• 駒澤大学
  • 尻ソフィア
  • 立教大学
  • ミスターキャンパス

2021/02/21 コラム

モテる大学って一体どこ?編集部員がモテる大学ランキングを徹底解剖!

結局どこの大学入ればモテるの?と疑問を抱いている皆様のために…。

大学マニアの私が、独断と偏見を大いに交えてモテる大学ランキングを発表していきたいと思う。

受験生のみんな、在学中のみんな、そして卒業生!心してご覧あれ!

もしあなたが、モテる大学に入っているなら…

その肩書きを、もっと “モテ” に活かさなきゃもったいない!

相手の出身大学まで重視する利用者が多いペアーズは、モテる大学出身の人におすすめ!

ペアーズ

マッチングアプリの中でも、一番有名で人気があるのがペアーズ。

会員数は、なんと1000万人!!!その中でも、男子大学生が60万人、女子大生が30万人登録しています。

大学生の利用者も非常に多いので、他大学の異性と知り合うことができます。ミスコンに参加しているミス・ミスターにも人気です。

さらに、年齢や住んでいる場所などの条件で検索でき、大学生を探しやすいのでおすすめです。

21歳 男性
★★★★★(5.0)
有名大学出身であることを伝えると、女の子からの評判がとても良かったです。利用者には女子大生も非常に多く、他大学の女の子とたくさん知り合えました!pairsで知り合った女子大の子に合コンを組んでもらったりして、交友関係がさらに広がったのも嬉しいです。
20歳 女性
★★★★★(4.8)
女子大で学内に男の子がいなくて、インカレのサークルにも入っていなかったので、出会いが少なく、大学生活での恋愛を諦めていました。でも、ペアーズに登録したら、こんなにも出会いっていっぱいあるんだ!と感動しました。おかげで高学歴の彼氏もできました!

今すぐ無料でペアーズを始める

 

合コンしたい大学アンケート

モテる大学を発表する前に、以前弊編集部では「合コンするならどの大学?」というアンケートを実施。
早慶マーチのみが対象のアンケートだが、結果は以下。

グラフ

 

慶應の圧倒的な強さ。
そしてやはり偏差値が高ければ高いほど、印象はいい傾向にある模様。

実際のところどうなの!?ってことで、
大学マニアの私が、東京のモテる大学を独自に調査しました。

1位:慶應義塾大学

慶應義塾

育ちの良さ:★★★★★
頭の良さ :★★★★★
顔の良さ :★★★★★
卒業生:水島ヒロ、櫻井翔、森星、岩田 剛典、小泉純一郎、松岡修造、ミッツ・マングローブ、石原良純

文句なしにモテる大学といえよう。ブランド大学中のブランド大学である。

見た目もスペックも育ちも全て完璧な人が多い。
港区三田という立地も都会的な空気を感じさせる。日吉のことは置いておこう。あとSFC。

しかし、学生の9割9分9厘が「学生注目!」と言っているところを「塾生注目!」と言ってみたり、
日本人の9割9分9厘の人が「早慶戦」と呼ぶところを「慶早戦」と呼んでみたり、などの奇行が目立つのがたまにきず。

打倒早稲田

 

2位:青山学院大学

青学

育ちの良さ:★★★★
頭の良さ :★★★★
顔の良さ :★★★★★
卒業生:加藤シゲアキ、椎名桔平、ホラン千秋、田中みな実、蓮舫

慶應大学とモテ大学の双璧をなす青学。無論その通りだと思う。
実際おしゃれで今時のイケメン・美女がめちゃくちゃ多い。

毎日表参道の大学に遊びに行かなければ通わなければならないと思えば、おしゃれに気を使う人が増えるのは当然である。
C央大学のように、多摩の山を登らなければ講義が受けられない大学とはわけが違うのである。

スポーツのイメージがない大学だったが最近はもっぱら駅伝が強い。
おしゃれ大学、というより、最近は韋駄天大学となりつつある。

 

