恋愛

マリッジブルーは男性にも起こる!主な原因と症状とは?マリッジブルーに対処するための解決策など徹底解説!

結婚直前に、「本当にこの人と結婚して良いのかな?」と不安を感じてしまうマリッジブルー。

女性に特有のものだと思われがちですが、実は男性にもマリッジブルーはあるのです。

今回は、マリッジブルーの原因と症状、男性側の自己解決策、女性側ができる対処法などをまとめてご紹介します!

男性自身が解決に努めるのはもちろんですが、彼女や第三者のサポートが必要になる可能性もあります。

そもそもマリッジブルーとは?

couple-1284225_1920

そもそもマリッジブルーとはどのようなものなのでしょうか?

マリッジブルーの意味から、症状が出てくる時期、男性のマリッジブルーについてご紹介していきます。

男性のマリッジブルーは女性と違って表面化していないだけで、意外と多いのが特徴です。恥じる必要はありません。

 

マリッジブルーの言葉の意味

マリッジブルーとは、結婚を目前に控えている時に憂鬱になってしまうことを指します。

英語にするなら「marriage(結婚)+blue」です。「ブルーな気分」というと、落ち込んでいるイメージがありますよね。

一般的に女性がマリッジブルーに陥ってしまうことが多いですが、男性もマリッジブルーに悩まされることがあります。

結婚に対して漠然とした不安を抱いてしまい、酷くなれば自己制御が効かなくなるほどの様々な症状を引き起こします。夫婦間の理解が重要になります。

 

マリッジブルーになる時期

マリッジブルーになる時期は人それぞれです。

プロポーズ時の幸せのピークの時期を始め、結婚準備が始まった頃や、結婚準備のピークが落ち着いたときに起こることが多いです。

漠然とした不安はもちろんですが、「自分は結婚のことをしっかりと考えているのに相手はそんなに真剣に考えていない」と思ってしまうことも理由になります。逆に、「自分は結婚のことをしっかりと考えているのに相手は真剣に考えていない」という場合もマリッジブルーに陥りがちです。

このような、自分と相手の結婚に対する意識の差に気づくのが「結婚準備開始後」です。このときにマリッジブルーになってしまうことが多くなります。

マリッジブルーになりやすいタイプ

m1

マリッジブルーは誰でもなることがありますが、中でもリスクが高いタイプもいます。

ここでは、マリッジブルーになりやすい3タイプの男性を見てみましょう。

 

タイプ1.生真面目なタイプ

生真面目なタイプの男性は責任感が強く、そのせいでマリッジブルーにもなりやすいです。

自分が頑張って結婚生活を良くしていかなければ、夫としての責任をしっかりと持たなければ、と考えると、結婚そのものがとても重苦しく感じてしまうのですね。

結婚相手としては理想的な資質の真面目さが、仇となるケースです。

 

タイプ2.自分に自信がないタイプ

自分に自信がないタイプの男性は、結婚後に起こる様々な出来事を乗り越えられるか、という不安からマリッジブルーを起こしやすいです。

それに加えて、自分に自信がないタイプは同時に生真面目なタイプであることも多め。

責任の重みは感じているのに自分ではどうしようもないと感じると、気分がズーンと落ち込んでしまいます。

 

タイプ3.縛られることが苦手なタイプ

上で挙げた2つのタイプとは違った理由で、マリッジブルーを体験する確率が高いタイプの男性もいます。

それが、縛られることが苦手な男性です。

独身時代に自由な生活を謳歌してきた男性にとっては、結婚によって生まれる束縛・義務が恐ろしいもののように感じられます。

そのため、「若いうちにたくさん遊んだし、そろそろ落ち着こう」と思って結婚を決意しても、時々以前の生活が恋しくなり、マリッジブルーになるのです。

 

男性にもマリッジブルーはよく起こることなの?

