• スマホ
  • ガッツポーズ
  • 背伸び
  • グッド

2019/09/03 アダルト

【完全保存版】立位で非日常感と密着感を楽しもう!9つのメリットと詳しいやり方まで完全解説!

背中合わせ

あなたは立位でのセックスを行なったことはありますか?

立位とは、男女が共に立った状態で行うセックスの体位のことです。立ちバックなどは、AVにもよく出てくる定番の立位ですよね。

しかし、存在は知っていても、実際にやったことがあるという方は案外少ないものです。「興味はあるけど、ハードルが高く感じる…」「なんだか難しそう…」そう感じている方も多いのではないでしょうか。

ですが、立位が意外と簡単にできる身近な体位です。

この記事では、立位がしたくなるような立位の魅力や詳しいやり方などを徹底紹介します。

ぜひ、チャレンジしていつものセックスに新たな刺激を加えましょう!

立位とは?

スマホ

正常位や後背位、騎乗位などの体位は、基本的にベッドの上で行うものですよね。

しかし立位は文字通り、ベッドの外で立って行います。

ベッドがあるのにわざわざ立って行うというのも少しおかしな話に思えますよね。しかし、立位はマンネリ対策にも非常に有効です。

また、肉体的快感よりも、精神的快感を求めてする人が多いのも特徴になります。

まずは、立位について詳しくみていきましょう!

男女共に立ってするセックス

ハート

立位とは、男女ともに立った状態で行うセックスです。

見た目も派手で大胆になるので、興奮度もあがる非常に刺激的な体位です。

また、ベッドがなくてもできるので、最もする場所を選ばないセックスの体位とも言えるでしょう。

例えば、公園などで行う青姦です。地面に寝てのセックスは難しそうですが、立った状態でならできそうですよね。やろうと思えばどこでもできるというのが立位の大きな強みといえるでしょう。

対面立位と背面立位がある

背伸び

立位には大きく分けてお互いに向かい合った状態で行う「対面立位」と、男性が女性の背後から挿入する「背面立位」があります。

対面立位はお互いの顔が見える分、いちゃいちゃ度は高めになります。愛情が感じやすいのも対面立位でしょう。

背面立位は、いわゆる立ちバックのことです。AVでもおなじみの体位で、興奮度はこちらの方が勝っています。

2人共同じ方向を向くので、夜景の見える窓辺などでやるなら断然背面立位がオススメです!

【対面】立位ってどうやるの?正しいやり方をご紹介

スマホ

ベッドから離れて行う立位。

正常位や騎乗位などに比べると、ややハードルも上がるので「一度もしたことない!」なんて方もいるのではないでしょうか。

敷居が高く感じる立位ですが、やってみればそこまで難しい体位でもありません。ベッドで行う体位とは全く違う感覚を得られるので、できるようになれば楽しみも増えます!

ここでは、基本的な立位である「対面立位」のやり方を初心者でもわかるように詳しく説明していきます。ぜひ、今までにチャレンジしたことがない方は挑戦してみてください!

まずはしっかり愛撫から始める

抱擁

普通の正常位から立位に移行するのは少し難しいです。なので、初めから立位をするつもりでセックスへと誘いましょう。

まずは部屋で普通に立っている時に、ハグをします。そのあとはキスをしてイチャイチャモードに持ち込み、服の中に手を入れて愛撫をしていきます。

そうすれば、あとは服を脱がしてセックスの流れに持ち込むだけ。

しっかりと愛撫をしながら服を脱がしていきましょう!

