• 指
  • アイス
  • りんご飴
  • 女性とベッド

2019/11/06 アダルト

【完全攻略】気持ちいい乳首の舐め方16選!最高の快感を与えるコツや注意点まで徹底解説

お菓子

「感じるまで乳首を舐めたい」「舐めのテクで相手を唸らせたい」

…あなたはそんな夢は持っていませんか?

実際に、乳首だけでイかせることなんて出来るの?…なんて声が聞こえてきそうですが、結論から言えば可能です。

もちろん、長期間の開発は必須ですが将来的にはそのようなことも出来てしまいます。それだけのポテンシャルを乳首は持っているんです…!

この記事では、乳首の基本の舐め方から快感を与えるテクニックまで詳しく解説していきます。

読めばあなたも乳首舐めマスターになれることは間違いありません!

乳首の舐め方の基本!使う場所は3ヵ所

3本

まずは乳首を舐めるにあたり、基本となる部分から説明していきます

乳首を刺激するのに使う部位はズバリ「舌」「唇」「歯」の3つ。

これらを巧みに使い分けることで、最高の刺激を相手に与えることができるのです。

ここでは、この3ヵ所についての解説をしていきますね!

スタンダードなのは「舌」

りんご飴

まずは最も基本となる、舌です。乳首舐め、というくらいなので舌を使うのは当然ですよね。

舌と一言で言っても、その使い方は多岐に渡ります。
舌先・舌奥・舌全体・舌の裏…使う位置によっても与えられる刺激は大きく変わります。

使うポジション・舌への力加減・スピードなどを上手に組み合わせ繰り出すことで、相手に最高の快感を与えることができるのです。

たかが舌、されど舌。生かしきれるか否かは使い手次第です!

柔らかなアクセントに「唇」

唇

乳首舐めに必要な場所は舌だけではありません。唇も乳首舐めの時には立派な武器となるのです。

イメージすべきはキスですね。優しく口づけするように、また時には軽く挟んでハムハムしたり…唇の使い道も非常に豊富です。

プニプニとした唇の感触も、敏感な乳首からすれば心地よい刺激となります。

乳首舐めというと、どうしても舌ばかりを使ってしまいますがアクセントとして唇も活用してみてください。

時には鋭い刺激を!「歯」

歯

最後の武器は、歯です。もちろん、思い切り噛み付いたりしてはいけませんよ。

舌・唇と柔らかい刺激が続く中、歯で軽く引っ掛けるように刺激を与えることで、体が跳ねるような快感を相手に感じさせることができます。

いうならば乳首舐めの隠し味的ポジションですね。ずっと続く緩い刺激への突然の刺客です。

飽きを感じさせないという、大きな役割を担っているのです。

【男女共通】乳首の気持ちのいい舐め方16選

花火

乳首舐めに必要な3つの部位を理解したところで、早速詳しい乳首の舐め方をご紹介していきます。

ここで紹介するテクニックは全部で16個。全てをマスターして、使いこなせるようになった頃にはあなたは乳首舐めマスターとなっていることでしょう。

ぜひ、その称号を名乗るにふさわしいテクニックを身につけてください!

それでは、早速やり方を見ていきましょう!

 

まずは吐息で感度を高める

女性とベッド

乳首舐めもいきなり舐めてしまっては面白くありません。まずはゆっくりと吐息をかけて焦らしていきましょう。

乳首から感じる生暖かい空気は、これからの乳首舐めへの期待を大きく膨らませます。舐められそうで、舐められない時間のドキドキ感を思い切り演出しましょう。

相手の期待が限界まで高まってきたところで次のステップへと進みます!

乳首ではなく乳輪を舐める

麦わら帽子

散々吐息を吹きかけて焦らした次も、まだ乳首は舐めません。次は乳輪を舐めて焦らしていきます!