男性も、女性と同じくらいマリッジブルーになってしまう人が多いです。

男性の場合は、自分自身の弱みを外に出さない傾向があるので、表面化していないだけでしょう。よって、男性がマリッジブルーになってしまったときは、周りの人に相談できずに自分一人で抱え込んでしまう人が多くいます。

マリッジブルーになってしまうことは悪いことではありません。結婚に漠然とした不安を覚えるのは当たり前のことです。

周りの人に思い切って相談してみましょう。

男性のマリッジブルーの原因5選

まずは、男性のマリッジブルーの主な原因を見てみましょう。

これらは実際に起こることというよりは、「こうなったら嫌だな」という想像も多く含まれています。

マリッジブルーになる原因の多くは、男性自身の思考回路がネガティブになってしまうことと関係しています。

 

原因1.お金を自由に使えなくなるから

お金を自由に使えなくなることへの不安が、マリッジブルーの原因になることがあります。

今までは、自分の給料は自分で管理していました。

これから先は、自分で管理をするにしても、妻に管理してもらうにしても、“家族のお金”に変わってしまいます。

そうなれば、自分で自由に使えるお金は減ってしまうでしょう。その変化に耐えられるかどうかを不安に思ってしまうのが原因です。

 

原因2.何も気にせずに遊べる時間がなくなるから

家庭を持たない頃は、何も気にせず遊べる時間がたくさんありました。

しかし、結婚をしてしまえばそうはいきません。

妻との共同生活になりますので、基本的に夫の行動は妻も把握することになります。何時に帰宅して、何時に家を出るのかなど、だいたいのルーティーンが決まってしまうでしょう。

いきなり飲みに行きたくなっても行けなくなかったり、遊んでいる間も妻のことが気がかりだったりして、ストレスが溜まりがちです。

 

原因3.彼女を一生守っていくという責任を背負うのが不安だから

結婚というものは、責任を伴います。

共働きにせよそうでないにせよ、今までとは違う責任がのしかかるのです。

結婚するという実感が湧く前までは、抽象的な理想を持っていて、結婚に対してロマンを抱いていたでしょう。

しかし、結婚を実感してしまうと、「本当に自分は彼女を守り切れるのだろうか」と不安になってしまいます。

妻だけではなく、子どものことを考えても、「これから自分は妻と子どもを支えていけるのだろうか」と心が締め付けられるような不安に駆られてしまうのです。

 

原因4.結婚相手は本当に今の彼女で良かったのかと迷うから

「結婚相手は本当に今の彼女で良かったのだろうか」と不安に思うのも、マリッジブルーになる原因です。

本当はもっと良い人がいたのではないだろうか、と考え込んでしまいます。

そんなときは、結婚のことをもっと現実的に考えてみてください。そのままだらだらと悩み続けてしまうと、彼女にも迷惑がかかります。

今までの彼女との思い出を振り返ってみるのも良いかもしれませんね。

 

原因5.なんとなくモヤモヤする場合もある

結婚とは、ライフステージが大きく変わる節目です。

そんな結婚というイベントをあっけなく迎えてしまうことに虚無感を覚える男性もいます。

これ以上ない幸せを目の前にしてしまうと、その先は下り坂だけだと思い込んでしまう人もいるでしょう。

そのような漠然とした不安に悩まされることも、マリッジブルーになってしまう原因の一つです。

男性のマリッジブルーの自己解決策7選【男性向け】

お次は、男性のマリッジブルー自己解決策を7つご紹介していきます!

どうしても抜け出せないネガティブ思考の泥沼から足を抜くには時間がかかるかもしれません。

少しずつで良いので、抜け出せるように努力しましょう。

 

自己解決策1.必ずしも男が全てを背負う必要はないと考える

共働きが多い今の時代、あなただけが全ての責任を負う必要はありません。

妻と精神的に支え合うのはもちろんですが、経済的にも支え合うのが今の時代です。

経済面で心配しているのであれば、必ずしも男が全ての責任を背負う必要はないと考えると、気持ちが落ち着くでしょう。

実際、全責任があなたにのしかかるわけではありません。生活、子育て、経済面、全てにおいて妻と分担することは可能なのです。役割分担は、結婚前にあらかじめ彼女に相談しておくことをおすすめします。

 

自己解決策2.誰にでも起こる一時的なものだと考える

マリッジブルーは誰にでも起こることですし、一時的なものです。

マリッジブルーに悩む男性はあなた一人ではありません。男性はあまり人に弱みを見せないので、マリッジブルーが表面化していないだけです。あなた以外にも、マリッジブルーに苦しんだことがある男性はたくさんいます。

