• ELE東京
  • 東京でナンパで出会った美女
  • CLUB MUSE
  • オリエンタルラウンジ

2019/03/24 アダルト

東京でセフレを作るためのナンパスポットを一挙紹介

東京でナンパで出会った美女

「昔から東京に住んでいたけど、新しい出会いがない」
「大学から東京に来たけど、大学時代の友達しかいない」
「社会人から上京して来たけど、知り合いが全くいない」

新たな出会いすらないのに、ましてやセフレなんて作れない!

この記事はそんなあなたに贈る「セフレ生産バイブル」です。

東京では、友達を作るよりセフレを作る方が実は簡単だったり…

東京でセフレにしやすい人種から、セフレと出会えるナンパスポットをご紹介します。

東京でセフレを作る上での心得

東京の夜景 東京タワー

まず、東京でセフレを作る上で、東京に生息する種族について理解して頂きたい。

この種族を理解した上で自分にマッチしてから、セフレを探すことが非常に有効である。

この記事では東京に生息する3つの種族とそのスポットを紹介している。

3つの種族とは?

1. 東京生まれ東京育ち! 30%
2. 学生時代から東京に来ました! 40%
3. 社会人から東京に来ました! 30%

東京生まれ東京育ちはどんな女子?

僕の手を引く東京美女

東京生まれ東京育ちは意外にも優しくて、大人な対応をする。

東京は田舎者の集まりと言うことをよく認識しており、外部の人間や変わり者を大きな気持ちで受け入れる力がある。

ただ、新しいモノを受け入れる力は大きいが、それに染まることはない。

友達や飲み仲間として、仲良くしてくれるように見えるがそれがエッチに繋がるとはまず考えない方が良い。

 

どんな男性に落ちる?

彼女達の価値観は最も近くにいる「親」であり、基本的にはお嬢様なので、お坊ちゃんの男性に惹かれるケースが多い。若しくは同じく実家が東京の人間。

注意ポイント:地元同士で飲んでいる子に声をかけてもまず無理なので、あっさり諦めよう。
チャンスポイント:実家が近くなのに一人暮らしをしてる女性は「遊びたくて」外を出る可能性が高いので、地方出身者も積極的に狙ってみよう!
メイン出現スポット:立ち飲み、スタンディングバー

学生時代から東京に来ました!

大学卒業した女性

この種族が最も面倒くさい。

この種族は2極化していて、“東京馴染んだ風組”と“馴染めてない組”。

東京に馴染んだ組は何を勘違いしているのか「俺・私は東京人!」みたいな顔をする。

物事を上から考えるケースが多く、とにかくブランド力に弱い。

 

どんな男性に落ちる?

彼女達が求めているブランド力さえ押さえつけることができればすぐに落ちる。

基本的に金を持っていることが大前提と言うことと、東京っぽい生活をしている人。(先方は基本お金に困っている)

注意ポイント:東京は男性比率・競争率が高い故に女性を優しくもてなしすぎた結果、このタイプの女性は勘違いが多い。自身を棚上げし、プライドが高い上に求めてくる男性のスペックもピカイチ。ある程度のレストランに連れて行けば落ちるが、非常にお金がかかる。
チャンスポイント:お金をもってる風であることですぐに落ちるので、見栄を張れる店であれば簡単に落とせる。
メイン出現スポット:恵比寿横丁、クラブ

馴染めてない組の攻略ポイントは社会人から東京に来た組と一緒なので割愛する。

社会人から東京に来ました!

田舎っ子

一番「落とすのに楽な層」は社会人から東京に状況してきた層。

なぜなら、単純に寂しいのと、東京に仲間がいないからである。

東京とう日本で最も独特な街で職場以外の仲間がいないと言うのはとても寂しい。

 

どんな男性に落ちる?

まず、出会えた瞬間に「チャンスカード!」と思った方がいい!

トランプの大貧民で言うところの「2」である。

がっつり行きたいところだが、がっつりはせずに“いい人の顔”をして優しくしてあげることに徹しよう!

なぜなら彼女達は優しさや愛情を求めているから。

注意ポイント:田舎の規則正しい生活をしているので、深くまで夜遊びはせずシンデレラタイムに帰宅する。また、ごく稀に、「地方にいた頃からよく東京に遊びに来てた〜」と言う子がいる。このケースの攻略ポイントは「東京に馴染んだ風組」と同じ口説き方になる。
チャンスポイント:チャンスでしかないので、とにかく逃してはいけない!
メイン出現スポット:コリドー街、相席屋

それでは上記を心得た上でナンパして、セフレを探そう!

