• 肌チェック
  • 温泉美女
  • 麦わら帽子
  • バスローブ姿

2019/07/05 アダルト

【満足度アップ】ペッティングとは?男女別のテクニック14選と女性が抱える5つの不満を徹底解説

カラフル風船

あなたは、ペッティングがどのような行為かご存知でしょうか?

男女間で行う愛撫のことで、夜の営みで避けては通れません。

うまくできるかどうかでセックス自体の満足度も大きく違います。

ペッティングを上手にする事ができれば、お互いに満足いく関係を作っていくことが出来ます。

ペッティングは挿入と比べておろそかにしがちですが、それが女性の性行為の満足度を下げる事にも繋がっています。

この記事を読む事であなたはペッティングの正しい方法を理解し、今まで以上に愛のある、お互いに満足度の高いセックスができるようになる事でしょう。

ペッティングの重要性と、具体的にどのような事に注意をすればいいのか?について解説をしてきます。

ペッティングとは恋愛ABCで言う所のBを指している

オフショル

聞きなじみのない方もあるかもしれませんが、そもそもペッティングとは何でしょう?

男女の関係の進行を表す隠語で
・A=キス
・B=ペッティング
・C=セックス

を指しています。

つまりペッティングとは、Aのキスと、Cのセックス以外の性的な愛撫や刺激のことを言います。

男女間で行う愛撫行為

ドライブデート

先ほども触れましたが、ペッティングとは男女間で行う愛撫行為のことです。

お互いの身体を触ってセックスに向けて興奮を高める行為のことを指します。

セックス中はもちろん、セックスの前後にも行います。

2人の甘い雰囲気を作っていく大事な行為ですが、男女間で満足度が全く異なるポイントでもあります。

風俗店では挿入を除いた性行為をさしている

ストロー

一般的な風俗店では、挿入を除いた行為全てをペッティングとしています。

一般的な定義と異なりキス等もサービスとして含んでいます。

指や舌で性器を刺激したりする行為や男性や女性がお互いの性器を口で刺激しあう69。

そして股の間に男性器を挟んで擦るように動く素股。

これらは全て挿入ではなく性器に対する刺激なのでペッティングとなり、風俗店でのサービス内です。

セックスの前にペッティングは欠かせない

手繋ぎ

セックスの前にペッティングは欠かせません。

当たり前ですが、女性は濡れなければ男性器を受け入れることことはできないですし、男は勃たないと挿入できません。

セックスに向けた準備という機能以外にも、ペッティングには重要な機能があります。

ペッティングは、お互いの体温を感じて徐々に興奮を高めていき、お互いの性器を受け入れる準備をする大事な段階です。

ここをスムーズに出来るかどうかで、セックス自体の満足度が変わってきます。

前戯を怠ると不仲の原因にもつながる

麦わら帽子

なぜ前戯を怠ることが不仲の原因になるのでしょうか?

一般的に男性は身体的な刺激、つまりペニスへの刺激や挿入で興奮が高まります。
それに対して女性は、身体的な快楽はもちろんですが、精神的な繋がりを重視します。

大好きな人と繋がっていたい、守られていたい、安心したいという気持ちが強くあります。

女性が男性のペッティングに対して抱えている5つの不満

森で読書

いったいどういったことが女性の不満に繋がってしまうのでしょうか?

ほとんどの女性は、セックス中に感じているフリなどの演技をしていると言います。 

それだけ男性に気を使ってしまうのは、女性はどうしても嫌われたくないと自分の気持ちを抑えてしまうからです。

そのため、男性主体で一人よがりな前戯や挿入中心のセックスだと、女性が満足出来ずに不満をため込むことになります。そういったことが続くと「私は性欲を満たす道具じゃない!」と不満が爆発することにもなりかねません。

