも料金一律で、最短即日対応もしてくれる
・1時間総額6000円〜依頼可能な低料金設定なので、あまり調査にお金をかけたくない人でも利用できる

HAL探偵社に相談する

20歳/男性
小さい頃に別れてしまった家族を探すために利用しました。依頼は初めてだったので不安でしたが、相談員の方は親身に相談に乗ってくれたので、安心して依頼をすることができました。結果的に探していた家族とも会うことができたので、とても良かったです!

人探しの方法①|自力で行う場合の手段11選

スマホを眺める女性

まず最初に自力で行える人探しの方法をまとめていきました。
手軽に家で行える方法ばかりなので、時間がなくて忙しいという人でも手軽に始められます。

1番主流なのはSNSを使う方法です。
あなたもSNSを見ていた時に人探しの投稿を見たことがありませんか?

SNSを使って人探しをしている人が多く、実際に見つかったと感謝している人も多いですね。

それでは、自力で人探しをする11個の方法を見ていきましょう。

手段1:手軽かつ無料!SNSを使う

手軽でお金もかからない方法がSNSを使った人探しです。
基本的にSNSを使う時はお金がかからないから、お金のない人でもありがたいですね。

SNSにはたくさんの数の人が登録しており、幅広いコミュニティーがあります。

誰でも簡単に投稿を閲覧することができますし、多くの人にシェアしてもらえばそれだけたくさんの人に見てもらえることになります。

SNSにもたくさんありますが人探しに使えるおすすめのアプリをご紹介していきます。
もし既に登録しているのであれば、使ってみましょう。

おすすめアプリ①:Twitter

ツイッター

1つ目にご紹介するおすすめのアプリはTwitterです。
世界中の人が登録しており、膨大なユーザー数を誇っています。

若い世代から大人の世代まで幅広い年代の人が利用しており、認知度もとても高いです。

実際にTwitterを使って人探しをしている人も多く、人探しの投稿が多く見られています。
目撃情報が寄せられることもあり、実際に見つかった人もいますよ。

おすすめアプリ②:Instagram

インスタグラム

2つ目にご紹介するおすすめのアプリはInstagramです。
最近ではTwitterよりもInstagramを使用している人が増えてきている傾向にありますね。

Instagramでも実際に人探しの投稿をしている人が多く、たくさんの目撃情報が得られています。

Instagramでは現在地や一緒にいる相手など写真から得られる情報が多いので有力な手がかりとなります。
また、タグからも検索できるため見つかりやすい傾向にもありますよ。