3位:明治大学

明治ナンバーワン

育ちの良さ:★★★
頭の良さ :★★★★
顔の良さ :★★★
卒業生:山下智久、向井理、北川景子、井上真央、三木武夫

「THE・無難」。
顔、育ち、頭、学校の立地、オール可もなく不可もなく。

ありとあらゆるものがベターではあるがベストではない。
安定志向の現代っ子には入試難易度的にもお付き合いする人的にもちょうどよくて人気な模様。

12月に行われる早稲田とのラグビーの試合、通常「早明戦」と呼ばれるが明治内部の人は「明早戦」と呼ぶという。
その呼び方自体に、迷走感とコンプレックスが隠せない。

とても良い大学のはずなのに、他人の恋人が明治卒でも「羨ましい感」が全くないという不思議な大学である。

 

4位:立教大学

立教大学

育ちの良さ:★★★
頭の良さ :★★★★
顔の良さ :★★★★
卒業生:長島一茂、有田哲平、堀潤、堀田茜、鈴木ちなみ、徳光和夫

池袋という立地は若干ダサいが、校舎が死ぬほどおしゃれなことに加え、プロテスタントの学校なため、
なんとなくおしゃれ大学三兄弟の一端を担っている。

MARCHの中でも偏差値は上位であり、大学のおしゃれなイメージもありモテると言っていいだろう。
実際おしゃれな美男美女が多い。

 

5位:上智大学

尻ソフィア

育ちの良さ:★★★★
頭の良さ :★★★★★
顔の良さ :★★★★
卒業生:マリウス葉、岡本圭人、青山テルマ、知花くらら、細川護熙

女子に人気の大学。英語に強い大学ということもあり、海外志向の学生も多い。

慶應や早稲田に比べると地味ではあるが、真面目な学生が多い。

共学には珍しく男子よりも女子の方が圧倒的に多い大学である。
上智男子のほとんどは、学内で交際相手を見つけるため必然的に市場に出回る量は少ない。
そのためサンプルが少ないので男性についてのジャッジは差し控えておく。

上智女子は品のあるお嬢さん、という感じで普通にモテる。
あとは学内で資源(男)が枯渇しがちなので、市場に出回る確率も高い。

ちなみに上智の内部生は上智のことをソフィアと呼ぶ。
お尻のところに「ソフィア」と書かれたジャージ(※通称ケツソフィア)をこれみよがしにきているが、正直ダサい。

 

6位:ICU(国際基督教大学)

ICU

育ちの良さ:★★★★
頭の良さ :★★★★★
顔の良さ :★★★★
卒業生:ジョンカビラ、眞子さま、佳子さま

近年メキメキと頭角を表し、皇族も通う学校ということで更に人気が加熱しているのが国際基督教大学。
ハーフや帰国子女が非常に多く、ハーフ会や帰国子女会なるものに参加すると遭遇できる。

日本語で喋っていたかと思えば突然英語で喋りだし、純ジャパ(=帰国子女用語で純ジャパーニズ)を驚かせることが多々ある。

男も女も、エキゾチックな雰囲気が出過ぎていて純ジャパからしてみると結構ビビるので、モテる感じではない。
海外への憧れが強い男女からは根強い人気のある学校。

 