絶対に乳首には触れず、乳輪だけをひたすらに舐め回します。ここですぐに乳首に触れてしまっては面白くないのでじっくりと焦らして感度を高めていきましょう。

乳輪の周りにある、ポツポツを一つずつ押しつぶすかのように蹂躙していきます。

相手の頭の中が「早く乳首を舐めて欲しい…!」という欲望でいっぱいになるまでこの作業を続けます。

舌先で乳首を突く

看護師

散々焦らされて、乳首もビンビンに立ってきたらいよいよ本体に触れていきます!

最初は舌先で乳首を突くような動きから始めましょう。
まずは舌を出して、出来るだけ硬く尖らせます。

そして、その状態のまま乳首をピンポイントで突くように刺激をします。

この動きは乳首の表面全域に刺激をするというよりかは、少ない接地面で衝撃を与えるようなイメージです。

瞬間的な快感を与えて、乳首の神経を呼び覚ましましょう!

舌全体でねっとりと舐める

女子高生

続いての刺激方法は、舌全体でねっとりと舐めあげる方法です。先ほどの舌先で突く動きが瞬間的な刺激だとすれば、今回の刺激は継続的な刺激になります。

舌の表面の感触を乳首から伝えるようにしつこ〜く舐めていきます。

そうすればザラザラとした感覚と、唾液のヌメヌメとした滑る感覚を大いに味わわせることができるでしょう。

相手もじっくりと隅々まで舐められることで、乳首全体の感度も爆上がりしていること間違いなしです。

唇でついばむ

アイス

続いては唇でついばむようにするやり方です。まるで小鳥がくちばしで木の実を食べるかのごとく、乳首をハムハムとついばみます。

舌よりは柔らかく、はっきりとした感覚を与えることが出来るので舐める動作の後に行えば良いアクセントとなるでしょう。

この時、唇か乾燥していると不快な痛みを与えてしまうこともあるので、事前のリップでの保湿は忘れずに。

万年唇カサカサな筆者のオススメはDHCの薬用リップクリームです!

舌先でチロチロと転がす

猫

またまた舌に戻り、今度は舌先でチロチロと転がしてみるのも良いでしょう。

乳首を小さな飴に見立てて、色々な方向へと優しく動かしてみてください。

最初のうちはこちょこちょとした動きがくすぐったく感じるかもしれませんが、徐々にその感覚は快感へと変わっていきます。少しずつ、飴を溶かすように細かく舌を動かしましょう。

豆知識ですが、くすぐったいという感覚と感じるというのは非常に密接な関係があります。

くすぐったいと思う場所は未来の性感帯であることも併せて覚えておきましょう!

じっくりと舌先で舐め回す

アイス

舌先でチロチロと転がしたら、更にレベルアップして今度は思い切り舐め回していきましょう。

先ほどよりも、より精密に細かいところまで狙って舌で刺激をしていきます。

乳首にも部位が存在します。乳首の先端、根本の部分…などなど刺激をする部位によっても相手の得る快感は変化します。

「乳首」という1パーツで捉えて舐めるのではなく、乳首の中でも更に分割して刺激を与えられるとより上級者へとなれますよ。

ぜひ、舐める時には意識してみてください!

乳首を吸いながら舌でなぶる

赤ちゃん

母乳を飲む赤ちゃんのように、乳首を吸ってみるのもアリです。しかし、ただ吸うだけでは相手には快感を与えることはできません。

確実に感じさせるためには、吸いながら同時に舌でなぶる必要があります。

吸引によって引っ張られた乳首は、通常時よりも敏感な状態となっています。

そこで、舌でなぶることによって普通に舐めるよりもより強い刺激を与えることが出来るのです。

その快感に、思わず声を上げてしまう方もいるかもしれません。

乳房を吸いながら乳首をスライドする

窓際

こちらは少し変わったテクニックになります。まずは直接乳首には吸い付かず、乳房に吸い付きます。

そのまま口を乳首にスライドすることでシュボッと吸い込むことができます。イメージとしては掃除機ですね。

うっかりカーテンの端を吸い込んでしまった時みたいなアレです(笑)

された相手は一瞬何が起きたか分からず、突然の快感にびっくりすることでしょう。

女性、もしくはふくよかな男性にのみ出来る高等テクとなります。ぜひ試してみてください!