女性は壁にもたれるように立つ

壁ドン

立位の難点は、男女共にバランスが悪くなってしまう点です。

寝ている状態であればベッドが体を支えてくれますが、立っている場合は両足裏しか支えてくれる場所はありません。

少しでも、安定した状態で行うためにオススメなのが「女性の背中を壁にもたれさせる」ことです。そうすることで、支えが増えるので挿入中にピストンしてもバランスを崩すことを避けられます。

男性も、女性を支える必要がなくなるのでピストンすることに集中することができるので、まさに一石二鳥ですね。

お互いに背中に抱きつきしっかり支える

ハグ

女性が背中を壁にくっつけることで安定するといっても、それは前後の動き限定です。

下から上にピストンすれば体も上下に動くので、それは男性がサポートしてあげる必要があります。

また、女性は感じてくると足の力が抜けてしまいよろけてしまいうこともあります。バランスをとる意識が、快感で狂ってしまうからですね。

そうならないためにも、男性は女性の背中に手を回してしっかりと支えてあげましょう。壁と腕で前後左右の動きを制限してあげることで、ピストンの動きも活かしきることが可能になります。

男性は女性の片足を持ち上げる

素足

いよいよ挿入の準備に入りますが、ここで女性は片足をあげます。

何故なら、立位での挿入は非常に難しいからです。両足をつけて立ったままだと、挿入しようとしてもお尻や太ももが邪魔をします。それを防ぐために、片足をあげるのです。

足は女性が自分であげても、男性があげても構いません。

足をあげると女性のあそこも丸見えになるので、非常に扇情的な光景となります。体勢はやや辛くなりますが、頑張ってあげていきましょう!

下から突き上げるようにピストンを開始する

グッド

上手く挿入ができたらいよいよピストンに入ります。

ペニスのピストンは基本的に上下の動きになります。下から突き上げるようなイメージで、子宮まで届かせる勢いで動きましょう。

膣奥や子宮口は中イキできる快感スポットでもあります。

時にはグリグリと圧迫するように、時には激しくと強弱をつけながら色々な動きを試してみましょう。

上級者はそのまま駅弁にもチャレンジ

制服

女性を抱え上げて挿入をする「駅弁」も、対面立位の仲間です。

普通の対面立位から駅弁への体位変更は比較的簡単なので、チャレンジしてみるのもよいでしょう。

ですが、駅弁は難易度もかなり高い体位となります。相手の女性が小柄でかつ、男性の筋力がなければ実現不可能な夢の体位です。

しかし、深い挿入感や密着感、達成感などは抜群の体位です。もし、条件が揃っているのであればぜひ挑戦してみてください。

立位を行う9つのメリット

サンタ

ベッド以外の場所で行う、すこしマニアックな体位・立位。普通の体位よりもハードルが高く感じ、あまり乗り気になれない方も多いでしょう。

しかし、立位だからこその良いことはたくさんあります。

一体、立位をするメリットとはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは今までにチャレンジがしたことがない方も、絶対にした方が良い理由を説明していきます。

