• 歓喜
  • 塾考
  • 何これ〜
  • 綺麗になる

2019/04/03 アダルト

【マンネリ解消】房中術を取り入れる5つのメリット!やり方も徹底解説

振り向き美女

「房中術を取り入れて、今よりも充実したセックスをしてみたい」「あまり親しみが無いから難しいのかな?」など、あなたは房中術に関する疑問や悩みをお持ちではありませんか?

字も難しく、気功的な要素が加わっている雰囲気がちょっとする房中術ですが、日本で良く使われているテクニックとの共通点も多いです。

ほんの少し、この記事に書かれている事を取り入れるだけで、本格派の房中術を楽しむことができるようになります。

付き合って長いカップルになると、セックスのマンネリ化などが起こりますが房中術の力で乗り越えることができます。

再びお互いに刺激的で愛のあるセックスを楽しめるようになりましょう。

房中術ってなに?

何これ〜

房中術とは閨房(夫婦の寝室)の中での営みで、いわゆるセックスの技法のことを指します。

房中術には様々なセックス技法がありますが、次のような考え方を根底においています。

「節度をもって楽しめば、心がおだやかになり健康に長生きできる。
欲におぼれてしまうと、心がすさみ不健康となってしまい長生きできない。」

この考え方は「病は気から」ということわざとも深い関わりがあります。

アルコールやパチンコなどの依存症もそうですが、やはり欲におぼれず節度をもつことが大事であるという事を説いているのです。

中国に伝わる養生法

中国

房中術は古来より医術の一種として中国に伝わる道教で研究されてきました。

セックスが医術に関係しているなんて意外で驚く方も多いでしょう。

房中術はただ性的欲求を満たすためだけではなく、健康増進や病気からの回復を図るための不老長寿の技術としても重宝されていたそうです。

「セックスをすれば若々しくなれる」「セックスが一番のアンチエイジング」という話を聞いたことがある方もいるはずです。

もちろん、セックスは子作りに関係することです。子孫を残す意味で皇帝や王族にとっても非常に大切にされていました。

射精のコントロールができる?

絶望

「自分だけ先にイってしまうか不安で思い切り楽しめない」「相手がイク前にイくなんて情けない」と悩んでいませんか?

あるいは、「射精のタイミングが早すぎて気まずいムードになってしまった」なんて経験をお持ちの方もいるかと思います。

房中術には射精のコントロールを含め相手も自分も満足して楽しめるさまざまなセックス技法があります。

ですから、これから紹介するテクニックを試せば、射精のコントロールが今より上手くなるはずです。

房中術でセックスにどんな効果がある?

