• 笑顔
  • なぜ
  • ハート
  • 時計

2019/08/18 アダルト

【中イキ確定】伸長位とは?5つのメリットと最高に気持ち良くなるためのコツを徹底紹介!

ハグ

あなたは伸長位という体位でのセックスをしたことはありますか?

正常位や騎乗位、座位などに比べるとどうしても知名度が低い伸長位。「初めて聞いた」という方も中にはいるでしょう。

マイナーな体位ですがこの伸長位、実は中イキをするには最適な体位なのです!普段、正常位や騎乗位などの挿入だけでのオーガズムが感じられない方も、伸長位では簡単にイってしまうかもしれません。

この記事を読めば、今まで膣で感じなかった女性でも、中イキを体験できるようになること間違いないでしょう!

伸長位とは?

スマホ

体位の種類の一つである伸長位。

正常位や騎乗位に比べると、認知度も低いので聞いたことがないと言う方も多いのではないでしょうか。

伸長位とは、男女共に快感を得やすいことで有名な体位です。特に女性は、挿入だけでの絶頂「中イキ」がしやすいとも言われています。

まずは伸長位について、具体的に知っていきましょう!

伸長位ってどんな体位?

ハート

そもそも、伸長位とはどのような体位なのか…そこからイメージができていない方も多いでしょう。正常位にも少し似ている体位なので、比較しながら説明していきますね。

正常位は、女性は膝を曲げ足を大きく広げてその間から男性が挿入をしますよね。伸長位の場合、まず女性は足はあげずに床ににつけたまま、普通に寝ている状態となります。

そして、挿入をする男性の位置も異なります。正常位であれば、股の間から膣に向かって平行に挿入をしますよね。しかし、伸長位は女性の脚の間から挿入をする形になります。

正常位が「T」であれば、伸長位は「×」のように、交差する形で挿入をするということです。

特に中イキがしやすいことで有名

握手

伸長位は、女性が中イキをしやすいことで有名です。

なぜ中イキができるのかというと、その秘密は伸ばした足にあります。

女性は、足を伸ばすことで膣が力が入りやすくなります。

膣に力が入りやすくなると、イクための動きもスムーズになるのです。そのため、足を曲げた正常位と比べて、中イキがしやすくなるのではないかと言われているのです。

妊娠中のセックスにもオススメ

妊婦

伸長位は妊娠中のセックスにもオススメです。

妊娠中にはお腹の赤ちゃんにも影響するため、圧迫される体位は基本的にNGです。特に屈曲位などは、流産のリスクなども高まるので絶対にしてはいけない体位です。

その点、伸長位は深く挿入もされない体位なので妊娠中でも安心してすることができます。

妊娠中のセックスは不安も多いですが、負担のかからない体位でするのであれば問題ありません。むしろ程よい運動は安産にも繋がるので、積極的にしていきましょう。

伸長位の種類とは?

ポイント

伸長位と一言で言っても、種類はたくさんあります。

バックに普通のバック、立ちバック、寝バックなどと種類があるように、伸長位にも種類があるということです。

ここでは、主な3つの伸長位をご紹介します。

一つ一つ、違いを確認しながら見ていきましょう!

足をピンと伸ばす締め小股

マッサージ

まずは、足を締めた状態で行う「締め小股」です。

やり方を説明します。まず女性は仰向けに寝転がります。この時、足はまっすぐ伸ばした状態にしておきます。

男性は女性の上から覆い被さり、女性の太ももの間からペニスを挿入します。
女性は、挿入されている時には両足をぴったりとくっつけて置くことがポイントです。

女性が足をピンと伸ばし、両足を揃えることで膣の締まりが桁違いによくなります。そのため男性も挿入した時に強い締め付けを感じることができるののです。

男性が足を伸ばすしがらみ

素足

続いて「しがらみ」について説明します。

しがらみも、伸長位のうちの一つの体位です。そして、締め小股との違いはほとんどありません。

締め小股は女性が太ももを締めるテクニックのことを指し、しがらみはまっすぐに足を伸ばす男性の様子を指すものです。

そのため、体位としてはほぼ一緒ということになります。どちらも48手にあるものなので、ややこしく思えますがそのような違いであることを覚えておきましょう。

大きく足を開く浜千鳥

海辺

女性が足を締めない伸長位に「浜千鳥」というものがあります。

締め小股は女性が強く太ももを締めているのに対し、浜千鳥は女性が大きく足を開いているのが大きな違いとなります。

締め小股に比べると、足を大きく解放している分イキにくい体位となります。

しかし、人によっては大きく足を開いている方が上手くイケる!という人もいるので、自分はどのタイプか試してみましょう。

伸長位が気持ち良い理由は『脚ピン』にもある

美脚

伸長位が気持ち良いとされる理由には、脚をピンと伸ばす「脚ピン」状態が大きく関わっていると考えられます。

「脚ピンって?」と思われる方もいらっしゃると思うので、まずは脚ピンについても細かく説明をしていきます。

脚ピンとは?

