恋愛

【事例あり】格差婚が気になる方必見!メリットや上手くいくカップルの特徴をご紹介

格差婚

女性の方が収入が多い“格差婚”。芸能人カップルが格差婚をしていたりと、近年話題になっています。

しかし、格差婚は意外と障壁が多いことをご存じでしたか?

学歴、収入、家柄の差でうまくいかないことが多いのが格差婚なのです。

今回は男が下の格差婚のメリット、デメリットと共に、格差婚でも上手に付き合っていく方法をご紹介いたします!

また、あなたに合った結婚相手を無料で診断できる楽天オーネットの結婚チャンステストもありますので、こちらも一緒に見てみてください。

1分であなたに合った結婚相手を診断する事ができます。

楽天オーネット

>チャンステストを受けてみる

格差婚とは?

格差婚とは?

格差婚とは、一言で言うと「逆玉の輿」のことです。

男性よりも女性の方が圧倒的に高収入なのが特徴になります。今現在、格差婚に賛成の人は男女ともに半分以上います。今でこそ格差婚が世間的に認められていますが、昔はあまり認められていませんでした。

しかし、現在でも格差婚には様々な困難が待ち受けています。

離婚率は、”男性の方が高収入の夫婦”よりも”女性の方が高収入の夫婦”の方が高いです。「相手を好きな気持ち」だけではどうにもできないということを、数値が如実に表わしています。

 

【女が上で男が下】格差婚した芸能人カップル

ハート

お次は格差婚で有名な芸能人カップルをご紹介していきます!

芸能人の格差婚は、藤本美貴と庄司智春、高橋愛とあべこうじなど、お笑い芸人と有名女優の組み合わせが多く見られます。

 

芸能人カップル1.藤原紀香と陣内智則

お笑い芸人の陣内智則と、女優の藤原紀香の結婚は有名な格差婚ですよね。

残念ながら、この二人は離婚しています。二人の離婚理由には「陣内智則が浮気」「藤原紀香が浮気」などと、様々な憶測が飛び交っていますが、その中には「二人の格差が問題だったのでは?」という声もあります。

実際に、陣内智則が藤原紀香に劣等感を感じることもあったのかもしれません。

 

芸能人カップル2.安達祐実と井戸田潤

ハンバーグネタで有名な井戸田潤と、女優の安達祐実も格差婚になります。

こちらのカップルも現在は破局し、離婚しています。こちらは、井戸田潤が浮気をしたという節が有力なようです。しかし、安達祐実さんが再婚した相手との関係性を探ると、それだけではないのではという憶測も飛び交っています。

いずれにせよ、天性の浮気癖を持っていない限り、浮気をするには理由があるでしょう。

浮気の理由が「相手と自分に格差を感じた」であってもおかしくはありません。

 

芸能人カップル3.山崎夕貴アナウンサーとおばたのお兄さん

山崎夕貴アナウンサーとおばたのお兄さんも格差婚だと言われています。

こちらの夫婦は現在も仲が良く、よくニュースなどでも取り上げられています。二人のSNSを覗くと仲睦まじい姿を見られるので、是非見てみてください。

こちらの夫婦も、結婚当初は格差婚と言うこともあり、ファンの方から不安に思われていた節があったようです。

しかし、おばたのお兄さんが売れてきた現在では「格差」も縮まり、おしどり夫婦とまで言われています。

 

格差婚のパターン

女医など女性の職業ステータスが男性より上

格差婚と言っても、状況によって様々ですよね。ここでは、格差婚のパターンを紹介していきます。

 

パターン1.実家や家柄が女性の方が上で男性が下

地元の名手の娘や、格式高いおうちの娘となると結婚相手もそれ相応の人が求められたりします。
都心などだと、そんなに家柄いいという家も少ないですが、地方だとまだまだそうした家も多いはず。

家柄や実家の問題は、自分だけの問題ではなく、家族まで巻き込んだ話になるため、なかなか解決が難しいのが特徴です。
結婚に至るまでが一番大変なのがこのパターン。結婚した後も実家との諍いのリスクもあります。

