• 大阪ホスト
  • 1
  • 胸ぐら掴む
  • まとめ

2019/07/05 コラム

マリッジブルーの理由と解消法を紹介!婚約破棄がちらつくことも… !?

「煮えきらなかった彼にとうとうプロポーズされちゃった〜!」

「同棲も始めたし、結婚もかなり視野に入ってきたな」

1

しかし、「幸せいっぱい!」とずっとるんるんしていられるかはわかりません。

プロポーズ後の女性の多くに襲ってくる天敵、それがマリッジブルー です。

「本当に彼が最後の人でいいの?」

「私、まだ結婚したくないのかな?」

かなりの人が経験をしたマリッジブルー。その原因と症状、対処法を紹介します。

マリッジブルーの原因

上を見る

大好きな彼と結婚!それなのにどうしてマリッジブルーに襲われるのか。

その原因を紹介します。

変化への不安

肩組み

結婚となると、居住地、苗字、家族関係、人間関係、はたまた仕事も変わることがあります。

結婚はおめでたいことですが、とはいえ人間にとって「変化」は大きなストレス。

「結婚して旦那さんの近くに越してきたけど、こんな田舎でやっていけるのかな……」

「新しく仕事を探さなくちゃ……でもその前に市役所と県庁と銀行にも行かないとな〜 」

考えなければならないことはたくさん、手続きも山ほどある。

そうなると、積もり積もって「もう、いや……」「すべてやめたい!」と投げやりな気持ちになってしまいます。

金銭面での不安

大阪ホスト

結婚するとなると、やはりお金がたくさん飛ぶ!

Z○Zoの社長と結婚するならなんの心配もいらないかもしれませんが、大概の場合男女とも負担はかかります。

引っ越し、家賃、結婚式、家具家電、実家へ挨拶する交通費、などなど挙げればきりはありません。

そんな時彼が「俺、全く貯金できないタイプでさぁ」なんて言ってきたら、一気に不安が加速しそうです。

妊娠によるホルモンバランスの変化

リラクゼーション

もしおめでたがきっかけで結婚となると、なおさら不安や考え事は増えてしまいます。

マタニティブルーとマリッジブルーが重なると、やはり女性にとってストレス。

「このまま赤ちゃんを産んで大丈夫?」

「彼は父親にふさわしいのかな?私は立派にこの子を育てられるの?」

旦那さんの理解が得られないと、10ヶ月という長い妊娠期間、平穏で過ごすことは難しいかもしれません。

彼を信用しきれなくなった

挿入

「ちらっとスマホを覗いたら、さっとラインのトーク履歴を消していた。それって浮気の証拠隠滅?」

「飲み会にばかり行くけど、まだ女の子と遊びたいのかな?って不安になっちゃう」

結婚となると、男女とも「浮気」は不貞として犯罪行為になります。

結婚するとしてもまだ女の子と遊びたい!という気持ちは男性にとって根深い。

結婚するにあたって「一生君とだけ!」「他の女なんて目に映らない!」という彼の気持ちが信用できなければ、夫婦になろうという覚悟ができないですよね。

ドレス選びに付き合ってもらえない

1

結婚式準備をする中で、男女の熱量はやはり違います。

結婚式の主人公は夫婦というより、やっぱり花嫁!

「このドレスとさっきのどっちが似合ってた?」

「あのお店でも試着してみたいんだけど予定教えて!一緒に行こう」

しかし旦那さんの方は「俺が見てもわからないよ! 好きにしたら」「なんでもいいから早く決めてよ」と乗り気じゃない、なんていうのは良くあること。

「わたしに興味ないの?」と気持ちがいじけてブルーになってしまうというわけです。

結婚式の段取りで揉めた

殴る

「招待状の手配くらいやってよ」

「仕事で忙しいから下見にそんなに行きたくない」

熱量の差が原因ですれ違いになってしまい、あんなにノリノリだったのに次第に「結婚式」というワードが出るだけで夫婦の間でピキッと空気が凍ってしまう。

300万ほどかかる結婚式。一生に一度のことを準備するのはやはり大変!