女性のあそこが丸見えになり興奮する

望遠鏡

立位をすると、女性のあそこが丸見えになります。

特に、先ほど説明した対面立位は女性が片足をあげた状態での挿入となります。

そうすると、挿入している連結部分も丸見えです。ズポズポと出たり入ったりする様子は、男女ともに興奮することは間違いありません。

特に男性は視覚的な刺激で興奮をしやすいと言われています。卑猥な光景を目にしながらのセックスは、高い満足感を得られることでしょう。

密着度が高い

ハリネズミ

立位は全身でハグをするような体勢で挿入をする体位です。そのため、密着感にいたってはピカイチとなります。

また、密着することで肌で相手の愛情を感じ取ることもできるので、愛を深め合うにはぴったりの体位です。

必然的に顔も近くなり、挿入中のキスも楽勝です。

立っている分、肌の触れる面積も増えるのでお互いの体温を強く感じることができるのも嬉しいポイントですね。

男性が主導権を握れる

手を繋ぐ

立位はバランスをとるのが難しく、女性の体勢は非常に不安定になります。特に足をあげている場合には、バランスを取るだけでも精一杯となってしまうでしょう。

一方、男性の方は比較的体の自由がきくため、セックスの主導権も握ることができます。

いっぱいいっぱいになっている女性を、ペニスで思い切り攻め立てていじめるのはかなりの興奮をもたらします。

自分が相手のことをめちゃくちゃにするという快感を得ることができるので、Sっ気がある男性には嬉しいメリットとなるでしょう。

奥まで挿入して突き上げることができる

ガッツポーズ

立位は挿入の角度が鋭くなるので、より深い部分まで挿入をすることができます。

深くまで挿入できると、女性のGスポットやポルチオをより刺激することになるので中イキをさせることも可能となります。

注意すべきポイントは、勢いよく突きすぎないこと。立位は深く挿入しやすい体位ですが、深く入りすぎるというリスクもあります。

膣も内臓なので、強く突きすぎると炎症を起こしてしまう恐れがあります。ついつい調子よく突いてしまいたくなりますが、グッとこらえて女性に思いやりのある強さでピストンするように心がけましょう。

激しく動けない分長持ちする

時計

立位は挿入角度も難しくなる分、激しく動くことができません。ですが、その分刺激もマイルドになるということです。

早漏の男性だと、挿入してすぐにイってしまうこともありますが、立位であればいやでも穏やかな刺激となるので早期発射を防ぐことができます。

自分だけが早くイってしまったら、相手の女性にも申し訳ない気持ちになりますよね。

立位であれば、長く楽しむことができるので女性も満足させることができます。

広いスペースがなくても場所を選ばずにできる

ハリネズミ

立位は2人とも立った状態で挿入を行う体位です。

つまり、必要となるスペースは2人が立つスペースのみ。寝転がる必要のある体位と比べると、かなりの省スペースでセックスをすることができるのです。

お風呂場や洗面所、トイレなどはもちろん階段の踊り場などでも余裕でセックスができてしまいます。

場所を選ばない立位は、無限の可能性を広げてくれる体位でもあるのです。

女性は足が伸びるので足ピンイキがしやすい

素足

立位は立って行うので、足も当然ピンと伸びた状態となります。そのため、女性は「足ピンイキ」がしやすくなるのです。

足ピンイキとは、その名の通り足を伸ばした状態で絶頂に達することです。

足を伸ばすことでイクときの筋肉が刺激され、オーガズムに達しやすいことから足ピンイキという方法が生み出されました。

足ピンオナニーなどもあり、普段からそのような方法でオナニーを行なっている女性は、立位においてもイキやすくなるということです。

シチュエーションに興奮する

コーヒー

立位というのは、普段のセックスとは一味違う体位です。

そんな、非日常的なセックスに興奮できるというのも立位の魅力です。

そんな非日常な体位をもっと楽しむためにオススメなのが鏡の前で行うことです。

特に背面立位であれば、ペニスが入っているところが丸見えになります。客観的に自分の状況を見ることで、さらに盛り上がること間違いなしです!

バックなら2人で外を見ながらできる

夜景

立位の中でも、女性の後ろから挿入する背面立位は2人が同じ景色を見ることができます。

そのことを踏まえてオススメなのが、窓辺で背面立位をすること。

窓には自分の姿が反射して、しかも外の誰かにも見られてしまうかもしれないというリスキーさがさらに興奮を盛り上げてくれるでしょう。

また、綺麗な夜景が見える場所であればロマンチックなムードも2人で楽しむことができます。スリルとロマンチックの両方を楽しめるので、ぜひチャレンジしてみてください!

立位を行う上で気をつけたい7つのポイント

だめ

いつもと違う興奮と、場所を選ばない利便性を兼ね備えた立位ですが、いくつかの注意点があります。

もちろん他の体位には及ばない点もあるので、そこをどうやってカバーしていくかが重要です。

一体、立位における注意点とはどんなものがあるのでしょうか。

ここでは7つの気をつけたいポイントをご紹介します!