よほど理解のある実家なのか、結婚したら実家とある程度、距離を置くという決断ができれば、結婚後もうまくいくはずです。

 

パターン2.学歴が女性の方が上で男性が下

女性の社会進出が進み、高学歴な女性というのも珍しくなくなりました。そんな中で、女性の学歴が男性よりも上である、というカップルも増えてきましたよね。

よほど学歴を重視している実家だ、というパターン以外は、本人たちが納得していればそこまでハードルにはならないのが夫婦間の学歴格差だと思います。

ただ、交際時に学歴が違うことによる価値観の不一致に気がつかなかったり、相手の男性が学歴コンプレックスを持っており、それが原因で喧嘩になってしまう、などのパターンだとうまくいかない事も多々。

結婚する前に違和感を潰しておくことが重要です。

 

パターン3.女医など女性の職業が上で、男性が下の場合

学歴と同様、男性と同じ、もしくは男性以上に稼ぐ女性というのが近年増えつつあります。

こちらも本人同士の納得感の問題ではあるので、本人たちがその状況に納得していれば好確率でうまくいくと思います。

女性が相手のことを見下さず、男性も女性に頼りすぎずコンプレックスを持ちすぎないというパワーバランスであれば非常にいい相性だと思います。
逆に、女性があまりに家で男性的になりすぎてしまうパターンや、男性が女性をあくまで利用しているなどのパターンはうまくいかないので気をつけてください。

 

格差婚のメリット3選

それでは次は、格差婚のメリットをご紹介してきます!

笑顔

格差婚と言うと男性の方が得しそうなイメージですが、意外にも女性側のメリットの方が多いのです。

 

メリット1.女性の家事の負担がなくなる

格差婚の女性にとってのメリットは、「女性の家事の負担がなくなる」ことです。

専業主婦やパートの女性であれば、男性から家事を任されがちです。仕事から帰ってきて、旦那のご飯の準備、お風呂の準備、洗濯、掃除などをしていると、休む暇がありません。

休日には買い物や子供の世話をしなければなりません。そうなると、フル勤務の旦那よりも疲れてしまうこともあるでしょう。

その点、格差婚は旦那の理解と協力が得られるので、女性の家事の負担が減ります。

 

メリット2.仕事で忙しいのを理解してもらえる

仕事一筋の女性は、その点を理解してくれる男性と一緒にいられることが一番のメリットでしょう。

男性の方が上の格差婚をしてしまうと、女性がいくら頑張っていても、旦那からは理解が得られずに辛い思いをしてしまうこともあります。

その点、女性の方が高収入の格差婚であれば、仕事に関する旦那からの理解が得られます。家事をやってくれたり、癒やしとなってくれるなど、辛い思いをすることが少なくなります。

 

メリット3.男性の仕事のモチベーションが上がる

妻の仕事ぶりを見ていると、旦那の仕事のモチベーションが上がります。

旦那はバリバリに稼ぐ妻を見ていると、「自分も頑張らなきゃ」という気持ちを刺激されるのです。

収入の差に劣等感を抱くのではなく、こうしてプラスの方向で考えられるのであれば、格差婚もプラスの方向に向いてくれるでしょう。

また、仕事に積極的になれば、昇進・出世して、“格差婚”と言われることがなくなる日も来るかもしれません。

 

格差婚のデメリット6選

お次は格差婚のデメリットを6つご紹介していきます!

悲しい

メリットよりもデメリットのほうが多いので、格差婚をしようとしている方は是非デメリットの方も踏まえて検討をしてください。

 

デメリット1.家族や実家に受け入れてもらえない

家族に挨拶に行くとき、女性の方の家族からも男性の方の家族からも反対されてしまう可能性があります。

格差婚を認めている人が多いと言えども、年齢を重ねるにつれて賛成派の方は少なくなります。

また、「女性をしっかり幸せにできるのか」を重視されるでしょう。その時に収入面を考慮される当然音ことです。

婚約の時の家族との顔合わせを乗り越えるときに、精神的に参ってしまうこともあるので要注意です。

 