7位:学習院大学

学習院大学

育ちの良さ:★★★★★
頭の良さ :★★★★
顔の良さ :★★★★
卒業生  :山本モナ、神田愛花、麻生太郎、宮崎駿

皇族御用達大学こと学習院大学。

頭はそこそこいいがいかんせん地味。
近年はG-MARCHと言われ、以前よりも注目されることも増えてきた。

女性は大人しくて可愛い子が多い。育ちもいい感じがするしモテないわけがないのである。
しかし女性のイメージと裏腹に男性は変わった人がなぜかめちゃくちゃ多い。

本当に変わっている人が多いため、男の方は一概にモテるとは言いにくい。

また皇族ブランドだからなのか、地方の金持ちが多い。ちなみに下から学習院はまじで金持ち。モテるとかそういうレベルを超えている。

8位:早稲田大学

早稲田

育ちの良さ:★★
頭の良さ :★★★★★
顔の良さ :★★★
卒業生:堺雅人、藤木直人、福原愛、岡副麻希、森喜朗

スペックの割にモテない大学の代表的存在である。

以前は男はバンカラ、女は可愛げなくモテない、というイメージが強かった。
しかし最近は女子も男子もアクの強い学生が減り、無個性ウェイ大学生が量産されている。

キャラクターが薄くなった分良い意味でも悪い意味でも特に目立ったニュースもなければ、卒業生もいない。
最近話題になった早稲田の卒業生といえばひょっこりはんくらい、というお寒い状況なのだ。

モテるか、モテないか、もはや現在その印象すらない、というかなり危機的状況。
しかしながら在学生は校歌も紺碧の空も歌えないなどの人が大多数で呑気なものである。

ちなみにモテない道を突き進んでいる在校生もいるので、安心してほしい。

↓他の大学のミスター↓
ミスターキャンパス

↓早稲田のミスター↓
早稲田王(羊の脳みそを食べ、早稲田王に輝いた鈴木崚さん)

早稲田王

ミスター早稲田

ミスター早稲田

 

9位:東洋大学

ムーミン

育ちの良さ:★★★
頭の良さ :★★
顔の良さ :★★★★
卒業生:桐生祥秀、萩野公介、坂本真綾

頭良くない方の「東大」。
偏差値はそれほど高くないが、その割にブランドイメージが強い。

オリンピック選手の萩野公介、桐生祥秀が在学してたことから、超スポーツ大学であることが分かる。
また、キャンパスがきれいであり、少しお洒落なイメージがあるため、青学立教落ちも多い。

全体的にキラキラしたイメージがあるため、学歴に反比例して男女ともにモテる人が多い。
ただ、青学立教落ちが多いということは、チャラい人も多いこともまた事実。

結論ウェイ大学である。

ムーミンを広報キャラクターとして採用しており、一時期「ムーミン大学」と呼ばれていた。
いつのまにかムーミンは広報キャラクターとしてはクビになったそう。意外とシビアなのである。

 

10位:東京大学

東大

育ちの良さ:★★★
頭の良さ :★★★★★
顔の良さ :★★★
卒業生:香川照之、林修、菊川怜、加藤ゆり、福田赳夫

日本の最難関大学、東京大学。
男も女も頭でっかちなダサい人ばかりでモテないという偏見もあるが、実際は割と普通のいい人も多い。

普通の人が多いといえど、頭脳派アピールが過剰な傾向があり、男女ともにモテるとは言い難い。

とはいえ日本の最高学府。恋人がこの大学出身だったら自慢したくなるランキングでは1位だろう。

11位:法政大学

法政大学

育ちの良さ:★★
頭の良さ :★★★
顔の良さ :★★★
卒業生:伊藤淳史、小林直己、高畑充希、安座間美優、糸井重里

マーチの中でも中央と並び地味な大学である。
在学生も地味な人が多い。もしくは無駄に意識高い人が多い印象。

普通の元気な大学生が多く、モテる感じではない。
大学のイメージもそうだが、男女共に惜しい人が多い。

 

12位:中央大学

山

育ちの良さ:★★
頭の良さ :★★★★
顔の良さ :★★★
卒業生:阿部寛、長谷川博己、あやまん監督、秋元康

東京の秘境「多摩」でほっこりキャンパスライフを送っている中央大学生。
法学部は早慶と並ぶくらい偏差値が高いが、他の印象が皆無。

毎日多摩の山を登らないと講義が受けられないため、体力に自信がある人が多いと思われる(独断と偏見)。
またレジャーも他の都心大学に比べて少ないため、勉強か恋人との情事かくらいしか勤しむことがないため、真面目な人が多い(独断と偏見パート2)。