チュウチュウと吸い付く

ストロー

とにかくシンプルに、チュウチュウと吸い付くだけでも良いでしょう。

された相手はまるで授乳を行っているような気分にもなり、母性本能が湧いてくるかもしれません。

ああ、赤ちゃんが生まれたらこんな感じなのかな…なんて想像も湧くので、将来を考えている相手にはぜひ試してみてください(笑)

吸い付く際には、思い切り強く吸い付くことがポイントです。時折、「痛くない?」などと声をかけながら行えればなお良いですね。

指でコリコリとつまみながら舐める

花びら

乳首を舐める時には同時責めもとっても重要です。
片方の乳首はコリコリとつまみながら、もう片方の乳首は舐めながらなんていう方法も良いでしょう。

されている側は同時に襲ってくる別々の快感に、メロメロになってしまうこと間違いなしです。

舐めるだけだと絶対に片乳首はお留守になってしまいますが、それではもったいないですよね。

活かせるものはしっかりと有効活用していこうじゃないですか。せっかくの乳首舐めです、出来る限りの快感をプレゼントしてあげましょう!

乳首を甘噛みする

いちご

ここまで舌と唇でのゆったりとした刺激を与えてきたところで、新たに歯での刺激を与えましょう。

軽く歯を立てて、乳首を甘噛みします。
この時の力加減はごく弱く、乳首に歯が当たるくらいにしましょう。

思い切り歯を立てれば当然痛みを感じさせることになるので、相手の表情を伺いながら慎重に進めます。

痛みと気持ちよさの間くらいを目標に、力をコントロールしましょう!

服の上から舐める

セクシー

ここからは少しだけ特殊な乳首舐めのテクニックとなります。まず、オススメするのが服の上から舐めるという方法です。

「直接舐めずに、服の上から…?」という疑問を抱く方もいらっしゃることでしょう。しかし、布を一枚挟むだけで、全く違う刺激を与えることができるのです。

布の上から唾液を滲ませて舐めるというシチュエーションは、今までにない興奮を与えます。

この時の服は、キャミソールや薄手のTシャツ・ヒートテックといったような生地のものがオススメです。

分厚すぎても乳首にまで刺激が届かないので、状況に応じて工夫してみてください。

注意点は、あまり必死になって舐めると口の中の水分が全て生地に持ってかれます。すぐに水分補給は出来るようにしておきましょう!

好きなものを塗ってから舐める

ドーナツ

ただの普通の乳首を舐めるだけでも良いのですが、舐める側からすれば少しつまらないですよね。

そこで、乳首舐めをする側も楽しめる工夫として、乳首になにかトッピングをするというアイディアをおすすめします。

例えば、はちみつやチョコレート・練乳などを塗ってみれば一気に楽しさは倍増します。まさに舐めて美味しい・責めて楽しい乳首の完成です!

舐める側はどうしても退屈になりがちな乳首舐めですが、このような要素を加えることでお互いに満足のいくプレイとなるでしょう。

もっと快感を得るために!乳首の舐め方のコツ

ハート女子

ここまでは、基本的な乳首の舐め方を紹介してきました。ここからは、もっと気持ち良さを与えるコツを紹介していきます!

乳首の舐め方ももちろん大切なのですが、舐める以外の部分でも快感というのは大きく変化します。

少しの工夫でそこまでの効果が期待できるのであれば、やらない手はないですよね。

ここでは、簡単に出来る乳首舐めの時のチョイ足しテクニックをご紹介します。

ぜひ、乳首舐めをする際には試してみてくださいね。

乳首は上半身の性器だと思う

メガネ

「たかが乳首でしょ?」なんてくらいの認識を持っている方もいるかと思いますが、それでは甘いです。

乳首は上半身の性器だと思って刺激をして下さい。異性の性器を刺激する時には、誰でも丁寧に刺激をするかと思います。

乳首も性器と同じくらい、手を抜かずに力を入れて刺激をしましょう。

じっくりと舐めれば舐めるほど、乳首の性感帯も開発されていきます。丁重な扱いを心がけましょう!

