• 銀だこ
  • メニュー
  • ちょい飲みセット
  • スタンディングミーティング

2019/06/28 出会い

銀だこハイボール酒場でサク飲みが最強の理由!持ち帰りからコスパ、出会いについてご紹介!

最近、カミングアウト編集部の打ち合わせ後、「銀だこでサクッと飲んでから帰ろう!」と編集長に誘っていただく。

気を使っていただいているのはよくわかるのだが、別にサクッとじゃなくていい。楽しいし。

なんなら、2時間銀だこにいることよくあるし。

銀だこ

たまに1人でどうしようもなく銀だこが食べたくなるとテイクアウトでたこ焼きを頼むが、銀だこで飲もうという発想はあまりなかった。

しかし編集長に誘われるがまま、銀だこハイボール酒場に訪れると、銀だこ飲みがいかに有益であるか実感したため、レポートしていこうと思う。

築地銀だこハイボール酒場とは

銀だこ

皆さんご存知、たこ焼きチェーンの築地銀だこが提案する立ち飲み居酒屋。

店舗名の通り、たこ焼きとハイボールが楽しめるお店。

たこ焼き以外のメニューもかなり豊富に取り揃えられている。

メニュー

実はこのハイボール酒場、全国に50店舗ほど展開している。

最近は、ハイボール酒場の発展系の「銀だこ横丁」という形態も展開しているらしい。ぜひ取材に行きたい。

港区女子・男子のためのメディアということで、今回は六本木店に訪れた。


銀だこハイボール酒場六本木店

住所:〒106-0032 東京都港区六本木4-10-6
TEL:03-6439-1131
参照:公式HP


 

築地銀だこハイボール酒場の魅力

六本木の銀だこハイボール酒場は、六本木交差点をミッドタウン側に曲がるとすぐに見つかる。

外観から親しみやすく、どんな人でも入りやすい店作りをされていると言えよう。

銀だこ

正直店に入った時は、「たかがチェーンの居酒屋だろ。しかも立ち飲みの」と舐め腐っていた。

今となっては銀だこに謝りたいと思う。すいませんでした。

酒飲みと粉物好きにとっては最高に充実したアルコールエクスペリエンスができるので、ここから具体的に説明していく。

 

コスパが爆発的にいい

まず有権者に訴えたいことは、そのコスパの良さである。

例えば、サク飲みしたい酒飲みのために作られたメニューがこちら。

ちょい飲みセット
(たこ焼き4つ+つぼきゅう+ハイボール)

ちょい飲みセット

これで940円とか、最高かよ!?

1人で飲むでも、誰かと一緒でも非常に充実した内容。

 

他のメニューもドリンクもハイボール380円〜、たこ焼き6個600円〜とリーズナブル。

ハイボール

また粉物という特性上、お腹にたまりやすく料理の品数が少なめでも割と腹持ちがする。

六本木は飲み屋はいっぱいあれど、激安でサクッと飲めて食べ物も充実しているスタンディングバーは少ないので、結構便利なのである。

 

たこ焼きは裏切らない

たこ焼き

みなさんご存知の通り、銀だこはたこ焼き屋さんである。

たこ焼きとは、小麦粉でできた生地の中にたこをいれて焼き、ソースとマヨネーズをかけ食べるという世紀の大発明品。

美味しくないわけがないのある。

ソースのバリエーションも様々。

関西人からすると、「こんなん本物のたこ焼きちゃう!」という意見もあるかもしれない。

しかし生粋の関東人からすると、THIS IS THE TAKOYAKIなのである。

チェーン店なのでどこの店舗でも味にばらつきがないところも嬉しい。

たまに安いと思って入った居酒屋で地獄みたいなご飯出されることがあるから。

 

立ち飲みなので、脚力が鍛えられる

銀だこ

当たり前ですが、立ち飲みスタイル前提の店内なので椅子はなし。

1時間もすると足が少しずつ痛くなってきて、運動不足を痛感する。

2時間も立っているとなんとなく足が鍛えられたような感覚に陥る。

飲みながら脚力も鍛えられる一石二鳥の店内なのである。

この時の編集部の銀だこ飲み会では編集員のKさんがスクワットしながらたこ焼きを頬張っていた。

銀だこ飲みを極めるとこの域まで到達できるのか…と恐れおののいた。

 

立ち飲みなので、サクッと次にいける

だいたい飲み会というと無駄にダラダラ長くなってしまって、楽しかったはずなのに段々うんざりモード…、なんてこともよくある。

しかし立ち飲みならその心配は無用。

みなさんも思い出してみてほしい。

世の中には働き方改革の一環で、会議時間を短くするためにスタンディングMTGを取り入れている会社があるということを。

スタンディングミーティング

そう考えると立ち飲みは時間を有効活用するためのベストなソリューションなのである。

 

次のお店まで時間を潰したい時や、待ち合わせまで微妙に時間が空いてしまった時などに便利に使うことができる。

またここ六本木には楽しいお店がたくさんある。

何軒かはしごしたい時に、こういうお店があると非常に便利なのである。

 