なぜ

脚ピンとは、その名の通り脚をピンと伸ばした状態のことを指しています。

実際にするとわかるかと思いますが、脚ピンをすると太ももの筋肉から膣や肛門周辺の筋肉に力がかかる感覚がしますよね。

そして、脚ピンをした時に動く筋肉と、オーガズムでイクときの筋肉が密接に関わっています。

脚ピンをすると、得た快楽を逃すことなく感じられるのでオナニーの際にも脚を伸ばす「脚ピンオナニー」をしている人も多くいるのです。

やりすぎると快感に鈍くなってしまうことも

ポージング

脚ピンはオーガズムを感じるのにはとても効果があるのですが、やりすぎると脚ピンをしている状態でなくてはイケない体になってしまうこともあります。

脚ピンは受ける刺激も大きい分、少ない刺激に対して鈍感になってしまう恐れがあるということです。

実際に普段から脚ピンオナニーをしている女性は、中イキがしにくい事も多くあります。

伸長位は脚をピンと伸ばすので快感を感じやすいのですが、やりすぎると体が鈍くなってしまう恐れもあるので注意が必要です。

伸長位で得られる5つのメリット

笑顔

伸長位をすると、他の体位にはないメリットを得ることができます。

メリットを知れば、「今までなんでやらなかったんだろう?」というような後悔も生まれるかも知れません。

一体、伸長位にはどんな嬉しい効果があるのでしょうか。

ここでは伸長位で得られる5つのメリットをご紹介します!

女性は脚が伸びるので膣に力を入れやすい

腹筋

伸長位は脚を伸ばして挿入するのが大きな特徴ですよね。脚を伸ばすと、女性は膣に力が入りやすくなると言われています。

そして、膣に力が入りやすくなるとどうなるかというと、感度が上がりイキやすくなります。

脚の筋肉と、イク時に使う筋肉は繋がっているということはご存知でしたか?

女性がイクためには、それらの筋肉を使って力む必要があります。伸長位をすると、イクために必要な筋肉に力が入りやすくなるため他の体位よりもイキやすくなる、ということです。

早漏でも時間を稼げる

時計

伸長位は男性にも嬉しいことがあります。それは、早漏であっても射精までの時間が稼げるということです。

伸長位は締め付けは強くなるものの、挿入が浅くなる体位です。

そのため、ピストンのストロークが短くなるので、受ける刺激も他の体位に比べると弱くなります。

そうすると、早漏の男性でもイクまでの時間を稼げるので女性にも満足感を与えることができますよね。普段は三擦り半で射精してしまうような男性でも、伸長位であれば長持ちするということです。

クリトリスへの刺激が大きい

スーツ

伸長位は、他の体位と比べてクリトリスに加わる刺激が大きくなります。

伸長位は、女性の脚の間から挿入する体位です。脚の間から挿入するということは、その分ペニスと股間付近の摩擦が増えるということになります。

ピストンをする度に、ペニスがクリトリスを掠めることになるので挿入との刺激と同時にクリトリスへの快感を味わうことができるのです。

内側からも外側からも刺激を受けられるには、なんだかお得で満足感が得られそうですよね。

子宮が後ろにある人でも違和感が少ない

ハート

伸長位は、子宮が後ろにある人でも違和感なくできるのも大きなメリットです。

生まれつき、子宮が後ろの方にある「子宮後屈」という体質を持つ女性は、セックスの際に痛みを伴ったりと苦労することも多いです。普通の人よりも、膣と子宮の角度が急になっていることが原因です。