すぐには刺激を与えずに焦らす

寸止め

乳首を舐める時に限らずセックス全般に言えますが、すぐに刺激を与えないのが鉄則となります。

すぐに得られる快感も悪くはないのですが、やはり焦らしがあるほうがより引き立つものです。

限界まで引っ張り、期待をさせてから本命の刺激を与える…たったこれだけのことですが、一気に得られる快感というのは増えます。

また、焦らすことによって体全体の感度もあげることができるので、普段すぐに本命の刺激を与えてしまっている方は是非取り入れてみてください。

たっぷりの唾液で濡らす

よだれ

乳首を舐める時には、唾液をたくさん出すことも大切なポイントです。たっぷりの唾液は、ローションの代わりにもなります。

全体をヌルヌルにすることで、舐めた時の摩擦も減るのでより快感に集中することができます。

唾液でテラテラと艶めく乳首も非常に官能的で、見た目でも楽しむことができるでしょう。

あまり唾液をつけるのは…と遠慮してしまう方もいるかと思いますが、セックスの場ではそのような心配は不要です。

酸っぱいものでも頭に思い浮かべて、思い切り濡れ濡れにしちゃいましょう!

舐めながら相手の目を見つめる

見つめる

ついつい目の前の乳首を舐めることに夢中になってしまうかもしれませんが、時折相手の目を見つめるのも有効です。

やはり、セックスの最中に相手にジッと見つめられるのは男女問わずグッとくるものです。不意に目線だけあげて上目遣いで見ればもうイチコロでしょう!

乳首を舐めているところを至近距離で見られるのは少し恥ずかしいかもしれませんが、盛り上がることは間違いありません!

ぜひ、シャイな方こそ試してみてくださいね!

乳首を口に含みながら音を立てる

アイス

乳首を口に含んだ状態で、音を立てるのもオススメです。興奮を促す要素というのは、何も視覚や触覚だけではありません。聴覚でも感じ取ることは出来るのです。

ピチャピチャという唾液の音は、自分の乳首を舐められている状況をより際立てます。最近はASMRという音声も話題ですし、ここは流行りに乗っておきましょう(笑)

また、乳首を口に含んだまま相手に声をかけるというのも良いでしょう。

喋ることで、より複雑な舌の動きと振動を乳首に与えることが出来ますよ!

舐める以外に!オススメの乳首の刺激法

手を伸ばす

ここまでは乳首を舐める方法を徹底的に紹介してきましたが、乳首を責める方法は舐める以外にもたくさんあります。

シンプルに手で触ってみたり、道具を使ってみたりなど。舐める動きと同時に行うことができるものも多くあるので、ぜひ組み合わせながらも試してみてください!

ここでは、オススメの刺激法を5つご紹介していきます!

ソフトに乳首を触る

ちょうちょ

まずは、定番の指で刺激をする方法です。指というのは、非常に複雑な動きをすることができる部位でもあります。

より、確実な刺激を与えるのであればぴったりでしょう。先ほどのコツの章でもお伝えした通り、乳首への刺激は焦らしが大切です。

まずは触れるか触れないかのフェザータッチから初めて、徐々に撫でる時の圧力も強くしていきましょう。

刺激の時、イメージして頂きたいのはグラデーションです。少しずつ、少しずつ力に変化を与えていくのがポイントです!

指でつまんで弾く

デコピン

ソフトな刺激を思う存分し尽くしたら、指でつまんで弾くのも良いでしょう。

この時にもいきなり思い切りデコピン!するのではなく、指先でツンツンと突くことから始めてください。

相手の様子も確認しつつ、「大丈夫?」「気持ちいい?」などとこまめに聞きながら徐々に刺激も強くしていきます。

その弄ばれるような刺激に、相手も思わずピクピクと感じてしまうことでしょう。

乳首は非常にデリケートな場所です。調子に乗って激しくいじめすぎると嫌がられてしまうこともあるので、配慮は忘れずに。

洗濯バサミで挟む

洗濯バサミ

道具を使っての乳首責めとして、洗濯バサミで挟むなんて方法もあります。

少々SM色が出てきますが、より強い刺激を追求する方には非常にオススメです。

洗濯バサミで挟む最大のメリットはハンズフリーで乳首を責められるという点です。

挟んでしまえば、その間は洗濯バサミが勝手に刺激をしてくれるので他の場所だって責めることができます。

洗濯バサミがない場合には、ヘアピンなどでも代用が可能です。手軽にSM気分を楽しむことができる、洗濯バサミ責め…一度は試してみる価値ありです!