立ち飲みなので、近くのテーブルの人と気軽に話せる

銀だこ出会い

店内はそれほど広くない。むしろ狭い。

そして椅子がない分、違うグループの人との距離が近くなる。

店内はお酒好きなサラリーマンや外人がいっぱい。

女性同士で訪れたら出会いがありそうな雰囲気をビンビンに感じる。

近隣にはオフィスも多く、意外な掘り出し物と出会えるはず。

女子会の待ち合わせ前にちょっと一杯や、女子会後にもう1軒サクッと行きたい時なんかに使おう。

たこ焼きのお持ち帰りもできるので、出会った男性に「たこ焼きお持ち帰りしてオレんちで食べない?」なーんて言われて、たこ焼きと一緒にお持ち帰りされちゃうかも♡


終わりに

いかがだっただろうか。

ハイボール酒場の素晴らしさを皆さんに少しでもご理解いただけたら嬉しい。

業後に銀だこハイボール酒場に訪れ、ぜひアフター5を充実させてほしいと思う。

私はその素晴らしさに、初めて訪れてから週に一度は銀だこに行かなければ済まない体になってしまいました。

素晴らしいお店である一方、中毒性も高いので皆さん気をつけてほしい。

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
出会いの関連記事
麻布十番祭り2020年!芸能人情報からおすすめの屋台、ナンパスポットまで

そろそろ夏も本番〜 毎年あっという間に終わってしまう夏ですが、毎年夏の終わりを感じるのが麻布十番祭り。 芸能人の目撃情報も多数! 今年も麻布十番祭りには顔を出しておかないと、夏は終われない! ということで、2019年...

真夏の生カクテルフェス!出会いがあると評判の酒フェス企画イベントに、男2人で潜入取材!

暑い中で飲むお酒って、爽快感たっぷりで最高ですよね! 今回、真夏にぴったりの"具だくさん生カクテル"を、飲み放題で楽しめるイベントをご紹介します。 しかも、生カクテル目当てに多くの女性が集まるらしく、出会いにも期待できる...

銀座コリドー街でナンパされるための攻略法!丸の内OLの私が解説!

銀座コリドー街。近年、恵比寿横と並び、東京の若者の出会いのホットスポット!!として注目されている。 とにかく女子が歩けば声をかけられる。 そんな神的ナンパスポット化しているコリドー街。 そこで、まずコリドー街がどこ...

六本木のリゴレットってどんな所?外資系エリートとの出会いやナンパをOLの私が徹底レポート!

六本木ヒルズにあるリゴレットへ出会いを求めて行ってきたよ! ナンパスポットや合コンスポットで評判の六本木のリゴレットの口コミをお伝えしていきマウス。 六本木のリゴレットってどんな所? 住所:東京都港区六本木6-...

オクトーバーフェスト2020!他にもビール好き必見の東京の厳選イベント集!

あなたはもう「オクトーバーフェスト通」ですか?? 最近あっちも、こっちも「オクトーバーフェスト」だのクラフトビールだのって、ビールフェスが盛んになってますよね。 秋の「オクトーバーフェスト」ですが、夏にも開催されていると...

【外国人と出会える】東京パブクロールをご紹介!1人でも行ける?開催場所、料金もご紹介!

東京オリンピックも近づいてきて、日本でも英語力が必要とされる時代になってきました。 「外国人と出会いたい!」「外国人の友達を作って英語の練習をしたい!」と思っている方、多いはずです。 そんな人にピッタリのイベントが東京に...

ドラム缶の立ち飲み居酒屋でせんべろ!1000円でしっかり酔えると噂のドラム缶居酒屋に突撃!

どうも、またもやアラサーのタラレバ娘です。 突然ですが、クイズです。   Q.せんぺろって知ってますか?   ぶぶー!時間切れ!   はい、せんぺろとは? 100...

赤羽で昼飲み!昼からセンベロで幸せになれるおすすめ店を取材しちゃいました

赤羽で昼飲み〜!センベロの旅を編集部一同でレポート! 今回はなんと!編集長たっての希望で、赤羽の取材にやって来ました!! 昼からやっているお店や、立ち飲みのお店などを巡った結果、おすすめのお店がわかったので紹介していきます〜! ...

相席ラウンジ渋谷VILLAS(ヴィラス)にOLが潜入調査したレポ

渋谷の相席ラウンジ、VILLAS(ヴィラス) 渋谷の他の相席系の店に比べると、あまり情報が出回っていません。 そこで今回は、ヴィラスの口コミ・評判から、実際に行ってみた体験談をご紹介します! 渋谷相席ラウンジVIL...

神田で必ず「出会いがある」スポット20選をカミングアウト

神田の出会いの場所をカミングアウトします。 「神田は江戸っ子!古本の街!」 昔、屋台で焼き鳥屋さんを出しているお店に行ったことがある友人が、焼き鳥を1本注文すると「江戸っ子なら3本から注文しろ!」と言われたそうです。彼の出身地は…宮崎。...