恵比寿横丁

恵比寿横丁

まず、絶対的に覚えておいて欲しいのが、ナンパの聖地は恵比寿横丁となる。

昔(10年前)はサラリーマンが仕事帰りにしっぽり1杯飲むところであったが、現在は失敗した合コンの2次会用、ナンパスポットとして有名だ。

男性も女性もナンパ体制となっている。入るとあちらこちらで女性に声をかける男性がいる。

また店によっては、ナンパをしてジャンジャン飲んでもらうために、2階席(牡蠣ベロ)を準備したり、大きめな席を相席となるように女性に声をかけてくれる。

また、1軒目から恵比寿横丁に行くことは少ないので、2次会ユーザーがメインとなるため、だいたい皆酔っ払ってる。

ここでの攻略ポイントは1人でのナンパはまず難しいと考えて欲しい。

なぜなら、女性も複数で参戦するので、“ワイワイ”飲みたい人が多いからだ。

恵比寿横丁で出会って結婚した人、乱行した人、付き合った人、セフレになった人。

そんな話は日常茶飯事に聞く。

また、初心者には留意して頂きたいのは恵比寿横丁は“危険”とも隣り合わせだ。

近年、メディアにも露出されて、地方から観光目的のナンパ(?)をする人や、恵比寿の雰囲気に合わない強面の人も大勢いる。

強面男

ペルソナがずれた動物園状態だ。

時々、女性を求めて喧嘩している若者を見ると、本当に動物園なんだと実感出来る。

求められる男性スペック:かなりハイスペックな男性が求められる。理想としては恵比寿で働いていて、年収700万程度、タクシー帰宅圏内であること。

コリドー街

コリドー街

こちらもナンパの聖地となっているが、年齢対象が恵比寿横丁より落ちる。

なぜ、コリドー街がナンパの聖地となったのか。

元々は銀座と新橋のサラリーマンが行くオシャレな飲食街であった。

それがオシャレな飲食から合コンの場として発展し、いつしか合コンの2次会にナンパをする男性が続出し、ナンパ街となった。

4月の頭は社会人1年目が死ぬほど合コンをするので、コリドー街はお祭り騒ぎとなる。

そこに、銀座や新橋エリアに生息するハイスペックサラリーマンを求めて女子も参加する。

ここでの攻略ポイントは、まずスーツを着てないとダメだ。

スーツを着たエリートサラリーマン

女性は“エリートサラリーマン”を求めている。

まずはしっかりと仕事をしていることをアピールする必要がある。

また、ここも恵比寿横丁同然で1人でのナンパは難しいと考えたほうが良い。

待機場所としておすすめしたいのは、「HUB」か立ち「飲みマルギン」。

理由はどちらも立ち飲みなので、声がかけやすいのと、外の様子が見えるので、外が盛り上がったタイミングで外に出てナンパができる。

求められる男性スペック: 恵比寿横丁よりもハイスペックな人材が求められる。恵比寿横丁に生息する女子は年齢層が高めのためある程度の“理解”がある。しかし、コリドー街に生息する女子は“理想”が高い。今お金を持っていなくても、30代で1,000万行く将来の金融マンに投資する。

クラブ

盛り上がっているクラブ

東京には数多くのクラブがありますが、その中でもナンパしやすい「ナンパ箱」があります。

「男はナンパしに行き、女はナンパされに行く。」という暗黙の了解があるため、セフレを作りやすいです。

東京を代表する3種類のクラブをご紹介します。

綺麗な女子が集まるクラブ ELE東京

ELE東京

日本一高級なエリア麻布十番にあるクラブELEは美女の宝庫!

ただ、港区に長くいたせいか、求める男性像もピカイチ!

ここに来たら間違いなく、美人セフレを見つけれる可能性は高い!

