• 老夫婦4
  • 60代夫婦2
  • 60代夫婦7
  • 60代夫婦4

2019/12/29 アダルト

60代のセックス事情!SEXの頻度や悩み・性欲まで男女別に徹底解説!

「60代の両親がセックスなんてする訳ない」

シニア世代に対するイメージはまさに性欲とは無縁なものですが、実際の性事情を深掘りするとマッチングサイトMatchの驚くべき調査結果にたどり着きます。

「最高のセックスを味わった平均年齢」はなんと男性が64歳。女性が66歳なんだとか。

今後の夫婦生活に不安を持っている人にとって、この結果は励みになるのではないでしょうか。

そして60代の男女はセックスについてどう思っているのか気になりますよね。

では実際の60代のセックス事情や性欲についてを詳しく見ていきましょう!

60代夫婦のセックスレスの割合

老夫婦3

60代夫婦のセックスレスの割合はどのくらいなのか。

女性セブンが40~60代女性100人に行った調査によれば、48%の女性が「セックスレス状態」だと告白している事が明らかになりました。

つまり約半数の女性が40代以降から「セックスレス」だという事になります。

さらに同調査の「最後にセックスしたのはいつ?」という質問に対して

最も多かった回答が「5~10年前」。

次いで同率だったのが「1~5年」「10年以上前」と大きく差を開く結果となりました。

40代からセックスレス状態な60代の人は、すでに20年ほど続いている事に。

その反対に「1年前にはセックスしていた」夫婦もいるという事実もここで判明しています。

つまり60代に限らず、夫婦によって大きな差を生み出しているという事です。

60代夫婦の平均的なセックスの頻度・回数

夫婦

60代夫婦のセックス頻度についてコンドームメーカーサガミが行った調査によれば…

60代全体の平均回数は0.9回/月。男性は1.1回/月、女性は0.7回/月でした!

月に1回あるかないかの頻度でセックスをしているという事です。

身近な60代夫婦が月に1度セックスをしているとイメージしてみれば、この結果に対して「意外とヤッてるんだな」と感じてもおかしくはないでしょう。

つまり自分の両親も性交渉があるかもしれないという事です。

その当事者である60代の男性女性も、「まさかこんなにセックスしているなんて」と驚くのではないでしょうか。

日本はセックスについて閉鎖的だからこそ、シニア世代の性事情を知らないのかもしれません。

【男女別】60代の性欲事情って?

老夫婦4

「俺はまだまだ現役だ!」とセックスアピールする男性もいますが……実際の性欲はどの程度なのでしょうか?

高齢者施設でも性の悩みが上がるというほど、60代は意外と現役セックス保持者が多いんです。

しかし60代は男女の性欲事情には大きな差があり、それも身体的変化が著しく起こりやすいのは女性の方。

夫婦生活を拒否してしまう多くの理由は女性の体の変化による代償です。

では男女それぞれの性欲について見ていきましょう。

60代男性の性欲について

60代男性2

男性の場合、「性欲は若い時とほぼ変わらないよ!」という人が大半です。

実際に60代男性達は勃起力について「自信がある」と答えたのは55人。

「現役バリバリ!」と宣言しているのはあながち嘘ではないという事ですね!