おすすめアプリ③:LINE

LINE

3つめにご紹介するおすすめのアプリはLINEです。
LINEも大変多くの人が利用していますね。

若い世代から大人の世代まで幅広い年代の人が利用しています。

LINEではアドレスや電話番号を知っていれば検索で探し出すことができますし、共通の友達がいればタイムラインに出没する可能性もあります。

アドレスや電話番号を知ることが最も難易度が高いのですが、もしかしたら昔の番号で登録しているなんてこともありえます。

ただ、相手が承認しなければ出てこない場合もあるので、注意が必要です。

おすすめアプリ④:Facebook

フェイスブック

4つ目にご紹介するお勧めのアプリはFacebookです。
Facebookは日本人だけではなく海外の人も多く利用しているSNSです。

登録する際は基本的には実名で登録されているので相手が見つけやすいです。

また、何らかのFacebookのグループに参加している可能性があるので、見つけやすいこともあります。

長年親しまれているSNSなので人探しもしやすいかもしれませんね。

おすすめアプリ⑤:mixi

ミクシィ

5つ目にご紹介するおすすめのアプリはmixiです。
ニックネームではなく本名を公開している人も多く、検索するだけで相手が見つかるかもしれません。

また、出身校や部活などコミュニティーもたくさんあるので、相手につながる項目で検索することで見つかる可能性もあります。

ただ、最近ではTwitterやInstagramなどが知名度を上げているので、使用している人は減少傾向にあります。

手段2:プロが紛れていることも?インターネット掲示板に書き込む

インターネット掲示板に書き込んでみるのも良いでしょう。
インターネットには「人探し掲示板」という人探し専門の掲示板もあり、たくさんの人が利用しています。

インターネットの掲示板にはプロが紛れていることもあり、有力な情報を手に入れられる可能性があります。

ただ、人によっては謝礼を用意しなければいけないこともあります。
ガセネタが寄せられることも多く、本当の情報を見極めなければいけません。

手段3:スマホアプリやGPS機能を駆使する

スマホアプリやGPS機能を使ってみましょう。
携帯電話にはGPS機能がついており、その記録を使って居場所を調べることができます。

スマホアプリやGPS機能を使って人探しする場合には、相手が携帯電話を所持していなければ意味がありませんが、持っていれば大丈夫です。

また、探偵も使う方法に「AirDrop」を活用する方法があります。

AirDropとは、Wi-fiやBluetoothを経由して近くのiPhoneにデータを送信できる機能のこと。
もし相手がAirDropをオンにしていれば、近くにいる時に反応します。

