• SEX
  • アダルトエデュケーション
  • ダブルファンタジー
  • 人妻 悪魔マッサージ【美央と明日海】

2021/02/20 コラム

官能小説のおすすめ6選!1人の夜もエッチな気分になれる初心者女子に読んでほしい官能小説を紹介!

官能小説を読み漁ってきた私がおすすめの官能小説を厳選して紹介!

こんにちは。元文学部のライターバニ美です。
女性の皆さん、デートや飲みの予定がない夜って家で何していますか?

YouTubeを流したりなんとなくスマホをいじったり、ムダ毛を抜いたり。
気づけば0時近く、といったところでしょうか。

そんな寂しい夜におすすめなのが「官能小説」です。

「え?オジサンが読むものでしょ?」
「○ランス書院文庫なんてあからさますぎて本屋で買えないよ」なーんて思っていませんか?

本

そんなことはありません!女性が読んでも面白い官能小説はたくさんあります。

中学生の時から官能小説を読み漁ってきた元文学少女の私が、女性にこそ読んでほしい官能小説をご紹介します。

そもそも官能小説とは?

官能小説

そもそも官能小説って…?どんな小説なの?という方に簡単にご説明を!

官能小説とは、官能に訴える、つまり男女間もしくは同性間での交流と性交を主題とした小説の一ジャンル。ポルノ小説とも。 広義にはジュブナイルポルノやボーイズラブ小説・ティーンズラブ小説なども含まれるが、この項ではこれらを除いた成人男性向けに書かれた官能小説について主に述べる。
参照元:wikipedia

そうです!つまりエッチな小説です!

妄想がよりリアルに描ける女性にこそ読んでほしいのが官能小説です。

じゃあ早速、私が読んでよかったおすすめの官能小説をご紹介します。

村山由佳「ダブル・ファンタジー」

ダブルファンタジー

あらすじ

脚本家の高遠ナツメこと高遠奈津は夫の省吾との二人暮らし。しかし尊敬する大作家、志澤との長い往復書簡をきっかけに「不倫」をしてしまい、それがきっかけで束縛の激しい夫の元から家出する。
出張ホスト、性を感じさせない元彼のキリン、けっして二枚目ではないのに性的魅力のある俳優、色っぽい僧侶……
女性が性欲に飲まれてセックスに溺れていく様を大胆に描き、問題作として当時話題沸騰となった長編官能小説。

おすすめポイント

セックス

水川あさみさん主演のWOWWOWのドラマで知った人も多いのでは?
このドラマは、村山由佳さんの「ダブル・ファンタジー」が原作。

村山由佳さんの代表作といえば、「おいしいコーヒーの入れ方」シリーズ。
切ない恋愛小説を書くのが得意な作家という感じで、作風として官能小説のイメージはないかもしれません。

2009年に刊行された当初、「女性作家がセックス描写をそれも不倫セックスを赤裸々に描いた」と話題になりました。
この小説は、どのページを開いても主人公の奈津は誰かとベッドでセックスをしています。

主人公の奈津は性欲が強いことに意識的で、なおかつそれを負い目に思っています。
しかし、その負い目を振り切り、惹かれた男性と果敢に寝る、寝る、本当にありとあらゆる男と寝る。

その描写はとてもエロティックで、品性すらあります。

「自分はこの先一生、彼と彼のやりかたでなければ満足できないのではないか。そう思うと奈津は怖くなり、そしてすぐにそれでいいと思い直した。志澤こそが自分の<牡>なのだ。ほかの男などほしくない。(本文より)

村山由佳が描く女の「性」と「生」の力強さを堪能してください。

宮木あや子「花宵道中」

花宵

あらすじ

舞台は江戸後期の吉原遊郭。不器用で地味な女郎、朝霧は「年季明け(奉公終了)」を間近に、祭りの日に会った男に初めての恋をする。
ある時客としてやってきた染次郎だが、宴会中に朝霧は染次郎の目の前で他の客に犯される。R18女による女のための文学賞大賞&読者賞のW受賞を果たした官能絵巻。

おすすめポイント

着物②

これも映画化されており、安達祐実さんの体当たりの演技が話題になりました。

「現代が舞台の官能小説は生々しくてなんだかとっつきにくい」
「官能小説は下品な言葉遣いや単語が多くて、萎える」

と感じている女子におすすめ。

新潮社が主催している「女による女のための文学賞」出身の宮木あや子さん。
石原さとみさんが主演したドラマ「校閲ガール」の原作者と言われれば、わかる人もいるのではないでしょうか。

宮木さんは「花宵道中」以外にも「喉の奥なら傷つけてもばれない」「官能と少女」など多数の官能小説を書き、女性に支持されています。
吉原遊郭を舞台にした小説で、あからさまな猥褻な単語は一切出てきません。

きらびやかに見えながらも実際は厳しい世界で必死に生き抜く女性たちがする行為は、どこか神々しくもあります。
連作短編集になっているので、「歴史物は設定が難しくて覚えられない」と思っている方でも、サクサク読めると思います。

男の指が蜜壺に触れたとき、其処はもう溢れて腿まで濡らし、花芯は硬く膨れてその指の愛撫を待っていた。(本文より)

自分たちとは違う世界を舞台に描いた官能小説。
照れたり気恥ずかしさを感じずに没頭できるかもしれません!