つまり、女性の心と身体を満たすような前戯が重要になってきます。

すぐに挿入したいからか前戯が短くて雑

懇願

男性はペッティングが始まった途端に挿入することしか考えなくなり、前戯に時間をかけたくないという人も多くいます。

しかし、女性の前戯の一番の不満は時間が短くてしかも雑な点です。

男性は激しくした方が女性が気持ちよくなると勘違いしている場合もあります。

どういう風なセックスがしたいかをちゃんと話し合うのも大事です。

前戯もやり方次第ではセックスそのものよりも快感を感じることがあります。大事なのは女性の心を満たしながらどう挿入まで導いていくかということが重要です。

賢者タイムが原因でイった後にペッティングをしてくれない

肌チェック

セックスでイった後は、終わったとたんにタバコ吸いだしたりスマホを触りだしたりする男性が多いです。

女性は「余韻に浸って大事にされている感覚をもっと味わいたいのに…」と寂しい思いをすることも少なくありません。

そういった男女のモチベーションの差が、前戯が物足りないという気持ちを女性側に与えてしまいます。

男性のセックスのゴールは射精であり、それが済めば世に言う賢者タイムが訪れます。

全身をなんとも言えない脱力感が襲います。何もする気が起きませんし、さっきまで没頭していたセックスに対して高まっていた関心も急激に薄れてきます。

セックスにおける男性と女性のゴールに違いを感じる

泣き

上でも少し述べましたが、女性はセックスで気持ちよくなるのはもちろんです。

しかしそれ以上に愛情を感じて安心したい生き物なのです。男性の場合は一度射精をしたら急激に興奮が収まってしまうものです。

女性は男性と違って射精することはありません、興奮の波は徐々に下降線をたどっていきます。

つまり男性がイって興奮が急激に下がっていても、女性はまだ身体が興奮している状態にあるのです。そういう状態で急に一人取り残されるのはつらいものがあります。

そのため、男性はイった後は女性に対しての感謝の気持ちで、愛の言葉と後戯をして下さい。

AVを意識しすぎていて痛い

二重露光

AVを意識しすぎると、女性にとっては痛みを強く感じて気持ち良くないというのがあります。

激しく触られるとより気持ちよくなるというのは大きな間違いです。

それどころか、女性の身体はとってもデリケートで、下手をすればケガをさせることにもなりかねません。

男にとってのセックスの教科書がAVになってしまっているというのも大きな問題です。

AVでの激しいプレイを見ていると、経験が浅い男性はそれが当たり前のものだという錯覚を抱いてしまいます。

女性は基本的に、優しく扱ってほしいという気持ちがあります。

慣れないうちはきちんと女性に聞きながらお互いに気持ちいいセックスを心掛けて下さい。

男性を気持ち良くできている自信が無い

不満

こちらは男性への直接の不満ではありませんが、「ちゃんと彼を満足させられているのかな?」と不安に思っているケースもあります。

上手にペッティングができているかなんて、されている本人にしかわかりません。

特に男性から献身的で気持ちのいいペッティングをされればされるほど、自分のターンになった時にプレッシャーを感じてしまう女性は多いです。

女性に自信を与えることができればこの不安は解消されるので、気持ちがいい時は積極的に「気持ちいい!」と伝えるようにしましょう。

ペッティングがセックスに欠かせない3つの理由

寄り添い

ではペッティングはなぜ必要なのでしょうか?