体勢がキツいため疲れやすい

落ち込む

立位はずっと立ちっぱなしの体位なので、他のベッドで行う体位よりも疲れやすくなります。

壁にもたれるにしても、立ち続けるのはかなりの体力が奪われます。そのため、長時間に及ぶ挿入はスタミナのある人でないと難しいでしょう。

最初から最後まで立位にするのではなく、ところどころで他の体位に変更して休憩を挟みながら行うのがオススメです。

体勢はきついものの、エロさは抜群なので無理のない範囲で活用していきましょう。

激しくピストンできない

怒る

立位は深く挿入することはできるのですが、素早くピストンをするのには向いていません。

立位は体勢がキツイこともあり、正常位のように思い切り腰を打ち付けることが難しくなります。

そのため、高速ピストンで奥まで攻め立てる…というのは現実的には不可能に近いです。

ですが、奥までは挿入はできるので、ゆっくりと亀頭をぐりぐりと押し付けるような動きをするのがオススメです。立位ではスローセックスのように、緩やかな刺激を楽しむのが良いでしょう。

挿入しても抜けやすくなる

チアガール

立位は激しくピストンができないことの他に、挿入中に抜けやすいという欠点あります。

そもそもとして、立位は挿入する難易度も高めです。膣に対して上に向かって入れるので、狙いを定めにくいのです。

ピストンしても、うっかり抜けてしまってはすぐに入れ直すことも難しくなります。何回も最中に抜けてしまうと、せっかくの興奮も冷めてしまうので、なるべくなら抜けるのは避けたいですよね。

抜けないようにするには、まずは2人がよく密着することが大切になります。男性だけでなく女性も男性の体につかまり、しっかりと2人がくっつくようにすると多少改善されるでしょう。

顔が見えないため安心感が足りない

心霊スポット

背面立位を行う場合、女性は相手の顔が一切見えません。それが原因で、不安に思ってしまうことがあります。

立位に限らず、バックで行う体位はどうしても顔が見えなくなってしまうものです。仕方がないといえば仕方がないのですが、少しでもその不安を取り除いてあげられるようにするのが大切になります。

キスをたくさんする、耳元で愛を囁くなどすれば、顔の見えない不安感も薄れるでしょう。

一番手っ取り早い解決方法は、鏡の前で行うことです。そうすればまるで美容室のように相手の目を見ることができて、その上興奮も誘うのでオススメです!

身長差があると難しい

身長差

密着感があり、カップルの仲を深めるのにも最適な立位。

しかし、唯一実現ができないのが身長差カップルです。10センチ程度であれば、難なくできるのですが20センチを超えるとだんだんと難しくなってきます。

身長差のある2人が立てば、性器の位置は大きく異なります。そのため、物理的に挿入することができなくなってしまうのです。

どうしても立位をしたい!という場合には、何かしらの踏み台が必要となります。一番現実的なのは階段などですね。ただ、平らな場所で行なうよりもさらに不安定になるので、怪我には十分注意して行なってください。

妊娠を狙うのであれば不向き

妊娠

立位は妊娠を狙うのであれば不向きな体位となります。

深く挿入はできるという点は優れているのですが、問題は中出しをした時です。

立っている分、出した精子も早くに下に流出してしまいます。そのため精子が奥まで届かずに終わってしまうので、妊娠に繋がりにくくなってしまうのです。

妊娠を目的としたセックスであれば、射精の直前には別の体位に変更するのが良いでしょう。

クリトリスへの刺激が少ない

制服

挿入時に、ペニスがクリトリスが当たることで快感を得る女性は多くいます。

しかし、背面立位・立ちバックの場合はクリトリスにペニスが当たらないためその快感を得ることができません。

そのため、膣がまだ開発されていない女性にとっては物足りないものとなるかもしれません。

ですが、立ちバックであれば男性が直接手でクリトリスを刺激することも可能です。女性の反応がいまいちな時には、ぜひ手を伸ばして刺激してあげましょう!


まとめ

いかがでしたか?

立ちバックはベッドで行なう体位とは違ったシチュエーションが魅力の体位です。場所も選ばずにできるので、様々なプレイにも対応でき非常に使い勝手のよい体位でもあります。

深い挿入感と、強い密着感を得ることができるので、2人の関係もよりラブラブにしてくれることは間違い無いでしょう。

難点は、どうしても体勢が厳しくなってしまうこと。バランスも崩しやすくなるので、十分安全には注意して行いましょう。

この記事を参考に、いつものセックスに新たな刺激を加えましょう!