60代男性と言えば働いている人もいれば引退する人もいます。

若い時は「60歳になったらセックスできない」と思い込んでいたのに、いざ60歳を迎えた時に自分の変わらぬ性欲に驚く男性も少なくはありません。

体力的には劣るものの、40歳程度の性欲と変わりがないと感じる男性はとても多いです。

その性欲をどう処理するかが60代男性の課題でもあります。

60代女性の性欲について

60代女性

50代後半に起こる閉経によって性交痛を感じるようになるのがこの年代の大きな悩み。

すでにセックスレスになっている女性も多いので、とくに問題視しない人もいるでしょう。

孫の誕生で「おばあちゃん」になった瞬間、性欲を忘れる女性も多いです。

しかし60代女性でも「月に0.4回」自慰行為に及ぶと言います。

また夫の浮気に悩む場合は「若い時みたいに濡れる身体に戻りたい」と感じるのではないでしょうか。

いつまでも女として見られたい気持ちを持った時、女性は急激に若返るものです。

そこにセックスがあれば身も心も満たされるでしょう。

【男女別】60代に多いセックスの悩みや傾向

老夫婦2

熟年夫婦には「魅力を再発見する夫婦」と「離れてしまう夫婦」の2パターンに分かれます。

夫婦仲にセックス問題は大きく関わっているのは間違いなく、男女の性欲に差が生まれているのではないでしょうか。

また最近の60代は見て分かる通り非常に元気です。

「高齢者」を65歳から75歳まで引き上げようと政府が考えるほどバリバリ働く人も多いですが、そこにある性の悩みとは何でしょうか。

60代男性に多いセックスの悩みや傾向

おじいちゃん

男性の場合は、生殖機能が役立つのか否か?でセックス観を大きく左右します。

しかし問題はそこではないようです。

■勃起&射精しなくなる

年を取れば勃起不全になるのが自然な事ですが、60代になればさらに射精しなくなる事も。

男性にとって生殖機能の低下は「男としての機能を失った」ほどショックなものです。

この原因の多くは男性ホルモン・テストステロンの減少によるものなので仕方ないと言えるでしょう。

しかし60代で年下女性と結婚して子供を授かるケースもあるので個人差は大きいです。

また、勃起不全のためにEDの治療を始めるのがちょうどこの年代でもあります。

■妻以外にセックスを求めてしまう

生殖機能低下の裏で、溢れる性欲処理のために不倫や風俗に出かける60代男性の姿も少なくはありません。

ある探偵事務所では「60代70代の浮気調査の依頼が急増している」と言います。

また60代男性の13%は浮気しているというデータもあり、40代の17%と大きな差がない所から性欲旺盛であるのは確かなようです。

時間とお金にゆとりがある男性ならパパ活の相手に選ばれやすいでしょう。

また、定年後に入ったきっかけで妻にあれこれ指図される生活になり、それが原因で「妻に欲情しなくなる」人もいるとか。

妻側としても過去に誘いを断ってきた人が多いため「仕方ないのかも」と自分に原因を置いてしまうようです。

■自慰行為のためアダルトサイトがやめられない

壮年期を超えて60代になった男性の切実な悩みが「アダルトサイトばかり見てしまう」というもの。

女性には理解し難い内容ですが、60代男性の約半数近くがオナニーをし続けています。

またアダルトサイト詐欺トラブルに遭う60代70代が目立っていると言います。

妻を誘う訳にもいかず、いつまでの減らない性欲にウンザリしている60代男性も中にはいるようです。

60代女性に多いセックスの悩みや傾向

60代夫婦6

では女性の方はセックスについてどう思っているのでしょうか?

体の変化が著しく起きるのもちょうど60代女性の特徴です。

そこで起こりえる性の悩みについて確かめてみましょう。

■閉経してから性交痛がある

セックスに関する1番の問題が閉経してから性交痛を感じてしまっている事です。

閉経した事で膣や外陰部が委縮してしまう、それに伴い膣粘膜も委縮してしまって結果的に「濡れにくい体」になってしまいます。

閉経した50代からセックスレスになり、まさにセカンドバージン状態になっている人が60代女性に多いと言えるでしょう。

■挿入以外のつながりが欲しい

すっかり性欲が落ちた60代女性が望むのは「挿入以外のつながり」です。

それも「ただ髪に触れるだけでいい」と思うほど、夫とのささやかな触れあいに飢えています。

「腕を組んで眠りたい」「抱きしめて欲しい」と願う女性達はとても寂しさを埋めるためにペットを飼ったり、孫のために尽くしたりも。

射精をしない女性にとってのセックス観もまた、男性から理解し難いものなのでしょう。

■今さらセックスなんて考えられない

多くの女性が50歳でセックスを「終結」する傾向にあります。

孫ができた事で「おばあちゃん」と呼ばれ、そこで性欲が落ちる女性も少なくはありません。

夫のEDによって「煩わしい夫婦生活から解放された!」と喜ぶ女性さえいたり。

40代からセックスレスになっている女性であれば、セックスのない生活の方がむしろ伸び伸びとするようです。

60代とセックスする魅力やメリットは?

60代男性3

今さら夫婦生活をする事に抵抗ある人は、60代同士でセックスする魅力を見出してみてはいかがでしょうか。

ひとり身の60代であってもまだまだ恋愛を楽しむべきです。

60代だからこそこんなメリットが得られるのでご紹介しますね!

1.挿入にこだわらない究極のオーガズムを感じられる

60代夫婦7

60代だから最高のセックスができる!という意味の多くは「挿入にこだわらないセックスが楽しめる」という部分を指します。

勃起障害だったり性交痛がある2人だからこそ!愛撫や前戯といった挿入以外のプロセスを楽しむべき。

年齢に合ったセックスがあり射精=セックスでもありません。

セックスから遠のいていた人も「今さらセックスなんて」と思う人も、心のどこかで「もう1度試したい」という願望を抱えています。

欲望を他に向けてしまうのかパートナーに向けてみるか。

ここが2人の別れ道になるでしょう。

2.妊娠や家族に見られる心配から解放される

60代夫婦5

子供もすでに独立してまさに夫婦水入らずの生活が始まるのもちょうどこの頃。

60代になれば妊娠する心配もなく、家族が突然部屋に入って来ないかという心配からも解放されます!