具体的な居場所を探り当てる時には非常に有効な手段となるでしょう。

手段4:Google、Yahoo!などの検索エンジンで検索する

adpDSC_6006-300x200

Google、Yahoo!などの検索エンジンで検索すると、何らかの情報が得られる可能性もあります。

まずは名前で検索してみましょう。同姓同名の別人が出てくる可能性が高いですが、もしかするとブログや記事、会社のホームページなどが見つかるかもしれません。

名前で有力な情報が何も得られなかった場合は、考えられるニックネームや趣味、出身地などを混ぜて検索するのもおすすめです。

また、複数の検索エンジンを利用すると今まで出てこなかった情報が出てくる可能性も。いくつか検索エンジンを挙げるので、できるだけたくさん利用してみましょう。

手段5:古典的ながら効果あり!人に尋ねる

古典的な方法ではありますが、人に聞いて回るのも効果があります。
探している人の友人や同僚、家族などいろいろな人に聞き込みをしてみましょう。

聞き込みをすることで有力な情報が手に入れられる可能性が高いです。

ただ、相手の情報を聞き出すとなると怪しまれる場合もあるので、自分と相手がどのような関係なのかをしっかり説明することが大切です。

手段6:失踪者の持ち物を手がかりに探す

失踪者の持ち物を手がかりに探してみるのも良いでしょう。
人探しをするときに最初にしていただきたいのが私物を調べることです。

もし、通帳や衣類、常備薬等がなくなっている場合は単なる家出である可能性が高いです。
残っている場合は何らかのトラブルに巻き込まれているのかもしれません。

また、パソコンのデータ履歴を調べてみるのも良いでしょう。
その履歴から行き先に関わる情報が得られるかもしれません。

いずれにしろSNSなどで探す前にはまず私物をチェックしてみましょう。

手段7:探している人の知り合いに連絡をとる

探している人の知り合いに連絡をとってみましょう。
上記でも説明していきましたが、友人や同僚、家族などです。

連絡をとって行き先に心当たりがないかを調べてみましょう。

知り合いと自分が顔見知りの場合は簡単に情報を得られるかもしれませんが、顔見知りではない場合は怪しまれることもあります。

相手と自分がどのような関係なのかをしっかり説明できる証拠のようなものを用意しておくと良いですよ。

手段8:チラシ・ポスター・新聞広告などで探す

チラシやポスター、新聞広告などで探してみるのもありです。
自分でチラシやポスターを作ってマンションに配ったり、近所の人に配ったりしてみると良いでしょう。

チラシやポスターを作る場合は相手の顔写真があった方が情報が得られやすいです。

貼る場所としては駅構内や商業施設などがいいですね。

よく、掲示板や電柱に貼ってある場合もありますが、これは持ち主に許可を取らなければいけません。

新聞広告はある程度の金額はかかってしまいますが、世代や地域を問わず読まれているものなのでたくさんの人に呼びかけることができますよ。

全国紙の新聞に広告を掲載したいあなたは、こちらから問い合わせをしてみましょう。

手段9:家族の同意があるなら住民票を発行する

家族の同意があるのであれば住民票を発行するのも良いでしょう。
住んでいた場所がわかるのであれば住民票から転居先が調べられます。

ただ、正当な理由がなければ住民票を発行することができません。

ただ会いたいからという理由だけではストーカーやトラブルを助長するきっかけになってしまうので、受け付けられません。

どうして相手を探しているのか明確な理由を伝える必要がありますよ。

手段10:住基ネットで情報を閲覧する

「どの市区町村に住んでいるのかはわかる」というのであれば、住民基本台帳を見ることで住所が分かります。
ただ、正当な理由がなければ閲覧することができません。

探している人との間柄が家族、親族である場合、探している人に対して裁判をしたいからなどですね。

これらの理由がある場合は探している相手の市区町村の窓口で住民基本台帳の閲覧を申請してみましょう。

手段11:認知症高齢者を探している場合は厚生労働省のホームページを確認する

厚生労働省のホームページには行方のわからない認知症高齢者等をお探しの方へという特設サイトがあり、各市町村で保護されている認知症高齢者を確認することができます。(参考:厚生労働省HP「身元不明の認知症高齢者等に関する特設サイトの設置及び運用について」

認知症の方は自分の名前や連絡先などもわからなくなる可能性があり、相手から連絡してくれる可能性は大幅に低くなります。

まずはどこかで保護されていないか、厚生労働省のホームページを確認するのがおすすめです。

人探しの方法②|警察に捜索願を提出する

警視庁高視認性エンブレム

事件性があると考えられる場合は、警察に捜索願を提出しましょう。(相談窓口:警視庁HP「行方不明者相談のご案内」
警察に捜索願を依頼するときは費用の負担はありません。

ただ、山や海等の場所での捜索依頼となると自衛隊や消防を出動させることになるので費用がかかってしまう場合もあります。
まずは相談してみると良いでしょう。

では、具体的にどのようなメリットがあるのかをご紹介していきます。

メリット:公的機関なので早期発見が期待できる

警察は公的な機関なので自分だけで探すよりも、有力な情報が得られる可能性が高いです。

警視庁のホームページにも「行方不明者に関する情報提供のお願い」を掲載していて、常に情報収集をしてくれています。

ときには警察犬を利用して人探しをしてくれる場合もあるので、見つかる可能性も高いですよ。

しっかりとした情報をもとに探してくれるので早期発見が期待できます。
ガセネタに踊らされることなく速やかに操作を行ってくれるので信頼できますよ。

デメリット:事件性がない一般家出人には消極的

残念ながら危険性が認められない一般家出人に対しては消極的です。
思うように捜査してくれない場合もあります。

しかし、行方不明者届が出されていれば警察のデータには記録が残るので、まずは届けだけでも出しておくと良いでしょう。

警察の捜索では昔の友人、恩師、ネットで出会った人などはあまり協力的ではありません。
このような人たちに会いたいのであれば、探偵や興信所に依頼すると良いでしょう。

人探しの方法③|探偵・興信所に依頼する

尾行

探偵・興信所に依頼してみましょう。
ネットで出会った人や、昔お世話になった人、初恋の人に会いたい時は人探しのプロである探偵・興信所に頼むと効果的です。

公安委員会に認められている専門家で、主に調査業をしています。

探偵・興信所に依頼するには届け出が必須となっているので、違法業者も少なくなってきています。

では、探偵・興信所に依頼することでどのようなメリットがあるのかをまとめていきます。

メリット:探偵・興信所は事件性の有無に関わらず人探しをしてくれる

探偵・興信所は事件性の有無にかかわらず人探しをしてくれます。

警察は先ほどもお伝えした通り事件性がなければ、あまり調査をしてくれません。
しかし、探偵・興信所は依頼すれば独自の情報ルートや張り込みなどで迅速に調査してくれます。

また、依頼主や探している相手のプライバシーもしっかり保護しつつ、調査してくれるので安心ですよ。

ただ、犯罪やストーカーを助長してしまうような違法行為を目的とした人探しは受け付けていません。

デメリット:探偵・興信所への依頼金額は高額となる

探偵・興信所の依頼金額は高額となります。
警察に頼むとなると遭難でない限りは費用がかかりませんが、探偵・興信所に依頼した場合は10万〜100万円にのぼることも。

調査の難易度によって大きく値段が変わってくるので要注意です。

探偵・興信所の調査は迅速かつスムーズなのですぐに見つかるかもしれませんが、高い金額が必要となることを頭に入れておきましょう。

どんな探偵事務所・興信所を選べばいい?知っておきたい5つのポイントを紹介!

5128c1f63d8dc2a28e37afd77a6364ae_t-1

探偵・興信所に依頼すると言っても、どこに依頼すればいいのかわかりませんよね?