セックスをするために女性は膣が濡れていて受け入れる準備ができている必要があります。
そして、男性はペニスが勃起していて挿入できる状態である必要があります。

十分に濡れていなかったり、勃っていない状態でセックスをしても、気持ちよくはならないですよね。

それどころか、痛くてセックスを満足に行えません。

もし無理して行ったとしても、粘膜が傷ついたりケガをする危険もあります。

挿入に向けて気分を盛り上げる

精神的な側面は、これからセックスをするという雰囲気を作ってお互いに気分を盛り上げていくことが目的です。

その為には、セックス前のコミュニケーションが大事です。

ペッティングでお互いの身体を触りながら、愛の言葉をささやきましょう。

余裕がなく自分ばかりが気持ちよくなるために行っているのか、相手も気持ちよくするために気配りができるか。

その差を埋めるには思いやりが重要です。

ペッティングによってイきやすくなる

OKです

ペッティングに十分に時間をかけるとイきやすくなりますし、イった時の快感も普段の何倍にもなります。

女性がイッた時の快感を倍増させるための方法として挙げられるのはリラックスをさせる事です。

最も簡単な方法は、セックスをする前にマッサージをしてあげる事です。

マッサージをする事で女性の筋肉がほぐれてリラックス効果を与えることができます。

普通のマッサージも女性をイキやすくさせるという意味ではペッティングであると言えます。

女性がイきづらいなど、問題を抱えている場合はぜひ実践をしてみるといいでしょう。

丁寧な前戯は愛を感じさせる

握手しよ

せっかちに挿入してくる男と丁寧に前戯に時間をかける男のうちどちらが女性を大事にしているかは、考えるまでもありません。

丁寧な前戯は愛を感じさせます。

パートナーの身体がしっかり気持ちよくるような献身的なペッティングは、「こんなに尽くしてくれている」という安心感を女性に与えます。

逆に、がっついた余裕のないセックスだと、自己中心的な印象を相手に与えてしまいます。

女性は気持ちよさの中にも思いやりを求めていますし、気持ちよくなるまでに時間もかかるものです。

身体と身体の濃密な触れ合いはお互いに必要とされていると感じます。身体だけでなく、心を満たすような前戯を心掛けてください。

相手が気持ち良すぎて声をあげる!濃厚なペッティングの方法10選!

絶叫

ペッティングをする際の基本的な心がけは男女共に同じで大丈夫です。

しかし、身体の構造が異なるためやり方が違います。

男性も女性も、異性が気持ちよくなるポイントは当事者ではないのでなかなか分からないものです。

ここでは、男性と女性がそれぞれどのようにペッティングを行う事で気持ちよくなるのかを解説していきます。

気持ちいいと思い込んで、いつも相手にしていた事が実は的外れだったという事もあるかもしれません。必ずチェックをしましょう。

キスやリップをする

キス

定番のキスはペッティングの導入に最適です。

唇にだけではなく、体中に降り注ぐようなキスをすれば彼女もあなたの愛を存分に感じることができるでしょう。

また、キスと同時にリップをするのもおすすめです。リップとは、直接舌で舐める愛撫のことを指します。男性であれば「全身リップ」という単語を見かけたことくらいはありますよね。

彼女の全身に余すことなくキスやリップをすれば、安心感を与えるだけでなく興奮のスイッチを押すこともできます。何事も最初が肝心なので、ここは丁寧に行なっていきましょう。

シックスナインでお互いに性器を舐め合う

舐め合う

 