しかし、伸長位は脚の間から挿入することで、子宮後屈の女性の膣にもフィットしやすくなります。

人それぞれ子宮や膣の形は異なりますが、伸長位はどんな人にも合いやすい体位なのです。

密着する体位なので愛情を感じやすい

後ろからハグ

伸長位は正常位に比べると密着度が高くなる体位です。そのため、愛情を感じやすいという点も嬉しいポイントとなります。

肌の触れ合う面積というのは非常に重要で、触れている部分が多ければ多いほど心も満たされるものです。それだけ人肌には温かみや癒し効果があるということですね。

また、好きな人とのスキンシップは幸せホルモンであるセロトニンを分泌させる効果もあります。

触れれば触れるほど幸せな気持ちが心に溢れるので、大きな満足感を得ることもできるのです。

伸長位をすることで起こる5つのデメリット

肌

伸長位は良いことづくめのようにも思えますが、残念ながらデメリットも存在します。

やや変わった体位とはいえ、あまり知名度がないのも普及しないだけの理由があるからです。

いったい、伸長位にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。

ここでは5つのデメリットを紹介していきます。

膣口が後ろにある場合は挿入がしにくい

ストレッチ

女性の膣の位置には個人差があり、体の前面に近い場所に膣穴ある上付き、体の背面に近い位置に膣穴がある下付きがあります。

伸長位は、太ももの間からペニスを挿入する体位なので、膣が下付きだととても挿入がしづらくなってしまいます。

下付きということは、その分太ももからの距離も遠くなるということです。

遠くなればなるほど男性のペニスの長さも必要になるので、入れるハードルが上がってしまうのです。

体の硬い男性は動きにくい

長座体前屈

伸長位をする場合、男性にはある程度の柔軟性が求められます。

伸長位は、挿入の角度も普通の体位と比べるとかなり特殊になります。そのため、体が硬い男性だと挿入もままならないということもありえるのです。

また、どうにか挿入することができたとしても、腰を振るというミッションが控えています。

伸長位は、選ばれた柔軟な体の持ち主にしかできない体位なのです。

挿入が浅くなるのでアソコの長さが重要

まる

伸長位は脚の間から挿入することもあり、どうしても挿入が浅くなってしまいます。

そのため、伸長位で挿入感を得るためにはそれなりのアソコの長さが必要となります。

逆に言うと、アソコが小さく短い男性は挿入することすらできない可能性があるということです。

他の体位に比べると、かなり男性側の条件を選ぶのが伸長位の特徴です。正常位や騎乗位のような、誰にでもできる体位ではないということは、よく理解しておきましょう。

伸長位以外の体位で中イキできなくなる可能性

絶望

伸長位は中イキをするのにも向いている体位です。

しかし、伸長位の気持ちよさに慣れてしまうと、他の体位で中イキができなくなってしまう恐れがあります。特に脚を閉じて行う「締め小股」という体位は、そうさせてしまいやすくなります。

刺激を多く感じる分イキやすくはなりますが、それよりも小さい刺激に対して鈍感になってしまうことがあるということです。

自分の性感帯を甘やかすと、後々イキづらい体質になってしまいます。伸長位での中イキを狙う場合は、今後のためにも絶対に足を開いた状態で行いましょう。

普段足を曲げてイク癖が付いているとイキにくい

怒ってる

普段、オナニーなどをする際に足を曲げている女性は伸長位でいきにくいことがあります。

伸長位は足を伸ばすことがポイントの体位です。しかし、普段足を曲げてイク習慣がある人は気持ちよくなれない可能性が非常に高いです。

普段足を曲げて癖がある女性は、今からでもその癖をなくすように努力しましょう。

オナニーは、どのような体勢でもイケるのが本来はベストです。決まった状態でしかイケないというのは、今後中イキをしたい場合には悪影響しか出ないので注意してください。

伸長位で中イキできない!そんな時には『ブリッジ法』

ブリッジ

伸長位を試しても、どうしても中イキができないという方もいるでしょう。

そのような方にぜひ試してもらいたいのがブリッジ法というトレーニングです。

このブリッジ法をすれば、一気に中イキの実現へと近づくことでしょう。

いったい、そのブリッジ法とはなんなのか?どのようにするのか?詳しく説明していきます!

ブリッジ法とは?

牛

ブリッジ法とは簡単に説明すると「挿入と同時にクリトリスを刺激して中イキができるようににする」訓練方法です。

なぜ、クリトリスを刺激することが中イキに繋がるの?と疑問に思う方もいるでしょう。

ブリッジ法は、挿入している時にクリトリスを刺激することで、クリトリスで得た快感を挿入での快感であると脳を騙すことを目的としています。

脳というものは意外といい加減なもので、どの刺激によってどの快感を得ているか、ということを正確に判断することができません。

そのいい加減な部分を利用して、クリトリスで得た快感を挿入にも結びつけよう、というのがこのブリッジ法なのです。

伸長位はブリッジ法に最適

羽織

足をまっすぐに伸ばし、手足の自由が効く。

なおかつ中イキのしやすいと言われている伸長位は、このブリッジ法を試すにはぴったりの条件が揃っていると言えます。

ピストン中だと多少のやりにくさは感じるかと思いますが、得られる効果の大きさはかなり期待できます。

ぜひ、これから説明するブリッジ法を試してみてください。

ブリッジ法のやり方

手を伸ばす

いよいよ具体的なブリッジ法の説明に入ります。

まず、男性は女性の膣に挿入します。そして男性、あるいは女性自身がクリトリスを刺激します。どちらが刺激するかは、どちらがより快感を得られるかで決めてください。

ピストンをしながら、クリトリスへ刺激を与え続けます。クリトリスへの刺激によってイキそうになったら、クリトリスを刺激する手は止めて挿入されているペニスに神経を寄せます。

これを繰り返すことで、クリトリスへの刺激の快感が挿入への快感に定着します。根気がいる訓練ではありますが、効果は絶大ですのでぜひ試してみて下さいね。


まとめ

いかがでしたか?