スマホをいじる

では、房中術を使ったセックスをするとどんな効果があるのでしょうか。

房中術は長い歴史の中で研究されてきたので、あらゆる効果を期待できます。

房中術によって得られる効果をいくつかご紹介していきます。

愛のあるセックスができるようになる

水着

房中術は、お互いがセックスを最大限楽しむことを目的しています。

そのため、房中術が効果を最も発揮するには、お互いの気持ちが高まっていることが必要になります。

自分だけが気持ち良くなるのではなく、相手を気持ちよくさせることを心がけてください。

そうすることで、お互いに満ち足りた幸福感のあるセックスを楽しむことが出来るようになります。

セックスで疲れが取れるようになる

歓喜

一般的に、セックスをすると疲れると思っていらっしゃる方もいるようです。

ですが、疲れるというのは少し間違っています。セックスをすることで疲れが取れることもあるのです。

セックスをする事で取れるのは静的疲労です。

静的疲労とは車の運転など、体を動かしている訳ではないのに腰が痛くなったり、肩が凝ったりしてしまう現象の事を指しています。

現代はデスクワークが多いので静的疲労を抱えている方は非常に多いです。あなたも同じような疲労を抱えた経験があるのではないでしょうか。

セックスは、ある種運動的な側面を兼ねているので定期的に行う事でそういった静的疲労を解消する事ができます。

しかし、過激な運動をし過ぎると今度は肉体的な疲労が溜まってしまうので、ほどほどにしておきましょう。

気の流れを改善し、健康になる

健康

セックスをすることでお互いの気を交換し循環させることができるといわれています

房中術は道教を元にしているため、陰陽思想や五行思想とも深い関わりがあります。

陰陽五行思想の意味を簡単に説明すると、「この世の全てのものは陰の気と陽の気が結びついて生まれる」というものです。

もう少し詳しく説明すると、陰と陽は一対であり、どちらか片方だけでは成り立ちません。

切っても切り離せないので、どちらかが欠けると、なんらかの重大な不都合が起こると考えられています。

必ずバランスを取らなければならないということです。

陰陽五行思想では、この考え方をもとに「気」の流れを大切にしています。

見えない「気」を互いに交換して健康になる

不思議な力

「気」とは、「生命エネルギー」のことです。

目には見えませんが、生命力のあらゆる面を支え、心と体に影響を与えています。

気は常に体内を動き、体の機能の源であり、日々の生活で活力を与えてくれています。

外部から良い気を取り入れると体の内部で気を循環させることができるので、健康促進の効果があるといわれています。

逆に気が滞ると健康が損なわれるとされています。

セックスは見えない気をお互いに交換しあっているため、適度な気の流れを保つ事ができ、健康になるということです。

体内から毒素を排出し、綺麗になる

綺麗になる

東洋医学では、体から毒素をだすことを重視します。

普段の生活の中には、どんなに気を付けていても摂取してしまう有機化学物質や有害ミネラルといった毒素があります。

例えば、大型魚に凝集される有機水銀や古い水道管からのニッケル、缶詰やお鍋のアルミニウム、タバコの煙などがそうです。

知らないうちに体内に蓄積されてしてしまうので、非常に恐ろしいです。

体内に蓄積された毒素は肌荒れや頭痛といったトラブルを引き起こしてしまうこともあります。

他にもむくみや慢性的な肩こり、冷え性といった症状も体内に蓄積された毒素が悪さをしている可能性があります。

房中術を用いたセックスは、血液やリンパの流れがよくなるため、体内に蓄積された毒素を体の外へ出す働きがあります。

これらの症状に身に覚えがある方は、パートナーと一緒に房中術を用いてセックスをすれば一緒に健康になれるはずです。

心の相性も良くなる

良い相性

「今日はちょっとセックスをしたい気分ではないな…」という時もあるはずです。

ですが、これから紹介する房中術の導引を行えば、体を交わさなくとも男女で気の交換をすることができます。

お互いに気の交換をするため、なんとなく相手の考えていることや感じていることを察することができるようになるのです。

セックスをすることだけが房中術ではありません。

心を整えて男女が向かい合って座るだけでも、立派な房中術です。

房中術はお互いがお互いに自然とセックスを望む状態を目指しています。

セックスをしていない時、相手が普段何を考えているかや何を感じているかに思いを馳せてみましょう。

今まで相手が何を感じているかなんて考えてこなかった人には特に効果が期待できます。

最初は難しいかもしれませんが、徐々に相手の微妙な変化や相手が自分に何を望んでいるかが分かるようになってきます。

普段から心の相性を良くしていると、お互いに満ち足りた愛のあるセックスを感じられるようになります。

だからこそ、セックスの回数を重ねれば重ねるほど、さらにお互いの心の相性がよくなっていきます。

相手が喜ぶために何ができるか考える

塾考l

心の相性が良くないままで行うセックスは、一方的あるいは淡白なセックスになりがちです。

そのようなセックスは、回数を重ねれば重ねるほどお互いの間に溝を感じるようになってしまいます。

この溝が修復できないほど大きくなってしまうと、次第にセックスレスになったり、破局に繋がったりします。

一度はお互いに好きになった仲なのに、お互いに無関心になったり嫌いになったりするのは嫌ですよね。

一日に数回少しの時間でいいので、自分は一体相手が喜ぶために何ができるかなと考えてみましょう。

もちろん、何か思いついたら実際に相手のために動くことは忘れないでください。

たとえ思っていたより上手くいかなかったとしても、あなたの相手を想う気持ちは必ず伝わります。

房中術のやり方

手をかざす

房中術の具体的なやり方にはどんなものがあるのでしょうか。

