• pair-3798371_1920
  • business-3380350_1920
  • people-2557408_1920
  • workplace-1245776_1920

2020/06/23 コラム

逆セクハラとは?逆セクハラだと思われる可能性がある女性の発言や事例11選!

people-2557396_1920

ここ数年、セクシャルハラスメントという言葉をよく耳にするようになりました。セクハラと言えば、どのような行為を思い浮かべるでしょうか?

ほとんどの人は、男性が女性に対して卑猥な発言をしたり、身体を触ったり、プライベートなことを聞いている光景を思い浮かべることでしょう。

しかし、最近は女性から男性への逆セクハラも話題になっています。

今回は、逆セクハラの意味や事例、法律などについて詳しくご紹介していきます!

無意識に逆セクハラをしてしまっている女性も多いですが、法に触れる行為でもありますので、今一度自分の行為を見直してみましょう。

逆セクハラとは?

見せブラ

 そもそも逆セクハラとは一体何なのでしょうか?

逆セクハラとは、女性から男性に行うセクシャルハラスメントのことをさします。

セクハラは異性間でも同性間でも使える言葉です。しかし、男性が女性に行うものという認識が世間で強まってしまったため「逆セクハラ」という言葉が生まれました。

セクハラが社会問題として世間に取り上げられるようになってから数十年が経ち、法律も徐々に改変され、女性が働きやすい社会が確立されてきたと言えるでしょう。

しかし、女性たちが働きやすい環境になった反面、女性たちの男性に対するセクハラ発言も目立つようになりました。冗談で言ったことでも相手の受け取り方でセクハラになり得ます。

逆セクハラ認定される事例6選

次は、逆セクハラ認定される事例を6つご紹介いたします!

女性が働きやすい環境になってきている今、逆セクハラ認定される事例は増え続けています。

こんなこともセクハラになるの!?と思った方は要注意です。今回紹介すること以外のセクハラもしている可能性があるでしょう。

1.極端に露出されてる服で出勤

young-woman-1149643_1920

 極端に露出している服で出勤をするのは男性に対するセクハラに当たります。

最近は、オフィスもカジュアルになってきており、私服で通勤できる会社も増えてきました。

流行も以前と比べると、オフショルダーや肌が透けるレースのトップス、肌が露出するダメージジーンズ、がっつりとスリットの入ったスカートなど、女性らしさを感じる服が流行っています。

ファッションとして楽しむのは良いですが、男性は職場にそういった「女性らしさ」を持ち込まれることを極端に嫌います。仕事は仕事、プライベートはプライベートとしっかり分けたいのが男性です。

実際、男性がきわどい服を着てくるとセクハラとして訴える女性がほとんどでしょう。男も女も関係ありません。あくまでも仕事をする場所なので、カジュアルすぎない服をチョイスしましょう。

2.体を触らせようとしてくる

pair-3798371_1920

 男性に身体を触らせようとするのもセクハラに当たります。

ほとんどの仕事では、仕事中に仲間とプライベートな話をすることがあるでしょう。世間話をしているときに、「あたし冷え性なんだよね。触ってみて。」などと発言し、無理矢理男性に自分の身体を触らせようとするのはセクハラに当たります。

相手に好意があってやっていたとしても、相手も女性に好意があるとは限りません。相手が嫌がるそぶりを見せたのであればやめるのが社会人のマナーです。

職場での過剰なスキンシップは周りの迷惑にもなり得るので辞めた方が良いでしょう。男性だけでなく周りへのセクハラにもなり得ます。

3.下ネタ言う、下ネタを言わせようとしてくる

cheers-2636510_1920

 飲み会などでテンションが上がってしまったときにありがちなのが「下ネタを言う、下ネタを言わせようとする行為」になります。

例えば、「○○くんって、絶対Mだよね」などです。相手が否定しているのに、「絶対Mだって~!」などと強引に押しのけてしまえば100%セクハラになります。

その他にも「○○くんって、彼女いたことあるの~」「童貞っぽいよね~」などの発言もセクハラに当たる可能性があるので気をつけましょう。自分が言われて嫌なことは男性もいやなのです。