普段探偵・興信所と縁のない生活をしている人がほとんどなので、誰かに評判を聞いてもあまり情報が手に入らないのが現実です。

そこで、どんな探偵事務所・興信所を選べばいいか、5つのポイントを紹介します。

  • 各都道府県の公安委員会(警察署経由)に探偵業の届出を出して許可されている正規の探偵・興信所
  • 実績があり、ある程度の歴史がある探偵・興信所
  • 調査における料金や方法、調査人員などを詳しく説明してくれる探偵・興信所
  • きちんと事務所を構えている探偵・興信所
  • 調査料金が極端に安過ぎない探偵・興信所

探偵・興信所には、探偵業を営む際は各都道府県の公安委員会に届出をしないといけないという義務があります。(参考:警視庁HP「探偵業について」)「探偵業届出証明書」を見やすい場所に掲示していない探偵・興信所は無許可の違法業者かもしれません。

そして依頼主と契約する時には調査における料金などの契約内容について説明しないといけないという義務もあります。

これらの義務を守り、かつ実績や歴史のある探偵業者を選ぶようにしましょう。

また、料金が安いという言葉に惹かれてしまうかもしれません。しかし、あまりに安い場合は、追加料金が発生したりずるずる日数を引き延ばされたりする可能性もあります。

ある程度の料金がかかることは覚悟しておきましょう。

一般社団法人日本調査業協会のホームページに信頼できる探偵・興信所の選び方も掲載しているので、ぜひ参考にしてください。

人探しをする際に必要な情報とは?

チェックリスト

人探しをするときに必要な情報とはどのようなものなのでしょうか?

人探しを始める上で基本的に必要な情報は、

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 出身地
  • 職業
  • 家庭事情
  • 交友関係
  • 出身校
  • 会社