柚木麻子「奥様はクレイジーフルーツ」

奥様はクレイジーフルーツ

あらすじ

アクセサリー作家の初美は出版社に勤める夫と二人暮らし。優しく浮気もしない夫との暖かい日々に満足していたが、一点だけ欠けているものがあった。それが「セックス」。
セックスがしたい、でも浮気はできない――。酔っ払った男友達にされたキスや中性的な女医の乳がん診断に悶々したり、「したいの!」とストレートに夫に訴えたり。フルーツをモチーフにしたポップでエッチな挿絵とは裏腹に、セックスレスを切実に描いた連作短編集。果たして初美は大好きな夫ともう一度セックスできるのか!?

おすすめポイント

セックスレス

少し趣向を変えて。直木賞にノミネートされた作家・柚木麻子さんが書いた小説。
「セックスレス」をテーマにした連作短編集です。

「こんなドラマチックでセクシーなハプニングが次々降りかかるわけないじゃん」
「はいはい、所詮官能小説はファンタジー」

そんな風に官能小説の陶酔感にうんざりしている方におすすめです。
もちろん、初美のように夫や恋人とのセックスレスに悩む女性にも!
意外と「女性目線のセックスレス」を描いた官能小説って少ないもの。

初美はGカップのもっちりとした巨乳がポイントの、愛嬌のあるチャーミングな30代女性。
けっしてモテたり美人と言うタイプではないけれど、とってもいじらしい主人公の姿が魅力的。

なんとかセックスしたくてイランイランの香水をたいて夫をその気にさせようとしたり(「しこりがある気がする」と乳がんを疑った夫によって断念)、「セックスしてくれないなら浮気する!」と突然キレて家出して、勇気がなく家に戻ったり。

コミカルなようですが、しかし実際は非常に切実。
読んでいるうちに初美に感情移入して「そうだよね、女だってしたいよね」と頷いてしまうはず。

もともとセックスの描写が苦手だと言う柚木麻子さんが初めて描いた、どこかキュートな「セックスレス小説」。
セックスの描写もそうですが、毎回出てくる果物の描写がとってもセクシーで、それも注目ポイントです。

夫に抱かれることはもはや手助けのあるオナニーに近い(本文より)

正直内容的には、辛辣すぎて男性には読まれせられないかもしれません…w

豊島ミホ「純情エレジー」

純情エレジー

あらすじ

ジュース一本で援助交際をするクラスメイトに突っかかる思春期真っ盛りの童貞。帰省のたびに抱きにくる幼馴染のような元彼。就活中に再会した美しい容姿の同級生。習字教室にやってきたひょろ細い高校生。
「どうして、男の人とはセックスか結婚でしかつながれないんだろう」
「田舎」を舞台に官能を描いた、どこかほの悲しさのある短編集。

おすすめPOINT

SEX

はい、これは某大学文学部切っての元妄想文学少女、バニ美一押しの官能小説です。

豊島ミホさんは宮木あや子さん同様「R18女による女のための文学賞」でデビューした作家さんで、現在は作家活動を休止しています。
(『檸檬の頃』などで知ってる方もいるのではないでしょうか)

豊島ミホさんの描くセックスは、生活感がありとてもリアル。
「こんなロマンチックなことがあったらな〜」と言うドリームが入った官能ではありません。

「ああこういう関係、あるよね」
「確かにこう言う男って、なぜか惹かれるんだよね」

そんな女子の共感を呼ぶ「エッチさ」。

物語自体は淡々としており、「哀歌」を意味するエレジーが題されているだけあって、短編のほとんどが切ない終わりを迎えます。性愛をファンタジーではなくあくまで「リアルなもの」として楽しみたい人におすすめ。
豊島ミホさんが紡ぐ美しく柔らかい文章がぐっと胸を掴んで離しません。

石田衣良「SEX」

石田衣良「SEX」

あらすじ

図書室で秘密の会話を交わす中学生男女。セックスレスに悩む夫が深夜に二階の寝室で聞いた嬌声の正体。好きだけれど別れなければいけないカップルの最後のデート。昼間の病室に女を呼んで「ひらいて見せて」と頼む死期の迫った壮年男性。
「すきな人とたくさん」をスローガンに石田衣良が紡いだ12の「SEX」にまつわる短編集。

おすすめPOINT

男性

次に紹介するのは男性作家の官能小説。
ストレートなタイトルですが、表紙は美しい珊瑚色一色と言うシンプルなもの。

石田衣良さんは「池袋ウエストゲートパーク」や「美丘」など数多くのドラマの原作を執筆しており、知っている方も多いのでは。
数多くの「官能小説」も手掛けており、なかでも勧めたいのがこの一冊。

石田衣良さんの描く官能小説は女性にとても支持されています。
それは、石田衣良さんが描く男も女もとても魅力的でセクシーだから!