多摩地区には、明星大や帝京大などもあり多摩ではブイブイ言わせているはずだが、一歩23区に入るとそのブランド価値は著しく下落。

東京全体で見るとモテない大学の部類に入ると言ってもいいだろう。

 

13位:一橋大学

田舎

育ちの良さ:★★★
頭の良さ :★★★★★
顔の良さ :★★★
卒業生:三木谷浩史、山内あゆ、石原慎太郎

東京では東大に次ぐ入試難易度の割に、全く知名度がない残念な大学。
(中学受験でいう筑駒的な感じである)

「一橋大学です」といっても「どこのFラン大学?」と会話がなりたたないことが多く、大学ブランドではモテない。
しかし一橋大学は粒ぞろいで実はモテる人が多い大学だと思う。

東大ほど頭脳派アピールは激しくなく会話のユーモアセンスも今っぽく、どことないインテリ感がかっこいい。
女性も大人しめの才女が多い。

国立まで遠征しないとなかなかお目にかかれないのが玉に瑕。
また立地の問題だけでなく在校生や卒業生の人数が他に比べると圧倒的に少ないため、印象がとにかく薄い。

 

14位:日本大学

タックル

育ちの良さ:★★★
頭の良さ :★★
顔の良さ :★★★
卒業生  :黒島結菜、佐藤隆太、中村獅童、東尾理子

いろんな意味で、東大並みに有名な大学。

元から「社長が多い大学」や「学生数が多い大学」として有名だった。

そのため、大学に詳しくない人でも日大だけは知ってるよ~!って人が多く、大学を知らない人からすると、モテる大学と言えよう。

「え!あの日大!?すごいね!」
と、高卒勢との合コンだと無双状態w

しかし、大学を知っている者からすれば、ただただ「地味」なイメージしかなく、モテるとは言い難い…

 

15位:駒澤大学

駒澤大学

育ちの良さ:★★★
頭の良さ :★★
顔の良さ :★★★
卒業生  :あばれる君、萩本欽一(在学中)、桐谷健太、三森すずこ、DJ社長

様々な人種が集うカオスな大学。

仏教大学であるから、お坊さんもいれば、渋谷に近いことから、パリピも多くいる。また世田谷区であることからボンボン家庭も存在。

だが、全体的に地味なイメージが目立ち、男女とも地味な大学として有名。

そんな駒澤大学の唯一の利点は、隣駅に昭和女子大学(通称ションジョ)があること。(男性諸君、朗報だ!)
駒澤と昭和女子の合コンは頻繁に開催されている。

また最近はDJ社長の出身校として、若者からは一定の支持を受けている。

16位:専修大学

専修大学

育ちの良さ:★★★
頭の良さ :★★
顔の良さ :★★★
卒業生  :東国原英夫、中村トオル、加藤ローサ

日東駒専の中で唯一メインキャンパスが神奈川県にある大学。
田舎にあるということで、MARCHのC央大学を思い出すw

やはりメインの校舎が神奈川であると他の3校に比べてさらに地味さが目立つ(日東駒専そのものが地味なんだが)。

地味すぎてモテる印象もモテない印象もない。

17位:東京工業大学

東工大

育ちの良さ:★★★
頭の良さ :★★★★★
顔の良さ :★★
卒業生  :菅直人

いわずもがなモテない。

しかし最近ではその評価について見直される向きもある。
なんといっても最難関の国立理系単科大学。
スペックはよく稼ぐ人が多いし、真面目な人が多く浮気もしない…など様々なメリットがネット上で語られている。

しかしそうした多くのメリットがあったとしても「無理」という女性の声が聞かれる残念な大学である。

 