シックスナインとはお互いの性器を口で刺激しあう、オーラルセックスの一種です。

フェラやクンニとは違い、お互いが同時に気持ちよくなる事ができます。

なんとなくハードルが高く感じてしまいますが、変態的な姿勢もあり非常に興奮を煽るのがシックスナインです。

女性は男性の顔に性器を向けるのに抵抗を感じる人も多いので、前段階でよくリラックスさせてあげて不安を取り除いておくのが成功の鍵になります。

脇の下のスペンス乳腺を刺激する

巨乳

胸の性感帯としてはあまり有名ではないのですが、脇の下から胸のアンダー部にかけてスペンス乳腺という快感を感じるスポットがあります。

このスペンス乳腺、マイナーながらも胸のGスポットと呼ばれるほどの性感帯。

もちろん継続的に刺激を与えて開発をすることは必須ですが、開発後はスペンス乳腺を刺激しただけでもイかせることができるくらいのポテンシャルを秘めている場所です。

ちなみにスペンス乳腺は男性にも存在しますので、2人で開発しあうのも楽しいかもしれませんね。

焦らすようにクリトリスを触る

素足

中に挿入されるよりも感じる!という女性もいるくらい快感を得られやすいクリトリスは、すぐには触れずに焦らすのが正解です。

すぐに触ってしまうよりも期待感を持たせてから触る方が、快感も増幅されるもの。

最初は内ももなど性器に近い場所から責めて、徐々にクリトリスへと近づいていきましょう。

また、触れる強さも最初は触れるか触れないかくらいのソフトタッチから入れば「早く触ってほしい…」と彼女をムラムラさせることができますよ。

優しく抱きしめる

抱きしめ

シンプルですが、「優しく抱きしめる」です。場所は選びません。移動の間のエレベーターの中や車内でも可能です。

もちろん周りに人が多いような場所はNGです。女性は特に羞恥心や警戒心が強いです。

女性の気持ちをしらけさせることの無いように雰囲気にも気を配りましょう。

20秒くらい抱きしめあうとストレスが激減します。それだけでは無く、気分を高めたり、多幸感を感じる事もできます。

それくらい優しく抱きしめることの効果は絶大ということです。

全身を撫でるように触る

顎クイ

優しく抱きしめた後は、全身を撫でるように触りましょう。

フェザータッチと言って、触れるか触れないかくらいの状態で身体を触ると特に感じてしまいます。

触る場所はたくさんありますが、顔はメイクしているでしょうから避けましょう。

胸はもちろん、背中や太ももなどが触られても抵抗の少ない部位でしょう。

セックスの時女性は全身で感じるといいます。優しく触ってセックスへの期待を高めましょう。

耳や首などくすぐったい場所を刺激しよう

膝枕

耳や首などの普段自分では触らないような場所に刺激を与えて相手を感じさせましょう。

特に耳は神経が集中している場所なので敏感です。優しく触ってみてください。囁いたりするのも興奮を高める良い方法です。

外の輪郭を指で触ったり、内側にチョコチョコと触れたり、舌を使って刺激したり、甘噛みするのも効果的です。

首筋に顔を埋めたり、指でなぞったり、舌でなめたり、フェザータッチで焦らしながら優しく触りましょう。

ただ、個人差があるのであまりにくすぐったり抵抗されるような場合には、ほどほどにしておいた方がいいかもしれません。

胸を触ったり舐めたりして刺激する

温泉美女

母性の象徴の胸です。特に感じさせやすい性感帯としても有名です。

人によって乳首が感じやすかったり乳輪が感じやすかったりと様々です。

特に気持ちがよいとされているのが、赤ちゃんがおっぱいを吸うように乳首を吸うことです。

注意点として、あまり必死になって歯を立てたり、執拗に同じところを強く刺激し続けるのはやめましょう。

敏感な部分というのはそれだけ刺激を強く感じやすいということです。

下半身に刺激を与える

ソファで読書

下半身は太ももや陰部の周りも優しく刺激しましょう。

特に膣周辺は、セックスを強く想像させます。

いきなり触らずに優しくフェザータッチで陰部に近づいたり離れたり、優しく焦らして女性の興奮を高めましょう。

濡れてきたり「直接、触って」と思わずおねだりしたくなるような愛撫を目指しましょう。

膣内は優しく愛撫する

ハートあげる

膣内は粘膜です。爪を立てて傷つけることはないようにしましょう。また、衛生面には注意しましょう。

女性が痛く感じてしまっては、せっかく頑張って盛り上げてきた雰囲気も今までの準備も台無しです。

いきなり指を2本も3本も入れずに、しっかり時間をかけて潤していきながら徐々に奥まで刺激していきましょう。

責める際にお勧めなのがGスポットです。膣の入り口から指第二関節分くらいのところにある少しザラザラしている場所です。

指で優しくトントンと刺激するだけでも簡単に感じさせることが可能です。

【番外編】男性に対して快感の強いペッティングをする方法

バスローブ姿

では男性への愛撫はどのように行えばよいでしょうか?