登場人物たちは「セックス」に対してそれぞれ独自の哲学をもっており、バリエーションの豊かさも小説を楽しむポイント。
たとえば、こんなことをもらす男性がいます。

慶介は自分たちのセックスを長編映画のようだと思う。たいていの映画でヒーローが勝利を収めるように、最終的な決着は決められている。けれど、そこに至るまでの過程は毎回異なるのだ。(中略)ふたりで作る一度きりの長編映画である。(本文より)

もし実際の場面で「君とのセックスは長編映画みたいだ」と言われたらクサすぎて笑ってしまうかもしれません。
ロマンチックに感じられるのは小説ならでは。

そう、石田衣良さんの文章はとってもフェミニンでロマンチックなんです。

今年58歳になる石田衣良さんは作家きっての色男。
歳を重ねても色気が衰えないのは、想像力が豊かなためでしょうか。

bicycle-1839005_640

内容は重くないため、「サラリと楽しみたいな」「じめっと暗くないものがいい!」という方におすすめ。

村山由佳「アダルト・エデュケーション」

アダルトエデュケーション

あらすじ

こっそり秘密のキスを交わしたミッション系の女子高生。割り切った関係の男性とイケメンの恋人、どちらも持て余しているOL。姉が残していった「恋人」と夜な夜ないけない行為にふける売れないモデル。全身に入れずみを彫ってもらいながら、痛みとエロスに息をもらす女優。
秘めた欲望を実行したら、新しい自分がそこにはいた。不埒な官能を描いた12篇。

おすすめPOINT

スクリーンショット 2019-03-07 15.28.13

12の主人公には共通していることがあります。
それは「性に対する罪悪感」。みなさんもどこかに覚えがありませんか。

「こんな性癖、恋人には教えられない」
「本当はセックスが大好きだけど、女が性欲が強いのははしたない?」

村山由佳さん自身も、母親の厳しいしつけのせいで性に対して「罪悪感」があったといいます。
けれど、「いけないこと」だからこそ興奮してセックスに溺れる12の物語は、性の自由さ、豊かさをふんだんに描いています。

隠しごとのひとつやふたつあった方が罪悪感から相手に優しくできる。(本文より)

個人的にはこの一文に烈しく共感しました。
もちろん浮気や不倫がいいことだとは毛頭言えませんが、「逃げ場」として別の関係を持つことで本命にやさしくできる、なーんてことは往々にしてありますよね。

ちなみにバニ美が好きだった短編は「ひょんなことから知り合ったAV男優に自分の性的ファンタジーをかなえてもらう」というものです。
主人公の性的ファンタジーって?と気になった方は是非本書で確かめてみてくださいね。

めちゃエロい官能小説5選

1.ふしだら奇祭村

ふしだら奇祭村

最新書き下ろし長編小説。妖しげな山村に迷い込んだ青年は、淫靡な祭りに参加させられることに…!? 圧巻の秘境エロス!

FANZAで無料サンプルを読んでみる

 

2.人妻 悪魔マッサージ【美央と明日海】

人妻 悪魔マッサージ【美央と明日海】

(あの清楚な美央がこんなに乱れるなんて!)妻との夜の営みにマンネリを感じていた夫は、真実を伏せ、妻に性感マッサージを受けさせる。隠しカメラに映る美央は、淫らな施術を受け入れはじめ……28歳と26歳、貞節と性欲に引き裂かれる二匹の人妻!

 

3.【完全版】人妻肛虐全書II 地獄編

b650dfrcn03207pl

夏子の美肛には男を虜にする魔力が潜んでいるのか?冷二から略奪した人妻をヤクザ達は地下室へ連れ込み、「肛門娼婦」としての調教と洗脳を開始。夫や娘の眼前で犯し抜き、夏子から希望をすべて奪い、元同僚の真樹子も加え、狂宴はクライマックスへ!