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
アダルトの関連記事
【男女部位別】気持ち良すぎてうっとりする愛撫の方法23選!注意点や快感倍増のコツも徹底解説!

あなたは愛撫の重要性をご存知ですか? 「愛撫なんて適当に身体を触ってればいいんでしょ」「ニュアンスでいける」と愛撫を軽く見ている人も多いのではないでしょうか。 しかし、セックスの前戯などで使われる「愛撫」と言う行為はとて...

【ゾクゾクする】ニプルキスのやり方と2つの注意点!おすすめのシチュエーションも徹底解説

あなたは「ニプルキス」についてどのくらい知っていますか? ニプルキスを上手くする事ができれば、舌を出し入れするような濃厚なディープキスよりエロいキスをする事が可能です。 舌を出し入れするよりエロさを感じさせることのできる...

フリーセックスとは?フリーセックスをする人の特徴や正しい楽しみ方を徹底解説

あなたは何にも縛られず「自由にセックスを楽しみたい」と思った事はありませんか? ほとんどの人は「いろんな人と自由にセックスするなんてどうかしている」と思うでしょう。 しかし時には、色々なしがらみに囚われず自由にセックスを...

【完全攻略】正しいセックスのピストンのやり方とは?5つのポイントと女を喜ばせるテクまで徹底解説!

あなたはセックスの時の正しいピストンのやり方を知っていますか? 「ただ自分の思うまま、快感に任せてががむしゃらに腰を振っている…」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。 実は、男性が思う気持ちのいいピストンと、女性...

【男女別】気持ちのいいオナニーのやり方12選!基本から上級者向けテクまで徹底解説

あなたは普段オナニーをしますか? 男性は日常生活の一部と化しているという方も多いのではないでしょうか。女性は「するけど自己流だから正しいか分からない…」「恥ずかしく感じるからあまりしない」などといった方も多くいるでしょう。 ...

カキタレとは?カキタレの意味から実態まで、カキタレだった私がご紹介!

みなさまごきげんよう。カキタレ界のマリーアントワネットこと、薄給OLちゃん(27)です。   フランス革命と共に散っていった、かの有名な王妃マリーアントワネット。貧困に苦しむ民達を前に、かつて彼女は言いました。 ...

カーセックスにおすすめの場所8選!車でSEXする時の体位や注意点もご紹介!

「たまにはカーセックスしちゃう?」 なんて、かる~いノリで車内でSEXをいそしんだ経験……ありますか? 狭い車内は密着高く、窓ガラスは真っ白に曇り、車体はユサユサと揺れて……。 カーセックスやってみてぇぇぇ!!! と...

【完全攻略】オナ禁するなら7日間!メリットやムラムラした時の対処法まで徹底解説

あなたはオナ禁にチャレンジしたことはありますか? オナニーを自主的に禁止する行為・通称「オナ禁」は、性欲が滾る男性にとってはつらい修行のようなものです。あまりの辛さに過去に何度も失敗してしまった、という方も多いでしょう。 ...

【完全保存版】対面座位でイチャラブしよう!7つのメリットとアレンジ体位まで徹底紹介!

あなたは対面座位でのセックスをしたことはありますか? 比較的王道な体位・対面座位。正常位や騎乗位などに比べるとまだまだマイナー感がありますが、一度くらいはしたことはあるのではないでしょうか。 対面座位と一言で言っても、様々なバリ...

【完全保存版】セックスの基本体位5選と中イキへ導く最強体位四天王を紹介!スマートな体位の変え方も徹底解説!

あなたは、セックスの際の体位にマンネリを感じてはいませんか? セックスにおいて体位は得られる快感も大きく変化させるほどに重要です。特にあなたが「女性を気持ちよくさせたい」と思っているのであれば、とことんこだわるべきでしょう。 ...