旦那さんが協力的でないと、「もうこの人とはやっていけない!」「この人が旦那さんじゃ将来心配……」となっても仕方ありません。

両親が相手を気に入らなかった

1

「あなたの相手としては、年下すぎるんじゃないの?」

「食事のマナーがちゃんとなってない人はちょっとねえ」

結婚するのは自分。とはいえ互いの家族にも影響する大きなイベントです。

自分が「この人!」と思っていても両親が難色を示したら、陰りが差してきます。

「確かに恋愛の熱で浮かれてたけど、この人と私は釣り合ってないかも……」

箱入り娘ほど深刻に捉えてしまいがちです。

相手の親とそりが合わなかった

2

「なんだか彼のママ、私を気に入ってないみたい!」

「家事や育児のことでチクチク言ってきた。子供が生まれてきたら干渉してきそう」

彼のことは大好きでも、彼の家族のことは好きになれなかった…というケース。

あるいは、彼の家族が自分を気に入ってくれなかった!となると大ショックですよね。

「私とお母さんのどっちが大事なのよ!」とマザコン息子を怒鳴りつけたくなったことがある人もいるのでは。

恋愛がしたくなった

まとめ

「結婚したら、一生この人としかできないのか〜。もっと遊べばよかったのかなぁ」

「あんなに焦ってたのに、いざ決まると『もっといい人いたかも?』と思ってしまった」

人間は欲深いいきもの。

恋愛すると結婚したくなるし、結婚すると恋愛したくなるんですよね。

勢いだけでプロポーズを受け入れ、いざ他に素敵な人が視界に入ると「やっぱりや〜めた!」「もうちょっと婚活頑張ろうかな?」と婚約破棄に繋がってしまうことも……。

プロポーズを受けるときは浮かれてしまいがちですが、籍を入れるとなったら冷静になってからにしましょう。

マリッジブルーの症状

見つめる

さて、マリッジブルーの典型的な症状はなんでしょうか? あなたの恋人は大丈夫か男性はチェックしてみて。

不眠

パイパン

「いつも五分とせずに眠れていたのに、急に寝つきが悪くなった……」

「眠りが浅くて、いつも寝不足。それなのに夜は目が冴えてしまう」

不安ごとがあると人間、ぐっすりと眠れなくなっちゃうんです。

生活に支障が出るので、ひどいなら睡眠薬に頼ってしまいましょう。

過食、拒食

乾杯

「ついつい食べ過ぎたり、飲み過ぎてストレスを発散しちゃう」

「お腹は空いているのに物が喉を通らない」

過食も拒食もストレスの表れ。アルコールをストレス解消のためにぐびぐ

こうなるとドレスも綺麗には着られなくなってしまいます。

すぐ泣く

1

「なんだかちょっとしたことですぐ泣いてしまう」

「何か嫌なことがあったわけじゃないのに、気がついたら涙がボロボロと溢れて彼がぎょっとしてた」

涙はストレスが限界値になった証拠。溢れてしまったら、止めることもできないですよね。

我慢せず思いっきり泣くことも大切です。

マリッジブルーの解消法

キャバクラ通い

マリッジブルー をやわらげるにはどうしたらいいの? 解消法をご紹介します!

二人で話し合う

胸ぐら掴む

「ちゃんと私のこと好きって言ってよ!」

「結婚式の準備私に丸投げしないで!」

思い切って不満や不安を彼に共有してみましょう。

男性には「察して」が通じません。

「今は時間がないから…」「またあとでね、俺今日疲れてるから」などとかわすようであれば、婚約破棄も頭の中でチラチラ光るかもしれません…。

既婚の友人に相談する

コミュ力

こういう時頼りになるのは「経験者」。

既婚の女友達に「実は結婚前なのに悩んでて…」と相談してみてはどうでしょうか。

「私もそうだったよ〜わかる、不安になっちゃうよね!」

「こうしたら旦那もわかってくれたよ」などとあなたに寄り添って相談を聞いてくれるはず。

「不安になってたのは私だけじゃないんだ!」

「彼が悪いんじゃない、結婚するってなったら一度はみんな『彼でいいの?』と悩むものなんだ…」

そう思えれば少しは気持ちが楽になるかもしれません。

久しぶりに女子会をすることによって、気分転換にもなりますよね。

結婚プランナーに相談する

虫眼鏡

「友達には恥ずかしくて相談しづらい」

「式にきてもらう友達に、赤裸々に自分たちカップルのことを話すのはちょっと」

そんな人もいますよね。

結婚プランナーさんと仲がいいなら、相談してみてはどうでしょうか。第三者からの冷静な意見の方が耳にすんなり入ってくる、というのもよくある話です。

何千人もの夫婦を見てきたプロ中のプロですから、何か有益なアドバイスを親身にしてくれるかもしれません。

実家に一度帰ってみる

1

誰よりもあなたのことを理解してくれるのは、結局のところ実の家族ではないでしょうか?

結婚の大先輩であるお母さんに話を聞いてもらいがてら、帰省してみては。

「お母さんも昔は悩んでてねえ」

「お父さんも理解がない人だったから、結婚する前もよく喧嘩したの」

なんて話を初めて聞かせてくれるかもしれません。

結婚してしまうとなかなか実家に帰れなくなりますし、両親もあなたの帰省を喜んでくれることでしょう。

また、結婚前に「実家に帰ってくるね」と彼に言うことで「もしかして、破局を考えてる?」と彼にプレッシャーを与えることができます。

添い寝

帰ってくる頃には反省して協力的になっていたり、優しくしてくれるかもしれませんね。

全然関係ないことをしてリフレッシュ

自転車

ずっと彼と顔を付き合わせて喧嘩ばかりしていたら、お互いに息が詰まりますよね。

もはやテーブルの上に広がったゼクシィさえ疎ましい存在になってしまったり。

それなら全然違うことをして気分を切り替えてはどうでしょう?