筆でくすぐる

化粧

よりソフトな刺激を与えるのにオススメなのが、筆です。指では再現できない独特の感触は、敏感な乳首を責めるのには最適。フェザータッチも簡単に出来てしまいます!

オススメは、書道や絵の具で使うような筆ではなく女性の化粧用のブラシです。

特に、ダイソーにて発売されている「春姫」シリーズは毛の密度も高く、滑らかで気持ちのいい刺激を与えてくれるでしょう。

乳首なので、細い筆をチョイスしてくださいね。ぜひ、ダイソーに行った際にはチェックしてみてください!

他の性感帯と同時責めする

指

乳首を責める時には乳首だけを責めるのではなく、別の場所も一緒に責めることをオススメします。

例えば、乳首を舐めながら性器を触ったり、ディープキスをしながら乳首をこねくり回したり…。

乳首は比較的どの部位を責めていても手が届きやすいので、同時責めにはぴったりです。

他の場所を責めている時、手持ち無沙汰に感じた時にはぜひ乳首のことを思い出してください!

乳首を舐める時の注意点

バツ

乳首を舐めるに当たって、いくつかの注意点があります。

いくら舐め方のテクニックがあったとしても、その状況に応じた対応ができなければ相手を満足させることは出来ません。

相手の気持ちを汲むことも含めて、テクニックです。単なる刺激を快感か不快感にするかはあなた次第となります。

ここでは、特に頭に入れておきたい3つのテクニックについて紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

感度はその日の体調によって変化する

女性

まず、乳首の感度というもには日によって変化します。ある日はすごい感じるのに、ある日は全く感じない…なんてことも日常茶飯事です。

なので、相手が前回よりも感じていないからといって、ガッカリしたりする必要はありません。

「今日は感じない日なのかな」くらいの認識で、その日は潔く乳首舐めは諦めるのも一つの手でしょう。

人間なので、日によって体調や感度が変化することは何もおかしくありません。

その日の相手にあった責め方ができれば、あなたも上級者でしょう。

力の加減に気をつける

猫

乳首は非常にデリケートな部位です。

つい、力を入れすぎてしまいがちですが、相手からすれば堪ったものではありません。特に激しく責める際には細心の注意を払いましょう。

歯を使った刺激を行う時な、自分が思っている以上に力が加わってしまうこともあります。

顎の力の強さを忘れずに、最初のうちはごく弱い刺激から始めましょう。

また、刺激の最中にも相手の表情は常に伺い、痛がっていないかなどを敏感にキャッチすることも大切です!

しつこく責めすぎるのはNG

顰蹙

相手が喜んでいるように見えても、しつこく責めすぎるのはNGです。乳首舐めはあくまでセックスの前戯にすぎません。

そこであまり体力を使っても、本番に使う分がなくなってしまいます。

挿入までの気持ちを盛り上げる手段だと考えて、ある程度楽しんだら次の刺激へと移行させましょう。

また、乳首舐めというのは長時間すれば気持ちがよくなるものではありません。

その時に長い時間責めるよりも、長期的に少しの刺激を与え続ける方が開発にはずっと繋がります。

継続は力なり、まずは短時間からの責めで徐々に性感帯を完成させていきましょう!


まとめ

いかがでしたか?
乳首の舐め方一つとっても、非常に色々なやり方があります。乳首舐めとは、奥の深い世界です。

可能性は無限大、これからいくらでも性感帯として成長していくことでしょう。

テクニックを極めて開発さえすれば、そのうち乳首だけでイかせてやることだって可能です。

ぜひ、パートナーに新世界の幕開けを見させてあげて下さい。

たかが乳首くらいだと思って文字通り舐めていた方も、ぜひこれを機に考えを改めて下さいね!