30代40代の頃に経験した「ままならない夫婦生活」を60代になってから取り戻す事もできるんです。

定年退職をした事で明日の仕事を気にせず、思う存分夫婦生活に打ち込む人もいますよ。

若い女性を求めるのもいいでしょう。

しかし熟年離婚になってしまったなんて事になるなら、パートナーともう1度セックスしてみる価値はあるのではないでしょうか。

3.自分の体形に自信がなくても受け入れてもらえる

老夫婦5

30代40代ぐらいまでは自分の体型ばかりに気がいってしまい、それが性欲減退につながる事もありました。

60代になれば体型は崩れているのが当たり前です。だから受け入れてもらえるのも60代の良さ!

だからこそこの年代が大切にしたいのが見た目よりも肌なじみ。

若い頃とは変わってしまったとは言え、肌を重ねた時の安心感は他には代えられないはずです。

むしろ若い子には恥ずかしくて見せられないと感じてしまうのではないでしょうか。

そのために必死に鍛える男性もいるほど、若い女性の前では見栄を張るのが男性の本能ですが、無理をする事で体はもちろん金銭的にも問題が起きやすいのもこの年代の特徴です。

60代になってから出会った相手にも同じ年代だから理解し合えるものがあります。

60代のセックスの楽しみ方5選

60代夫婦8

身体の問題を抱える60代には、60代に相応しいセックスがあります。

セカンドバージン状態の女性でも自分に合ったセックスによって今まで以上の快感が訪れるでしょう。

夫や妻と「もう1度やり直したい」と考える人はこんなセックスの楽しみ方を提案します!

1.精神的なつながりを優先した2人の世界を楽しむ

60代夫婦4

60代はまず、これまでのセックスの事を1度忘れましょう。

セックスは挿入だ!と思い込む事もやめるべき。女性は全くそう思っていません。

精神的なつながり求め合うにはこんな行動を取ってください。

まずは抱き合い、体を寄せ合う事から始めます。

裸になるのが恥ずかしいなら服を着たままでも構いません。

手を握り合って眠る夜も受け入れてください。

挿入やオーガズムにこだわらなければ体に問題があってもセックスは可能なんです。

そして幸福感を感じる事でホルモンが増加するので、ジワジワ高まる性欲を感じるでしょう。

もし女性側がうまく濡れたら挿入にトライをして、そうでなければお互いの感部を触れあっていきましょう。

2.潤滑ゼリーをたっぷりつかって痛みから避ける!

60代夫婦3

女性が心底辛くなるのが性交痛を感じた時。

60代女性に提案するのが潤滑ゼリーの使用です!

ドラッグストアでも手に入るので、避妊具と一緒に男性が用意してくれれば喜ぶでしょう。

濡れていないのに挿入された痛みは、例え20代でも耐えがたい辛さです。

まるでレイプにでも遭ったような……心に傷を負う女性も少なくはありません。

トラウマを抱えた事でセックスレスに陥ってしまった女性こそ、人工的ではありますが、しっかり塗れた状態の自分を取り戻すべきです。

だからと言って生で挿入する人も多いですが、感染症を防ぐためにもコンドームは着用し続ける事をおすすめします。

3.自分の「して欲しい事」と「して欲しくない事」を言い合う

60代夫婦2

セックスに抵抗があるのは「して欲しくない事をされるから」ではないでしょうか?

とくに日本人女性は奥手なためセックスへの要望を我慢してしまう所があります。

男性から「ここは?痛くない?」と確認しながら進めてもらう事で痛みから避ける事ができるでしょう。

でも本当にして欲しい事をちゃんと伝える事が大切です。

本当の欲望を伝えた時こそ最高のセックスが待っています!

それが「頭を撫でて欲しい」という可愛い要望だとしても、そこから性欲につながっていくので要望を出すべきでしょう。

それがこれからの夫婦生活がまるでばら色のように目に映るきっかけになるはずです。

4.セックスのために治療に前向きになる

60代男性

「もう年だから」と諦めるより「もう1度」と立ち上がってみませんか?

セックスのために治療を行う60代はとても多いです!

不倫や風俗のためだったりもしますが、パートナーとのセックスももう1度トライしてみましょう!

泌尿器科でEDが認められればバイアグラといった治療薬を処方されます。

女性の性交痛には先ほど言ったような「潤滑ゼリー」や「ゼリー付きコンドーム」の使用が1番。

真剣に改善を望むのであれば、ホルモン補充療法といった選択も。

恥ずかしがらずにまずは医師へ相談しましょう。

5.一緒にお風呂に入って親密度を上げる

60代夫婦3

今さら夫婦生活に誘うには抵抗がある……という人は、一緒にお風呂に入る事からはじめましょう!