男性の場合は、身体的な刺激=快感です。

直接的な刺激を好みますので、ペニスを中心にした愛撫が一番快感を感じます。

また、身体を触られる経験が少ない人も多いので、刺激に弱い場合があります。

基本的には女性にする時と同じ

夕焼けの海

基本的には女性にする時と同じですが、男性はどちらかというと直接的な刺激を好みます。

そのため、性器を重点的に責めましょう。

もちろん耳や乳首に対しての刺激も効果的です。

あまり触られ慣れていない場合もありますので、反応を見ながら刺激を変えていってください。

まずはペニスを優しく触る

コンクリ舗装

まずはペニスを優しく触ってください。

先端、亀頭部はペニスの中でも特に敏感なので、いきなり刺激するのは避けてください。

竿の部分を触りながら刺激の強い部分に徐々に移っていってください。

男性の征服欲を満たすように触って下さい。

「大きい」とか「大好き」とか言葉でのプレイも織り交ぜるとさらに興奮は高まります。

こするときは優しく触る

デリケートゾーン

こするときは優しくし、手で包むようにして上下に動かして下さい。

男性の特にデリケートな部分ですので、強く動かしただけでも痛みを感じることも多くあります。

ですから、最初は優しく刺激は徐々に強めていってください。

女性と一緒で濡れてないと痛いものです。

激しく動かす場合は、気持ちよくするためにも唾液やローションで十分に潤して触ってください。

睾丸の裏筋は隠れた喜びポイント

ポイント

男性の多くは睾丸を触られたことが無く、未知の刺激で興奮が高まること間違いなしです。

竿の部分を刺激しながら、睾丸を口に含んだりとバリエーションは多くあります。

ただ、前述したように、睾丸を触られる機会自体がない男性が多いので、刺激を与える場合は弱い刺激から徐々に強くしていってください。

睾丸へのマッサージは、精子の生産を助け、精液の量が増えたり、精子の質が改善することがあります。

そのため、子作り中の夫婦にもお勧めできるマッサージです。

ペッティングで女性が男性に対して求めている4つの事

 

ぶりっ子

ここまではペッティングのやり方をご紹介しましたが、女性が本当に求めているのはテクニックだけではありません。

むしろ、どのような気持ちでペッティングをするかを大切にする女性の方が多いです。

女性が心から求めているペッティングの本質とは一体なんなのでしょうか。

ここでは4つご紹介します。

男性からの愛情を身体で感じたい

花びら

やはり、ペッティングで一番求められているのは愛情です。

挿入を急ぐあまりにペッティングを適当に済まされてしまうと、「わたしのこと、本当はそんなに好きじゃないのかな?」と思われてしまいます。本番前こそが真実の愛が試されているといっても過言ではありません。

ペッティングはする側が気持ちよくなる行為ではありません。ここでどれだけ相手に尽くせるかどうかで、愛情の有無は確かめられてしまいます。

もしあなたが彼女のことを本当に好きなのであれば、しっかりと奉仕しましょう。

ペッティングを通じてコミュニケーションを取りたい

ハグ

 

愛情を感じたいというのとやや重なる点もありますが、女性はペッティングでのコミュニケーションを強く求めています。

ここであなたがひとりよがりなペッティングを行なってしまうと、「わたしって性欲処理のための道具なの?」と思ってしまいます。

あなたが相手にしているのはラブドールではなくあなたの大切な人です。

そして、あなたと変わらぬひとりの人間であることを常に忘れずに接する様に心がけましょう。

男性の細やかな気遣いを感じたい

ハート

 

やはり女性は男性からは大切に扱われたいと思っています。男性でも優しく大切に扱って貰って嬉しくない人はいませんよね。

女性は男性よりもそう思う傾向が強いので、なおのこと配慮する必要があります。

またペッティングの時の態度は、普段の生活にも重ねて見られてしまいます。

いくら普段の生活で優しくしていても、ペッティングの際に雑な性格が出てしまっては台無しです。「これが本性なの?」と疑われてしまうので、気をつけてください。

男性にもペッティングで気持ち良くなって欲しい

気持ちいい

 