 

4.若妻 孕ませ契約【いづみと杏奈】

若妻 孕ませ契約【いづみと杏奈】

(許して……私、あなた以外の赤ちゃんを産みます……)莫大な医療費を払うため、騙されて売春させられる若妻いづみ。大学時代の友人・杏奈とともに、奴●娼婦に堕ちていく。夫にもしていない奉仕を次々に命じられ、ついには種付けまで……

 

5.人妻 媚肉嬲り【織恵と美沙緒】

人妻 媚肉嬲り【織恵と美沙緒】

(あなた、許して……私はもう堕ちてしまう)弱みにつけこまれ、弄ばれる白い肉体。容赦のない抽送に紅潮する清楚な美貌。騙されて奴●契約を結ばされた人妻。29歳と27歳、二匹の牝妻が堕ちる蟻地獄!

 

終わりに

テレクラ 女性01

官能小説といえば「SM」「調教」「奴隷」?

「そんなハードな世界が広がっていて、とっつきにくそ〜」なんて、前時代的なイメージがあったかもしれません。
けれど、最近は女性が「官能」を書くことはごく一般的になっています。

もちろん、タイトルや表紙も、女性が店頭で買いやすいものが多いです。

これを機に、「官能小説処女」の方が「私でも楽しめるのかも?」「こんなテーマで書かれたものが読んでみたかった!」と興味を持つきっかけとなってくれれば嬉しいです。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
コラムの関連記事
男女の友情って成立する?しない?両方の意見を徹底解説!

「男女の友情ってあると思う?」 中学生からヨボヨボの老人まで、古今東西の男女が議論を熱烈にかわしては結論が出ていないこの永遠のテーマ。 一体男女の友情ってなんなのでしょうか? 男女の友情って本当にありえるんでしょう...

大井町で暇つぶしができるスポット20選!1人or友達と時間潰しできる場所を徹底紹介!

品川区に位置し、羽田空港やお台場へのアクセスも良好な大井町。 しかし大井町でいざ暇つぶしをしようとすると、迷ってしまう方も多いでしょう。 実際、大井町には有名な大井競馬場や劇団四季の劇場があります。 その一方で、ちょっとし...

浅草で暇つぶしができるスポット20選!1人or友達と時間潰しできる場所を徹底紹介!

日本の昔ながらの街並みを残す浅草。 下町として人気の浅草では今もなお人力車が走ったり、日本らしい風情を感じることが出来ます。 また、多くの外国人が訪れる観光スポットとしても有名です。 そんな浅草には様々なお店やレジャー施設...

兵庫のお金持ちが住む街ランキング13選!兵庫の富裕層は一体どこにいるの?

お洒落な港町、神戸があることでも知られている兵庫。 兵庫には都市部と自然あふれる土地の両方がバランスよくそろっています。 そんな兵庫のお金持ちは、いったいどこに住んでいるのでしょうか? 気になりますよね! そこで、兵...

将来なくなる仕事と残り続ける仕事ランキング10!今後AIや人工知能に奪われると予想されている職業とは?

今の仕事に満足している人も、そうでない人も気になっている存在があると思います。そう!AIです。 人間の脳をある意味で超えてきたAIが「人間の仕事を奪っていく」という話は1回は耳にしたことがあるのではないでしょうか。 昔とは考えら...

【完全版】歯フェチにモテる歯8選!歯に惹かれる3つの心理やフェチの人の特徴を徹底解説

「あの歯は素敵だな」「歯がきれいな人が好き」と歯フェチな人は意外とたくさんいます。白くて歯並びの良い人を見たら誰でも憧れてしまいますよね。 そこで今回は歯フェチとは何なのか、どのような歯が好まれるのかなどをまとめていきました。...

バンギャって何?服装やバンギャが使う用語、バンギャの生態まで!

皆さん「バンギャ」って言葉を聞いたことはありますか? 音楽が好きな人や周りに「バンギャ」がいれば、聞いたことがあるかもしれません。 バンギャ=バンドギャル! 独特な文化を持つバンギャ文化! 今回は現役バンギャがバンギャの服装...

上野で暇つぶしができるスポット20選!1人or友達と時間潰しできる場所を徹底紹介!

上野動物公園でパンダの赤ちゃん「シャンシャン」が誕生したことにより一躍脚光を浴びた上野。 下町に近い都内のエリアであり、多くの人が集うスポットでもあります。 そんな上野は駅周辺だとどこも混雑しているようなイメージのある方も多いの...

札幌の面白い居酒屋・バーおすすめ12選!ディナーにもぴったりの珍しい変わったお店を紹介!

札幌と言えば新鮮な海鮮料理、そして眠らない街・すすきので有名ですよね。 もちろん札幌には、極上の素材を使った懐石料理店やおしゃれなバー、居酒屋もありますが、そればかりではないんです! 実は、札幌はちょっと変わった居酒屋・バー...

実録!ティファニーのカクテルパーティーに参加してみた

Masako 年齢:31歳 大学:慶應大学卒業 住居:港区 職業:マーケティング 年収:N/A   東京のナイトライフの醍醐味といえばパーティ。 パーティーと言うのはいろんなメリットがあ...