セックスブランクがある夫婦ほどベッドの上では照れくさくなるものです。

それなら「たまには一緒に入ろう」とお風呂から誘ってみてください。

お互いの体を見るチャンスでもあり、いい雰囲気になればそのままセックスに持ちこむ事ももちろんOK。

仲のいい夫婦は何歳になってもお風呂を共にすると言います。

ぜひお風呂でのコミュニケーションを試してみてください!

まとめ

セックスはその年代に合わせた行為があり、60代になると挿入にこだわらないことが1番です。

体に問題が出るのは年を取れば自然のこと。

その問題さえも受け入れてみれば、相手の知らなかった部分まで見えてくるでしょう。

熟年夫婦は冷めきってしまうのは普通だと思ってしまうのは良くないです。

たとえ挿入しなくても抱き合える夫婦ならこの先も穏やかな日々が続くのではないでしょうか。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
アダルトの関連記事
噛みフェチとは?噛み癖がある彼氏や彼女の心理を徹底解説!

「恋人を噛みたい」と思ってしまう。 あるいは恋人の噛み癖に困っている人は、なぜ噛みたい欲が湧いてしまうのでしょうか? 噛んでしまう心理を確かめてみると思わぬ心の闇が見え隠れしています! 噛みフェチは一歩間違えればケガを負わ...

渋谷のメンズエステ10選!日本人セラピスト限定のメンズエステを徹底紹介!【口コミも掲載】

毎日毎日働いてばかりで疲れている…そんな人は多いですよね。そんな時は風俗でも行くか!という考えを持っているなら、ちょっとお待ちいだだけませんか?風俗に行くよりも癒しの効果があるおすすめサービスがあるんです! それがメンズエステ! ...

セクキャバってどんな所?実際に女子大生で働いていた私が体験談を交えて徹底紹介!

「セクキャバってどんなところ...?」 風俗に行くほどのガッツはないけどキャバクラよりは癒されたい、そんなあなたにおすすめなのが、セクキャバ! セクキャバって名前は聞いたことあるけどそもそもどんなところ? 女性がすることって何...

変態女の6つの特徴。性癖の例や実際に付き合ったらどうなるかも徹底解説

あなたはセックスをする際、相手の女性に特殊や過激なプレイを要求されて大変な思いをしたことはありませんか? 実はその女性、特殊でアブノーマルなプレイを好む「変態女」と呼ばれる人の可能性があります。 エロい女性が好きな男性ですと...

タイ人のセックスの特徴10選!日本人とは何が違う?男女共にご紹介!

とっても人懐っこくて可愛らしく、美人な人が多いというイメージのタイ人女性。 ハンサムでさっぱりク―ルな男前が揃っているイメージのあるタイ人男性。 タイ人と日本人とでは一体セックスにどのような違いがあるのでしょうか? 日本人...

品川でおすすめの高級風俗14選!ハイレベルな女の子が在籍する高級デリヘルを徹底紹介!

東京駅と並ぶ玄関口として知られている品川。 オフィス街でもありますが、多くのビジネスマンが滞在する地域なのでビジネスホテルが数多く立ち並びます。 地方からの出張で羽を伸ばす方もたくさんいるでしょう。芸能人が移動する際の中...

ウクライナ人のセックスの特徴20選!日本人とは何が違う?男女共にご紹介!

ウクライナは「美女大国」として超有名な国! それも”白人系ブロンド美女が多い”となれば「セックスしたい!」と思う男性もたくさんいるはず。実際ウクライナへ風俗目的で行く男性も数多いものです。 ただ日本人にとってウクライナ人はあまり...

錦糸町でおすすめの高級風俗15選!ハイレベルな女の子が在籍する高級デリヘルを徹底紹介!

たくさんの商業施設が立ち並び、仕事帰りのサラリーマンやOLの姿が目立つ錦糸町。 一見高級デリヘルとは縁のなさそうな雑多な街ですが、キャバクラや風俗、ラブホテル街もあるいい意味でイヤらしい場所です。 その中でも特に目立って...

実際にチャットレディとして働く女がお金や働き方についてカミングアウト!

こんにちは、バニ美です。 ニートだった時期、ひそかにやっていたバイトがあります。 それは「チャットレディ」。 2000年代からあるサービスですが、「いまどきセックステレフォン?」「まだチャットレディなんてあるんだ」と思ったスマ...

【人生に一度】初夜の意味は?新婚初夜を過ごす際の9つの注意点や歴史ある作法について徹底解説

これから始まる新婚生活へ心を躍らせると同時に、気になる「初夜」のこと。 大好きな彼と夫婦として初めて迎える一度きりの夜、ロマンチックな思い出にしたいですよね。 「絶対に思い出に残るような夜にしたい!」「彼と素敵な新婚生活...