デメリット2.金銭感覚が合わない

女性の方が収入が多いので、金銭感覚が合わないこともあるでしょう。

価値観の違いは誰にでもあるものですが、女性優位の格差婚であれば気持ちの面でも少し問題が出てきます。

男性優位の格差婚であれば、男性が高い買い物をしていても女性は何も言わないことが多いです。

しかし女性優位だと、女性が高い買い物をした時に男性が大きな劣等感を感じてしまうことが多いです。

 

デメリット3.妊娠・出産時に世帯収入が大幅に減る

結婚をすると、多くの人は子どもを望みます。それは女性優位の格差婚でも同じ事です。

しかし、男性優位の格差婚と違って女性が大黒柱になっているので、世帯収入が大幅に減ってしまうでしょう。

妊娠してから出産するまで半年~1年は世帯収入が減ってしまいます。そこをどう補うかが問題になるでしょう。母体にも大きな負担がかかりますし、復帰しても前のように働けなくなることもあります。

 

デメリット4.男性が女性に依存しがちになる

男性が女性に依存し始めてしまうのも格差婚のデメリットです。

最初は「俺も頑張ろう」と思っていたとしても、次第に自尊心が失われ始め、妻に金銭面で甘え始めます。

そうなってしまうと、格差はさらに開いてしまい、男性の自尊心もみるみる失われてしまうことでしょう。

男性が女性に依存しないようにお互い工夫することが必要になります。夫婦の家事と仕事の配分バランスが鍵になります。

 

デメリット5.所属しているコミュニティの差があって困る

男性であれば男性のコミュニティがありますし、女性には女性のコミュニティがありますよね。

妻の友人を紹介されたときや、夫の友人を紹介されたときに、お互いに困ってしまうのも格差婚のデメリットです。

話が合わない、遊ぶ場所が合わないなど、精神的に参ってしまいます。周りの目線が気になる人であれば、耐えられないほどマイナスな気持ちになってしまうこともあるでしょう。

 

デメリット6.男性が「男のプライド」を出してきたときに面

男性が「男のプライド」を出してきたときに、面倒に感じてしまうのも格差婚のデメリットです。

男のプライドにも色々と種類がありますが、金銭面に絞って考えてみましょう。

稼ぎ頭が妻であり、夫の収入は無しの専業主夫。極端な例ですが、そんなときに、男のプライドなどといった理由で妻にちょっと高めのプレゼントを買ったとしましょう。

どこからそのお金が出てきたと考えると頭が痛くなります。

 

格差婚は離婚する?格差婚がうまくいかない原因4選

格差婚のメリットとデメリットについてご紹介してきました!

喧嘩

次は、格差婚が上手くいかない原因についてご紹介いたします!

格差婚は上手くいかないことが多く、離婚率も格差婚ではない夫婦に比べると高い傾向があります。

 

原因1.経験してきた生活水準の差

今まで経験してきた生活水準の差が、格差婚の幸せを邪魔します。

女性の方の生活水準が高いと、女性は「子供の頃から良い暮らしをしてきた」「お金持ちで真摯な男性とたくさん出会ってきた」と考えられるでしょう。

また、使っている生活用品なども変わってきますし、生活リズムも大分変わってきます。同棲をする部屋を選ぶ時も、男性が考えるよりも高価な家を望むでしょう。

男性のプライドも傷つけられてしまいます。一緒に生活をするにあたって、そのような「違い」をたくさん感じてしまうと、お互いに気持ちが冷めてしまうのです。

 

原因2.育ちの良さによる品性の差

育ちの良さが目に見えて違うと、お互いに「住む世界が違うな」と感じてしまいます。

こちらは結婚する前に外食やデートなどであらかじめリサーチしておくと、このような問題は発生しません。事前に確認しておくことをお勧めします。

女性優位の格差婚であれば、女性の方が男性の品性に耐えられなくなることが多いです。

格差婚を考えている男性は、基本的なマナーくらいは身につけておくことが必要でしょう。

 