房中術は長い歴史で研究されてきた背景があるので全てをご紹介することはできませんが、代表的なやり方をご紹介します。

房中術をもっと深く知りたいという方は、房中術に関する本や道教に関する本が出版されているのでそちらを読んでみてください。

しっかりと深呼吸をする

深呼吸

房中術では「導引」と呼ばれる身体技法が伝えられています。

導引とは、体の外から良い気を吸収するための一種の養生術です。

諸説ありますが、具体的には呼吸法と体の動きを組み合わせたものを指します。

導引を行うことで気のエネルギーを体に取り込むことができます。

導引の代表的なものをあげるとヨガやタントラといったものがあります。

しかしヨガやタントラに比べて効果は減りますが、実は呼吸方法を変えるだけでも効果があります。

一般的に男性、女性ともに性欲を感じるとき、副交感神経が優位になっています。

副交感神経を優位にするためには一般的にさまざまな方法がありますが、中でも深呼吸がとてもおすすめです。

なぜなら深呼吸はセックスの最中でも手軽に出来るからです。

緊張しているときやリラックスしたいとき、よく深呼吸しましょうと言われますよね。

深呼吸をしている時、私達の自律神経は副交換神経が優位になります。

男性は交感神経の働きが強まり射精をする

マッチョ

男性の場合、交換神経の働きが強まることで射精に至ります。

つまり、まだ射精をしたくないタイミングなのであれば、ゆっくりと深呼吸をすることである程度のコントロールが出来ます。

反対に射精したい場合は、深呼吸とは逆の、短く吸って短く吐く呼吸を行えば、射精しやすくなります。

ただし、露骨に深呼吸をすると相手に不信感を持たれてしまうので、相手に変な疑念を抱かれない程度に深呼吸してみてください。

自慰行為を控える

助けを求める

精気を漏らす、とは勿論射精の意味もありますが、その他にも体力を無駄に消費することも含まれます。

房中術および道教では、「自然であること」を重視します。自然であることが健康につながると考えられているからです。

精気を無駄に漏らすことは、道教的には非常に不自然なことです。

逆に、全く精気を漏らさないのもまた、不自然なのです。

せっかくパートナーがいるのであれば、相手とのセックスを盛り上げる方に注力しましょう。

相手とのムードをしっかりと作る

浴衣姿

女性の体に触れることだけが前戯ではありません。

愛のある語らいをしたり、相手が緊張しているのであればリラックスできるムードを作ったりすることも愛撫です。

お互いが満足し、気の交換ができるように整える方法は様々です。

ストレスにならない範囲で相手を思いやることが、房中術に基づいた健康的なセックスのカギです。

その場の雰囲気に押され、その気がないままセックスを行うことはやめましょう。

お互いにムード作りを大切にして、充分にやる気が高まってから行うことが最適です。

お互いを想い合い、ロマンティックなムードになるように努めましょう。

エロティックな映画を見たり、キスやハグをしたりすると相手とのムードを盛り上げられるかもしれませんね。

前戯は手を抜かずにしっかりとする

全力

房中術は、男女どちらかだけが満足できればいいものではありません。

どちらか片方が満足できないのであれば、次第に相手との間に溝ができてしまいます。

女性がまだその気になっていないのに行為を急いでしまっては、後味の悪いものになりがちです。

なので、前戯は丁寧に行うことがおすすめです。

房中術では、女性器が十分に濡れてから、すなわち女性の性的興奮も高まってきてから挿入するように教えられています。

男性は挿入をする時に快感を覚えるため、前戯をどうしても疎かにしてしまいがちです。

しかしそれは房中術の教えを無視する行為に他なりません。相手が満足をするまでじっくりと時間を掛けて前戯をしましょう。

二人の仲を保つには房中術を試してみよう!

対立

不老長寿の方法としても研究されてきた房中術。

房中術を行うことによって、2人の体と心は大きく成長できます。

大きく成長した2人が行うセックスは、肉体的な快楽とは違った精神的な満足感を得られます。

肉体的な快楽だけを目的としたセックスは、いずれ飽きてしまいます。

さらに、2人の関係も冷めたものになってしまう可能性が高くなります。

脳科学では、恋愛感情を生み出すホルモンは約3年でほとんど出なくなるそうです。

一方で、房中術は精神的な満足感が得られるためパートナーとのセックスがマンネリ化しにくいです。

毎回毎回のセックスがとても楽しくなったら嬉しいですよね!

ぜひパートナーと一緒に房中術を取り入れて仲睦まじい関係を保ちましょう。

セックスでストレス解消

抱擁

セックスには自律神経を整える作用があります。

日頃から会社の人間関係やご近所づきあいで疲れてはいませんか?

房中術で普段からパートナーと良好な関係が築けているのであれば、きっとパートナーは自分の強い味方でいてくれるはずです。

強いストレスを感じている時に、一番近くで相談に乗ってくれるのはパートナーです。

にも関わらずセックスレスになっているという事は、あなたにとってもプラスの要因が一つもありません。

もし、パートナーとの関係が冷え切ってしまっているならば、今からでも遅くはありません。

房中術でパートナーとの関係を築いて、お互いがお互いを思いやれるようになりましょう。

忙しくても愛を育むことを忘れずに

ラブラブ

最後に、現代社会では情報化社会が進み24時間忙しい生活になってしまいがちです。

この記事を読んでいるあなたはパートナーと良い関係を築けているでしょうか。

まずはパートナーと良い関係を築きましょう。

良い関係があるからこそセックスするときにパートナーから愛を感じることができますし、何より毎日が楽しくなります。


まとめ

ひまわり畑

いかがでしたでしょうか?