男性は全員下の話は好きと考えがちですが、そういうわけではありません。人間である以上、人それぞれ感じ方は違うのです。男だから、女だからではなく、その人個人のことを考えて発言するのが最低限のマナーでしょう。

4.男性だけに異常に厳しい

tv-3774381_1920

 男性にだけ異常に厳しいのもセクハラに当たります。

「男は男らしくいなければいけない」「女は女らしくいなければいけない」という考えは、現代においては古い考えになります。

もちろん、男性が男性を追求するのは自由ですし、女性が女性を追求するのも自由です。しかし、それを他人に強要してしまってはセクハラになるのです。

「男なんだから重い荷物もってよ」「男なんだから泣かないでよ」「男なんだからこれくらい余裕でしょ」などという発言は、男性の心を酷く傷つける可能性がありますので、冗談でも言わないように気をつけましょう。

5.身体を触る

people-2589818_1920

言わずもがな、相手の身体を触るのもセクハラに当たります。

男性から女性の身体に触るのは駄目だけど、女性から男性に触るのは有り。なんてことはありません。女性も男性の身体に勝手に触れるのはいけないことなのです。「え~○○くん筋肉すごいね」などといいながら胸板を触るのはもってのほかです。

過去にSNSで「女ってすぐ筋肉触ってくるよね。俺らが胸触ると怒るくせに」と言った旨の投稿がバズったことなどから、スキンシップが激しい女性は意外と多いと言えるでしょう。

他人の身体に許可なく触れることは同性であっても怒られてしかるべきなのです。行動には気をつけましょう。

6.プライベートなことを根掘り葉掘り聞く

people-2557408_1920

男性のプライベートなことまでズケズケと踏み込むのはセクハラに当たります。

彼女の有無や、恋愛に対する価値観、結婚に関する価値観についての話題などがそれに当たるのです。また、無理に恋愛や結婚の価値観を聞き出した上にそれを批判してしまうのもありがちなセクハラになります。

男性のプライバシーはもちろんのこと、自尊心もへし折ってしまう行為になりますので、自分の好奇心を満たしたいためだけに無理強いをするのは辞めましょう。

恋愛に限らず、過去のことなど相手が言いたくない話題全般を問いただすのがセクハラになります。

逆セクハラだと思われる可能性がある女性の発言5選

 次は、逆セクハラになってしまう女性の発言をつご紹介していきます!

これから紹介するような内容を頻繁に口に出してしまっている女性は、自分自身を見つめ直す必要があるでしょう。息をするように男性の心を傷つけている可能性があります。

1.「まだ彼女できないの?」

噛む

 「まだ彼女できないの?」としつこく何回も言ってしまっている女性は要注意です。

更に、「仕事で失敗するから彼女できないんだよ」「いつになったらできるの?」「○○さん(同じ部署の独身女性)と付き合えば?」などというのも逆セクハラになりますので注意してください。

最後のような他人を巻き込む発言は、女性から男性のセクハラのみならず、女性から女性のセクハラにもなってしまいます。

心のないセクハラ発言をされても、大半の人は表面上は笑っていることでしょう。しかし、心では涙を流しているに違いありません。

2.「男なんだからしっかり働いて!」

business-3380350_1920

 「男なんだからしっかり働いてよ」というのも逆セクハラになります。

「男だから」しっかり働くのでしょうか?違います。男性も女性もみんな平等です。働いても良いし働かなくても良いのです。しっかり働くのは何も男だけに限った話ではありません。

男に生まれただけでしっかり働かなくてはいけないのは理不尽ですよね。そういった「理不尽」なことを言ってしまうのも逆セクハラのひとつになります。

また、先ほども書いたとおり、現代においては「男だから」「女だから」「男の癖に」「女の癖に」という考えは古いです。他人に自分の価値観を強要しないようにしましょう。

3.「服装ダサくない?ちゃんと買った方がいいよ」

youtuber-2838945_1920

 相手の服装のや髪型、顔のことを指摘するのも逆セクハラになりますので注意しましょう。

「服装ダサくない?」と言われて嬉しい人がどこにいるでしょうか。髪型を馬鹿にされたら恥ずかしいですし、外に出るのも億劫になってしまいます。また、生まれながらの顔を否定してしまうのはもってのほかです。