などですね。

相手の情報はあればあるだけ見つかる確率は増えるのですが、最低限上記の項目は集めておきましょう。

氏名はフルネームでも良いですし、ニックネームや旧姓でも構いません。

人探しをする際の5つの注意点

インフォメーション

人探しをする際には5つの注意点があります。
以下でまとめる注意点を頭に入れておくことで、よりスムーズに人探しができますよ。

注意点1:インターネットにある情報が必ずしも正しいとは限らない

インターネットによる情報が必ずしも正しいものとは限りません。
中には冷やかしで間違った情報を流してくる人もいます。

どれが本当の情報なのかを自分で見極めなければいけません。

特に、「情報をくれた人には謝礼をお支払いします」と目撃情報をお願いしている場合はガセネタが多く入ってきます。

すべての情報を鵜呑みにせず、どれが真実な情報なのかを見極めましょう。

注意点2:SNSは対象者が利用していることが必須条件

SNSで人探しをするときは対象者が利用していることが必須条件になります。

探したい相手が同じアプリを使用していなければ、検索にもヒットすることはありません。

上記でご紹介したアプリは認知度が高くメジャーなものなので、どれかに登録している可能性は高いでしょう。

しかし、相手が電源を切っていたり、GPS機能も切っていたりする場合は探し出すのが難しいです。

注意点3:個人情報を悪用される恐れがある

個人情報を悪用されてしまう危険性があります。
SNSでは全く知らない人とつながることも多々ありますよね。
しかし、相手がすべて善人とは限りません。

いい人だと思っていても、その人が自分や探したい相手の個人情報を漏らしてしまう危険性もあります。

アプリの設定を利用して、いらないつながりはシャットアウトすると良いでしょう。

注意点4:事件性がある場合加害者を逆上させる恐れがある

事件性がある場合は加害者を逆上させる可能性があります。

もし、探したい相手が誘拐などのトラブルに巻き込まれていた場合、インターネットで捜索していたら加害者に探していますよという情報を与えてしまうことになります。

それがきっかけで加害者が冷静さを失い、相手に危害を与えるリスクも考えられます。

危険性が高いと判断した時は自分で勝手にインターネットで捜索するよりも、警察や探偵・興信所に依頼すると良いですよ。

注意点5:自力で人を探すには限界がある

自分の力だけで人を探すにはどうしても限界があります。

アプリやインターネットの掲示板では確かに人探しでは便利に使用できますが、必ず見つかる保証はありません。

真実の情報を見極めなければなりませんし、相手が同じアプリを利用していること、位置情報をオンにしていることが大前提となっています。

本当に見つけ出したい相手なのであれば、警察や探偵・興信所に依頼することをおすすめします。

まとめ|事件性がある場合は警察に、緊急性がある場合は探偵・興信所に相談

手

今回は人探しの方法や注意点などをまとめていきました。

単なる家出ならインターネットの掲示板やアプリを利用して探すのも良いですが、事件性があると思った場合は警察や探偵・興信所に相談しましょう。

しっかりとした調査で迅速に対応してくれるので、探していただいてもすぐに見つかるかもしれません。

費用がかかる場合もありますが、自分で探し出すよりも見つかる確率が高いですよ。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
コラムの関連記事
社会人必見!今どき大学生のSNS事情をカミングアウト

SNSが溢れかえってる世の中。   同じSNSでも、使っているアプリや使い方は世代・年代で異なる。   例えば、一昔前はガラケーでメールを使ってやり取りするのが当たり前だったが、今はライン...

夜募集「Yorubo」とは?急な飲み友探しや求人などTwitterで気軽に募集できるサービス「Yorubo」について徹底解説!

今週末一緒に飲みに行ってくれる人いないかなあ〜😽気軽に飲みに行きたい、、!!お暇な方がいたら、誘ってください🥰 https://t.co/TSawNozQGD #夜募集 — るな (@runaaaaa1...

寂しさを克服する方法から場所20選!一人暮らしの社会人ライフを楽しく過ごす方法を徹底解説!

東京での生活、初めての一人暮らし。 新社会人に「夢」を見る学生には、期待に胸を膨らませている方々がいるのではないでしょうか? しかし!新天地では友人もいなければ、一人暮らしでは食事を共にする家族もいない。 そんな寂しさを克服す...

長続きするカップルの特徴5選!会う頻度は?カップルが長続きする秘訣を徹底解説!

「恋人と長続きして幸せな日々を送りたい!」 恋人を持つ人であれば、誰しも思うことです。 今回は、長続きさせる秘訣から、LINEの特徴、合う頻度、長続きしない原因などを徹底的に解説していきます! 「周りと比べて交際期間が短いな…...

怒涛の「ヌードモデル」体験談!ニーズの無いカミングアウト

雑誌の撮影に起用される「モデル」。   モデルと言えば、最新のファッションアイテムをまとった美女やイケメンが格好良くポーズで写真を撮られる…。 そんな華やかなイメージがありますよね!?   ...

夜の営み!結婚あとの「セックス事情」をカミングアウト

結婚した夫婦は夜の営みがなくなるの? 「嫁を抱けなくなった」 「旦那がほんとに無理」 だとか、よく聞く話だけどホントのところはどうなのか? 「子供ができてセックスレスになった」などなど、よくある夫婦の問題。 そんな夜の...

彼氏を乗り換えたい女子必見!後悔しないために考えるべき事とベストな乗り換え期間・言い訳

「今の彼氏がなんだか自分とは合わない気がする・・・・・・」「彼氏がいるけど他の人からアタックされている」なんて時、ふと頭によぎるのが“彼氏の乗り換え”。 でも、本当に今乗り換えても良いのでしょうか?乗り換えて良かった!という話...

スナックデートはカラオケに行くより効果的!?特別なデートに♡

私が本日オススメしたいのは、スナックデート!   今更なんでスナック?スナックでデートってなんぞや? っていうかスナックって、ジジイとババアのためのものじゃないの?   まあ...

【実録】彼女に出会い系で浮気された男たちが語る「絶対に見抜く」コツ

ある日、私、こんな記事を発見しました。 ニューヨーカーの「出会い系アプリ」に対する話題です。   ニューヨーカーのなんと、64%が出会い系アプリで知り合った人がセックスをしていると書いてあるではないですか...

ボスキャリ(ボストンキャリアフォーラム)は就活生の帰国子女枠!?その実態と2021年の最新日程

時々、「ボスキャリ」って言う言葉を耳にしませんか? ボスキャリ=ボストンキャリアフォーラムのこと。 簡単に言えば、『バイリンガル向けの就職選考会』のことですが、即内定が出るんだとか?! 選考基準は?対象者は?など、詳しく見ていきま...