番外編:モテる女子大

番外編としてモテる女子大学を発表していく。

お茶の水女子大学

お茶じょミスコン

育ちの良さ:★★★★★
頭の良さ :★★★★★
顔の良さ :★★★★
卒業生  :加藤シルビア、中村仁美

間違いなく入試難易度No.1の女子大でとにかくめちゃくちゃ頭がいい女子ばかりが集まる。
一方私がエンカウントしたお茶女の女性は、マジで軒並み変人ばかりだった。

頭はいいしそこそこ可愛い子もいるが、不思議ちゃんが多いのでマニアックな層にモテる印象。

完全なる独断と偏見だが、名門中高一貫女子校出身者がとにかく多く、多分処女率No.1の大学だと思う。

 

津田塾女子大学

津田梅子

津田塾大学創設者「津田梅子」。実際はこんな人ばかりじゃないので安心してほしい。

育ちの良さ:★★★★
頭の良さ :★★★★
顔の良さ :★★★
卒業生  :後藤晴菜、山中章子

私立女子大学の中では一番頭のいい学校。

立地がJR国立駅で近隣大学の一橋としか交流していないため、都内全体で見ると津田塾女子大の印象は相当薄い。
(一橋大学の印象も薄く、相乗効果でほぼ両方の大学の印象は0と言っても過言ではない)

大学4年終わる頃には一橋大学のインテリ男子大学生に刈り取られているので市場にでてくることはほぼない。

もっと都心にキャンパスがあれば幅広くモテたのかもしれない。
その可能性は未知数である。

 

東京女子大学、日本女子大学

育ちの良さ:★★★★
頭の良さ :★★★
顔の良さ :★★★★

「トンジョ」、「ポンジョ」と呼ばれる女子大学。
頭も育ちも見た目も全て程よく、普通の子も多いのでそれなりにモテている。
逆に言うとそれ以外の印象がない。

 

大妻女子大学・共立女子大学

育ちの良さ:★★★
頭の良さ :★★
顔の良さ :★★★★

入試難易度的には比較的楽に入れる大学だが、なぜか良妻賢母的な印象がありイメージのいい大学。
良妻賢母ともてはやされる一方、
大妻女子大学は「ヤリ妻」呼ばわりされるなど尻が軽いイメージもあるようだ。

女子力が高くキラキラした今時の女子が多く、性格もいい子が多いので、女子の扱いに慣れていない男子大学生から絶大な人気がある。

 

3S(聖心、清泉、白百合)

3s

↑貴重な3S集合写真

育ちの良さ:★★★★
頭の良さ :★★
顔の良さ :★★★★

超お嬢様学校という印象だが、付属校からのエスカレーターじゃない人はただの一般人。
イメージだけはピカイチで、謎のモテる雰囲気を醸し出してくる人が多い。

大妻や共立より若干入試難易度が高いだけなのに、在校生・卒業生たちのプライドの高さがヤバイ。
基本は、慶應生や東大生(対してキャンパス近くないだろw)としかインカレをしたがらない。

ブランド志向が強く、自分が得する認めた人としかつるみたがらないので局所的にモテている、という感じだろうか。

 

学習院女子大学

学習院女子大学

育ちの良さ:★★★★
頭の良さ :★★
顔の良さ :★★★★

なんといっても正門が赤門。
東大以外の大学でよく赤門を作ろうと思ったな、と感心するばかりである。

立地は、早稲田大学理工キャンパスの目の前。
正直ほぼ男子校のリコキャン前に建てるなんて立地からしてあざとい。

いる女の子は地方のお嬢様が多く、田舎臭さはあるものの可愛い子が多いのでそこそこモテる。

 

大学生同士の出会いには、ペアーズがおすすめです!

大学生の利用者が非常に多いので、他大学の異性と知り合うことができます。

この記事で紹介した、モテる大学出身の異性がたくさん登録しています。

ペアーズ

会員数は、なんと1000万人!その中でも、男子大学生が60万人、女子大生が30万人登録しています。

他のマッチングアプリと比べても、出会いの数が圧倒的に違います。他大学のミス・ミスターとも知り合える可能性もあります。

pairsで他大学の女の子との交友関係を広げたい男子、出会いが少ない女子大出身の女子におすすめです!