原因3.子育てや将来的な見通しなどの価値観の差

子育てや将来的な見通しなどの価値観の差も問題になってきます。

子育ての方針や、子育てにお互いが割く時間、将来的な見通しは、早めに話し合っておいた方が良いでしょう。

女性が子どもを産んだ後も働くつもりでいても、男性は「子どもが生まれてからは自分が大黒柱になる」と考えている可能性もあります。そういったことは今後の生活に響きますので、早めに話し合いを済ませておきましょう。

また、子育てに関しては自分自身が生まれ育った環境も大きく影響するので、早めに対処してください。

 

原因4.生まれ持った素質の差

生まれ持った素質がそもそも違ってしまうと、お互いに壁ができてしまう可能性があります。

今、世の中で活躍している人は、並々ならぬ努力の末に成功している人がほとんどでしょう。

しかし、その中には生まれた時点である程度の素質を持っている人も多くいます。人に名前が知れ渡るほどの活躍をしている人とまでは言わずとも、例えばそれぞれの会社で活躍している人は生まれ持った素質があったりするのです。

生まれ持った素質のある女性を見て、自分から壁を作ってしまう男性もいます。それによってできてしまった心の穴を他の女性で埋め、そのまま破局してしまうことも多くあるので注意が必要です。

 

格差婚で幸せになるには?うまくいく格差婚の特徴3選

最後は、格差婚で幸せになれる方法をご紹介していきます!

幸せ

“格差”に偏見を持たず、お互いに受け入れることが第一歩です。

まだ理解が低い格差婚。周りの人の目を気にせず、自分たちの幸せを第一に考えることが重要になります。

 

特徴1.格差を理解し合ってお互いに受け入れている

格差をお互いに理解し、受け入れることが大事になります。

格差婚の肝はここにあると言えるでしょう。格差を根本的なところから理解していないと、お互いにギクシャクした関係になってしまうことが多いです。男性、女性の概念は一度忘れて、一人の人間として相手を見てみましょう。

相手を見下す感情を抱くことはもちろん禁止です。偏見を持たずに受け入れて、円満な家庭を築き上げましょう。

格差婚という言葉を使っている時点で偏見です。偏見は捨て去りましょう。

 

特徴2.2人共、周りのことを全く気にしない

周りの目を気にしてしまうと負けです。

どうしても一定数の人は格差婚に良いイメージを持っていません。その一部の人を気にしてしまっていては、掴めるはずの幸せも掴めないでしょう。

格差婚カップルのどちらか一人が気にしていなくても、もう片方が気にしてしまうと、二人の間に壁ができてしまいます。

二人とも周りのことを一切気にしないことが大事です。

 

特徴3.男性の収入が多くはなくとも安定している

男性の収入が多くはなくとも安定さえしていれば、格差婚をしても上手に付き合っていけるでしょう。

例えば、教師や看護士などの資格職であれば、収入は低くても安定して稼げますよね。

女性に何かがあったとしても、男性の収入だけでも最低限の生活ができます。女性の方のプレッシャーも和らぎます。

女性が出産のために仕事を休んだとしても、安定した収入があれば安心です。


まとめ

いかがでしたでしょうか?

格差婚のメリットとデメリットについてまとめてきました。

格差婚をした芸能人などの報道もあり、世の中に大分受け入れられるようになってきましたが、やはりまだまだ障壁は多いです。

第三者からの偏見もありますが、当事者同士のいざこざも多いので、格差婚をするときはあらかじめしっかりと話し合いをしておきましょう。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
あなたにおすすめの記事
【男女別】山羊座のセックスの特徴12選!エッチの相性が良い・悪い星座まで徹底解説!
LINEのアイコンでわかる女子の心理9パターンをカミングアウト!自意識が丸裸!
東京の高級シェアハウスの実態!おしゃれなシェアハウスで恋愛も?現役住人が大公開
すぐ使えるデート時の話題作りのコツをご紹介!ベテランカップルからのアドバイス!
今モテモテの韓国系男子って何?塩顔男子に次ぐブームは韓国系男子!
【知らないふり?】旦那の浮気を見て見ぬ振りをする3つのリスク!知ってしまった時にしたい5つのことも徹底解説
合コンに最適な企業は?週6回OLと合コンした商社マンが業種別に格付け暴露!