伸長位は中で感じるのには最適な体位です。

そのポイントは、脚をピンと伸ばすこと。脚がピンと伸びる事で、快感を逃すことなく全てを感じることができるようになります。

しかし、伸長位ばかりして脚をピンと伸ばした状態でイクことに慣れてしまうのもまた問題です。

脚ピンでイクことが習慣になってしまうと、今後他の体位でイクことができなくなってしまうかもしれません。使用頻度はほどほどに、どうしても中でイケない場合の最終手段くらいの気持ちで行うのが良いでしょう。

この記事を読んだあなたが、中イキの快感を味わうことができることを願っています!

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
アダルトの関連記事
【声だけで濡れる】女性が思わず興奮する言葉責め10選!エロい雰囲気の作り方も徹底解説!

あなたは言葉責めをした事はありますか? 「聞いた事はあるけど実践した事はない」「気恥ずかしくて出来る気がしない」など言葉責めに消極的である人もいるのではないでしょうか。 一般的に言葉責めは「恥ずかしい」と感じる人が多く、...

和歌山のアダルトショップ5選!大人のおもちゃはココで手に入れよう

突然ですが、皆さんはアダルトグッズを使ったことがありますか? 基本的なものと言えば、大人気のTNEGAだったり、バイブやローターといったアイテムですが…意外に使ったことがない…という人も多いのはないでしょうか。 そもそもどこへ行...

ガバマンとは?ガバマンの特徴、原因を徹底解説!ガバマンにおすすめの体位までご紹介!

「彼氏がなかなかイってくれない…」と悩んでいる女性は多いですよね。 彼氏が遅漏だとか、そういった理由もあるかも知れませんが、もしかしたらあなたの膣がガバガバな可能性も・・・・・・? パートナーの男性がなかなかイってくれな...

【完全保存版】賢者タイムとは?男がそうなる3つの原因と男の扱い方を徹底解説!

皆さんは賢者タイムと言う言葉を知っていますか? 男性の方なら知っている方がほとんどかと思いますが、射精後に訪れる性欲等が減退し何もやる気の起きなくなってしまう時間のことです。 そんな賢者タイムですが「必ず起こってしまうものなのか...

【正直ムリ】ディープキスをする相手の口臭がキツイ3つの理由!自分が臭い時の相手の反応や対処法も徹底解説!

あなたはディープキスをする時の自分の口臭に自信はありますか? 「ちゃんと歯磨きしてるし大丈夫!」「多分変なにおいはしていないだろう…」そう思っているのではないでしょうか。 では、相手の口臭が気になったことはありませんか?...

【自慢できる】巨乳彼女の作り方!巨乳彼女の5つの魅力とは?メリットとデメリットも合わせて徹底解説

巨乳の彼女が欲しい…あなたはそんな夢を一度は思い描いたことがありませんか? 自分の彼女が巨乳であればどんなに素晴らしいか、想像するだけでよだれが出そうになりますよね。ですが、そんな夢もこの記事を読めば叶えることができるのです。...

【ドライな恋愛】大人の関係とは?3つの特徴や普通の恋愛との大きな違いを徹底解説!

あなたは「大人の関係」と聞くと、どのような関係を想像しますか? 不倫・浮気…あるいはセフレ、援助交際やパパ活などでしょうか。 これらは全て割り切った気持ちの上で成り立っている関係です。割り切った関係というと、少し冷たい様...

【完全保存版】彼氏の性欲が強すぎる!性欲の強い彼氏の12個の特徴からの上手に付き合っていくコツまで徹底解説

彼氏の性欲が強すぎて困る…そんな悩みをあなたは抱えていませんか? あまりにも彼氏の性欲が強すぎても、自分の体がもたないし大変ですよね。デートをするたびにエッチを求められるというのも疲れてしまいます。 いったい性欲の強い彼...

バイブのおすすめ18選をご紹介!形や動きなど選び方についても徹底解説!

理想のセックスを追い求めていたら、行き着く先にはバイブがあった! そんなカップルも多いんだとか…。 しかし、これまでにバイブなんて使ったことがない… そもそもどんなバイブを選べばいいのかわからない…とお悩みの方。 ご安心ください...

群馬のアダルトショップ5選!大人のおもちゃはココで手に入れよう

突然ですが、皆さんの夜の生活は安定していますか? パートナーがいる人もそうでない人も、欲求が溜まった状態だと仕事が進まない…なんてこともあるでしょう。 しかし!かと言ってそこまでお金をかけられるわけでもなく、そしてマンネリ気味に...