どうしてもペッティングというと女性が受け身になってされるものだというイメージが強いですが、女性もあなたに気持ちよくなってもらいたいという思いはあります。

お互いに半々くらいの割合で触れ合えればベストですね。

また、あなたも気持ちの良いときは素直に表現するようにしましょう。

そうすることで2人の愛はより深まることでしょう。

ペッティングをする時の5つのポイント

赤い糸

ペッティングをする際のポイントは、ゆっくり時間をかけるということです。

加えて、特に男性ですがセックスに臨む際には清潔さを特に心がけるということです。

手で女性の性器に触れる事にもなるので爪はしっかり切る。ひげが固い人は女性の肌に触れると痛みを感じさせてしまいます。

女性の身体を傷付けることがないようにしてください。

性器はなるべく焦らして触る

カメラ女子

たっぷり焦らして興奮を高めましょう。

愛撫はしっかり触らずに、触れそうで触れないくらいのフェザータッチで相手を生殺しの状態にしてしまいましょう。

こっちも興奮してガッつきたくなってもそれは我慢し、ねっとりと愛撫を続けている間に次第に相手の息も荒く、エッチな声も出てくるはずです。

相手が我慢できなくなっておねだりされるまで焦らして興奮を高めましょう。

焦らしはセックスのプレイとしてもありますし、最後に欲求が満たされた瞬間には、普段の何倍もの快感を感じます。

愛情を感じられるように優しくする

アーンして

愛情を感じられるような優しい接し方はどうすればできるようになるのでしょうか?

女性も男性も優しくされることが嫌いな人は居ないはずです。

まず女性からしたら愛撫の時間が少ないと感じることが多いので、しっかり前戯に時間をかけます。

愛情を感じさせる為に必要な心がけは、相手の状態を考えて接することです。

かけ声や態度、触り方でも、相手がどう感じているのかは伝わってくるものです。

相手に必要とされている、守られていると安心感を与えることができるように落ち着ける雰囲気、声を出しても大丈夫な場所など、環境作りにも気を配ってみてください。

お互いに気持ちよくなれるようにする

セクシーな口元

大切なパートナーにも気持ちよくなってほしいですよね。

下に書いているようなことに気を配るだけで、お互いに良い気持ちでペッティングをすることができます。

ペッティングをしていると興奮してきて、ついつい一人よがりの行動をとってしまいがちです。

無理強いせずに相手とペースを合わせること。どういう風に触ってほしいか聞いてみる。

実際恥ずかしいけど、こっちが良かれと思っていることが相手の思いとは違うことがあります。

まるで相手の全身が性感帯かのように触る

手繋ぎ

全身どの部位も開発次第では性感帯になる可能性を秘めています。

胸は性感帯だから…などという固定観念は捨てて、全身をくまなく触れるようにしましょう。

また全身を愛情込めて触れることによって、彼女にあなたの気持ちはより伝わります。

彼女の全てが愛しい!と思いながら行うと上手にペッティングすることができますよ。

オイルやローションを使うと快感アップ

ローション

オイルやローションを使うことによって、得られる快感を倍増させることができます。

滑りがよくなるということは、肌同士の摩擦がなくなるので快感のみに集中できるようになるということです。

また、肌の表面にオイルやローションがついた状態だと体の温もりも伝わりやすくなるので触る側も触られる側も気持ちよくなれるのでおすすめです。

がっつきすぎないようにする

壁ドン

挿入を早まる余り、ガツガツと独りよがりなペッティングを行うのは厳禁です。ペッティングを焦ると、相手の女性に不安を与えてしまいます。

女性が安心しきっていない状態で体を繋げても、どこかぎこちなくなってしまい気持ちのいいセックスにはなりません。

ペッティングは早く挿入したい男性にとっては煩わしく感じてしまうこともあるかもしれませんが、気持ちのいいセックスには必要不可欠です。

気持ちのいいセックスのための下準備だと思って、丁寧に行いましょう。


終わりに

いかがだったでしょうか?

ペッティングの大事さを十分にわかって頂けたでしょうか?