しかし、その男性たちの多くは、マリッジブルーを共に乗り越えた女性と今も仲良く暮らしています。

今がつらいだけだと考えて、あと少しそのつらさを我慢してみましょう。

 

自己解決策3.男友達に不安や不満を話して発散する

信頼できる男友達がいるのであれば、その不安や不満を吐き出して共有しましょう。

誰にも言わない確信が持てるような本当に信頼できる男友達を選びましょう。

女友達に相談してしまうのはおすすめしません。マリッジブルーの真っ最中は、女性と何が起こるかわからないからです。

弱っているときに異性に話を聞いてもらうと、その異性に魅力を感じてしまうのが人間の心理です。マリッジブルーの間に別の異性に惑わされてしまうと、運命の人を逃してしまうこともあるでしょう。

 

自己解決策4.彼女に不安を全て打ち明けてみる

いっそのこと、彼女に不安を全て打ち明けてみるのも一つの方法です。

もしかしたら、彼女もマリッジブルーになっている可能性もあります。その時はお互いに不安を共有できるかもしれません。打ち明けるときは、自分本位になってしまわないように注意をしてください。

彼女を責めるような口調や、自分ばかりがつらいという主旨ではなく、「結婚って幸せなことだけど、不安なこともたくさんあるよね」と探り探り言ってみてください。

彼女もマリッジブルーの時に地雷を踏んでしまえば、最悪の場合は破局してしまうでしょう。

 

自己解決策5.彼女と一緒に思い出を振り返ってみる

彼女と一緒に行った場所や思い出を、彼女と一緒に振り返ってみてください。

その思い出は楽しいことばかりではないでしょう。時には喧嘩をしたり、嫌な思い出もたくさんあったはずです。

でも、彼女が”彼女”であったからこそ、今までの苦難を乗り越えられたのではないでしょうか。

過去のことを二人で振り返ってみると、「この人で良かったんだ」という確信を得られるかもしれません。

 

自己解決策6.結婚するという事実を受け入れて、遊ぶことを諦める

結婚するという事実を正面から受け入れましょう。

彼女と一緒に住むことになるので、自分勝手に遊ぶことは諦めなければいけません。

今までとは違い、使うお金に制限が設けられたりするかもしれません。

ですが、結婚の事実を正面から受け止めて初めて、2人のより良い暮らしを描けます。

金銭面に関しては、自分と彼女の間で結婚前に話し合ってみることをおすすめします。もしかしたら、彼女があなたの趣味や遊びに理解を示してくれるかもしれませんよ。

 

自己解決策7.子供が幸せな生活を想像してみる

子どもができたときの、幸せな家庭を想像してみてください。

子どもは育てるのは大変です。しかし、子どもの成長を日々見守ることは、心を穏やかにしてくれます。

子どもはいつも笑顔ではありません。自分の感情を表現できずに泣き出したり、怒ったりします。自分の子どもであれば、そんなところまで可愛く思えてしまいます。

妻と息子、娘との幸せな生活を想像することによって、結婚に対する嫌な気持ちを軽減させることができるでしょう。

【彼女ができること】彼がマリッジブルーになったらどうすればいい?

woman-837156_1920

男性が個人でできる対処法をご紹介してきました。

次は、マリッジブルーになってしまった彼氏に対する女性の対応を7つご紹介していきます!

女性と男性が同時にマリッジブルーになってしまうこともあります。お互いの理解が必要です。

 

対応1.とにかくそっとしておいてあげる

とにかくそっとしておいてあげるのが一番の方法です。

男性側は、一時的に気持ちが落ち込んでしまっているだけです。

別にあなたのことが嫌いになったわけではありません。自分の心の制御が利かないだけなのです。

そんな状態の時にあれこれアドバイスをしても逆効果でしょう。とにかくそっとしておいてあげましょう。

 

対応2.彼が一人でいられる時間を作ってあげる

彼が一人でいられる時間を十分に作ってあげましょう。

結婚は、男女ともに大きな変化です。

住む場所も変わるかもしれませんし、お金の流れも変わりますし、行動も変わるのです。その生活に移行する前に、心の準備が必要になります。

男性がマリッジブルーになってしまっているのであれば、一人でいる時間を作ってあげましょう。お互いに結婚に対する覚悟を決める時間にすることをおすすめします。

 