今すぐ無料でペアーズを始める

 


以上。

モテる大学についてご紹介してきた。皆様いかがだっただろうか。
今後も大学マニアとして日夜研究を続けていきたいと思う。

続報を乞ご期待!

みんなにシェアする?
この記事のURLとタイトルをコピーする
コラムの関連記事
一回りの年齢差カップルってあり?なし?年の差なんて気にしない!

一回り以上年上の彼氏、あなたはありですか?なしですか? え?おじさんは嫌だ?? あんたね、そんなこと言ってたら、婚活市場では生き遅れてしまうんだよ!!   今は見た目若い40代ってたくさんいるから!...

別れるか迷ってるあなたへ!別れの判断に使えるチェックリストと別れの切り出し方をご紹介!

「彼と付き合って2年。普通なら結婚を考えるタイミングなんだけど、どうもこの人との未来が見えない」 「このままなんとなくズルズル付き合うのって。お互いに時間の無駄にならないかな?」 彼と付き合っていて、そう不安になることあ...

あとから後悔しないために!知っておきたい結婚で妥協すべきポイント4選をご紹介

「結婚したいけど、なかなか理想の男性が現れない...。やはり妥協してでも結婚すべきなのか...。」 こんな悩みを持ってる方、多いはずです。 そこでこの記事では、結婚で妥協すべきポイント、絶対に妥協しない方がいいポイントを...

男性が結婚を決めた理由やきっかけは9割がタイミング?リアルな決め手を徹底調査

「結婚を決めたきっかけはなんですか?」と、毎日のように男性に聞きまくったキャバ嬢です。 男性が結婚を決めた理由って何? どうしたら男性って結婚してくれるの?   もう毎日、頭の中は結婚の2文字のみ。...

セカンドパートナーって何?不倫とは違う新しい関係性を徹底解説!

セカンドパートナーという言葉を聞いたことがありますか? 直訳すると、二番目のパートナー。 二番目というとセフレや不倫のイメージが強いかもしれません。 セカンドパートナーとは新しい恋愛の形なんです。 実際にどんな恋愛をしている...

恋愛できない長女の恋愛傾向あるある12選!相性が合う男性の特徴、落とし方、アプローチ方法まで徹底解説!

長女の恋愛は他の恋愛よりも一癖も二癖もある恋愛が多いのが特徴です。 今回は、その長女の恋愛の特徴から恋愛傾向、長女と相性の良い男性などを詳しくご紹介していきます! アプローチ方法や長女との恋愛が長く続くコツなどもご紹介し...

年下彼氏とのお付き合いをカミングアウト!メリットや不安なども解説

「年下彼氏と付き合いたい!」「でも、年下と付き合うとなにか困ることもあるよね…?」 あなたはそんな心配を抱えてはいませんか? 年上や同い年と付き合う女性が圧倒的に多い中、年下彼氏と付き合うことの実態は気になりますよね。 ...

青森の告白スポット15選!女性が思わずOKしてしまう素敵な告白スポットを紹介!

本州の中で最北端に位置する青森県。 ねぶた祭や新鮮な魚介など、イベントもグルメも実は目白押し。毎年多くの観光客で賑わいます。 基本的に自然が多いと思われがちな青森県ですが、その他にもこのような見どころは色々あるんです! そ...

理系はダサい?大学学部の女子受けランキングをカミングアウト

みなさん、大学に対してイメージってありますか? 大学によって「最初の印象」って違いますよね。 東大であれば「将来有望、亭主に間違いなし」、早稲田慶應ならいわゆる「(大学名)ボーイ」。 また、GMARCHと呼ばれる上...

東京男子VS地方男子!恋愛して付き合うならどっち!?

Masami 年齢:26歳 大学:早稲田大学卒業 住居:高田馬場 職業:会社員 年収:N/A 生まれてからずっと東京に住んでいる東京男子と進学・就職を機に地方から上京してきた地方男子。 実は東京にはこの2種類の男子...