本当にその人の服装や髪型がダサい場合は、その人自信に、「何故その服装と髪型なのか」を問い、その上で「こっちの方が似合うよ」とアドバイスした方が良いでしょう。

わざわざ人を傷つける言葉を使う必要はありません。

4.「給料いくら貰ってんの?男なら奢ってよ」

mm_issenman_tameru_20161225

 給料のことを聞いたり、男性に奢らせるのも逆セクハラに当たります。

「給料いくらくらい入ってるの?」と聞いた時、男性が言葉に詰まったのであれば、それ以上は聞かないのが社会人のマナーになります。彼氏彼女でもありませんし、深く追求するのはいけません。

また、男性だからといって奢らせるのもセクハラになります。

いつも奢られる立場にいるのは女性と考えている人はバブル世代を最後にしましょう。今の時代は、男性も女性も働きやすい企業がたくさんあります。女性より男性のほうが給料が高い時代は終わりです。

今は女性のほうが男性よりも稼いでいる場合も多くありますし、給料は人に寄ります。男だから、女だからという考えの基、男性に奢って貰おうとしたりするのは御法度です。

ましてや、男性の給料を馬鹿にするのであれば確実にセクハラになります。

5.「太った?」or「痩せた?」

adult-1867051_1920

女性に対して体重や年齢を聞いたり、「太った?」と聞くのは失礼と言った言葉がありますが、男性に対しても失礼に当たります。

太った、痩せたなどの体型に関わること以外にも、人の容姿に関わることを発言するのはセクハラに当たるのです。

また、体型に関するセクハラ発言に至ってはプラスアルファで「お触り」がついてくることがほとんどでしょう。相手の二の腕をわしづかみにしたり、相手のお尻を触ったりするのはもってのほかです。

自分の言動が俗に言うセクハラ親父のソレということを自覚しましょう。

男性にもプライバシーはありますし、痩せた太ったをいちいち口に出されるのは不快以外の何者でもありません。

逆セクハラも立派な法律違反!

workplace-1245776_1920

 セクハラは法律違反と言うことを知っている人は多いかと思います。

逆セクハラも立派な法律違反であると言うことを知っていましたか?

 事業主は、職場において行われる性的な言動に対するその雇用する労働者の対応により当該労働者がその労働条件につき不利益を受け、又は当該性的な言動により当該労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない。

出典:雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律

このような法律が定められています。

要約すると、男性から女性へのセクハラはもちろんのこと、女性から男性へのセクハラも法律違反になるということです。同性の間でもセクハラは成立しますので、注意をしましょう。

いくら冗談のつもりで言ったとしても相手がその気になればあなたは不利です。

セクハラは、相手の自尊心を酷く傷つけますし、精神的に追い詰め、自殺に追い込んでしまうほどの力を持っています。

自分自身が知らず知らずのうちにセクハラをしていないのかを客観的に見直しましょう。

 


まとめ

逆セクハラは、知らないうちにしてしまっていることが多いです。傷をつける方は何の意識をしていなくても、傷つけられた方は一生治らない深い傷を負うことでしょう。

仲の良い男性や後輩にしがちな、ちょっと行きすぎた発言は、相手の心を傷つけている可能性が高いです。表面上は笑って流していても、肺が締め付けられるよな鈍い痛みを感じているかもしれません。

自分が言われて嫌なことはしない。

簡単なことですが、仲の良い人にほどしてしまいがちです。親しき仲にも礼儀あり。自分は自分、他人は他人。男性だから心が強いと言うこともありませんし、女性だから心が弱いと言うこともありません。

自分自身の偏見を取り除き、自分自身の発言に責任を持ちましょう。

また、女性から男性に対するセクハラは、自分よりも立場の弱い人や、気の弱そうな人にしてしまう傾向があります。自分の中で少し下に見てしまっている男性がいるとするならば、その人と接するときには十二分に注意してください。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
コラムの関連記事
ボスキャリ(ボストンキャリアフォーラム)は就活生の帰国子女枠!?その実態と2020年の最新日程

時々、「ボスキャリ」って言う言葉を耳にしませんか? ボスキャリ=ボストンキャリアフォーラムのこと。 簡単に言えば、『バイリンガル向けの就職選考会』のことですが、即内定が出るんだとか?! 選考基準は?対象者は?など、詳しく見ていきま...