サイクリング、ジム、ヨガ、ダンス、料理、エステ。

スッキリして帰ってきたら、元どおり彼と機嫌よくしゃべれるようになるかもしれません。

とはいえ、いくら彼に不満があるからと言って他の男性を呼び出して飲みに行く!となるとだいたい浮気沙汰にん転じてしまうので不貞行為はNG!

いつも通りの生活をする

顔に手を添える

あえていつも通り過ごして、時間が解決してくれるのを待つのもいいでしょう。

ジタバタしても結果は同じ……それなら、仕事も家事もデートも、「あえて」いつも通りこなす。

いつもと同じように、通常運転を静かにこなす。

そのうち機嫌もお天気のように晴れ渡ってくるかもしれません。

 

終わりに

ハグ

一時は「この人と結婚する!」と決めたのに、どうしても気持ちがグラグラと揺れてしまう。

それは彼が悪いのではなく、結婚という一大イベントを真剣に捉えている証拠。

「私、心が狭いのかな?」

自分一人で悩まず、まずは一番あなたを思っているパートナーと話し合ってはいかがでしょうか。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
コラムの関連記事
結婚願望がない女性が急増中?特徴と理由、その気にさせる方法をご紹介!

「もう新しい時代だし、絶対結婚しないと幸せになれないなんてことないはず」 「周りは『結婚早くしたいよ〜』と焦ってるけど、わたしは全然結婚願望がないな」 女性も男性並みの収入を得るようになり、すっかり結婚は「選択肢の一つ」...

元カノに連絡する男の理由・心理をご紹介!連絡がきたときの対処法まで徹底解説!【マジ無理無視】

過去に付き合っていた男性から連絡がきたとき、あなたはどうしますか? 心が痛んでなかなか無視ができない方や、連絡を取っているうちに成り行きで復縁してしまうと言う女性も多いのではないでしょうか。 でも、ちょっと待ってください...

モテない女の特徴からモテない女からの脱却方法まで徹底解説!

モテる女「このあいだの合コン、男全員からご飯のお誘いきてウケるw」 モテない女「(えっ……わたし誰からも連絡きてない……)」 薄給OLちゃん「格差社会~~~~~~~!」   みなさんごきげんよう! ...

長野の告白スポット15選!女性が思わずOKしてしまう素敵な告白スポットを紹介!

数々の農産物や温泉地などで知られる長野。 そんな長野には隠れたおすすめの告白スポットがたくさんあるんです! 長野には海がないため、ロマンチックなオーシャンビューが楽しめないともよく言われます。 しかし!告白スポットは必ずし...

マリッジブルーは男性にも起こる!主な原因と症状とは?マリッジブルーに対処するための解決策など徹底解説!

結婚直前に、「本当にこの人と結婚して良いのかな?」と不安を感じてしまうマリッジブルー。 女性に特有のものだと思われがちですが、実は男性にもマリッジブルーはあるのです。 今回は、マリッジブルーの原因と症状、男性側の自己解決...

モテる大学って一体どこ?大学マニアの編集部員が都内の大学徹底解説。

結局どこの大学入ればモテるの?と疑問を抱いている皆様のために…。 大学マニアの私が、独断と偏見を大いに交えてモテる大学を発表していきたいと思う。 受験生のみんな、在学中のみんな、そして卒業生!心してご覧あれ! 合コンし...

重い女の特徴とは?重い女からの脱却方法も徹底解説!

「重い女の特徴ってどんな感じ...?」 「よく重い女だよねって言われるんだけど、どうしたら脱却できるの?」 メンヘラ気質で「重い」判定を食らう尽くし系彼女のみなさんこんにちは。 社畜の彼に代わって家事全部やっていたら「...

脈あり女子が見せるサイン!キラキラOLが画像付きで解説!

デートや飲み会で外すことなく、確実にお持ち帰りしたい!! そんなこと思ったこと多々ありませんか。     「いや、これいけるだろ!!」って思ったのに、違ったとか、   ...

カップルアプリでもっと仲良くなろう!大人も使えるおすすめのカップル向けアプリ10選

カップルが記念日を登録したり、お互いの予定を書き込んだり、画像を共有したり…とカップルで共有したいことって意外と色々ありますよね! そんな時に便利なのが、カップルアプリ! 便利なアプリを使いこなせば、彼や彼女とのコミュニケーションが...

チェックリスト付き!恋人でもなくセックスもしない男友達とは?

そもそも「男友達」とは? 男女の”グレーゾーン”の代名詞と言えば男友達。 「ていうか男友達って何?」 女子的には、永遠の謎にしておきたいところ。   だって女子にとっては、時にものすごく便利なワー...