この記事が、あなたの乳首舐めスキルを向上させるのに役立ったのであれば幸いです!

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
アダルトの関連記事
【ムラムラを誘う】フェロモン香水って効果あるの?男性用、女性用共におすすめをランキングでご紹介!

思わずドキッとしてしまう香水の匂いってありますよね? 特別意識をしていない異性でも、いい匂いを嗅ぐと思わずその姿を追いかけてしまうのは私だけ?(決してストーカーではありませんww) もしかしたら、魅了される匂いの元は「フ...

【目覚めスッキリ!】朝オナニーで得られる9つの効果!男女別のメリットも徹底解説!

あなたはいつも夜にオナニーをしてはいませんか? 夜は気持ちにも余裕があり、ゆっくり過ごせてオナニーにももってこいの時間ですよね。 しかし、オナニーは朝に行うことで真価を発揮するのです。一体朝にオナニーを行うことで、日々に...

スウェーデン人のセックスの特徴20選!日本人とは何が違う?男女共にご紹介!

「世界はまだまだ広いな」と思わせるほど、驚きのセックス観を持つスウェーデン。 セックス満足度が最高水準!という気になる事実が判明しています! 「フリーセックスの国」として有名ですが、ただ性に解放的なだけいう意味ではありません。 ...

愛人になりたい!その方法や見つけ方から体験談までを紹介!

愛人と言えば、昨今のニュースで紀州のドン・ファンが愛人に30億円も仕様して世間を賑わせてました。大金持ちが複数の愛人を作ってお金を振りまくのは今に始まった話ではなく、大昔から小金持ちから大金持ちまでが世間一般的に行われています。今回は、愛人...

【完全対策】ヤリモク男の特徴13選!LINEの特徴や回避方法まで徹底解説

「やたらとボディタッチが多い」「それほど親しくないのに必要以上に褒められる」という経験をした事はありませんか? それは彼がヤリモクであなたに近づいているからかもしれません。ヤリモクの男性にコロッと乗せられてしまっては女の名が廃...

【完全保存版】女性が男性に膣キュンする15の瞬間とさせる方法!どんな感覚なのか徹底解説!

あなたは膣キュンという現象をご存知ですか? 「胸キュンではなく…?」「膣キュン…?」ピンと来ない人から、なんとなく分かる方までそれぞれでしょう。 膣キュンとは、女性が萌えを膣で感じた時に起こる現象の事です。まさに胸キュンの膣...

童貞卒業!最近、卒業した私のエピソードと方法をカミングアウト

「童貞」、またの名を「チェリーボーイ」 それは、モテない男たちの非常に悔しいレッテルであり、あだ名でもあります。 童貞って悩みは卒業するまで、延々に尽きないものです。 0か1の差って大きいですよね。私も最近まで童貞でし...

【完全保存版】ディープキスが好きな男性の5つの心理!本気じゃない女性にキスをする時の心理も徹底解説

愛を確かめ合ったり、愛を伝えるための素敵な行為であるディープキス。 ほとんどの人がキスをしたことがあるのではないでしょうか? 女性は唇が触れ合う軽くソフトなキスを好む人が多いですが、男性はキスの中でも舌を絡め合う濃厚なデ...

キツマンの特徴と見分け方を徹底解説!痛みを感じさせないコツまでご紹介!

「セックスするとき、おまんこがきつくて入らない!」 「きついのは気持ちいいけどすぐにイッちゃう…。」 なーんて頭を悩ませることもある、キツマン。 今回はそんなキツマンについて詳しくご紹介します! キツマンの女...

【超激しい】クロスキスのやり方と2つの注意点!おすすめのシチュエーションも徹底解説

普段何気なくしているディープキスですが、実は沢山の種類が存在して、それぞれやり方が異なります。 ディープキスの1つである「クロスキス」はディープキスの中で最も激しいキスだと言われていています。 クロスキスを上手く使う事が...