あくまでもご紹介した事は基本的なものです。また、人により感じ方は一様ではありません。

この記事での知識を生かして、スムーズに接することが出来るようになっていただければと思います。

ただ、一番大事なものは小手先よりも相手を思いやる愛情です。

愛情のこもったペッティングで気持ちを高めて、そのあとのセックスを充実させることが大事です。

もちろん事後のペッティングも大切にして、パートナーと満足のいく関係を作っていってください。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
アダルトの関連記事
ゴムをつけない彼氏に絶対つけさせる方法!ストレスのないセックスライフを!

先日このような「あたかもコンドームしてます風偽コンドーム」ツイートが話題に。 遊びのグッズとはいえ、これで生で挿入された方は溜まったものではない。 どれだけ男はコンドームをつけないで生セックスしたいんだよ!とツイッターで非...

セクキャバってどんなところ?実際に女子大生で働いていた私がご紹介!

風俗に行くほどのガッツはないけどキャバクラよりは癒されたい、そんなあなたにおすすめなのが、セクキャバ! セクキャバって名前は聞いたことあるけどそもそもどんなところ? 女性がすることって何? セクキャバって実際どんなところなの? ...

高齢童貞とは?原因、乗り越えるためのメンタルをご紹介!

皆様こんにちは、性癖は「高学歴童貞」でおなじみ、バニ美です。 「俺が童貞だ!」という人は名乗りを上げてください。 「30歳を過ぎても童貞だと魔法使いになれる」 某巨大掲示板でまことしやかに流れたこの噂。 わたしの...

【妊娠が怖い】彼氏がコンドームを着けない3つの心理!着けさせる方法も徹底解説!

「いつもセックスのときに彼氏がコンドームを着けてくれない…」と悩んでいる女性は意外と多いもの。 普通は妊娠を望まないのであれば避妊はするのが当然ですが、彼氏によっては断固拒否なんて例も…。 二人の将来にもかかわる大切なこ...

【ヤリチンかも】体目当ての男を見抜く6つのポイント!目を付けられた時に逃げる方法も解説

異性とのセックスの後「急に冷たくなった」「連絡が取れなくなった」という苦い経験はありませんか? 「この人いいな」と思って心を許してセックスをしても、終わった瞬間冷たくなったり連絡が取れなくなるのは悲しいですよね。 それは...

【完全保存版】彼氏がイチャイチャする時の心理は?イチャつきたい時に出す5つのサインも徹底解説!

あなたは「彼氏ともっとイチャイチャしたいのに、断られる!」「イチャイチャする場所がない!」という悩みを抱えていませんか? 愛情表現のイチャイチャが拒否されてしまうのはとっても悲しいことですよね。もしかして彼は自分のことが好きで...

童貞卒業!最近、卒業した私のエピソードと方法をカミングアウト

「童貞」、またの名を「チェリーボーイ」 それは、モテない男たちの非常に悔しいレッテルであり、あだ名でもあります。 童貞って悩みは卒業するまで、延々に尽きないものです。 0か1の差って大きいですよね。私も最近まで童貞でし...

出会いカフェキラリで充電?金なし女の実態をカミングアウト

出会いカフェ☆キラリについてカミングアウト! 某週刊誌でも、貧困女子や援交の巣窟と噂される出会いカフェ。 いかがわしい雰囲気がただようスポット。 あなたも街でケバケバしい看板をみたことがあるのでないでしょうか? ...

カキタレとは?カキタレの意味から実態まで、カキタレだった私がご紹介!

みなさまごきげんよう。カキタレ界のマリーアントワネットこと、薄給OLちゃん(27)です。   フランス革命と共に散っていった、かの有名な王妃マリーアントワネット。貧困に苦しむ民達を前に、かつて彼女は言いました。 ...

【徹底解説】彼氏のあそこが小さい!7つのNG行動と小さい彼とのセックスを楽しむ方法!

あなたは「彼氏のアソコがなんだか小さい気がする…」そんな風に思ったことはありませんか? 男性のペニスなんてそうそう見る機会もないし、はっきりとした平均もわからない方もいるでしょう。 ですが、それでも小さいように思ってしま...