房中術について簡単にではありますがまとめてみました。

房中術や道教といった言葉は、一見難しく堅苦しいものに感じます。

しかし、実はその房中術や道教の文化が身近に根付いているものなのです。

房中術を行う際は、大切なパートナーと共にベッドを楽しむことだけに集中しましょう。

どんなときでも相手を想いやることが大切です。

お互いを大事にすれば、自然と房中術が提唱する方法でセックスを行うことができるはずです。

この記事で紹介したことを実践してみると思っていた以上の効果があるのは間違いありません。

あなたが房中術を通じて、今のパートナーと素敵な関係を築けるようになる事を心から祈っています。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
アダルトの関連記事
変態女の6つの特徴。性癖の例や実際に付き合ったらどうなるかも徹底解説

あなたはセックスをする際、相手の女性に特殊や過激なプレイを要求されて大変な思いをしたことはありませんか? 実はその女性、特殊でアブノーマルなプレイを好む「変態女」と呼ばれる人の可能性があります。 エロい女性が好きな男性ですと...

【ケタ外れの快感】ポリネシアンセックスとは?誰でもできるやり方と失敗する理由を解説!

ポリネシアンセックスに興味があっても何となく難しそうなイメージのせいで,なかなか手を出せない人も多いのではないでしょうか? やり方自体は難しくないのですが、ポリネシアンセックスについてよく知っていない場合は失敗してしまうケース...

【ゾクゾクする】ニプルキスのやり方と2つの注意点!おすすめのシチュエーションも徹底解説

あなたは「ニプルキス」についてどのくらい知っていますか? ニプルキスを上手くする事ができれば、舌を出し入れするような濃厚なディープキスよりエロいキスをする事が可能です。 舌を出し入れするよりエロさを感じさせることのできる...

【飽きない】一日中セックスをする際のおすすめの過ごし方!性欲を持続させる方法も解説

あなたは一日中セックスをした経験はありますか? 「一日中セックスなんて出来ない」と考える人も多いです。しかし、恋人がいる人や性欲が強い人は休みの日を使ってパートナーと一日中セックスをした事があるはずです。 しかし「一日中...

【完全保存版】セックスの1回あたりの消費カロリーはスゴい!?どのくらい消費するのか体位別に徹底解説!

あなたは恋人と激しいセックスをした後に、「このセックス…ずっと続ければ痩せるのでは…?」と思ったことはありませんか? セックスは有酸素運動ですので、ダイエット効果は確かにあります。 そうなると、何をしたらどの程度カロリーを消費す...

童貞好き女子代表の私が語る!童貞が好きな理由と魅力

何を隠そう、私こそ童貞好きの代表! 大学時代では「童貞狩り」として名を馳せたアラサ―女子です。 童貞好き女子って?本当にいるの? 何回でも言います...! 私こそ!!童貞好きの!!女子!! 童貞好きの女...

【完全保存版】彼氏がイチャイチャする時の心理は?イチャつきたい時に出す5つのサインも徹底解説!

あなたは「彼氏ともっとイチャイチャしたいのに、断られる!」「イチャイチャする場所がない!」という悩みを抱えていませんか? 愛情表現のイチャイチャが拒否されてしまうのはとっても悲しいことですよね。もしかして彼は自分のことが好きで...

彼氏にセックス中すると喜ぶ7つのテクニック!男性が気持ち良くなるタイミングも解説

あなたはセックスをしている時「彼がどんな事を考えているか」を想像した事はありますか? 彼がちゃんと気持ち良くなっているかやどんな事をされたいと思っているのかは気になりますよね。 セックスに夢中になっている時男性は何を考え...

女子会で盛り上がる下品な下ネタトーク12選を大暴露!えげつなさ半端ない!

「女子の方が下ネタえげつないよな~」 「男子の下ネタはファンタジーだけど、女子が話すエロネタって、ガッツリ実体験でしょ?生々しくて引くわ」 一度は男子に言われたことがある、という人は多いのではないでしょうか。「別に下ネタなんて話...

【徹底解説】彼女とのセックス事情あるある!セックス嫌いを克服させるための11の方法!

あなたは彼女とセックスがしたいのに、なかなか彼女が応じてくれない…そんな悩みを抱えていませんか? 付き合っているのにセックスができないという状況は悲しいし、本当に愛があるのか不安にもなってしまいますよね。 ですが少しのテ...