対応3.何も言わずに健気に家事を全て完璧にこなす

何も言わずに、健気に家事を全て完璧にこなしましょう。

それ以外に何か打ち込んでいることがあるのであれば、そちらにも気を配って成果をあげてください。

あなたが頑張っている姿を見て、彼氏に「彼女はこんなに頑張っているのに俺はいったい何をしているんだ」と思わせることができれば成功です。

頑張っている彼女の姿を見て、男性が反省することもあります。男性がマリッジブルーで悩んでいるときは、女性であるあなたはクヨクヨしないで前を向きましょう。

 

対応4.彼の意見には反対せず、肯定的になってあげる

彼の意見には基本的に反対せず、肯定的になって傾聴してあげましょう。

彼の不安やネガティブな意見は一時的なものと考えます。

彼氏がマリッジブルーになっているときに結婚相手であるあなたに否定されてしまうと、マリッジブルーが余計に悪化してしまいます。

彼には大きな心で接してあげましょう。「今は支えてあげるんだ」という姿勢で、肯定的になって話を聞いてあげましょう。

 

対応5.結婚準備は水面下でやってあげる

結婚を控えると、やることは目白押しです。

役所での手続きも必要ですし、結婚式の準備も必要になります。

「せっかくの結婚だから、全ての準備を二人で協力してやりたい!」と思っている女性は多いでしょう。

しかし、男性がマリッジブルーになってしまった場合は、あなたが一人でできることは水面下でやってあげてください。その間に男性のマリッジブルーも治っていることでしょう。

しかし、結婚直前になると、二人で話さなければいけないこともたくさんあります。それまではできる限りで良いので、一人の時間を作ってあげてください。

 

対応6.気分転換をさせてあげる

気分転換で、妻と夫という関係ではなく、彼氏と彼女らしい行動をしてみてください。

昔行った思い出の場所に改めて行ってみるのも良いですし、普段はしないことを一緒にしてリフレッシュさせてあげましょう。そうすれば、彼氏もマリッジブルーから抜け出せるかもしれません。

「彼女に気を遣わせてしまっている。このままではダメだ。」という考えが男性の頭によぎり、結婚を決意するきっかけになります。

気分転換をするために、二人で軽い遠出をしてみてはいかがでしょうか。

 

対応7.何をしてもダメなら、結婚生活の超現実的な話をしてみる

現実逃避をしていることを彼氏に自覚させるために、結婚生活に関する具体的な話を出しましょう。

彼氏に「これから結婚するということ」を自覚させ、受け入れさせるために、現実的な話をするのがおすすめです。

家事の分担はどうするか、お金の流れはどうするか、子育てはどうするか、結婚後の二人だけのルールなど、生々しいことまで決めていきましょう。

具体的な数値や例を出せば、男性も結婚に現実味を感じ、踏み切る勇気が出てくるでしょう。

まとめ

m3

いかがでしたか?

マリッジブルーと言うと女性がなるイメージがありますが、実際は多くの男性がマリッジブルーを体験しています。

お互いにマリッジブルーを乗り越えることで、絆を強くすることも可能です。

男性があまりにも長期間マリッジブルーになっている場合は、女性から助けの手を差し伸べるのもおすすめですよ。

 

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
あなたにおすすめの記事
バカ女注目!合コンや飲み会のお金は絶対に割り勘にした方がいい理由をご紹介!
男女の友情って成立する?しない?両方の意見を徹底解説!
略奪愛を成功させる方法を解説!彼氏持ち、彼女持ちの人を奪う略奪愛のその後は不幸?【因果応報】
サテライト彼氏とは?令和時代の新たな恋愛関係!サテライト彼氏の意味や便利な関係性をご紹介!
男女の友情ってありなの?成立賛成派と反対派の意見まとめ
【完全保存版】ドS彼氏の特徴19選とドS彼氏が喜ぶ行動11選!彼の意地悪の理由も徹底解説
男性必見!ドライブデートで彼女を絶対惚れさせるために必要な心遣いから準備まで徹底解説!