だが、女性陣の全員がVIP席以外にいる男に興味を持たないと言う難点が。

つまり金なんです、金・・・男性陣は年齢が高め、女性陣は20代前半までと言う印象。

若い女の子が集まるクラブ CLUB MUSE

CLUB MUSE

学生時代は渋谷・池袋の居酒屋で飲んでいた連中が、社会人となり学校外の社交場を求めて集結するのが西麻布にあるミューズ。

社会人1年目〜社会人5年目ぐらいのサラリーマンが集う場となっている。

割とヤリマンが多いで有名。

仕事帰りのOLが集まるクラブ club diana

club diana

日比谷に位置するクラブなのだが、金融関係で働いているOLが多くいる。

また、その多くが「社会人デビュー系」で、いる男性の年齢層も高め(45ぐらいまでなら全然遊べる)。

クラブなのに、深夜から盛り上がるのでなく、10時・11時がピークとなる。

金曜日はコリドー街で合コンを終えた女性陣も流れてくるので、激アツスポットとなる。

スタンディングバー

スタンディングバーは客同士の距離が近く、偶然を装ってナンパできます。

クラブであからさまなナンパをするのは気が引けるという方は、スタンディングバーで自然に声をかけてみましょう。

「1杯奢るから一緒に飲もうよ」でとりあえずオープンできるから、ナンパ初心者でも簡単ですよね。

東京を代表する3種類のスタンディングバーをご紹介。

HUB

HUB

東京の有名ナンパエリアであれば、だいたいある。

また男性の外国人比率が高いことでも有名。

おすすめは、サッカーや野球の大きな大会の日に複数で行くこと。

「俺たちスポーツが好きで来ただけだから」みたいな顔して普通にナンパできるのが心の衛生上良い。

Public stand

Public stand

恵比寿やコリドー街を中心に盛り上がっているのがパブリックスタンド。

20代後半から30代半ばが盛り上がっている様子。

ただ、平日の夜は恵比寿店と新宿店以外は男性しかいないので気をつけてもらいたい。

300 Bar

300 Bar

コリドー街にあり、金曜日の夜ともなると歩けないぐらい店がパンパンとなる。

ただここのバーに来る女の子はヤリマン率が高く、5分程度の交渉で外でご飯ができる。

意外にも一人で来てる女性も多いので、一人で乗り込める場所として重宝している。

相席屋

相席屋とは、初対面の男女を場でマッチングする居酒屋です。

最近話題の相席屋も様々な業態が生まれています。

オシャレな相席屋にはオシャレな女性、ラグジュアリーな相席にはラグジュアリーな女性が集まります。

狙いたい女性のタイプに応じて、行く相席屋をセレクトするのをオススメします。

東京を代表する3種類の相席屋をご紹介。

相席屋

相席屋

 

一時期は大ブームだった、所謂皆様が知っている「相席屋」には現在人があんまり入っていない模様。

廃れた印象だったのだが、意外にも穴場スポットになっていると最近気がついた。

キラキラした女子が消えた一方で、自分に自信がない女子、情弱女子が生息しているのだ。

キラキラ女子よりも話が早いので、セフレになる可能性が高い!

オリエンタルラウンジ

オリエンタルラウンジ

相席屋のキラキラ女子は高級相席屋オリエンタルラウンジに流れている。

女性客の割合の方が多くなるほどだ。

オシャレな店内に見合ったキラキラ女子の宝庫。

アパレルや美容系の美意識高め女子をセフレにしたいなら、オリラジことオリエンタルラウンジがおすすめだ。

JIS

JIS

現在、相席系のお店で集客率No.1を誇るのがJISだ。

入店するために行列に並ばなければならないほど賑わっている。

店舗は大宮にあるが、東京からはるばる来ている女性が多いため、ここで知り合った後は東京で再会するパターンになる。

相席屋やオリエンタルラウンジよりも年齢層が高く、30代前半の女性も多い。

容姿のレベルの高さに比例してプライドも高めな女性が多く、セフレ化までにはそれなりのお金はかかるだろう。


まとめ

出身地によって異なるセフレ化の難易度。

そして出会いスポットによって変わる女性のレベルや年齢層。

自分が求めているセフレ像に応じて、行く場所を選びましょう。

東京での性生活を充実させるには、紹介したスポットでナンパをするのが最もイージーな方法です。

東京のナンパスポットに通いまくってセフレを量産しましょう!

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
アダルトの関連記事
新宿のハプニングバー13選!ハプバーの注意点や口コミ体験談も紹介!

新宿のハプニングバーを一挙にご紹介! 初めて新宿のハプバーに行く初心者にもわかりやすいように、行く前の注意点、それぞれのお店の特徴・口コミまで紹介したいと思います! 新宿は色々とディープな人、店が集まる街。そしてエロにも強い街が...

渋谷のハプニングバー、眠れる森の美女は狂乱の場所!?【第1話】

これが体験談を語ってくれたサンシャインの実際の会員証だ!! 【登場人物】 - サンシャイン カミングアウト編集部のエース。既婚。 ハプバーに行きたい願望を拗らせ男子。 - パパ活女子 パパ活しているOL。 出会...

交際クラブとは?東京の高級デートクラブをカミングアウト

みなさん「交際クラブ」ってご存知ですか。 昨今のパパ活ブームもあり、名前を聞くことも増えたのではないでしょうか。 アイドルやモデル、美人素人がたくさんいるという噂もある交際クラブ。別名、会員制のデートクラブと言われるこれ。 今...

新橋のITTAIKANってどんな所?仮面美女のいる新スポットをカミングアウト

どうも、いつものタラレバ娘です。   2017年8月下旬にオープンしたITTIKAN(イッタイカン)。 何やら仮面を付けた美女が外で客引きしているらしい、という情報をゲット ちょっと怪しくて好きそうなお店だ...