【完全保存版】探偵へ依頼する時の料金・費用の相場はいくら?基本の3つのプランや注意点など徹底解説!

「探偵に依頼したいけどどれだけの料金がかかるんだろう」「料金が高くついてしまうのではないかと心配」と、依頼することを迷った事はありませんか? 確かに探偵と言えばなんだか料金を高くとられてしまうのではないかと不安になってしまいま...

【金欠カップルにおすすめ】節約デートプラン20選をご紹介!コスパよく楽しめるスポットを大公開!

思い出に残るデートはしたい!しかしお金がない…と嘆いているカップルの方いませんか? 確かにお金があればゴージャスなデートはできますが、そうじゃなくても素敵なデートはできるんです。 ちょっとした工夫やリサーチで、通常のデー...

神戸で暇つぶしができるスポット20選!1人or友達と時間潰しできる場所を徹底紹介!

異人館など少々日本離れした雰囲気が魅力の港町、神戸。 横浜のようにお洒落なイメージがある神戸には、時間があれば行ってみたいスポットがたくさん! また、神戸にあるお店はどこをとってもお洒落で雰囲気抜群! デートでも1人でのお...

渋谷で暇つぶしができるスポット20選!1人or友達と時間潰しできる場所を徹底紹介!

ショッピングスポットや飲食店があふれる街、渋谷。 若者を中心に様々な人が集まり、いつでも活気にあふれています。 そんな渋谷は待ち合わせでもよく使われ、渋谷で暇をもてあますこともしばしば。 そこで今回は渋谷でおすすめの暇つぶ...

簡単に稼げる裏バイト20選!募集場所、求人元まで解説!男性向け、女性向けの闇バイトもご紹介

「短期間で簡単に稼げる裏バイトってないの...?」 「稼げたら何でもいいから闇バイト紹介して...!」 世の中にはそう思っている人がたくさんいます。 そんな人におすすめなのが、裏バイトです! 普通の求人では得...

札幌のおすすめのワインバー15選!飲み比べもできるコスパ抜群のワイン飲み放題まで徹底紹介!

北海道の中心地、札幌。グルメも観光スポットも宿泊施設も、全てがぎゅっと集まった北海道の大都市です! そんな札幌といえばジンギスカンや六花亭などといった北海道グルメを想像する方もおおいでしょう。 もちろんそういった定番グルメもあり...

【完全網羅】振られるの夢の3つの意味!出てくる理由やシチュエーション別21パターンを徹底解説

「振られる夢を見たけどこれって大丈夫なのかな?」、「好きな人に振られる夢を見たから現実でも振られちゃうのかな?」 と心配になった事はありませんか? 誰かに振られてしまう夢を見たらなんだか不安になってしまいますよね。 そ...

宮崎のスポーツバー9選!試合観戦に超盛り上がるスポーツバーはココ!

観光地としても有名な宮崎県ですが、多くのスポーツ選手を輩出している県でもあります。 現役プロ野球選手の武田翔太選手や下園辰哉選手。 その他にもプロサッカー選手や力士、柔道家などあらゆるスポーツ選手を輩出しています。 そんな...

【旦那にイライラ】旦那が嫌いな理由22選!逆に旦那から嫌われる理由、ストレス解消方法まで解説!

旦那が嫌でたまらない!って感じる女性が増えている。 なぜ、そのような現象が起こってしまうのでしょうか? 理由は意外なところに隠れていたりします。   この記事では、旦那を嫌ってしまう理由とそのストレ...